としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

万座温泉 万座高原ホテル

2014-06-28 08:38:42 | 群馬県の温泉
 平成26年6月、草津白根山の警戒レベルが1から2に引き上げられ、一時的に国道292号線が草津白根山近辺で通行止めとなりました。そんな話題を聞いていたら、久しぶりに万座温泉の湯に浸かりたくなったので行ってみることに。通行止め等の影響で空いていると予想したものその理由の一つです(この日のAM9:00から夜間PM5:00~AM9:00のみの通行止めに変更となりました)。  万座温泉は、岐阜県の濁河温泉と並んで通年自家用車で行ける温泉地としては最も標高が高い所(1,800m)にあります。また源泉に含まれる硫黄成分の量も国内屈指。そんな日本を代表する温泉地が、家から車で1時間弱の所にあって行きやすいのですが、志賀高原を越えるとつい少し先の草津温泉まで脚を延ばしてしまうことが多いので、今までに3回しか入湯したことがありません。 . . . 本文を読む
コメント

星川温泉 ホテル水明館

2014-06-21 17:23:16 | 長野県(北信)の温泉
星川温泉は、湯田中渋温泉郷の中の温泉地。湯田中温泉と新湯田中温泉に隣接しており、境目がよく分からないので、よそ者にしてみれば湯田中温泉の一部だという感覚です。実際ホテル水明館は「湯田中渋温泉郷 ホテル水明館」とパンフやHPに掲載しているくらいですからね。ただ星川温泉は、独自の大湯や共同浴場を持っているので立派な独立した温泉地。残念なのは大湯&共同浴場は完全地元専用でよそ者は入れないことです。せめて他の温泉地のように宿泊客は入れるようにしてくれれば、それ目当てで宿泊する人もいると思うのですけど…。 . . . 本文を読む
コメント

草津温泉 御座之湯

2014-06-18 00:00:15 | 群馬県の温泉
(2014.5.31再訪)  妻と小諸でいちご狩りを楽しんだ後、旧軽銀座経由で草津温泉に立寄りました。  草津温泉ではどこに寄ろうか思案しましたが、妻が行ったことがなく気になっていたという御座之湯に立寄ることに決定。  御座之湯近辺(湯畑周辺)ではいまだに工事が続いていて、木造の建物が新しく建てられていました。公園のようになるのでしょうか、完成が楽しみです。浴室に入ると、浴槽は木製でした。ここには木之湯と石之湯があって男女入替制となっています。前回は石之湯だったので、今回木之湯に入れたのはラッキーでした。 . . . 本文を読む
コメント (2)

おぶせ温泉 穴観音の湯

2014-06-15 12:13:39 | 長野県(北信)の温泉
(2014.5.24再訪)  おぶせ温泉は穴観音の湯とあけびの湯、2施設のみの温泉地。いつもどちらにしようか迷うところですが、JAFの200円割引券があったので穴観音の湯を選択。穴観音の湯は割引券がよく出ていますね。土曜日の午後(PM1:30頃)だから混んでいるかと思いましたが、それほどでもありませんでした。混雑するのはPM5:00以降でしょうか。  内湯は青味がかった濃い白濁。ここでは一番多い色合いです。 . . . 本文を読む
コメント

清津峡温泉 いろりと蛍の宿 せとぐち

2014-06-07 00:00:21 | 新潟県の温泉
「清津峡温泉 いろりと蛍の宿 せとぐち」は、清津峡小出温泉街から清津川を少しし下った所にある一軒宿。以前は「清津峡ホテル せとぐち」と名乗っていたようですが、外観は鄙びた旅館で、とてもホテルといった感じはしません。今の名前の方がしっくりくきますね。  事前に情報は仕入れていたとはいえ、その鄙び具合はかなりのもの。通常なら営業しているのだろうかと躊躇してしまいそうですが、幟旗がたくさん立てられており、入口らしき所に「あきないちゅう」と表示がされていたので、勇気を振り絞って中に入ってみました。  中に入ると「御用の方はボタンを押してください」とあったのでボタンを押すと、奥から女将さんが出てきてくれました。浴室やトイレの場所、お茶を飲んでいいことを親切に案内してくれ、これで不安は吹っ飛びました。 . . . 本文を読む
コメント

清津峡小出温泉 湯処よーへり

2014-06-04 00:00:01 | 新潟県の温泉
 清津峡小出温泉は、日本三大峡谷(渓谷)の一つ清津峡(あと二つは富山・黒部峡谷、三重・大杉谷)の入口に位置する小さな温泉街です。現在は旅館・民宿3軒に日帰り温泉施設が1軒、そして食事処、お土産屋が各1軒ずつあります。実際は温泉街というよりは観光名所である清津峡渓谷トンネルの門前町といった感じですね。この日は雨降りで天気はよくなかったですが、ポツポツとトンネルに向かう観光客が見られました。紅葉の季節などはかなりの混雑となるんでしょう。  「湯処よーへり」は、元は「古屋旅館」という温泉旅館であったのが廃業し、旧中里村の村営日帰り温泉施設として再オープンしたもの。なので外観や中身は旅館の雰囲気がそのままです。 . . . 本文を読む
コメント

ほたる温泉 硯川ホテル

2014-06-01 18:32:20 | 長野県(北信)の温泉
(2014.5.11再訪)  志賀高原の温泉に行こうと思い立ち、あるホテルを訪ねると玄関にいた犬に追い立てられ、別のホテルを訪ねると今日はやっていないと断られる始末。やはり志賀高原でこの時期となると休業に入っている所が多いので、事前に営業しているかどうか確認を取っておいた方がよさそうです。仕方ないので確実に営業しているだろう硯川ホテルに行くことにしました。  硯川ホテルは、県境に建つ渋峠ホテルを除けば志賀高原で一番標高の高い所にあるホテルでしょう。志賀高原でもこの時期は閑散とした雰囲気がありますが、国道292号線沿いにあるこのホテル近辺は比較的賑わっています。 . . . 本文を読む
コメント