夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

膝の治療に行く

2017年08月10日 | 面白い話
午後から先日痛めた膝の治療に行ってきました。

午後は3時から診療開始。今日は1時間早めに
行ってしまい待ち時間がありました。

その間診療に訪れる人々の人間ウオッチング。
整形外科が専門医なので車椅子や足が悪く
杖を突いて診療に訪れる人が多い。
みなさんおしゃれな杖を持っています。

受付会計の所に見慣れた男性がいた。
いつも糖尿病の薬を貰いに行く
F医院の院長先生でした。

「先生どうしたの?」と聞いたら

「ここ(股関節)に注射しに来てる。
 木曜日は(F医院)午後休診だから
 毎週来ている」と院長先生。

「あらら、お大事にね」

F医院の先生は以前から股関節の具合が
悪いようです。医者が病院に来て治療を
受けていると言うのもおかしく感じた。

30分ほどで診察室に呼ばれました。

「具合は如何ですか?」と先生。

「だいぶ良くなりましたが、時折ギクッと
 痛む事がありますが、水を抜いたので
 以前よりずっと楽になりました。ところで
 膝の水を抜くと『癖になる』と友達が
 言ってましたが、本当?」と言ったら

「そんな事はありませんよ。痛くなければ
 (炎症がない)水が溜まらない。
 膝の痛みがないときは、腿の筋肉を
 つけるといい」

「大腿四頭筋ね、ところで半月板の
 欠片はとったほうが良いのですか?」

「スキーはまだやりたいですか?」

「やりたくても、やれない」

「だったら(手術する)必要ないでしょう
 スキー続けたいスポーツ選手だったら
 手術もありですが」

「手術はどんな方法?」

「膝に穴を開け、管を通し内視鏡で
 取り出します」

「どれくらい入院?」

「一週間くらいかな。痛くなければ
 手術の必要ないですよ。あと数回
 薬(何の薬か聞き忘れた)の注射に 
 通ってください」と先生

痛くなければ手術の必要がない。という事で
やれやれ一安心でした。

「それにしてもあの写真↓みんなに見せたら
 驚いていた」といったら

「そうでしょう?あんなにはっきり写るって
 凄いよね。もっと技術が進歩しますよ」と先生。

もう一度眺めてしまう私の左膝のMRI画像↓

今日の会計340円でした。

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガビチョウの声を聞く | トップ | 展示会 お手伝いの打ち上げ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

面白い話」カテゴリの最新記事