夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

プランターに島ラッキョウを植え込む

2021年03月07日 | ガーデニング
以前ご近所さんからいただいた島ラッキョウ、食べ残しを
プランターに生けておきました。それがたくさん増えた。
今日は株分けしてプランターに植え付けました。
 
来年は少し大きくなって食べられるでしょう。

暖かくなって庭にはタチツボスミレムスカリ
咲き出しました。
 
買ってきたアネモネもたくさん花をつけています。
以前買ったアネモネも蕾をつけ始めた。
 
アネモネは球根なので毎年咲いてくれますが
鉢植えにしておいたアネモネは花が終わると葉っぱが枯れ、
「この鉢は何が植っていたのか?」となり、鉢土を
ひっくり返してしまう。アネモネの球根は土と同じ
色をしているので、ごろ土と見分けがつかない。
球根を捨ててしまったりするので花が終わったら
「アネモネ」と印をつけておきます。
コメント

手作りネックレスを頂いた

2021年03月06日 | ファッション
先日、ご近所さんを通じて素敵なネックレスを頂いた。

たくさんのトンボ玉が付けてある。
父ちゃんが作ったジャムを差し上げたら代わりに
ネックレスが届いた、という事です。
とはいえ、コロナの感染が終息せず、緊急事態宣言が
2週間延びました。陽気が良くなってきたのに
おしゃれをしてネックレスをつけて出かける所がない。
困ったものです。RIPコロナと言いたい。

コメント

暇な時にはパソコンで映画を観る

2021年03月05日 | 映画 TV
先日から暇な時に映画を見ている。
「映画を観る」と言っても映画館で見る映画ではなく
パソコンのYahoo(GYAO)で見る映画です。
「映画」のジャンルを覗いてみたらイタリア映画「道」
「ひまわりをやっていた。

「道」1954年製作・公開フェデリコ・フェリーニ監督
第29回アカデミー賞「外国語映画賞」を受賞した。

無骨な旅芸人ザンパノを演じるアンソニー・クイン
貧しさ故に売られて 助手になるジェルソミーナを
ジュリエッタ・マシーナが上手い演技をしていた。
 
ニーノ・ロータの哀愁のある主題曲がヒットしました。
あの頃(1954年)はまだ映画など観に行かれる
年齢ではなく、もっぱらラジオで流れるスリー・サンズの
曲を聞いていた。映画を見たのは大人になってからです。

「ひまわり」1970年公開ヴィットリオ・デ・シーカ監督、
アントニオ役をマルチェロ・マストロヤンニ
ジョバンナ役をソフィア・ローレンが演じた。
 
音楽は映画音楽を得意とするヘンリー・マンシーニ
哀愁あるテーマ曲がヒットした。 

映画の導入部に映し出される広大なひまわり畑を見て
驚いたものです。あの頃、ヒマワリといったら庭に植えたり
畑の周りに数本植えたりしていたのがヒマワリでした。
今でこそ日本でも観光用にたくさん植えられていますが
映画に出てくる広大なひまわり畑を見て驚きました。

「それにしても最近はイタリア映画というのが
 とんと見かけなくなったな」と父ちゃん。
イタリア映画も、フランス映画、ドイツ映画もとんと
見かけなくなりました。地味な映画なのであまり
観客受けしないのでしょうか?アクション映画ばかり
ではなく、名作映画を見たくなります。
3月22日迄、無料で見られます。
  
コメント (1)

ホトケノザもこれだけ咲くときれいです

2021年03月05日 | ガーデニング
しょいか〜ごへ行く途中、畑の中にピンク色の花が
びっしりと咲いていた。

通る度に「何の花か?」と思って、車を止めてカメラの
ズームを最大にしてみたら、ホトケノザの群落でした。

ホトケノザもこれだけ集まって咲いているのは
見た事がない。なかなかきれいです。
コメント

篠田桃紅さん亡くなる

2021年03月04日 | いろいろな事
篠田桃紅さんが亡くなった。と新聞に出ていた」と
友達の茜さんから電話がありました。
新聞を見てみたらなるほど訃報欄に大きく載っていた。

5年ほど前、茜さんと篠田桃紅さんの展示会
観に行きました。桃紅さん既に100歳を超えて
いましたが、勢力的に作品を制作されていたという。
「桃紅さんの本(103歳になってわかったこと)を
 読んでいる」と茜さん。
どんなことが書いてあるのか?目次↓を見たら読みたくなった。

100歳を超えても、人生は自分のものにできる
100歳を超えたから見える世界がある。生きている限り、
人生は未完成。
今も第一線で活躍している美術家・篠田桃紅が、時には優しく、
時には厳しく人生の生き方、楽しみかたを伝授する。
第一章 100歳になってわかったこと
・百歳はこの世の治外法権
・古代の「人」は一人で立っていた
・いい加減はすばらしい
第二章 何歳からでも始められる
・頼らずに、自分の目で見る
・規則正しい毎日から自分を解放する
・1+1が10になる生き方
第三章 自分の心のままに生きる
・自分が一切である
・危険やトラブルを察知、上手に避ける
・あらゆる人に平等で美しい
第四章 昔も今も生かされている
・よき友は、自分のなかで生きている
・悩み苦しむ心を救った日本の文学
・唯我独尊に生きる
 とネットに出ていた。

歳取ったら「唯我独尊、いい加減に生きる」のが良い
ということなのでしょう。
とはいえ凡人は「唯我独尊、いい加減に生きる」のが
なかなか難しい。
篠田桃紅さん107歳老衰でお亡くなりになりました。
長命でした。

久々に茜さんとお喋り。お互いに「元気」を確認した。
「今、エッセイを書いているの」と茜さん
「いいね!本にするの?」
「そうじゃないけど」と茜さん。
茜さんは地域新聞の記者をやっているので文章を書くのが
上手です。是非とも本にして欲しいです。
コロナの緊急事態宣言が延長されましたが、解除されたら
「外(公園)でお花見したいね」と話しました。
コメント

大人だけの雛祭りパーティー

2021年03月03日 | 家族
野菜を買い込んで帰ってきたら、父ちゃんが
「今日はお隣(大ちゃん家)から食事に呼ばれたぞ」と
父ちゃん。あなうれしやです。
今月から大ちゃんは一人暮らしを始めた。
調理師学校卒業後、勤める事になったレストラン
仕事が終わるのが遅い。自宅から1時間の職場の
通勤は辛い、ということで30分程の所にアパートを
借りた。一人暮らしは嬉しいらしく、浮き立つ感じで
旅立っていきました。
今日は残された親と爺さん婆さんの四人で雛祭り
パーティーとなりました。
大ちゃんのお父さん、お母さんが用意してくれた
ご馳走をいただき、お酒とお喋りを楽しみました。

チーズハモン・セラーノが男雛女雛の感じです。
 
大ちゃんが居なくなって
「少し寂しくなるね」と大ちゃんのお母さんに言ったら
「そう感じるかと思ったけど、居ないと楽だわ〜
 朝、起こしてご飯食べさせ、送り出すことも
 なくなり、洗濯物も少なくなって、自分の時間が
 できた」という。
子供達も大きくなりだんだん親離れしていく。当然の
事とはいえ、こちらもどんどん歳をとっていく。
コメント

群馬から届いた野菜

2021年03月03日 | 季節の食べ物
群馬の高橋農園さんから野菜が届きましたと
ご近所のOsさんから連絡あり取りに伺いました。
玄関先に広げられた、たくさんの野菜の山

下仁田ネギと根曲ネギ、ジャガイモ(キタアカリ)
長芋、コンニャク、キムチ、たくさん買い込みました。
Sさんも来ていて美味しいお菓子とお抹茶を頂き、暫し野菜談義。

上品な生菓子(桃若姫)には青い桃が入っていた。
 
今日は雛の節句ということで玄関には素敵な雛飾り。
 
「そういえば今年は雛人形のテレビCMがあまり
 やっていなかったね」
「コロナの影響で、雛人形どころではなかった
 ということかしらね」
「我が家も今年はあまり飾っていない。いつもだったら
 お稽古の人がたくさん来て見てもらえたけど、コロナで
 お稽古が出来なくなり、今年はあまり飾らなかった」と
Osさん。
コロナにお影響はお雛様にも影響しているか?
困ったものです。
コロナの緊急事態宣言解除されて大丈夫か?解除後、
さらに感染者が増えたらオリンピックは赤信号となるか。
コメント (2)

干し芋と切り干し大根の出来上がり

2021年03月02日 | 季節の食べ物
先日作った干し芋と切り干し大根、3日間日に干して
出来上がりました。
 
干し芋は「できたかな?」と、その都度試食していたので
量が半分に減ってしまった。が意外と美味しくできて
あっという間にお腹の中に。切り干し大根も量がずいぶん
減りましたが、出来はまあまあです。
どちらも安くて美味しく出来るのでまた作ります。

サツマイモといったら昔はホクホクしたサツマイモが
好まれましたが、今はねっとりと甘い安納芋や、甘さが
あるシルクスイートが好まれるようになっている。

昔農家だった我が家では農林1号なるサツマイモを
栽培して、それを生のまま薄く輪切りにして日に干した。
煎餅のようになった芋は保存が効いて焼いたり煮たり
しましたがあまり美味しくなかった。今はサツマイモの
種類も多くなり甘くて美味しい。
コメント (2)

パサールまで散歩

2021年03月01日 | 散歩
夕方、友達とパサール幕張まで歩きました。
ふれあい公園の河津桜は満開です。

そこから疏水に沿って歩くこと20分。今日は上りの
パーキングエリアに行ってみた。人出は少ない。
一休みにソフトクリームを食べながらお喋り。

昔の小さい頃の思い出話をした。
「私は小さい頃、勉強嫌いで、授業中、
 教室の外を見ながら、今頃は菜の花畑が
 きれいだな〜、キラキラ光る海(東京湾)
 もきれいだし、と思いながらボーッと
 していると、先生から必ず指されるのよ。
 『答えてみろ』と先生に言われても、窓の外を
 ボーッと見ていた私は答えが何か?解らない。
 それでよく黒板の前に立たされた。ところが
 立たされると、もっとよく景色が見えた。
 立たされるのが恥ずかしくなかった」と言ったら

「それってトットちゃんと同じじゃない」と友達。

「ただの空想癖よ。そんな風に立たされても
 友達からイジメを受けたことはなかった」

「昔は今みたいに子供の陰湿なイジメは
 無かったよね」

「無かったね。

「そんな勉強嫌いが今のあなたとは考えられん」と友達。

「学校の勉強から解放されて一番嬉しかったのは
 社会人になった時。香料会社に会社見学に行って
 面接官が『何か質問がありませんか?』というのに
 みんな黙ってる。会社見学に来たのに黙っているのも
 失礼と思い『香料とは何ですか?』と聞いた訳よ。
 そしたら採用されちゃった。その後、学校の先生に
 採用の報告したら、頭の良い子が採用されず、頭の悪い
 『お前が入れたのか?』と言わんばかりの顔をしていた」
と話したら友達は大笑い。

帰りも歩きながらお喋り。こうして足と口を動かすのが
「ボケない運動なのかもしれないね」と友達と私の
一致した考えでした。
コメント

7万円で職を辞した人

2021年03月01日 | 事件
偉い人の息子から偉い人が7万円もする食事を
ご馳走になって問題となり職を辞めざるを得なくなった。

その方の名は山田内閣広報官

「7万円もする飲食なんてどん食事なんだろうね」と
散歩仲間友達に言ったら
「食事(飲食)にそんなお金が掛かりっこないでしょ
 あれはお土産付きよ。お土産!」と言った。
「お土産か〜、どんなお土産なんだろ?」と、そんな高い食事を
したことがない婆さんは考えてしまう。

偉い人がこのような事をして国会で参考人質疑をされた後
殆どの人が入院してしまう。この方もそうでした。
そして、追及に耐えられなくなったのか、職を辞してしまった。
100万円を超えるお給料を貰っていたのに、たかだか7万円で
定年間近の職を辞めざるを得なくなった。もったいない事です。
「女はこれだからダメなんだよな」と
誰かさんが呟いたかも。
コメント

穏やかな日は里山散歩

2021年02月28日 | 散歩
2月も今日でおしまい穏やかな暖かい日でした。
ここ数日の暖かさで庭のコブシが咲き始めました。

今までで一番早い開花です。やはり地球は暖かい星に
なってきているか?

さて暖かいので今日は実籾本郷公園に車を置いて
しょいか〜ご迄歩いてみよう」となりました。
実籾本郷公園の池にはカワセミが来るので、アマチュア
カメラマンが大きなズームレンズをつけたカメラを
構えて、カワセミを待っています。
私がいる間にカワセミは姿を現しませんでしたが
その代わりにダイサギが餌を狙って池の中を覗っていた。

公園傍の田圃は耕作が始まっていました。

柔らかい畦道を歩くのは気持ちがいい。

畔道には春の花が咲いています。
 
途中で大きなお屋敷がありました。どちらもどっしりとした
昔の家の造りです。このような家は100年は持つ家です。
 
今時はこのような造りの家が少なくなり、最新式の住宅が
増え。スマートで内装も使いやすく出来ていますが
30年も経つと代替わりして、立て替えられてしまう。
安直な家が多くなりました。家のデザインも時代と共に
変わるという事です。
コメント

下野隆祥著「世界一のサービス」が届く

2021年02月27日 | 愛読書
サークル仲間のHさんに
「アマゾンで本(下野隆祥著「世界一のサービス」)を
注文して欲しいと頼んでおいたら
「届いたよ」と今日、届けてくれた。
 
下野隆祥氏とは大ちゃんの通っている調理師学校の
「保護者を招いての賞味会」でお会いした。
プロのサービスマンの様子をじっくり見させて頂いた。

下野隆祥氏が「世界一のサービス」(試し読みできる)
出版していると言うので買い求めてもらいました。
サービス精神とは何ぞや?となかなか面白く読めます。
サービスとは「思いやり」とみた。

今はネットで何でも買える時代ですが、よく利用していた
Amazonのアカウントが切れてしまい、再登録も面倒になり
と言うより婆さんは買いたいものがあまりない。欲しい物が
あるときはこうして友達に頼んだりしている。
「欲しいものがあったら、また言ってよね」とHさん。
ありがたいこっちゃです。


コメント

干し芋と切り干し大根を作る

2021年02月27日 | 季節の食べ物
今日はお天気も良く、風もそれほど強くなかったので
干し芋と切り干し大根を作りました。
干し芋用のサツマイモはシルクスイート
父ちゃんが無水鍋で焼き芋にして、皮を剥き、切り分けて
笊に並べて干します。
 
干し芋は便通に良いので父ちゃんも私もよく食べます。

もう一つは切り干し大根。しょいか〜ごで買ってきた大根を
千切りにして干します。

どちらも数日太陽に当てて乾燥させます。

昔、切り干し大根を作るのを、よく手伝わされました。
父が機械で輪切りにした大根を千切りにして笊に広げて
干す。それが子供の仕事でした。

太陽に当てて乾燥させた野菜は旨味(甘味)がでる
冬は干し野菜を作るのに適した季節です。
コメント (2)

散歩に行ってパンを買う

2021年02月26日 | 散歩
コロナの終息は未だ定まらず、みんな集まっての
サークル活動も出来なくなり、運動不足になる。
そこで週3回、曜日を決めて友達と散歩に出ている。
今日は駅近くの小さなパン屋さん迄歩きました。
「ここのパンは美味しいのよ。朝はパン食が
 いいよね」と友達がいう。
「うちは朝食は殆どパン食」
「うちもパン食にしたかったけど、娘が
 『パン食は腹に力が入らない』と言うから
 和食になる」
我が家は毎朝、父ちゃんが作ってくれるタップリの
サラダとベーコンエッグやスープでお腹いっぱいになる。
パン好きの私には1日に一度はパン食を食べたい。

そんなことを話しながらパン屋さん迄歩きました。
私はバゲットとバタールを買って、帰り道に
住宅街を通り帰ってきました。広いお屋敷に
たくさんの梅の木の花が満開になっていた。

最近新しく建てた家には庭がない。狭い敷地に
建てた家は前庭は駐車場になり、庭なんて殆どない。
「若い人は庭仕事なんて面倒でやる暇が
 無いから庭は要らないんだそうよ」と友達がいう。
手足が汚れる庭仕事なんて若い人はやりたくないと
言うことなのでしょうか。
昔畑だったところが、今は」住宅街になり
「変わっちゃったね〜」と歩きながら梅林公園
梅林公園は公園の一部(約3分の1)が工事のため
縮小されてしまっている、梅の花も咲がよくない。
 
今日はいつもと違ったコースを約1時間、6000歩の
散歩でした。
コメント (2)

zoomでパソコンの勉強会

2021年02月25日 | パソコン勉強会
今日は先週に引き続きzoomを使ってのパソコン勉強会でした。
午前中、9時30分から3回に分けて、今日はワードを使って
チラシポスターの作り方の勉強です。参加者19名

講師はHさん。講師がzoomの共有画面にすると、講師の
教えようとする画面が全面に出てくるので講師が何を
話しているのかよく分かる。
今日は文字のデザイン、テキストボックスを使っての
文字入れ、写真の挿入のやり方を教わりました。

私は用があり途中退室となりましたが、講師のHさんが
後から講座内容を送ってきてくれました。

zoomに関して判らないこともあったので、夜の8時30分に
5名の仲間にzoomスケジュール招待のメールを出しました。

招待に応えてくれたお仲間は4人。私のパソコンスピーカーの
具合が悪く、皆さんに聞いたものの原因分からず。
結局息子からプレゼントされたイヤフォンを使っての
ミーティングとなりました。

NさんとMさんが眠そうにしていたので
「眠そうね」と聞いたら
「私ゃ9時には寝とるんよ」Nさん   
「私も9時には寝てる」とMさん
たまにはこうしたお喋りも楽しいから
「今度はもう少し早い時間に招待するね」と言ったら
「そうしてください。zoomのやり方は
 何度もやって覚えていくのがいい」とNさん
30分間のお喋りタイム、楽しかったです。
コメント (2)