太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

妖精の大群

2018-02-02 07:38:42 | 不思議なはなし
にわかに妖精づいてきた私の周囲。(その辺はコチラ

グラスアーティストである、友人のヴィッキに会ったときのことだ。

今、私が制作中の作品について話をしていた。

昔作った、森の中に天使がいる作品をリメイクして、天使を森の女神にして・・・

そこまで話したら、


「妖精??」


「いや、妖精ていうか女神なんだけど」


ヴィッキはもう私の話なんか聞いてない。

いそいで携帯電話を持ってきて、見せてくれたのが、おびただしい数の妖精が映ったたくさんの写真。

ティンカーベルみたいのや、光のオーブみたいなのとか、電光くらげのようなのとか

細かい点々の光が何百も映ってるのもある。


「ヴィッキが撮ったの?」

「そう。もう何年も撮り続けてる」


彼女がいい写真を撮るのは知ってた。

でも、妖精の話なんか今まで1度もしなかったじゃないか。


「言わなかった?」

「知らなかった」

「言ったと思ってたけどなあ」


ヴィッキにも妖精は見えないのだそうだ。

けれど、カメラにおさめるとこれでもかと映りこんでくる。

家のまわりはもちろん、旅行に行けばついてくる。

インドが好きで、何度も訪れているようだけれど、そこでも。

夜、または日が暮れるちょっと前、何もないただの空間、庭とか空とか木などを写真に撮る。

必ずフラッシュをたく。

妖精は雨も好き。

写真を撮ったときには普通の景色だった場所に、妖精の大群がいたりする。


何年も撮っているうちに、気づいたことがあるという。


「空間のどこかに、次元の出入り口みたいなのがあって、彼らはそこから出たり入ったりしているみたいなのよねー」


その、出たり入ったりしているところ、という写真もあった。

ブラックホール的な穴があって、ほんとにそこからウワーと光のつぶつぶが広がっていた。






フェイスブックのアカウントを持っていたら、フェイスブックから


HAWAIIAN ORBS & FAIRIES


で検索してみてください。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジェルロミロミ

2018-02-01 07:40:05 | 不思議なはなし
仕事が休みの月曜日、レイナの、ロミロミとフェイシャルを受けた。

レイナは、シュートメが10年以上も通っているセラピストで、それで私も行くようになって7年。

超・現実主義のシュートメが、どういうわけでレイナと繋がっているのか、今もってわからない。

なぜならレイナは天使、妖精、スピリチュアルどんとこいで、サイキックでもあるからだ。

たぶん、シュートメとは現実的な話だけをしているのではないかと思う。

とにかく、私はレイナと会うと、ふっと楽になる。

私のスピリチュアル面のセラピストでもある。



2年前、ハワイカイからワイマナロに引っ越してきたレイナ。

ここに初めて来た時、この場所こそがレイナにぴったりだと思った。

海まで歩いて1分なのに、そこはまるで森のよう。











レイナの家のドア。

レイナの叔父さんが所有する土地に、こじんまりした可愛い家が数件点在している中の1軒。

木々の向こうには、叔父さんの家がある。



ビーチまで二人で歩き、太陽と海の風の中で、ホ・オポノポノで余分なものを消去、消去、消去。

家に入って、会わない間にあったいろんなこと、思ったことをしゃべりまくる。

前回会ったのは10月だったから、たった2ヶ月余だけれど、話したいことが止まらない。

ロミロミに入る前の、この時間も大事。

マッサージとフェイシャルで、あわせて3時間以上。

レイナのフェイシャルは、実は今回が初めてだったけれど、ものすごくよかった。

ハンガリー産のクレイを使ったパックなど、ナチュラルなものをたくさん使って、

仕上がりの肌はキリっと毛穴が閉まって、まるでファンデーションをしっかり塗ったあとのような質感だ。

毎週、これをやったらいいだろうなァー。



10月に来た時にレイナに、「妖精との繋がりがあるから、妖精のスペースを作るのもいいかも」と言われて

その日のうちに「妖精コーナー」を作ったのだけれど、




これ。今はもっと賑やかになっているけど。


実はそれが、夫の新しい仕事(プラントナーサリーで植物を育てる仕事)の伏線だったことが判明。

そうか、そうだったんだねーと言いあっていたら、レイナが、

「あ、この曲すてき!なんだろう?」

ネットを使って流しているBGMの、歌のタイトルをチェックしたら


FAIRY NIGHTSONG


「ひぇーーーーー!!」

二人で鳥肌が立った。


ここのところ、にわかに妖精がまわりに出没してきた。

しかし、それはまだ続くのである。その話はまた。











にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消えた水の話

2017-11-09 19:01:31 | 不思議なはなし
仕事の終わりに、私はミネラルウォーターを1本買い、3分の1ぐらい飲んで

バッグに縦に差し込んで車に乗った。

帰宅してみると、ペットボトルの水が一口分ぐらいしかない。



余談になるが。

私は過去、夫に改まって「ぼくの小さなお願い聞いてくれる?」と言われ、なにごとかと思いきや

「蓋を開けたらしっかり閉めてほしい。引き出しをあけたらしっかり閉めてほしい」

というお願いだった、というぐらいだらしがない。

私が使ったドレッシングや調味料の蓋は、いつもゆるゆるになっていて、夫がつかんだ拍子に中身がこぼれるとか、

中途半端にあいた引き出しにぶつかって痛い目にあうなど、夫は何年も我慢していたらしいのだ。



という私であるから、ペットボトルの蓋も案の定ゆるくなっていた。

ではバッグの中がびしょぬれか!とチェックしたが、濡れていない。

ではバッグを置いた車の助手席のシートがぐっしょり濡れているに違いない、と車を見たが、特段濡れている箇所はない。

シートの下も横も見たが、乾いている。



ペットボトルに半分以上残っていた水は、いったいどこに消えた?



水が消えたのは、初めてじゃない。

この話はどこかで書いたかもしれないが、小学校の遠足の時、バスの中で私はトイレを我慢していた。

手を挙げて、先生にトイレに行きたいと言えばいいのだけれど、

同じバスには当時好きだった男子がいたから、とても恥ずかしくて言えない。

尿意は海の波のように、押し寄せては引き、気が緩むと再び大波となって押し寄せる。

気を紛らすためにやけにはしゃいだかと思えば、尿意をこらえるために一点を見つめて黙りこくったり

隣の席の子は私を不審に思っただろう。

何度も「ああもうだめだ」という波が来て、今度もやり過ごしたぞと思ったとき、それは起きた。

私の膀胱はもう耐え切れず、心の叱咤激励を無視したのだ。

いったん、そうなってしまうと、止めることなどできず、解放されたヨロコビすら沸いてきた。

あたたかいものが太腿の内側をじわじわと濡らしてゆく。

そして出るものが出てしまうと、我に返り、被害状況を確認すべくジーンズのお尻をおそるおそる触ってみた。

が、濡れていない。

腰を浮かせて、バスのシートを触ってみた。

やっぱり濡れていない。

立ち上がって、椅子やジーンズをさわりまくったが、まったく乾いていた。


そんなはず、ないんだけど・・・・


座ろうとして、後ろのポケットに何か固いものがあるのに気づいた。

それは出掛けに祖母がくれたお守りだった。

お守りも乾いていた。

出るものは出てしまったのは確かで、証拠に私の膀胱はからっぽだ。

じゃあ、その出たものはどこに消えた???

家に帰り、祖母に厚くお礼を言ってお守りを返した。

むろん、お漏らししたことは誰にも言っていない。







ということがあった。

エンジェルロミロミのレイナが言っていた。

「妖精っていたずらするからおもしろいよ」

そうなのだろうか。

「ねえ、そうなの?」

聞いても、だんまりを決め込むだけである。








 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妖精とわたし

2017-11-03 19:33:18 | 不思議なはなし
レイナのエンジェルロミロミを受けに行った。

行こう、行こうと思いつつ、1年以上がたっていた。

1年以上行かなかったのも、急に行くことになったのも、ちゃーんと意味があることはわかっている。

なぜなら、いつだってそうなのだ。

レイナのことだけじゃない、すべてのことが、そういうことになっている。

1年以上前に行った時は、その日の午後からワイキキのギャラリーで働くという日で、

仕事を辞めて無職だった夫は、その数日後にアイスクリームファクトリーに行き始めた。

今回は、夫が背中が凝って仕方がないので予約をしたついでに、私の休日にあわせて私の分も予約した。

変化がくるメッセージは受け取っていたし、レイナの予約が入ったということは何かあるのかとは思ったが

まさかその翌週に夫が突然転職するとは知る由もなかった。



2時間、たっぷりマッサージしながら天使を呼んで、チャクラを調整してもらう。

今、私は「準備中」らしい。

「なんの準備?」

「わからないわよ」

「わかんないの?」

「年上の男性が、なにかを一緒にやりたがっている、そんな感じがするけどね」

「そんな漠然としすぎーー」

「あ、でもねえ、フェアリーがいるわよ。強いコネクションがある」

「私、妖精が見えないんだよ。○○(夫)は見える人なんだけど」

「あ、やっぱり??彼はね、そっちの人なのよね、うんうん、そうなのよね」


そっちって、どっち?

夫は庭で妖精を見るのに、私が行くと蚊にくわれるだけ。(その辺の記事はコチラ

夫が一人で家事をしていると、妖精が助けてくれるのに、私は誰も助けてくれん。

(その辺の記事はコチラ

私と妖精は相性が悪いのだと思っていた。

レイナが、家に妖精が来れる場所を作ってあげて、と言ったので、

なにごとも素直な私は、家に帰る途中で妖精グッズを買おうと店に寄った。

扉があるものの中に入れないと、猫達が放っておかない。

家にある、扉のついた物入れに収まるサイズとなるとこじんまりとしか作れない。





で、作ったのがこれ。

狭くて悪いけど、手始めはこれで我慢してもらう。


妖精グッズを探しているとき、作っているとき、わくわくしていた。

そして、朝の瞑想をするときはガラスの扉を開けておく。

目を閉じて、深呼吸して

「フェアリーたち」

と声をかけた途端、全身に波のように鳥肌がたった。

足元から頭、頭から足元、それが何度も繰り返し。

キャーキャーと騒いで喜んでいるような気がしてならない。

私には見えないけど、どうやらほんとうにいるらしい。



「いるなら、私にも見えるようにしてくれると大変うれしいんだけど」

と言ったら、シーンと静かになった。

見せてくれる気は毛頭ないらしい。



「できれば年内に、今度は3時間かけてフェイシャルもあわせてやりたいから、予定教えてね」

また、これ以上何かが起こるんだろうか。









 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

願わくばメネフネ

2017-06-02 08:25:25 | 不思議なはなし
朝6時半ごろ、友人から電話がきた。

「朝早くにゴメンネ、忙しい時間だったらゴメンネ」

早口でまくしたてる。私が3時半に起きていることは承知のはずだが。

「どうしたー?」

「実はしょーもない話なんだけどさ」

友人の話は、こうである。

昨夜、ふと3時ぐらいに目が覚めて、トイレの水が流れている音に気づいた。

友人は夫婦二人暮らしで、グレートデン(犬)を飼っている。

旦那さんは出張でしばらく留守にしている。

家にいるのは友人と犬だけなのに、誰かがトイレを使っているようだというのだ。

以前、旦那さんが眠くて先に寝るといって2階の寝室に行って、しばらくしてからトイレを使う音がしたことがあった。

しかしそのトイレは寝室についているトイレではなく、寝室から出て廊下を歩いたところにある。

部屋を出た音もしないし、旦那さんがトイレに起きたのなら寝室のトイレを使うだろう。

翌日、旦那さんに確認したら、トイレには起きていないといった。


「そのときは、おかしいねえといって終わったんだけど、昨日は私一人だからさ、

気持ち悪くて、うちに隠し部屋があって誰かがいるんじゃないかって壁をたたきながら探したわよぅ」


「隠し部屋って、あんた何年そこに住んでンのよ」


「だって前にそういう小説読んだんだもん」


「万が一、人がいるんだとしたら何のためにいるのさ?ただ隠し部屋に住んでいるなんて、考えにくいし、

泥棒だったら昼間は留守なんだし、さっさと物をとって逃げるでしょうよ」


まあ、彼女の気持ちはわかる。一人でそんなことになったら、さぞや気持ち悪かろう。




「それでさ、あんたんちのダーリンがメネフネ見たって言ってたじゃない?だからそれもメネフネなのかなあと思って」



メネフネというのはハワイに古くからいるといわれている妖精である。

妖精といっても、見た目は「ちっさいおじさん」タイプ。

言い伝えによると、メネフネは一晩で養殖池を造ってくれたり、まるで「森のこびとさん」のようだ。

夫は高校生のときに、この家の庭でメネフネらしきものを見た。

そして数年前、夫だけが家にいるときに、衣類乾燥機をまわしながら他のことをしていて、

気がつくと乾燥機の中のものがきっちり外に出ていた。

おかしいなあと思いつつも、洗った運動靴を乾燥機に入れておいたら、またその靴もしっかり外に出してあった。

家事手伝いをしてくれるなんて、メネフネに違いないということになった。その話を友人が持ち出したのである。


「私は人間説よりもそっちのほうがまだ信じられるけどネ」


「じゃあさ、なんでトイレ流したんだろう」


「洗ってくれたんじゃないのー」


「あ!ゲスト用のトイレなんかずいぶん掃除してないかも・・・人なんか来ないもん」


「ほらねー、だから見かねて掃除してくれたんだよ」


「そうだよね、そうだよね、人間じゃないよね、メネフネだよね」


「いや、確証はないけど、隠し部屋があるとも思えないしさぁ」




またトイレがひとりで流れたら電話ちょうだい、といって電話を切った。


何が怖いって、人間が1番怖い。

もののけより妖精より。










にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加