太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

メールボックス

2013-06-30 17:03:57 | 絵とか、いろいろ
我が家の郵便受けが、だいぶくたびれてきた。

そろそろ取り替えてもいいんじゃないかと、夫が買ってきた。

黒いプラスチックの、普通のヤツ。

それを見ていたら、むくむくと制作意欲が沸いてきて・・・・





プルメリアの花を描いてみた。



反対側は、ハイビスカス。





半日で仕上げて(乾かしながらなので時間がかかる)

明日、この上から固定する薬をかけて出来上がり。



郵便受けは、その家の個性が出るもの。

家と同じミニチュアの郵便受けとか、古いサーフボードをくっつけたのとか、

大きい馬がそのまま郵便受けになったのとか。

だから、売っているものをそのまま使うのはつまらない。





なんだけど。


古い郵便受けを外そうとしたら、金具がみんな錆びていて、

ボルトの穴はつぶれてしまうし、触ったところからボロボロと崩れてしまい、

いったいどうしたら外れるのか・・・



新しいメールボックスを使う日は来るのだろうか?







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント (2)

悩ましい、の続き

2013-06-29 07:40:54 | 日記
隣家の猫が我が家で息絶えていた話。(参照記事はコチラ

やっぱり、どう考えても、ウェンディに伝えるしかない。

知らせるのはしのびないけれど、黙っているわけにはいかない。



仕事から戻ると、夫が、猫をきれいな布にくるんで、箱に入れてくれてあった。

夫が一人で、ウェンディに伝えてくれるという。

まず、手ぶらでウェンディの家に行き、ことの次第を伝える。

それから、ウェンディの様子次第で猫を連れてゆく。


しばらくして夫は戻ってきた。

「ウェンディ、大丈夫?」

「ううん、大丈夫じゃないよ、泣いてた・・・」

「だよね・・・・・」


今夜は一晩お別れをして、

明日の朝、庭に埋めるのだという。

私は仕事があるので、夫が行って、埋めるのを手伝う。



ウェンディの、亡くなったお父さんの猫だったから、

あの猫はウェンディにとって、お父さんの一部でもあったんだと思う。

それまで見送らなくてはならないウェンディの気持ちを思うと、胸が痛む。








にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村





コメント

悩ましい

2013-06-28 07:30:39 | 日記
今朝、ウォーキングから戻ってきたら、

ガレージの前で、隣家の猫が息絶えていた。

まるで眠っているように。

この時間なら、隣家のウェンディはまだ家にいるはずだけど、

出勤前に伝えて、今日一日を暗い気持ちで過ごさせるのも忍びない。

それで、そっと布でくるんで雨が当たらない場所に移した。


その猫は、ウェンディの父親が飼っていた猫で、

父親は昨年亡くなった。

その数年前に母親が他界していたから、ウェンディは広い家にたった一人で住んでいる。


両親を見送り、

その上、猫まで。

ウェンディに伝えるべきか。

いなくなって心配するよりも、伝えたほうがいいんだろうか。

猫の気持ちはどうなんだろうか。

わざとウェンディに見えない場所を選んだんだろか(それにしても何で我が家・・・)

私がウェンディだったら、伝えてほしいだろうか。


とりあえず答えは夕方までに出すことにして、仕事に行かなくちゃ。

ああ、悩ましい。






にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント (2)

53 by the sea

2013-06-27 14:09:18 | 食べ物とか
26日は私たちの記念日で、比較的新しいレストランでランチを食べた。

「53 by the sea」 は、その名のとおり海辺にある。



昨日まで雨模様だったのが、こんなに晴れた



レストラン外観


ここは、昔はシーフードレストランで、6年半前に私たちが結婚式を挙げたあと、パーティをした場所。

日本のウェディング会社も同じ建物内にある。



レストランのロビーから


どのテーブルからも、ダイアモンドヘッドとワイキキビーチが一望できる。



テラス席もあり、サンセットの時間もきれいだと思う。




11時のオープンと同時に予約したので、お客はまばらだけど、1時間もするとほぼ満席になった。




前菜の海老カクテルとサラダ、プロシュート2種とサラミ



本日のスープはコーンスープ



私が頼んだ 53thクラブサンド



夫が頼んだサーモン


味もサービスも大満足。




目の前の海を、海賊船が通り過ぎた。

観光客を乗せているんだろうけど、沖まで行くのかな。


船長は、しっかり海賊姿




デザートのパイナップルとココナツのシャーベット


と、思ったら、サプライズが・・・・




ジャーン!!!



予約したときに、記念日だと言ったら、こんなオマケのデザートが運ばれてきた。

なんかこういうのってすごくうれしい。



ランチで二人で100ドルぐらい。

時にはドレスアップして行くレストランもいいなあと思う。






食事の写真のあとでアレなんだけど。




ここのトイレが日本式ウォシュレットで、個室の仕切りの壁が床まであり、

近づくと自動的に蓋が開くやつ。

感動して写真を撮ったけど、載せるのはやめておこう。日本じゃ普通だし。

なくてもいいサービス、でもあったら親切かも、というサービスは、やっぱり日本なんだなあ。

床まであるドアと壁には、ちょっと閉塞感を感じた私は、

すっかりこっちの開放的なトイレに慣れているってことだな。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント (4)

爪を救え

2013-06-26 07:21:25 | 日記
昔はよかったと言いたくはないけど、

昔は私の爪は丈夫だった。

何年くらい前からか、爪が真横からピリっとむけてしまう(怖!)

てなことが起こるようになった。

けしてこれはカレー(加齢)ではない、ただの乾燥だと思い、

クリームを塗ってみたり、長く伸ばさないようにしてみたり。



ハワイに来てから、なぜだか爪が伸びるのが速い。

『苦髪楽爪』という古いことわざがあって、苦労すると髪が伸びるのが速く、

楽をすると爪が速く伸びるそうな・・・

こりゃ相当ラクしてる証拠だと思っていたら、美容師さんが

「ハワイに住んでいると髪も速く伸びるんですよ」と教えてくれた。

私は髪を長く伸ばしているので、どれだけ伸びたかわかりづらいだけだったか。

これでラクしているんじゃないということが証明され(?)、ちょっと安心。



そう、爪の話。



仕事をしていると、本を拭く洗剤と、紙を一日中触っているせいか、

爪の傷みがはやくて、そこへもってきて自前のオイルが足りない上に、すぐ伸びる爪。

で、「ピリッ!」と剥ける・・・

そこで救世主登場。





週に3回これを塗ると、壊れやすい爪を強くしてくれる、らしい。

しばらくこれに賭けてみる。

爪はきれいにしていたいから、伸ばせなくてもマニキュアは塗っていたい。

でもそれには健康な爪じゃないとね。





にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村


コメント (2)