サミーハウスblog出張所

地元にゲーセンが無い田舎ゲーマーの数少ない日々の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山口マホイベ4周目

2014-09-08 21:07:20 | ゲーム(アーケード)

前回の投稿(4月)からかなり間が空いてしまいました…

 いろいろ書きたかったネタも溜まってるんですが、仕事から帰ったあとにツイッターで言いたいこと書いてしまうと、何かそれだけで満足してしまってブログが後回しになってダメですね。(汗)

 オマケにこのブログ人サービスも今年11月末で終了とか。もうちょっと時間はあるとは言え、ダラダラしてるとあっという間なんで、やる気があるうちに引越し準備しないと。

 とりあえず引越しはあとで考えるとして、溜まってるネタを少しでも書き止めておくべく、7月19日・20日に開催された毎年恒例?の山口マホードーイベントの事でも…

 今年で4周目(4回目)の開催になりますが、今回は下関市の1号店から昨年末にオープンした山口市の2号店での開催です。お店は山口駅前から先の天神通商店街の中になりました。(車はお店裏の有料駐車場を利用)

Mahoibe_01 Mahoibe_02

Mahoibe_03 Mahoibe_04

 私はいろいろあって朝10時過ぎに家を出たのですが、高速かっ飛ばしてようやくお店に到着したのは3時半を過ぎた頃で、2階のビデオゲームコーナーはあちこちからイベントこられた人たちで、すでに熱気ムンムンでした。(^^;

  (入れ違いで脱衣麻雀で有名なみぐぞう氏も帰られてたとこでした…)

 今回もお誘いいただいた主催メンバーのよるきちさんや店長さんや、熊本バンブーや福岡組の見知った方々へご挨拶と雑談を済ませたところで、今回の見所の1つである「ヴイファイヴ」のスーパープレイを遠く後ろから見させてもらいました。

Mahoibe_05 Mahoibe_06

 私もメガドラ版買ってから一応基板まで買ってやってましたが、自分の想像を絶するような動きと稼ぎで、とても同じゲームをプレイしてるように思えないほど… ケイブの池田氏が手がけられたゲームとは言え、まるで本当のケイブ弾幕シューティングのような難易度になってましたが、ラスボスも稼ぎながら難なく撃破して初めて生の2周クリアを見てしまいました。(^^;

 なお、究極タイガーを挟んだ右隣では、前回もこられてたイメージファイトのスーパープレイヤーさんもこられて、今回も2周目ペナルティエリアのクリアを見せていただきました。あのボタン増設パネルでの超避けと攻撃は全く変わらず健在でした。

Mahoibe_07 Mahoibe_08

 また、ガレッガのスーパープレイヤー神威氏もこられてたので、今回も華麗なるスーパープレイを見させていただきました。個人的にはバトライダーも一度生でプレイを見せていただきたいところ…
 他にも極パロのスーパー稼ぎプレイも初めて見て、スペシャルステージの稼ぎと避けに声が出せないほど見入ってしまいました。(^^;

 あとは目についた設置ゲームなど。台が限られてるのでちょこちょこと入れ替えで対応してましたが、戦え!ビッグファイターやシティボンバーなど実は初めて稼動してるのを見ました。(汗)
 サンダークロスはプログラム改造の「夢ver.」というやつでして、オプションフォーメーションが固定じゃなくグラディウスの追尾式になってます。いつものオプション固定ができずゲームバランスが全く変わってしまうので、操作に慣れないのもあって結構難しかったです。

Mahoibe_bigfighter Mahoibe_citybomber

Mahoibe_tcross

 そして、オマケで再びミニダライアス&2も置かせていただきました。いい加減に作り直したいなぁと思ってるので、材料加工用に図面を描いてはいるのですが作業はさっぱり進んでません。(汗)

 とりあえず今回も当時好きだった方々が懐かしんで遊ばれるんだろうなぁ…と思っていたら、まさかの地元高校生の男の子が友達の女の子たちに見守られつつプレイしてくれました。(^^;
 ダラバーの影響なのかとても珍しい光景だったので(笑)、内心驚きつつも後ろで見てたのですが、プレイし終わると貴重なゲームをプレイできてよかったですとお礼を言ってくれて、女の子たちと一緒に帰っていきました。

 あとで他の方から聞いたところ、男の子の叔父さんがタイトーでお仕事?か何かされてたようで、叔父さんの部屋に行くとダライアスの基板があったとかどうとか。(ちょっとうろ覚え…) ただ、動いてるゲーム画面を実際に見るのは初めてだったそうで、今回遊べてとても嬉しかったのがはたから見ててハッキリ伝わりました。

 今までイベントでは、年齢や遊んだゲームの世代が近い人たちとの交流で楽しむのが主だったのですが、今回のように自分達と年代が全然違う子たちにも楽しんでもらえて、苦労して持ってきた甲斐があったと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« カプコン基板のメーカー修理 | トップ | 2014年のできごと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ゲーム(アーケード)」カテゴリの最新記事