太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

ギリシャ料理

2018-10-21 17:28:19 | 食べ物とか
日本にいた頃は知らなかった、あるいはそれほど馴染みのなかった料理に

ギリシャ料理がある。

イロスと呼ばれる、ラムとビーフのひき肉を混ぜてスパイスで味付けしてハンバーグ状にしたものを

ピタパンとともに、ヨーグルトドレッシングで食べるものや、

スピナコピタという、ほうれん草を茹でたのとチーズを春巻きの皮のようなものに巻いて

油でからりと揚げたもの、

ぶどうの葉でお米とスパイスを巻いて蒸した、ドルマテスなど、

意外と日本人の味覚に合う料理が多い。

中でも私が好きなのは、ファラフェル

ガルバンゾビーンズ(ひよこ豆)のハンバーグといったところ。

ひよこ豆を茹でてミキサーにかけたものに、ほうれんそうやいろんなスパイスを混ぜて

お団子にして両面を焼いたもの。

味を説明するのは難しいが、カレースパイスやコリアンダー、タイムなど複雑なスパイスが混ざっている。

これをトルティーヤ(とうころこしや小麦粉でできた薄いクレープ)に巻いて食べる。

レストランでは、これにグリークサラダと、スピナコピタを一緒に頼むのが好きだ。



先日、ファラフェルの元を、オーガニック店で見つけた。



水を加えて10分置き、ひらたいお団子にして多めの油で両面を焼くだけ。



焼くと2割増し大きくなる。

味はレストランと同じ。

あつあつのほくほく。

グリークサラダを作って食べれば、もう言うことなしの美味しさが家で実現。

グリークサラダは簡単だ。

レタス、きゅうり、トマト、ブラックオリーブ、アボカド、紫たまねぎのみじん切りを混ぜるだけ。

一箱で30個ぐらいのファラフェルができるので、翌日のお弁当にもなる。

水を入れて焼くだけ、

さすがの私もいくらなんでも失敗しようがない。










にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント

ハワイの甘エビはボタン海老

2018-10-01 07:25:57 | 食べ物とか
ここのところ日曜日の朝、ビーチに行った帰りに、カイルアのファーマーズマーケットに行く。

以前はよく行っていたが、1年ほど行かない時期があり、再び行くようになった。

こじんまりとしたマーケットだけれど、出ているお店のクオリティが高い。

私が好きなのは、移動パン屋。

ワンボックスの車にオーブンがしつらえてあり、焼きたてあつあつのパンが買える。

いつも人が並んで待っているのも納得。

マーケットの真ん中には、ギターの生演奏を聞きながら、買ったものを食べるテーブルと椅子もあるし、

芝生の上やベンチでピクニックしても気持ちがいい。

以前は地元民ばかりだったが、日本人の旅行者が増えた。



久しぶりに行ったら、お店もいくつか入れ替わっていた。

そのなかに、甘エビを売る店があった。

海老を獲る網が展示してあり、養殖ではなく天然海老だ。

ハワイ・オアフ島の東海岸を北に向かっていく途中のカフクという場所に、海老の養殖場がある。

そこの海老は有名で、それを食べさせてくれる店がいくつもある。

そこの海老もおいしいけれど、マーケットの店の海老はなんといっても 天然海老 だ。

「AMAEBI(甘エビ)」と言っているが、大きさは ボタン海老。

店の人(漁師さん)が言うには、『こんなに大きいけれど、確かに日本の甘エビと同じ』なんだという。

海老が4尾入ったお弁当も売っているが、箱入りの冷凍海老があり、私達はそれを買った。






10尾入りで45ドル(4800円ぐらい)



私以外の家族は、ガーリックシュリンプにして食べた。

私はもちろん生で食べた。

獲れたてを冷凍するので、生でもじゅうぶん食べられる。

ガーリックシュリンプのお相伴にもあずかったが、それはそれで美味しい。

けれど、生の美味しさには到底かなわない。

舌の上でとろける甘さ。

ぷっくりとした身は、ほどよく締まっている。

こんな新鮮なボタン海老(甘エビだけど)を加熱して食べるなんて、この人たちどうかしてる。

この生の美味しさを知らない人たちが哀れでならない。



マーケット内に、おむすび専門店も新しく出ていた。

長方形にしたご飯の間に具がはさまっている、サンドイッチのようなおむすびだ。

作っているのは白人のお兄さん。

具は、日本のコンビニ並みにいろいろある。

カレーや昆布、ツナ海老マヨやスパイシーアヒ(まぐろ)。

中でも 明太子 が美味しくて、行くたびに買う。

海老にしろ、明太子にしろ、こういう魚介系に心がしびれるのは、

私は骨の髄から日本人なのだなあと思う。

料理するのはめんどくさいけど、雑誌に載っていた「たらこスパゲティ」を作って食べたい欲求に駆られている。











にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント

幻のわらびもち IN ハワイ

2018-08-24 06:53:18 | 食べ物とか
トロピカルストームのおかげで、丸2日休みになった初日の今日。

キャットフードを買いに行ったついでに、スーパーに寄った。

話に聞いたとおり、水もカップヌードル系も缶スープも、棚はガラガラだ。

特に非常用というのではないけど、パンとツナ缶、チーズと果物などを買う。

帰ってきて、ゴロゴロしながら本を読んでいたら、小腹がすいてきた。



永谷園のお茶漬けが食べたいナアー。



食品庫の1番上の、コンテナの中にあったかもしれない。

そこで食品庫をあけ、目指すコンテナを開けてみた。

永谷園はなかったが、わらびもち粉がある。

夏のおやつといえばわらび餅、さっそくメニュー変更だ。

と思ったのだが、



2016年6月9日って・・・・・

2年2ヶ月前か。

いやぁー、迷う、迷うぞ。

一緒に入っていた、2014年が賞味期限の粒アンは捨てたが、これは迷う。

迷った時は匂いを嗅ぐ。

それで何かがわかるのかはさだかではない。何がよくて何が悪いのかもわからない。

けれど、匂いを嗅がずにおれないのは人間にかすかに残った野生の本能ではあるまいか。

封をあけて、匂いを嗅ぐと、古い家屋の壁の匂いがかすかにする。

わらび餅ってこんな匂いだった?


数分迷った末、半分だけ作ることにした。



砂糖を加えてかきまぜる。



だんだん糊っぽくなってきた。でも、わらび餅ってこんな色だった?

あらかじめ作っておいた氷水に、一口大ずつ入れて、試しに少し食べてみた。

やっぱり古い家屋の壁の匂いがする。

それに、黄な粉もなけりゃ、黒蜜もない。

わらび餅はわらび餅だけでは、たいして美味しいものでもない。

後先考えずに行動する、これが私の泣き所。

袋全部8人前を作らなかったのは、唯一エラかったところ。




結局、捨てた。




4年越しのすりゴマには勝利した私だが(その辺の記事はコチラ)、古い家屋の壁の匂いには負けた。

永谷園のお茶漬けも消え、わらび餅も消えた。

後片付けをしたらどうでもよくなって、ヨーグルトを食べた。

食品庫をあけたついでに、中を整頓したら、「松茸ご飯の元」が出てきた。

もち米も一緒に入っている便利なやつで、賞味期限は2018年2月になっている。

半年前なら新品同様じゃないか。

明日はこれを炊いてお昼にしよう。


・・・

なんか私の食べ物記事、こんなのが多いのは悲しい限り。












にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント

ハワイで北海道ラーメンを食べる

2018-08-06 19:26:42 | 食べ物とか
北海道ラーメン、という看板を掲げた、そのラーメン屋は、

そうそう頻繁に行く界隈ではないが、お客で一杯なのを見たことがない。

私が知る限りずっとそこにあり、少なくとも8年は無事に営業していることになるから

それなりに客がついているのだろうとは思う。

私はラーメンが好きだ。

しかし、ハワイでラーメンや和食もどきを食べてガッカリした体験があまりに多いので

新規開拓をする気力を失う。

だからその店にも行くことはないだろうと思っていた。



それが昨日、その近くに行く用事があり、たまたまお昼時だったこともあり

思いつきでその店に入った。

外から見たら、日曜のお昼だというのに一人しかお客がおらず、ちょっと尻込みしたのだが

夫がさっさと先に入ってしまったのでついていった。

メニューには、「北海道ラーメン」があり、その横に「味噌ラーメン」がある。



「北海道ラーメンって、味噌ラーメンのことじゃないの?」



夫にそんなことを聞いても知る訳がないのであるが、聞く人が他にいないので仕方がない。

まあ、私のそういう知識はたいてい間違っているので、ドン引きされなくて済んだ。

「北海道ラーメン」と、「味噌ラーメン」の写真を見比べてみる。

ナルトの数が違う以外、よくわからない。

店の人に違いを聞いてみると、

写真ではわかりにくいが、北海道ラーメンにはコーンが入っていて、味噌にはない。



「北海道ラーメンって、コーンのあるなしなわけ?」



これまた答えの出ない問いを問う。



私は味噌ラーメンを、夫はマーボーラーメンを頼んだ。

3ドル75セントで餃子が4つついてくるというので、二人とも餃子を頼んだ。




味噌ラーメン




餃子4つ


餃子は、店の手作りという感じ満載で美味しかった。

ニラも白菜も手に入りにくいので、自分で餃子を作ることもなくなった。

うちじゃもっぱら冷凍の味の素の餃子だ。私が作るより美味しいしね。

味噌ラーメンは、麺は太めで、スープの塩気がちょっと強い。

食べながら、美味しいラーメンの味を思い出せない自分に気づく。

これはこれで、そこそこ美味しく食べられる。

けれど、すごく美味しい!というわけでもない。



「すごく美味しいラーメンって、どんな味だっけ?」



虚しい疑問、再び。

夫は、マーボが甘いといいながら、スープもおおかた飲んでいた。

食のハードルは、低いほうが人生幸せだよなあと夫を見て思う。

そして私も、いよいよその域に入ったのだと思わざるを得ない。














にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント

日米駄菓子

2018-07-23 08:57:56 | 食べ物とか
同僚が、「はい、これ」と言って、なにやら細い紙がぐるぐる巻きになったものをくれた。

「なにこれ?」

「キャンディ」

「どこがキャンディ?」

「えーーー!まさかこれを見たことがないとか言うんじゃないでしょね?」

そのまさかだ。






fruit by the foot

こんな袋に一巻きが入ってて、



柔らかい飴を、紙からはがしながら食べる。

この飴を人差し指に何周も巻き付けて、それを舐めるのも定番らしい。

いい大人が、しかも仕事中にそんなことはできないけど。



アメリカの子供はみーんな知ってるお菓子だというのだが、変わったお菓子もあるもんだ。

甘酸っぱいフルーツ味で、食べてみると美味しくて後を引く。



家に持って帰って夫に聞いてみたら、夫はこの商品は知らなかった。

夫が子供の頃は紙が丸くて、そこに塗りつけた飴を指ではがしながら食べたらしい。

私にとって日本の駄菓子といったら、色とりどりの三角帽子の中に砂糖がつまったのや、

チューブ入りのチョコレートや(ニャロメの絵だった)、クッピーラムネ、麩菓子、

棚の上で夏一杯おいてあっても腐らないイカの燻製、クジ付きの飴、オレンジジュースの粉末(そのまま舐める)

小袋に入った、インスタントラーメンの乾麺にしょうゆ味をつけたようなスナック、

お子様ラーメンと私達は呼んでいたが、正式名称はなんだったろう。

そのまま食べたり、おわんに入れてお湯を注いでラーメン風にしたりもした。

アポロチョコやベビーチョコ、オマケつきガムや、コーヒービート、

ガムにキャラクターや車が型押しされていて、それを指で抜きながら食べるガムなども懐かしいが

それらは腐らないイカ燻製などに比べたら、ずいぶん洗練されていた。




「他に懐かしい駄菓子って、なんかないの?」

夫に聞くと、夫はしばらく考えていて

「車で売りにきてたお菓子かなあ。音楽を鳴らしながら車が来るんだよ」

「日本ぽいね、何を売ってたのさ」

「ちっさい肉まんみたいのとか、すかすかした平べったいクッキーに飴を塗ったようなのとか・・」

「そのクッキーって甘くもなんともないやつじゃない?」

「うん、すかすかしてんの。あとは黄色い透明な飴」

ああ、それはきっと、紙芝居やのおじさんがくれた、あのすかすかせんべいに違いない。

黄色い透明な飴は、べっこう飴だ。



「テレビでキカイダーが始まる頃に、その車が来るんだよねー」




40年前のアメリカで、そんな日本ぽいものがあったんだ。

やっぱりハワイはアメリカであって、他のアメリカの州とは全然違うのだ。











にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント