やまちゃんのおっさんぶろぐ

あくせくしなくなって来た団塊世代のおっさんの新米ブログVer.3

今年も来たよ・・五度目の晦日

2017年05月31日 05時46分52秒 | 日記
2012年の発病後、手術、再発、手術、再発、手術を重ね4回目の手術をが済んだ後、

2年の安定した期間を再発を不安視しながらも過ごして来ましたが

昨年の暮れからいつもと変わった不調が身体に現れる様になって来ました。

今年に入り主治医に依る診察、CT検査をしましたが再発、転移が疑われる結果が出て来ました。

手始めにホルモン治療から診療を始めましたが3月に入りついに本人体調絶不調によりギブアップ!

主治医により強制ドック入りとなりました。

やはり転移が発見され、放射線治療と抗がん剤治療等の併用治療法を施しました。

61日間の第一回目の治療が終わり自宅に帰っていましたが今週から第二クールの治療が二週間の予定で始まりました。

第一クールでは副作用が酷く食欲不振により12kgの体重減少、自慢の筋肉も見る影も無くなりました。

第二クールでは副作用に勝つ精神食欲増強と少しでもベッド上のリハビリで筋肉増強です。

もう今年はベッド上で3回の晦日、合わせ五度目の晦日を迎えました。

"残り大晦日までの月日は精神力up、体重up、体調up、筋力upを目指し頑張る✌"
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

歩行補助ステッキ

2017年04月06日 12時08分43秒 | ふだんの日々
入院する前、3月の始め頃から足の付け根に痛みを感じるようになりました。

3月も半ばを過ぎる頃には壁や柱の伝え歩きになってしまいました。

お母さんとの会話の中でも俺もいよいよシルバーさんのシニアステッキを使わなくてはならないかなあ~って話してました。

そしていよいよ体力も限界、ギブアップしてからはそんな話しも忘れていましたが、

一昨日お母さんが着替えを持ってくれた時、その杖らしき物を持って来てくれました。



その名はトレッキングポール、今やウォーキングや山登りに使う流行りのスポーツ用品です。

取扱説明書には"歩行補助ステッキの用途には使用しないで下さい"と注意書きがありましたが、

お母さん曰く、そんなに長く使う訳ではないんだから、今でもあなたもう高齢者の域に入っているんだからこれ以上"よぼ爺"にならないだって。

""やはり亭主は元気で若く見えた方がいいかあ~!!""
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

四月新年度の幕明けです!

2017年04月04日 08時46分27秒 | ふだんの日々
昨日は4月初めての月曜日、やまちゃんの病棟にも新人さんが見えました。

白衣を着たドクターと違い黒い手術着の様な服を着用した青年の胸には"研修医"

新品らしい聴診器を首に掛けたまだニキビ跡が残るいかにも新卒という若い青年でした。

さらに驚いたのはその研修医は問診をしながら背中を叩いたり喉周りをなぜたり、触診をすること自体がこの頃はあまり経験が無くなっていたからである。

ここ数十年医者の診察を受ける事は多いが医師のほとんどは患者との会話とパソコンとのにらめっこで診察を終える事が多い。

まだこの研修医は医学学校で習った事を基本に忠実に診察しているようである。

この世界でたくさんの経験を積んでもこの初めての基本感覚をだけは忘れないでほしいね。

""アーンして、背中やお腹をポンポン聴診器でウ~ン!これが期待の医師像だなあ!""
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人間の骨は常に生まれ変わっているんだって!!

2017年04月03日 11時25分04秒 | ふだんの日々
今までと違う薬を使うため、薬剤師さんが細かい説明をしてくれた。

それによると人間の骨は常に生まれ変わっているそうです。

通常は古い骨を溶かす破骨細胞の骨吸収と新しい骨を造る骨芽細胞の骨形成とがバランスをとりながら新しい骨に生まれ変わっているみたい。

素人にとっては始めは何のこっちゃあかサッパリ、聞いて見なきゃあわかんないもんだ。

この骨吸収と骨形成のバランスが崩れると骨に異常が起こってやまちゃんの様な転移性骨腫瘍になるらしい。

骨以外で発生した癌細胞は新しい骨吸収物質の生産を加速して、骨吸収の働きを活発にするらしい。

そうすると古い骨を溶かす作用の方が新しい骨を造る作用が追いつかなくなり、骨がもろくなり癌細胞が骨の中から栄養を得て骨に転移を始める。

新しい薬はこの新しい加速物質の活性化を抑え、骨吸収と骨形成のバランスを正常化して癌細胞の骨での増殖を抑える役目らしい。

まあー難しいことはさておいて痛みさえ収まってくれれば大助かりです✌

""どんな薬でもいいから早く効いてシャバに出たいなあ~!!""
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気の持ち様でなんとでもなるさ!!

2017年04月01日 13時54分17秒 | ふだんの日々

最初に身体の異変を感じたのはスイムウォーキングをしているときの腰回りの違和感だった。

違和感を覚えてから2日~3日後トイレで尿の色の変化に気付きました。

何時も通っている内科の主治医に診断をお願いするとCT検査の結果、腎臓に小さな結石が見つかりました。

主治医曰く、その破片が尿路に傷をつけたらしいとの診断。

抗生物質を処方され二週間様子を見ましたが改善は見られませんでした。

そこで同じ病院の泌尿器科を受診し細胞検査の結果Bladder cancerが見つかりその旨の告知を受けました。

突然の告知に家に帰り着くまで何を考えていたのか覚えていませんでした。

近頃は、世間では三人に一人が癌と言われる事は聞いていましたがまさかその一人になるとは思いもよりませんでした。

入院する迄の間は相当落ち込んでいましたが手術台に乗った瞬間観念しました"成る様に成るしかない!"

この観念した気持ちがその後の再発にも堪える事ができました。

そして発病から五年目、しばらくぶりのCT検査で今度はProstatic cancerとProstatic hypertrophyが見つかりました。

そして併せて検査した骨シンチグラフィーでMetastatic Bone tumor も起きていることもわかりました。

五年前と比べて、次々と見つかる症状にも今回は何故か落ち込みません。

できてしまったものはしょうがない、成る様に成るさの気持ち、落ち込んでも1日ノー天気で過ごしても1日、成ることなら何も考えたくない。

 

""まあ、一番悪くても風になるだけさ!アッハッハーのハー🎵""


コメント
この記事をはてなブックマークに追加