太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

栗蒸し羊羹の神隠し

2014-11-27 07:20:27 | 食べ物とか
きっかけは蒸し羊羹が神隠しにあったことだ。

日本で、栗蒸し羊羹を2本買ってきた。

妹の嫁ぎ先が和菓子屋で、私は妹の旦那が作る和菓子が世界一だと思っている。

そこの栗蒸し羊羹だから、まるで宝石。

2本のうち1本を少しずつ切り分けながら食後の楽しみに食べた。

残り少なくなってくると淋しくなるが、まだあと1本あると思うと気が楽だ。

いよいよ最後の一切れとなり、明日は2本目に手をつけるかと冷蔵庫を探したが、どこにもない。

確かにあった。包装されたままの羊羹が、冷蔵庫内の引き出しにあったのだ。

冷蔵庫のものを全部出してみても、ない。

夫は進んで食べる程、羊羹は好きじゃないから彼ではない。

一応聞いてみたけれど、あるのは見て知っていたけど触ってないと言う。



まさかこんなことになるとは。


なくなるはずがないということよりも、何故だか知らないが

栗蒸し羊羹はもうないのだ、ということの方が重大である。

1本しかないとわかっていたら、心の準備をしていたのに、

まだあると高を括っていたから、これはショックだ。




ショックから立ち直れない私はどうしたか。

自分で作った。

日本人の同僚達のお土産に、小さめの栗蒸し羊羹を買って行ったら

みんなとても喜んでくれて、Mさんは、あまりに美味しかったから水羊羹を作ってみようと思うと言った。

さすが料理上手の発想は違う。

確か家庭科の実習で水羊羹を作ったことがあった。

寒天と、こしあんがあれば簡単にできるはず。


早速帰りに日本食スーパーに寄り、こしあんと寒天を買った。(こしあんは2ドル‼安い)

休日の今日、ネットから探したレシピを見ながら水羊羹作り。

こしあん400グラムに水400cc。

買ってきたこしあんは500グラムで、わが家には測りがないから

ここから400グラムを測り出すことはできない。

100グラムのこしあんに対して100ccの水ってことなら、

500グラムのこしあんに500ccの水でもいいんじゃないか。

100グラムのこしあんを残しても仕方ないし。


500グラムのこしあんを全部、寒天液に溶かした。

鍋の中で、見るからに美味しそうなお汁粉状のものができていくのを見ていたら

日本の100均で「白玉粉」を買ってきたのを思い出した。

アンコに白玉はベストマッチだろう。

今こそ白玉を作るべき。



今思えば、私はどうかしていた。

栗蒸し羊羹の神隠し事件で、あんこ飢餓状態にあったために、

ただでさえ怪しい私の思考は、さらにおかしくなっていた。


とにかく私は白玉を作った。

「アンコには白玉、アンコには白玉🎶」

モチモチの白玉ができて、氷水で冷やして、さあ食べようと思ってようやく気づいた。



あんこがない



そりゃそうだ、私は水羊羹を作っていたのだった。

なんでまた私は白玉なんか作ったんだ?貴重な白玉粉で…



水羊羹が食べごろに冷えるのを待って、

白玉と一緒に食べてみた。

合わない。まるきり合わない。ぜーんぜん合わない。

水羊羹は水っぽい味で、だから余計に合わない。

白玉は速やかにタッパに入れて冷凍した。



水っぽい水羊羹は、蕎麦ちょこにたっぷり7個できた。

レシピにあった 塩 を入れ忘れたのが原因か?

美味しい水羊羹は、あんこを水で薄くのばしたのを固めて食べている、

という味はしないんだがな。

こんなことなら、こしあんのままで白玉と一緒に食べた方がよかったんじゃ…

これをみんな私が食べるのかと思うと、胸に酸っぱいものが込み上げてきた。



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村

















コメント (4)

意味

2014-11-26 09:58:37 | 日記
昨日、仕事帰りに渋滞にはまっていたら、突然後ろから


ボッコン


と追突された。

ルームミラーで見ると、BMWに乗ったおじさんが「あわわー」という顔をしていて

そしてすぐに携帯電話で電話をかけはじめた。

保険会社と話しているのか、まともな人間にみえた。

フリーウェイの出口で並んでいたので、すぐに車を寄せられる場所はなく、

芝生の路肩が出てきてから、ウィンカーを出し、後ろの車に「こっち」と手で示して

列を離れて芝生に乗り上げた。



ところが  BMWは私の横を走り去ってしまった



芝生の上で、呆然とその後姿を見送る私の気持ちといったら・・・・

渋滞していたはずのレーンが、そのときはすいていて、みるみる車は遠ざかり

ナンバープレートを覚える間もなかった。



頭の中でいろんな考えがめぐる。

いつか、同じ光景を見たことがあった。

隣のレーンで追突された車が路肩に寄せると、追突した車が勢いよく逃げたのだ。

車のナンバープレートを覚えて通報したとしても、証拠がなければしらばっくれられて終わりと聞いたこともある。

かと思えば、駐車場で車をぶつけてしまい、動転して逃げてしまったものの、

ずっと罪の意識に駆られていたところに警察がやってきて、裁判所にまでいく羽目になった知人もいた。

駐車場にある防犯カメラが証拠を押さえていたのだ。




とにかくこのまま芝生の上にいても仕方がないので車を列に戻し、家に帰った。

翌朝、明るいところで後ろのバンパーを見ると、凹んではいないが20センチほどにわたって

ところどころ塗料がはげていた。新品同様にきれいに乗っていたのに・・・・・



数ヶ月前になるが、歯医者の駐車場に停めてドアをあけたら

隣の車に軽く コツン  とドアの先が当たった。

運転席で携帯電話をいじっていた男性が、すごい形相でコチラを振り向いた。

当たったところを見たら、まったく凹んでもいなかったので、窓越しに謝って歯医者に行った。

治療を終えて車に戻ると、後部ドアの一部が凹んでいた。

あの男性が腹いせにやったのだろう。




さて。


私にはいつの頃からか、起きたことの意味を探す癖がついた。

なんでこんなことが・・・と思うような出来事が起きたとき、

私はその意味を探すことで、それを乗り越えてきた。

そうしないと、私は被害者になりきって、なにかのせいにしたくなってしまう。


私は昨日の追突も、腹いせ事件のときも、まずはドカンと頭にきて、

でもすぐにいつもの癖で意味を探した。

追突されるときは、誰かを責めているとき。追突するときは自分を責めているとき、と聞いたことがある。

私は誰かを責めていただろうか、と内観もした。

私が了解したことだけが私に起きる。

だからこれは私の深いところでは了解していたことで、あの人たちとは、そうなることになっていたのだ。





・・・・・・・・・




なんだかしっくりこない。

「だから何??」と思う私がいる。

理不尽なことも人間も鷹揚に許す自分が誇りだったのに、私は今すごく怒りたいのだ。


私が誰かを責めていたにしたって、それがどうだっていうのだ。

すっとぼけたBMWのオヤジも、腹いせ野郎も、いつか必ずどこかで自分がしたことの

代償をたっぷり払えばいいんだ。

スピード違反の切符をきられるとか、水虫になるとか、免許証の書き換えを忘れていたとか、

電話を置き忘れるとか、パンクするとか、夫婦喧嘩するとか。

考え付くだけの代償を思い浮かべて一人でほくそ笑む私もそうとう気持ち悪いが、

怒りたいときには怒って、呪詛したけりゃして、被害者になりたければなってみて、

それからゆっくり意味を探したって悪くはない。



ほんとうは意味なんか探さなくてもいいのだろう。

幸せなことには意味を探さないのだし、

探そうと探すまいと、意味のないことなど起こりはしないことを私は知っていて、

私が知るべき意味は、いつか必ずわかるようになっているのだから。



すっとぼけBMWオヤジと、腹いせ野郎に対して


「ちーびでーぶおたんこなすのひとでなし!!」


と叫んでみる。

ちょっとだけすっきりする。

後部ドアは、直したいほど凹んでいるわけではないし、

むちうちになるような追突ではなかったし、意味はまだ探したくなくても

その中にある祝福には気づいている。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村


コメント (2)

日常

2014-11-19 11:22:36 | 日記
2週間の帰省は、それはもういろんなことがてんこ盛りだった。

たくさんの人に会ったし、

いろんなところへ出かけたし、

よく歩いて、よく食べた。



連絡がつかなくなってしまった遠方の友人とは、共通の友人の実家を突然訪れて

ご両親に友人の連絡先を聞き、その友人を介して、ようやく電話番号を入手し、

電話をかけてみると、なんと彼女は急病で入院中・・・・

それで、間にたってくれた友人と、その昔一緒にブラスバンド部だった仲間二人と会うことになった。


というわけで、連絡がつかなくなった人達とも無事に会うことができて大安心。

思いがけない懐かしい仲間に会えたというオマケ付き。



夫の希望で訪れた北海道は、空気が全然違っていた。

空港から乗った電車のドアが開くと、背筋が伸びるような冷たい風が、

土や草木や山の香りを一杯乗せて車内を吹き抜けた。

それでも夫は一人だけ半袖で、ものすごく目立ってた・・・・

翌日は、さらに冷えて3度。

スキー場にいるかと思うような冷たさで、さすがの夫も長袖、ジャケット、マフラー装備。

生まれて初めて食べた 「島ホッケ」 に大感激で、

1番好きな魚になったと言っていた。確かに美味しかったもの。




ちょっと気になっていた両親は、やっぱり年を重ねていて、

病気もちの父よりも、どこといって悪いところはない母のほうが弱ってみえた。



私達がハワイに帰る日、ちょうど出かける用事もあったので新幹線の改札まで見送りにきた両親に、

新幹線まで時間があるから、ちょっと駅内の売店を見ていくといって

駅のコンコースの真ん中で両親と別れた。

ほんとうは売店なんか見るつもりはなかったんだけれど、両親に見送ってもらうのは嫌だった。

改札を抜けて、エスカレーターに乗る。

振り返ると、改札の向こうで両親がこちらを見ている。

エスカレーターを降りて、再び振り返ると、両親は笑みを浮かべながらずっとそこにいる。

私が見えなくなっても、彼らはしばらくそこにいるのだ。


そういうのは、とてもつらいのだ。


前回、私が一人で帰国したとき、姉が駅まで送ってくれて、

入場券を買ってホームまで来てくれた。

新幹線が走り出して、駅にたたずむ姉が笑って手を振る姿が、涙ににじんで見えなくなった。



コンコースの真ん中で、去ってゆく両親の後姿を見ながら、

「これもやっぱり嫌だな」と思う。



日本を離れてから、家族と会って別れるときには、

これが最後かも、といつも思う。と同僚達は言う。

それは確かにそうではあるけれど、実際別れるときには、

また会えると信じなければ、別れることなどできやしない。




ハワイに戻り、家中を掃除して猫と遊び、

海に行って泳ぐ。

仕事が始まって、一息つく。


そして、これが私の日常になったのだと、しみじみと思う。

暮らし慣れた日本が、いつのまにか非日常になり、

てんやわんやのハワイの日常が、しっくりと来るようになった。


日本も大好き、ハワイも大好き。

大好きな場所がふたつある私達は、とても幸せ者に違いない。




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村




















コメント (2)

楽しい のち 混乱 のち 美味 のち反省

2014-11-04 21:06:41 | 日記
日本に帰省している。

天気はいいし、寒くもないし、家族に会えるし、食べるものは何でもおいしいし、

コンビニに感動し、スーパーマーケットでフィーバーし、

100円ショップでは軽く1万円を越すものを買い、とにかく日本を満喫しているのであるが、

非常に混乱している。


今回の旅は、最初からなにかズレていた。

旅行代理店の人が、飛行機の席を非常口の近くの、足が伸ばせる席にしてくれた。

チェックインしたときのチケットにも、ちゃんと非常口席と書かれていたにもかかわらず

実際の席は非常口席の後ろの列。パーサーも首をかしげていた。


成田について、予約してあった携帯電話を受け取りにいくと、予約されていないという。

控えていった予約番号を見せて調べてもらうと、受け取る日付が違っていた。

私がネットで予約した際に打ち間違えたのか。

当日借りられる電話があったので事なきを得た。


さて問題はこれからだ。


レンタルの携帯電話の番号は、事前に知らせてくれることになっている。

今回は連絡が来ないなーと思ってはいた。(借りる日を間違えていたのだから、来なくて当然)

日本で会う予定の人たちと連絡を取るために、番号がわかったら知らせる必要がある。

1月に帰省したときには簡単にメールにアクセスできたし、

日本に着いてからメールで送ればいいやと軽く考えていた。



ところが、どうしても自分のメールに入れないのである。


姉のPC,友人のPC、父の会社のPC、ホテルで借りたPC、どこからも入れない。

アドレス帳はハワイに置いてきた。

会う日まで決めておきながら、連絡がとれずに会えない。

そのうちの一人は、私と会うために九州から帰省してくるというのに、である。



夫の方の知人は、昔の教え子だったから

英会話学校に連絡し、そこのセクレタリーのNさんに連絡先が残っていないか聞いてみた。

記録はないが、電話帳で調べて、その人と連絡をとってくれた。



九州の友人とは、共通の友人と連絡をとってみるほうに賭けてみる。

その共通の友人だって、連絡先はハワイにあるのだけれど、彼女の実家を私は覚えていて、

そこをいきなり訪ねてみようというプラン。



うまくいけば会える。

いかなければ、私は人でなしだな、こりゃ・・・



教訓1

紙に書いた記録は大事。


教訓2

次回からはWI-FIを借りることにする。




・・・ていうか。

電話を申し込んだときに、日付を間違わないで入力してさえいたら

こんなことにはならなかったのだから

やっぱり私か。




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村










コメント (2)