太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

アイドル

2013-04-30 07:42:27 | 日記
韓国ドラマのDVDのケースに、登場人物の写真があって、

あるお客様が一人の俳優を指差して

「ねえ、この人が出ているDVDある?」

とおっしゃる。

その人物を探そうとするのだが、どれもこれも同じ顔に見える。

同じ人がメガネをかけていたり、髪形を変えていたりするようにしか見えない。


それは韓国俳優に限らず、日本人でも同じ。

私が見分けがつくのはSMAPまで。

モーニング娘だって、区別がつかないままだった。

なにしろ関ジャ二を 「せきじゃに」 と思っていた私だ。

アイドル雑誌の表紙を飾る若者は、同じ髪型同じ顔、みんなみんな同じ。



その昔、私がアイドルが出てくる番組をみていると、祖母が言うのだ。

「なんだね、みんな同じじゃないかね」

すると私はムキになって

「違うよ、秀樹とひろみは全然違うってば」

と言ったものだ。



アイドルが遠くに感じるようになったのは、

私より若いアイドルたちが出てきてからだと思う。

アイドルの低年齢化もあって、

年上の憧れる対象だったアイドルが、同年代になり、年下になり、

とうとう親子といってもいいような子たちがワラワラ出てきた。



今、私は祖母の域に達しているのだろうか?



職場のCDの棚の整理をしていたら、ピンクレディのCDを見つけた。

私がすべてのアイドルを認識し、見分けられていたころの、

ものすごく懐かしい友達に会ったような気がした。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村







コメント (2)

韓国ドラマ

2013-04-28 07:22:07 | 日記
日本でもまだ、韓国ドラマは人気なのだろうか。

職場の本屋には、韓国ドラマのDVD専用のショーケースがあり、

中年から初老にかけた女性たちに根強い人気がある。

それもアジア系の人たちがほとんどで、白人系とアジア系では、

揺さぶられるポイントが違うのかもしれない。



先日、女性二人連れのお客様が見えた。

どれにしようか迷っている。

「ねえ、どれがお勧め?」


よく聞かれる。

聞かれると非常に困る。

私が見た韓国ドラマは、7年以上昔の『冬のソナタ』だけ。

離婚して実家に戻っていたときで、母と一緒に何日もかけてみたけれども、

もっと観たい!という気持ちにはならなかった。

わざとらしい感じがなんだかねー、と友人に言うと、

そのわざとらしさがいいのだそうだ。



さて、おすすめを聞かれて、私は観たことがないのでわからないと言うと、


「観ないほうがいいわよ」


と、すかさずおっしゃる。

「観たら、こうなるわよ」

といって苦笑しながら自分たちを指差した。

「観たことがないなんてしあわせねえー」

「そうよ、私たちなんか、観たばっかりにこうして次々買う羽目になって・・」

「ほんとよねぇ」



お二人はさんざん迷った末に、ひとつを選んで買った。

帰り際、ショーケースの鍵を閉める私の耳に、


「観るもんじゃないけど、もし観るなら最初はこれがいいわよ」


とささやき、一つのDVDを指差してウィンクをした。

「こっち側にいらっしゃーーぁい」

不気味な笑みを浮かべて二人は去っていったのであった。






にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村




コメント (2)

縁起

2013-04-27 07:43:00 | 日記
その昔、友人がハワイに新婚旅行に行くことになった。

「でもねえ、お母さんが方角が悪いから熱海に1泊してから行けってうるさいのよぅ」

熱海に寄る時間があったらハワイに費やしたいぐらいだが、結局彼らは熱海に行った。



方角だけじゃなく、大安とか友引とか仏滅とか、

その深い意味を知らなくても、なんとなく縁起がいい日とか悪い日とかいって、

行動を起こしたりやめたりする。




母方の祖父を思い出す。

離れて暮らしていたので、それほどたくさんの思い出はないが、俳優の笠智衆に似た、とても寡黙な人だった。

祖母は、母が14のときに亡くなっていて、そのあと40年余祖父は生きた。

あるとき、親戚が集まったときに、何かの日取りを決めるのに揉めていた。

縁起をとると、全員が集まれなくなり、予定を合わせると、縁起の悪い日になってしまう。

じっと聞いていた祖父がおもむろに言った。



「縁起にこだわったらつまらんよ。縁起より自分らの心がけのほうが大事だに。

天気がよけりゃ、いい日だで」



私はいたく感動して、最初の結婚式は仏滅にした。ものすごく安かったのだ。

最初から離婚するつもりで結婚する人はおらず、私もそれは同じで、

縁起なんかに踊らされてたまるか、という気持ちだったが、11年後、見事に離婚した。

結婚生活の辛さや離婚を「不幸」とするなら仏滅に結婚したから、となるし、

避けては通れないことだったとすれば、縁起などどうでもよかったといえるだろう。

前述の友人は、その後20年、今でも仲良く暮らしているが、

それは熱海の効果であろうか?



今思い出したが、最初の結婚時代に家を建てた。

地鎮祭をやるのに、都合のいい日を選んだら、それが大安じゃなかった。

神主さんは抵抗したが、どうにもその日しかなかったので渋々執り行った。

家は無事に建ったが、数年住んだだけで私は出てしまった。



私が縁起を気にするのが嫌なのは、

よくわからないものに縛られたくないのと、良くも悪くも、そのよくわからないもののせいにしたくないという

気持ちがあるからだ。

縁起を無視したから、かついだからこうなった、と思うのも思われるのも嫌だ。

大安に結納・結婚したって、破綻するときはする。

仏滅であっても、仲良く連れ添うことだってある。

ただ、縁起をかつぐことで心の平安を得られるという人たちには、それは大事なことだろうと思う。



思い立って、自然とそうしたくなったときがベストのとき。

今でも私はそう信じている。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村



コメント (2)

「夢をかなえるゾウ」

2013-04-25 18:40:07 | 本とか
インドに、ガネーシャという神様がいる。

ゾウの顔を持っているが、元は人間だったはずだ。


主人公である、若いサラリーマンが、朝目が覚めると枕元にガネーシャがいた。

というところから話が始まる。


大学を出て、それなりの会社に就職したものの、何かが違う、ビッグになりたい、

変わりたい、と悶々としている主人公に、ガネーシャは、夢をかなえてやると言う。

しかし目の前にいるへんてこな生き物に疑いを隠しきれない。



「で、どないするねん?」

「どないする、とおっしゃいますと?」

「いや、せやから。話聞いとった?自分、変わりたいの変わりたないの、どっち?」



この神様、こてこての関西弁をしゃべる。

ニュートンくんや、エジソンくんなんかもワシが育てたんや、と鼻息も荒い。

うっかりガネーシャと契約をしてしまった主人公。



毎日、ガネーシャから課題が出る。

それを確実にこなしてゆくと、いつのまにかビッグになる、というのだが、

一筋縄ではいかない神様の性格が、主人公を悩ませ、怒らせ、呆れさせる。


しかしこの、意思が弱くて目立ちたがりで、食いしん坊でわがままな神様が、

ぐっとくることをたくさん話してくれる。



「世の中のほとんどの人間はなぁ、『反応』して生きてんねや。

自分から世の中に働きかけるんやのうて、周囲に『反応』しとるだけなんや。

親から言われて勉強して、みんながやるから受験して、みんなが就職するから就職して、

上司からこれやっとけ、いわれるからそれやって、とにかく反応して反応してし続けて

一生終えるんやで」



「そんなんで自分の人生手にいれられるわけないやんか。自分の人生手にいれとるやつらは

全部自分で考えて計画たてて、その計画どおりになるように自分から世界に働きかけていくんや」





そう言いながら、いよいよ主人公とお別れというときになって、こうも言う。


「無理すんなや。

夢追いたかったら追ったらええ。オンナの尻追いかけたかったら追ったらええ。何したってええんやで。

成功しても成功せんでも、気張って目標に向かって努力しても、誘惑に負けてしもても、ワシ、自分(主人公のこと)のこと好きやで。

成功だけが人生やないし、ぎょうさん笑うて、ばかみたいに泣いて、

死ぬほど幸せな日も、笑えるぐらい不幸な日も、世界を閉じたくなるようなつらい日も、

涙が出るような美しい景色も、全部全部、自分らが味わえるために、この世界創ったんやからな






いい加減なゾウの神様を笑っているうちに、一気に読めてしまう。

そして読み終えたあと、ゾウの神様が好きになっている。





「夢をかなえるゾウ」  水野敬也   飛鳥新社







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村








コメント

NICO’S

2013-04-23 07:27:20 | 食べ物とか
おいしくてリーズナブルでカジュアルな魚料理が食べたい。

という気分のときには ニコ がいい。

ヨットハーバーにあって、

平日でもランチは一杯。






店の写真を撮っていたら、いったんは通り過ぎた人がバックしてきてこのポーズ。

それでいて「やだー、恥ずかしいぃーー」と顔を覆って走り去った(内股で)

この明るさ、ユーモアがいいなあ。




テラス席は、ハーバーのまん前。

風が心地よい。




今日のランチは、私はソードフィッシュ(日本名がわからないけど白身の魚)を揚げて、

サンドライトマトのクリームソースをかけたものとサラダ、玄米ごはん(10ドルぐらい)

夫はチキンシーザーサラダ(8ドル)


ハンバーガーやフレンチフライも人気だけど、魚料理がおすすめだ。


夜は予約したほうがいいと思う。




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村



コメント