太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

バナナアボカドまつり

2018-06-04 18:29:24 | ハワイの自然
夫の両親が、先週揃ってヨーロッパに出かけた。

普段、庭の世話は両親まかせ。

私は家の中から庭を眺めるだけで、滅多に庭に出ることはないのだけれど

さすがに鉢植えものなどを枯らしてはマズイと思い、蚊に食われるのを覚悟して出た。



屋根がある玄関先から移動させたアンスリウムたちは生き生きとしている。

こんな半日陰が彼らは好きみたい。





アップルバナナたちがいる一角



バナナが一房実っている。



その奥に、二房目。

ちゃくちゃくと育っていて、来週あたりには収穫することになろうが、

一房に、だいたい70~80本のバナナがなる。

二房を収穫するとして、140本。

両親は1ヵ月半以上留守にするので、食べるのは私と夫。

毎朝1本ずつ食べても、1週間にたった14本しか消化できない。

ランチにも持って行くとして、1週間で28本。

140本を食べきるのに5週間かかる計算だ。


帰宅した夫にそれを伝えたら、

「下のほうにもう1本バナナがなっていたはずだけど?」

と言う。

なにッ!

あわてて確認してみると、






あった・・・・三房目。



てことは、つごう210本のバナナが収穫される見込みなわけか。

食べる人は二人なのに。

ご近所におすそ分けしたくても、どの家にもバナナはあって、逆にもらってくることになるので行かない。

前の職場では、同僚達のほとんどが都会暮らしだったから、バナナは喜ばれたものだが

(アップルバナナは人気があって、スーパーでも少々お高めなのだ)

今の職場の同僚たちは田舎暮らしだから、うちの近所と同じだ。

バナナケーキを作ったこともあったが、1度に使うバナナはたかが4本ぐらい。

アップルバナナはほどよい酸味があって、甘すぎず、大好きだけれど、200本のバナナをどうしろというのだ。



ふとバナナの隣を見ると、アボカドが育っていた。

6年前、ぱったりと実をつけなくなってしまったアボカドの木を根元近くから切った。

新しい枝葉が伸びてきて、6年かけて元のような大木になり、今年初めて実をつけたのだった。







いやぁ、元気になっとるなっとる。

試しに数えてみた。

見える範囲で、 25個 あった。

このアボカドは、大ぶりの品種で、一般的なアボカドの1.5倍ある。

1度の食事でサラダに入れるにしても、1個あれば翌日のランチまでまかなえる。

メキシコ料理のワカモレ(アボカドを使ったディップ)を作っても、1個あればじゅうぶん。

210本のバナナと、25個の巨大アボカド。

我が家のバナナアボカドまつりは、すぐそこに迫っている。







・おまけ


今日、第四房目を発見

 



しめて280本なり。






にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カエナポイントでアホウドリ

2018-05-29 07:44:33 | ハワイの自然
シアトルに住む、夫の兄が一人で遊びに来ている。

仕事を変えるので、次の仕事が始まるまでのんびりしようということらしい。



左後ろが義兄。

あとの二人は叔父叔母。

よく仕事を変える、という点ではこの兄弟は似ているかも。

義兄はバリバリのビジネスマンで、妻が医者で、生活レベルはウチとはぜーんぜん似てない。




休日、義兄とカエナポイントにハイキングに行った。




矢印のところがカエナポイントだ。

矢印から右側がノースショアで、矢印から下がオアフ島のウェストコーストになるが、道が繋がっていない。

だからカエナポイントに行くには、ノースショア側か、ウェストコースト側から行って車を停め、ポイントまでは徒歩で行く。

以前に行ったときはノースショア側からだったが、今日はウェストコーストから行った。




8時過ぎに車を置いて、歩き始める。





このトレイルは、昔、さとうきびを運んでいた列車の線路の跡だ。





線路の名残、枕木がこんなふうに突き出ていたり、地面に埋まっていたりする。




地元の人が、何かの漁をしている。



潮の流れを見て、しばらく待って、そうれ!!と網を投げたあと、一人が水の中に飛び込んだ。




しばらく歩くと、フェンスが見えてくる。

ここは鳥の保護区になっていて、マングースが入れないようにフェンスで囲まれているのだ。

このフェンスのドアをあけて、中に入る。




アルバトロス(アホウドリ)が保護されている。






そこいらじゅうに、アホウドリがいる。

傷つける人がいないので、まったく人を警戒しない。




これが、カエナポイント。

一応、ここは知られた場所のはずだけど、まったくそっけないのがハワイっぽい。

ハワイには海亀が見られるポイントだとか、いろいろ見所はあるのに、看板もなければみやげ物屋もない。

カエナポイントは、言ってみれば北海道の納沙布岬みたいなもん。

納沙布岬には立派なモ二ュメントがあって、ここが最北端だとか書かれた立派な看板があり、みやげ物屋もあった。

そういう景色を見慣れている日本人には、ハワイの名所はあまりにも殺風景だ。



ポイントの塔の横にある、何のためかよくわからないコンクリートのものの裏側に、アルバトロスの絵が描いてある。

なかなか上手にできてる。


アザラシが昼寝をしているかもしれないと期待したけど、今日はみんな出払っていて見られなかった。





持ってきたスナックを食べ、来た道を戻る。

往復でだいたい2時間半。

ハイキングするときの景色でいうなら、ノースショアよりもウェストコーストから行くほうがお勧め。








にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月はハワイも花の季節

2018-05-16 07:28:55 | ハワイの自然
ハワイは常夏だという人がいるが、ちゃんと季節はある。

年がら年中、花が咲き乱れているわけでもない。

たしかに何かの花は常に咲いているけれど、5月は日本の春みたいなもので

さまざまな花が勢いよく咲く季節である。


我が家の庭も、緑は若々しく、花も鮮やかに咲いている。



1番好きな色のハイビスカス。この角度が、また1番好き。



ハワイといえばモンステラ。背後のジャングルにある竹が、我が庭にも越境してくる。

1日に10センチは伸びるのではないかというほど速く育つので、早めに伐採しなくてはならない。



アガパンサス。藤色と白がある。





アンスリウム。最近はミニサイズもあって、かわいい。



マグノリア。高貴な香り。日本名は、こぶし?もくれん??



ブルージンジャー。

ぐねぐねしているのはナイトブルーミングシリアス(月下美人)。

月下美人の花のてんぷらが美味しいと誰かから聞いた。今度咲いたら挑戦する。

小エビと一緒にかきあげにするのだそうだ。



うちの庭に、シャワーツリーの苗木を植えた。

5月、ハワイ中のシャワーツリーが一斉に咲く。

ピンク、サーモンピンク、黄色、アイボリーがあって、ぶどうのように房になって咲き、香りもいい。

名前のとおり、花びらがシャワーのように散り、桜吹雪を思い出す。

私が1番好きな花、ジャカランダも5月が季節。

実は庭にジャカランダがあるのだけれど、10年以上もたつのに、1度も花が咲かない。







昨年の8月、ハワイ島のワイメアで見たジャカランダ。



ハワイといえばプルメリア。

プルメリアもこれからが盛り。

今、初めてプルメリアを題材にした作品を創っているところ。

シンプルな花だけに、意外と難しいのだ。



休日の今日、アラモアナまでいってマイクとお昼を食べた。

出かけるまでに、外は10分ごとにスカっと晴れたり、ザーッと雨が降ったり、また晴れて、雨が降り。

長袖を着て出かけ、ホノルルに着くと太陽燦々、ノースリーブでちょうどいい。

うちのほうに帰ってくると、車の中の気温計がみるみる10度近く下がり、思わず上着を羽織る。

今年は雨が多いけれど、やっぱりハワイに来るなら5月がいい。









にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緑の屋根

2018-01-15 12:09:03 | ハワイの自然
我が家の庭に、モンキーポッドの樹がある。

モンキーポッドは、日立製作所のTVコマーシャル『この木なんの木』のモデルになった木だ。

ハワイでは、そこいらじゅうで見かける。



手前右側の背の高いのがモンキーポッド。

30年前にこの家を買ったときに夫の父が1mほどの苗木を植えたのが、今ではこの大きさである。

左側の建物が私たちの居住スペースで、この樹が大きく枝を広げて日陰を作ってくれるおかげで

夏の夜も暑さ知らず。





庭を表にまわりこんだ所が両親側の家で、そこには屋根を覆う大木がない。

夫の両親の寝室も2階部分にあるのだが、夏は昼間屋根に蓄積された熱が夜になってもドカドカと部屋にこもり、

扇風機を数台まわさないと眠れない夜が、ひと夏に数日あるという。

緑の屋根のありがたさ。








ビワが大きくなった。

昨年2月にハワイ島に行ったときに、ファーマーズマーケットで買ったビワの実の種を蒔いた。

ほぼ1年で、こんなに育った。

1枚の葉の大きさは、15センチ以上ある。

ビワの実が収穫できるまで、あと何年かかるだろう。






ガーデニングはもっぱら両親の仕事で、私は猫達を外で遊ばせるときぐらいしか庭に出ることがない。

12月は雨が多かったこともあり、今日は久しぶりに庭を歩いた。

一抱え以上もあるモンステリアの葉や、ヘリコニアの赤い花が太陽の下で輝いている。

絵の題材にするのに、どこかでスケッチしなくてもここにたくさんあったのだ。

バナナももうすぐ収穫できそうだし、

アボガドも、ライムの木も、グレープフルーツの木も、ずっと大きくなっていた。

私が知らぬまに咲き、知らぬまに散ってゆくたくさんの花々。

なぜか急にもったいないような気持ちになった。

心にゆとりをもって、庭の草木ともっと触れ合おうと思う。





一輪だけ思い切りよく咲いたハイビスカス。

てのひらを広げたよりも大きい、大輪だ。











 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹が生まれた瞬間

2017-12-23 07:50:14 | ハワイの自然
通勤途中に、海から虹が生まれるところを見た。




ぼけぼけで申し訳ない。

運転中で、路肩に車を停めると遅刻しそうだったので。

動画を撮れていたなら、海からスーっと虹が空に向かって伸びてゆくのがみえたのに。

そのあと、生まれたばかりの虹はどんどん伸びて、



でっかいでっかい虹になりましたとさ。




 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加