日々是好日・スローライフ

・日常・創る、 綴る
・フジノ会、街を歩く
・家庭菜園 ・ 芽生え、成長
・働く・ 活力、生き甲斐

柴又・さくらの銅像が完成

2017-03-29 06:11:53 | 宗  神社・仏閣・著名な建物

寅さん失恋、さくらの別れ(倍賞千恵子)の像

 

映画「男はつらいよ」の
主人公・車寅次郎の妹さくらの銅像が東京・柴又駅前に完成し
25日、除幕式が行われた。

除幕式には、山田洋次監督(85)と、さくらを演じた
倍賞千恵子(75)らが出席した。

28日、3日後に行ってみた。

 


寅さんが失恋し、旅に立つ。
さくらは、お兄ちゃんの心情を察して、駅まで見送る。


ある別れ
”別れ”内容の全部が書き綴られていますです。

 

デジブック 『”さくら”銅像』

 

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

友に会った

2017-03-28 07:07:18 | 文学 五行歌

 元気してた

 


農道のタンポポが出迎えてくれた

  

 

年齢を重ねると、心身の機能が衰えてしまいます。
個人差がありますが、高齢者は目や耳が悪くなるだけでなく
物忘れが多くなります。

また、性格が変わる人もおり体の動きも鈍くなってしまいます。
高齢者の中には、不安や心身の機能の衰えにより喪失感が生じることで
孤独になってしまいます。

菜園に出向いた。
駐車場に車を止めて、農道を歩き始めた。

菜園畦道の数十メートル先から
「縄文さん、元気してた。しばらく・・」と言って声をかけてきた人、
Kさんだった。


数年前に奥さんを亡くし、現在は一人暮らしです。
して、最近1週間程の入院をしたと聞いた。

 縄文さん、元気してた!!で、大きな元気を頂いた。
と同時に、ひと声からKさんの心情もよみ取れた。

皆さん健康に留意しましょう。
健康は富に優る。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

爺婆(ジンジンバァ~)物語

2017-03-27 06:48:58 | 自然  環境・自然・四季

 故郷秩父の山から採取、
         あれから何十年

 

よくここまで生き永がらえた(持ち堪えた)。
水はけがよく、温かいところを好む春蘭です。

故郷では、春の今頃になると、ジンジン婆が咲く頃だ!
と、
言いながら春の山に登った。

雑木林の木の根元に咲く、
春蘭の花基部(茎)から折って取り、男の子、女の子に分かれ
植物、花遊びをした。

花の先端部分の花を互い違いに組み合わせて、引きちぎった。
花弁のたくさん残った方が勝ち。

そんな遊びをしました。

ジンジンバァ~ ➡ 春蘭

 

 

シュンラン(春蘭)とは

日本、中国に分布する野生ランです。
陽の差し込むやや乾燥気味の雑木林や松林などに自生します。

鉢物として親しまれている洋ラン、シンピジュウムの仲間です。
分類上はシンビジウムの一種です

  

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

散歩道で見かけた花々

2017-03-25 05:59:33 | 自然  環境・自然・四季

 久しぶりの花々の掲載

 

お彼岸のお墓前り帰りや、散歩がてら見かけた花です。

 



 

シダレサクラ
20日の撮影ですから、今頃はもっと花をつけていることでしょう。  

アオキ
・1年中、葉も枝も青いので 「青木」。・花は海老茶色で、すごく小さい。
・葉は固い。・冬にナツメ形の 赤い実がなる。 4月頃まで楽しめ 
 

シャガ
これは山道などに咲く花で、木漏れ日程度でよく育ちます。藪の中に生えていました。

 

花大根、ムラサキハナナ、ショカッサイなどと呼ばれています。
大根の花も薄紫ですが別物です。


 

?  ?

  

?  ?

  

ユキヤナギ
枝いっぱいに小さな白い花を咲かせる雪柳。
名前から冬の花と思われがちですが、春の訪れを告げてくれる花の1つです。
育てやすいことから庭木として人気があるほか、
その美しさから切り花としても古くから親しまれてきました。 

コメ欄はお休みです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反  省

2017-03-24 06:32:11 | 文学 五行歌

自らを省みる

 

 

 

ごめんなさい

私達は「しまった」と思ったり、
「申し訳ないなあ」と思ったりしたことがあっても、
素直に「ごめんなさい」と言えなくなるときもあります。

一言「「ごめん」と言えないばかりにその場の空気が濁ってしまったり、
関係性が悪くなってしまう経験をされたこともあります。

反対に自分のパートナーがこの言葉を言えないために、
強い憤りを感じて不信感を募らせたり、何らかの復讐や当て付けをして
しまったことが過去にあります。

《ごめんなさい》は、大切な言葉です。

 

コメ欄は締めています 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小金井市・癒しの森林ウォーキング、(完)

2017-03-22 07:42:27 | 紀 フジの会 ウオーキング(歩こう会)

落ち葉を踏み・秋の情緒、  紅梅白梅見て・春の風、
柳の芽吹き・銀座を思い、  木道や水芭蕉を見て・尾瀬沼、
 四季の自然を武蔵野で満喫!!

 


落ち葉掻き分け行く道ぞ・・・・。


自然の宝庫、落ち葉が一杯ありました。


テントを張って梅見、ぜいたく経費安価な観梅。

 


紅梅白梅


柳の芽吹き
数寄屋橋公園に大きな柳が有ります。
きっと銀座の柳も、排気ガスに負けないで芽吹く頃でしょう。


ふと蛙を思う、水ぬるむとオタマジャクシの卵がウヨウヨ。
暖かくなったら、カエルの合唱が聞こえることでしょう。


武蔵野の、尾瀬沼を彷彿とさせてくれた木道でした。
間もなく多くの植物が芽吹くのであろう。


座禅草(上)と水芭蕉のみどり。


水をけって水車が回っていた。
ふと感じた武蔵野の”はけ”
高きから低きに流れる水の性質を利用して「水車」


フジの会員が自然を満喫しながら歩く。
豊かな森に囲まれ、緑の息吹に包まれ、景観と環境が好き。
元気と力と癒しを頂きました。


尾瀬沼には何度も足を運んだ。
木道が武蔵野で見られたことに感激した。
有難う野川公園でした。


バードサンクチュリー(鳥観察舎)

 
住宅街を、JR東小金井駅へ
自然の恩恵を、身に心に一杯受け解散地へ向う皆さん。

 


小金井市・癒しの森林ウォーキングここで終了です。
お疲れさんでした。

 

  

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

切 株

2017-03-21 07:20:20 | 文学 五行歌

     愛おしい

 


都立武蔵野公園にて

 

 

コメ欄はお休みです

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父望郷(故郷を顧みる)

2017-03-20 07:14:39 | 文学 川柳、短歌 俳句 詩

あの日あの時、思いを胸に
=ふるさとを綴る=

 


母らる山、武甲山の峰
高校時代に全校生徒全員の登山がありました。1~3年生。
この山は石灰岩の山で、セメントの材料で秩父市を財政的に支えて来た宝の山です。

 

 
両神山です。
秩父では、武甲山に対して父なる両神山と呼んでいた。
ごつごつしたのこぎりの歯の様に険しい山です。

この道を100mほど進むと生家が有ります。
稲作を転換して、殆どがブドウの里になりました。
 

小学校・中学校に通った頃は、
登校時に武甲山を前に、下校の時は両神山を正面に仰ぎ見ながら育った。

 

 
夕映えの望郷 (いずれも蔵出し、昔の画像です)

 


  望  郷  
 

晴れた日に、東京ビルの屋上から眺めた
奥秩父の連山は、

夕日に映えてさながら、絵画のようにも見える。 

秩父は都会の喧騒な生活の飽きた人々の限りない、郷愁を誘ってくれる、
奥庭のスポットともいえる山峡で癒しの地。 

荒川の水源を奥秩父の笠取山に発するが、荒々しくも、ゆったりと流れ、
関東平野を経て東京湾にそそぐ。

ここ山里には、細々と暮らす山村の生活と独特の文化が息づいている。
「秩父は、江戸の文化の吹き溜まり」と表現した人がいる。 

耕地(地域の単位を耕地と言った)には、毎日の様にどこかに祭りがあり、
独特の地域文化の催うされていた。
 

  

 秩 父 望 郷

1

 

 2

 3


 

≪ お彼岸です ≫
(帰郷・墓参出来なかったので、これに代えさせてもらいます)

  

 
秩父・金剛院の山門

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

小金井市・癒しの森林ウォーキング、その5

2017-03-19 07:48:23 | 紀 フジの会 ウオーキング(歩こう会)

野川公園自然観察センター

 


野川自然観察センターです。


野川です。橋方向が上流です。
みどり萌え、水ぬるむころには多くの子供たちが野川に集うでしょう。 

 

 

観察センターの一部です。
入った気分に浸かって下さい。

DB 『野川自然観察センター』

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

小金井市・癒しの森林ウォーキング、その4

2017-03-18 08:57:02 | 紀 フジの会 ウオーキング(歩こう会)

 サンシュウ&大寒桜&お弁当

 


まぁ~キレイ・・・。Tさんが言った。なんのお花…?
Kさんが答えた。ホラ、幹に書いてあるでしょう!!


桜咲く隣のグランドでは応援団の歓声。
それにはわれ関せず、ただ見上げ桜の鑑賞。

 
野川公園を縦貫する東八道路            西武多摩川線


リーダーからの伝達。
前に見える休憩所でお昼です。


モグラ君の大忙し!  トンネル工事中。


ただいま昼食中。

コメント欄は閉めています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小金井市・癒しの森林ウォーキング、その3

2017-03-18 08:07:20 | 紀 フジの会 ウオーキング(歩こう会)

 くじら山(標高❓m)に登る

 

くじら山は、人工的に盛られた山か? 

 
野球場に向かう子供たちの自転車。ユニホームからそう見て取れた。
その上に”フジノ会・歩こう会”の一団が見えます。
その横の小高い山(丘)が、目差すくじら山です。

 


モトクロス、オートバイの乗り小規模のコース?


皆さん元気!ものともせず登る後期高齢者。


くじら山の頂です。 


ここで5分間の休憩です。
山歩きで鍛えた皆さんはすこぶる元気!!


くじら山から見ると、中央にはJR武蔵小金井駅前の高層ビルが目に入る。
高層ビルが武蔵小金井駅、本日の出発点です。


くじら山の周辺を眺めると、巨木や大木が目に入ります。


この森を見て小金井市、タイトルノ「癒しの森林ウォーキング」を実感した。


一人静かにニュース ペーパーを読む。唯我独尊の心境に浸かる。


管理事務所棟。


ツバキがとても綺麗でした。

 

コメ欄は閉めています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小金井市・癒しの森林ウォーキング、その2

2017-03-16 20:27:43 | 紀 フジの会 ウオーキング(歩こう会)

野川の周りを歩く

 

野川を語るには”はけ”を知ろう

小金井には高低差15~20mの
段丘崖(国分寺崖線、ハケ)が東西に走っています。

そのため風情のある坂や階段が今も数多く残っています。
この高低差によって高きから低きに流れる水が、野川のはけに流れ出し

湧水となり水の溜まりを作り湿地となり、小川となり多摩川に注いでいます。

 ウオーキングコース

丸山橋から➡小金井新橋まで

 

野川を水の流れに沿って下る。


丸山橋です

  
丸山橋に掛かろうとしたとき大きな椿を見つけた。
フジノ会員の皆さんの5人ほどが椿を見ながら離れなかった。

 


歩いている人の誰かが言った。
”あし”と”茅”はどう違うのと誰かが言った。
I don't knowと言った。

 

 
野川の脇に設けられた、立体花壇。

 


前方に見えるのは「天神橋」か?


ア・ア・ア・ア・ア”サギがいる”と前の人が言った。
きれい、美しい‼一本足。
これほで満足に撮れた鳥は初めてです。何故、近づいても動かなかった。


左岸、右岸は枝垂れ桜の並木です。


野川の飛び石を渡る。後期高齢者足がふらつくが皆渡り切る。


小金井新橋から高見の見物。
この野川は、国分寺史跡跡付近から源水として、はけの水を集め小川を作っています。

 


武蔵の公園です。

 

次回は、武蔵の公園です。

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

小金井市・癒しの森林ウォーキング、その1

2017-03-16 08:03:21 | 紀 フジの会 ウオーキング(歩こう会)

JR中央線武蔵小金井周辺を歩く

 

若かりし頃、隣り武蔵国分寺駅駅から徒歩20分ぐらいの
所に住んでいました。


そんなことからこの周辺は、懐かしさ半分、興味半分で参加しましたが
その景観は全く異なっていた。


線路は高架となり、武蔵小金井駅に降りたときは長いエスカレーター
(階段)、駅前には武蔵野の面影は全く消え失せていた。


浦島太郎が、玉手箱”開けて駅前に立った
心境に駆られた。

 


南口を見る


かまぼこ型の屋根駅に前広場をふんだんに取り入れてバスの発着所。
確かこの南口駅前周辺には、「小金井自動車練習所」があったと記憶している。


武蔵小金井(北口)を見る


東京からの離陸基地、
羽田空港行きのバス発着所までが・・・・。



南口駅前には高層ビルが建つ


AM10時集合、
いつもの顔なじみの人達は、ほとんど集まった。



時計を見ると、まだ10分の時間が有ります。


集合終了、
小金井街道を野川方向に進んでいます。


小金井市は、あちこちに桜の名所が有ります。
小金井公園、玉川上水近辺。


小金井古戦場の碑


アアア見つけた!!
こんな所に「小金井自動車学校」の看板を発見。
駅から随分と野川方向に後退していた。駅前開発で移転!?

 
自動車学校は桃の花が咲く、野川に沿って左岸のすぐそばにありました。
上部のビルが、駅前にそびえ立つビルです。

 

附 則

  
100318_004.jpg

史跡 金井原古戦場 と書かれています。
鎌倉時代から室町時代は坂東武者が活躍した時代なのですが 残念ながら私はそれほど詳しくは知っていません。
ここは南北朝時代の武蔵野合戦の古戦場で ここのほか近くには府中の、
分倍河原古戦場跡などがあります。
昔は唯の原野だったのでしょうけれど、意外な歴史がありました。

 

次回は野川周辺を歩きます。

 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京、葛飾・新金貨物線、路面電車に!! NO7

2017-03-14 10:25:05 | 技術 新金貨物線

≪新金線に路面電車が走ることを願いつつ≫

高砂地区の踏切 

 

高砂 地区の踏切とその付近の様子です。 


富士見橋です。
富士山は高い家並が出来てあまり見えません。


富士見橋から細田方向に伸びる新金線


中川に架かる高砂橋
新金線が敷き設されたころは、帝釈天へ参拝する帝釈枝道の
”渡し”が有り多くの人達が行き来した。
そして富士見橋と言う名前が付けられるくらいですから、富士山の眺めが
絶好であったことでしょう。


金町駅方向に伸びる線路
京成線のガードが見えます。大光明寺です。


青龍神社。


青龍神社の怪無し池
奥が中川の土手です。
中川の堤防が決壊したときに出来た駅です。


小松川街道踏切。青龍神社入口から見る。


小合用水が線路の西側に流れる付近に空堀ガーター橋が残っている。
将来は下を掘削し道路計画が有ります。


高砂踏切。
旧佐倉街道に架かる踏切なのになぜ佐倉街道踏切にしなかったのか。


 
踏切の近くには、佐倉連隊に向かう軍用車が
小合用水に転落殉職(昭和16年)の兵士碑が建立されている。

 

コメ欄はお休みです。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葛飾・山本亭の日本庭園

2017-03-13 05:35:51 | 紀  葛探隊・郷土博物館

 日本庭園ランキング第3位にも選ばれているという

 

米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living〜ランキング調査(2014年)

日本庭園ランキング第3位にも選ばれているという山本亭の日本庭園、を発見しました!

(ちなみに1位は足立美術館の庭園で、2位は桂離宮だそうな。)

 


山本亭の見事な日本庭園

 

D B 『葛飾・山本亭』

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加