としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

松代温泉 寿楽苑

2014-10-26 00:30:00 | 長野県(北信)の温泉
(2014.10.11再訪)  松代温泉 寿楽苑には3年ぶりの訪問。なぜここに来たかというと、平成26年7月に鉱泉分析法指針が改定され、そのことにより長野県唯一?の含よう素泉になったから。かなり鄙びた温泉施設なので、いまだ健在なのか確かめにきたのです。  寿楽苑に到着すると、前回と同様、玄関の扉が開け放されており、中に入るとチャイムが鳴り宿の方が受付に出てきます。受付には料金400円と書いてあるので支払おうとすると、300円ですと言われ、さらに女湯に入ってくださいと案内されました。聞き直すといろいろ説明してくれたのですが、結局よく分からないまま女湯へ。100円安いし普段は入れない女湯に入れるのだからラッキーと思うことにしました。 . . . 本文を読む
コメント

白骨温泉 媒香庵

2014-10-13 00:00:00 | 長野県(中信)の温泉
 公共野天風呂での入浴が消化不良に終わったので、もやもやしたまま白骨温泉を去る訳にはいかないと思い、もう一つの日帰り入浴施設である媒香庵へ。媒香庵は公共野天風呂からお土産屋を挟んで目と鼻の先です。  一見和風の温泉旅館に見える媒香庵ですが、宿泊はできず、日帰り入浴と食事のみの施設です。食事処としては温泉粥が名物だそう。私は温泉のみが目的なので、入浴料700円を支払い早速浴室に向かいました。 . . . 本文を読む
コメント

白骨温泉 公共野天風呂

2014-10-11 00:00:31 | 長野県(中信)の温泉
 せせらぎの湯入湯後、湯けむり館開館(AM9:30)まで1時間30分ほど時間があったので、白骨温泉 公共野天風呂まで足を伸ばすことに。白骨温泉までは車で片道30分弱の距離です  私の持っている本には営業時間がAM8:30からと書かれており、丁度その時間に到着したのですが、入口には鍵が掛かっていました看板にはAM9:00からと表示されています。はて?と思い白骨温泉公式HPを調べてみると、4月下旬~ . . . 本文を読む
コメント

乗鞍高原温泉 せせらぎの湯

2014-10-09 00:00:16 | 長野県(中信)の温泉
 久しぶりに一人で日曜日を迎えることになったので、いつもよりちょっと遠くへ出掛けてみようと思い立ち、乗鞍高原、白骨温泉方面に向かいました。出発は朝5時30分、2時間程度で乗鞍高原に到着。  前日に近くの御嶽山で噴火があったので、少しは観光に影響があるかと思いましたが、乗鞍山頂(畳平)に向かうバスの乗り場はかなりの混雑で、ほとんど影響はなさそうでした。紅葉は山頂付近で色付き始めといった感じで、まだ見頃ではなかったので、最盛期にはもっと混雑するのでしょう。もし紅葉を見に乗鞍岳に行くなら、AM8:00までにはバス乗り場に来ていた方がよさそうです。 . . . 本文を読む
コメント

池の平温泉 高原の宿 妙高の森

2014-10-07 00:00:14 | 新潟県の温泉
 秋分の日は天気が良く絶好の行楽日和だったので、黒姫高原のコスモス園に観光へ出掛け、その足で「池の平温泉 高原の宿 妙高の森」を訪れました。今回も信越高原わくわく割引チケットにより100円引きとなり、通常600円のところを500円での入浴です(冬期は900円)。   「池の平温泉 高原の宿 妙高の森」は、観光スポットである「いもり池」の近くにある温泉施設です。同じ池の平温泉のランドマーク妙高高原は雑誌等いろいろな所に登場するのでメジャーですが、こちらはあまり宣伝していないので少しマイナーな存在です。それでも現地に行くと看板や幟で「日帰り温泉」をアピールしているので立ち寄りやすい施設ですね。 . . . 本文を読む
コメント

原町温泉 ゆくら妻有

2014-10-04 10:53:21 | 新潟県の温泉
(2014.9.15再訪)  気付いてみれば、ゆくら妻有には3年半ぶりの訪問。今回は初めて妻と二人で訪れました。  消費税増税の影響か、料金が500円から600円に値上げされていました。この日は新潟日帰り温泉パラダイスで当たった無料券2枚を使っての入浴なので問題ないですが、100円の値上げは大きいです。新潟県の温泉施設は軒並み100円値上げしているような気がします。 内湯は淡黄色の濁り湯で、記録を見ると澄んだ黄色となっているから少し変化があったようです。湯の花もちらほら舞っていたので湯の花を濾すのをやめたとかでしょうか。まあこれはこの日がたまたま濁っていたということもあるでしょう。   香りは相変わらず芳しい芳香を放っています。 . . . 本文を読む
コメント