城と歴史歩きを楽しむ

専門的でも学術的でもなく、気楽に
城巡りと歴史歩きを楽しみましょう!

三河・槙本城 その2 堀切、竪堀、曲輪の遺構が多数で残りもよくワクワク 

2021-04-15 | 歴史

槙本城は愛知県豊田市槙本町にあります。 前回の その1では道をテーマに紹介しましたが、その2では堀切、竪堀、曲輪を中心に紹介したいと思います。   ※三河・槙本城 その1は→こちら
 今回も資料は (1)「愛知県中世城館跡調査報告2」愛知県教育委員会1994  と (2)「愛知の山城ベスト50を歩く」愛知中世城郭研究会・中井 均編2010 です。


槙本城 図1  神社の造営で城道の一部が改変を受けたが、その他の遺構はほぼ原型を保っているのが魅力。
 多数の堀切と竪堀が見どころ。明確に残る曲輪の見学も楽しい。


槙本城 馬出曲輪Ⅶ周辺  中央奥に土塁   手前にⅤ Ⅶの面積は狭い 
 写真では確認しづらいですが、図2のⅤ郭から馬出曲輪Ⅶを見たところです。ⅰが通常の城道です。ⅦとⅤの間に堀切状の通路ⅱが南に下っていて、土塁の左右からの出撃が可能になっているように見えますので馬出曲輪と考えられるのではないでしょうか。


槙本城 南東隅のⅠ郭虎口 奥にⅠ郭の神社社殿が見える
 槙本城のⅠ郭(主郭)には社殿が造営されⅠ郭南辺には参道の石段が設けられていました。南東隅の虎口地形は神社造営時の改変が少しあったとしても、周辺の状況から考えると虎口と見ても良さそうでした。


槙本城 Ⅰ郭南側の腰曲輪Ⅱ  西側へ続く Ⅰ郭へ登る神社参道の石垣が設けられている
 Ⅱ郭は東西に長く伸びたⅠ郭の腰曲輪です。Ⅰ郭には土塁がなかったようですが、石段が必要な程の高さの切岸が四周を取り巻いて、守りの要となっていたようです。Ⅱ郭は写真の奥に伸びていました。


槙本城 腰曲輪②と右手にⅡ郭切岸   東から
 Ⅱ郭の下段には平場②が腰曲輪地形で伸びていました。資料ではなぜか曲輪名がつけられていませんでした。途中段差が少しありましたが、食違い虎口①まで一体の曲輪だったように見えました。


槙本城 腰曲輪Ⅲと右手にⅠ郭切岸   西から
 Ⅲ郭も東西に長い曲輪で、きれいに削平されていました。Ⅲ郭北辺には、北側のアに降りる道の虎口が有り、道が一部分残っていました。資料によれば ア にはaに下る道があったと考えられるとされていました。


槙本城 竪堀D 下から
 

槙本城 竪堀F  下から
 資料(2)によれば、竪堀Dと竪堀Fに挟まれた斜面 ア には谷底の平場aに在った水場への道が在ったのではないかと想定しています。そう考えると浅くて狭い竪堀Gは、同時期に稼働していたのではなくD、Fよりも以前に設けられた竪堀だったかもしれないと想像してみましたがどうでしょう。
 

槙本城 谷底の平場a 今もヌタ場があり水が見える
 ア を下った谷底は広い平坦面aが在りました。耕作地化していたときがあった様に見えましたが、一部にヌタ場が在り、今も水が見えましたので、ある時期水田になっていたかもしれないと想像しました。資料で言うように水場が在った可能性が高そうでした。


槙本城 南西尾根の堀切B 南西尾根を堀切Aと合わせて二重堀切で防御している 


槙本城 南西尾根の大きな堀切C 中央の土橋は後世の山道に見える
 堀切Cは尾根を断ち切って、麓近くまで掘り切られた竪堀でした。槙本城の弱点が南西尾根に在ったようで、Ⅰ郭側から見ると堀切A、B、Cの3条で厳重に守っていたということになりそうです。



槙本城 北東尾根の風神碑  後ろに土塁状地形⑫
 風神は北西を向けて立てられていて、背後に低土塁状の地形が在りました。城郭との関連は無さそうでしたが強い冬の風を鎮めるために祀られたのかもしれないと想像しました。


槙本城 ノロシ台の可能性のある⑥地点とノロシ穴?
 資料(1)では⑥地点をノロシ台の可能性のある場所としています。確かに⑥地点の北西側にノロシ穴といえる凹みが在りました。⑥は四周に低い段差のある方形で、東辺には堀切状の地形が1条有りましたが城郭関連かどうか確認できませんでした。資料(2)では⑥の地形の存在のみ触れられていました。

槙本城は改修が重ねられた山城ということで、複雑な遺構が残されていて分かりづらい面が有りましたが、想像力を膨らませて見学することのできる、見どころの多い城郭で楽しんで見学でき良かったです。


三河・槙本城 興味深い遺構が多数。城道と旧道の関連も興味深い その1、 道をテーマに

2021-04-11 | 歴史

槙本城は愛知県豊田市槙本町にあります。城は介木川の左岸の山上に築かれ足助、武節、美濃に通じる主要な街道の接点を見下ろす位置にありました。城の来歴・城主等は明確では有りませんが、資料(1)によれば武田軍が西三河に侵入した際には武節(稲武)から日下部峠を越して槙本城を攻撃したと伝えられているようです。今見る槙本城は戦国期に改修を重ねた姿とされます。
 今回の資料は (1)「愛知県中世城館跡調査報告2」愛知県教育委員会1994  と (2)「愛知の山城ベスト50を歩く」愛知中世城郭研究会・中井 均編2010 です。
※槙本城の規模はさほど大きくは有りませんが遺構の数が多く、複雑に入り組んで見どころが多いので今回と次回の二回に分けて紹介します。 興味深い遺構が多く、ひと通り見学するのに3時間ほどかかりました。


槙本城 図1   城と街道の位置関係 明治の旧地図の街道を重ね合わせる
 明治の旧地図で見る旧街道を国土地図に重ね合わせてみると、現在の道路とはかなり異なるルートを通っています。資料(2)によると往時のルートは、図2の尾根の鞍部を通る旧道の可能性を指摘していましたが旧地図には載っていませんでした。
 旧街道か?旧道か?現地で確認してみました。旧街道は一部改修され、車が通れる道が残っていました。
旧道は図2で示しましたが、現在は使われていない歩く道で南端部は耕作地化があったと思われる地形で消滅してその先は不明でした。


槙本城 図2    見学は あ の道が便利   城道と神社参道が重なっている
   のルートで登り狼煙台の可能性があるとされる⑥方面からも見学できます。 の道は墓地の参道になっているようで、道は墓地までは整備されていましたが、途中からうっすらした踏跡を辿る道になりました。通常は のルートが見学に適しています。


槙本城 神社参道からのルート あ  右手は個人宅 左の細い道が参道
 山麓部では往時の城道は確認できませんが主郭にある神社の参道になっている のルートで登れます。道は整備されていますが、途中個人宅に入り込まないように注意が必要でした。


槙本城 虎口① 神社参道で改変があり旧状がはっきりしない     南西から
 資料(2)によると①には食い違い虎口があったとされます。参道はⅡ郭に直線的に入るコンクリートの道になっています。食違い虎口だとすると往時の城道は右側から一度曲がって、参道でもう一度曲がって直接Ⅱ郭へ登る形になっていたことになります。もう一つの見方として堀切Aの堀底道へ進むルートの可能性も述べられています。


槙本城 堀切Aと堀底道 堀底道はⅦ郭方向へ曲がって進む
 虎口①から大きな堀切Aの堀底道を進むと道は堀切を離れてⅧ郭方面へ向かいます。


槙本城 Ⅷ郭からⅡ郭へ登る虎口が残る  図2参照
 道はⅧ郭に入り180°折り返すとⅡ郭への虎口がありました。風化により少し崩れていましたが確認できました。Ⅱ郭北端部からは図2で示したように中段の小平場の虎口を通り折れ曲がりながらⅠ郭(主郭)に登る道が確認できました。①から参道を通ってⅡ郭へ登る道と、複雑に折れ曲がりながら進むこの道が、同時に存在したのか?、時期が違って利用されたのか?、①からの参道は構成のもので城道ではなかったのか?。色々考えられますが、複雑に折れ曲がる堀切Aを通る道が一番興味深いですね。


槙本城 Ⅷ郭からⅢ郭への細い道 往時からあった道か疑問
 この道は非常に細い道ですが、資料(1)、(2)ともに描かれていました。あまりに細いので見落としてしまいそうでした。城道というよりも城内の通路といった感じでした。Ⅷ郭の北部には土壇⑨や複数の小さな切り欠き⑩などの遺構もありました。


槙本城 旧道と堀切⑤ 堀切は切通道?
 資料(2)で述べられている尾根の鞍部を通る旧道は後世まで峠道として使われていたからでしょうか、案外明確に残っているところが多かったです。⑤の堀切は旧道の切通道とも言えそうな地形でした。ここから西(写真手前)に進むと図2のⅦ郭があります。


槙本城 切通道⑤から西に進むとⅦ郭(馬出曲輪)に至る
 写真奥に馬出曲輪Ⅶがあります。旧道からの城道は、堀切と土塁で構成された虎口を通りⅦ郭に入るようになっていました。


槙本城 旧道の北端部 新しい農道との接点
 堀切⑤から北に下る旧道はよく残っていました。旧道の北端部は図2の農耕地b方面へ向かう車が通れる農道と合流して終わっていました。図2のbからaにかけては農耕地の跡のような段々になった平場が続いていて最奥部のaは城郭に関連する場所だったように見えました。


槙本城 旧道の南端部 改変が著しく、旧道はここで消滅
 図2の旧道の南端部は、このまま先に伸びていたのではないかと想像しましたが、改変が著しくて、ここで消滅していました。この旧道は明治の旧地図には載っていませんでしたので、その頃にはすでに使われなくなっていたのかもしれません。

槙本城は、築城後に複数の勢力によって改修が重ねられた可能性があるようで、複雑な遺構が多数残されています。今回は道を中心に紹介しましたが、次回は主郭を中心に堀切、竪堀、曲輪等の遺構を紹介したいと思います。

 


東海古城研究会 4月18日(日) 見学会実施 三河・保見地区の古城、史跡を訪ねる

2021-04-07 | 歴史

所属する東海古城研究会から、約1年ぶりに見学会の案内がありました。
 コロナ禍で見学会が中断されていましたが、今回感染対策をとりながら実施することになったと、
    会員に見学会の案内ハガキが届きました。
・会食を避けるために、見学会は午後1時に集合    全コース徒歩にて見学
・これまでの見学会は大型バスで実施していましたが、今回は一般交通機関の利用で駅に集合
・バスを使わず現地集合、現地解散なので、定員はなし

詳しい情報は、東海古城研究会のホームページに掲載されましたので、興味がある方は
東海古城研究会のホームページ→ こちらでご覧ください。

参加希望、問い合わせ等は ホームページのトップページ下段の「東海古城研究会へのお問い合わせフォーム」からどうぞ。
    経験豊富でメッチャ詳しいベテラン会員さんが担当なので、楽しみです。


伊勢・大河内城 信長軍の猛攻に50日間耐え、落城しなかった北畠氏の堅城

2021-04-06 | 歴史

大河内城は三重県松阪市大河内町にあります。大河内は「おかわち」と読みます。
 資料によると大河内城の築城は古く、応永年中(1415ごろ)に国司の北畠氏によって築かれたとされます。その後永禄12年(1569)の織田信長の伊勢侵攻に備えて城は増築されたと伝わります。
 5万とも7万ともいわれる織田軍に攻められた大河内城は、8千の兵で50日にわたって守り抜いたとされます。8千もの多数で籠城が50日も出来たのは、この城の規模が増築され大きかったためだと思われます。
 後世になって、主郭部分には神社が造営され、曲輪は耕作地となり改変を受けましたが往時の遺構もかなり残されていました。
 今回の資料は(1)「三重の中世城館」三重県教育委員会1976  (2)「松阪の城50選」松阪山城会編2019 と現地案内板です。

 
大河内城 図1  阪内川と矢津川に囲まれた山地に築かれた規模の大きな山城
 「大河内御所」とも呼ばれた規模の大きな山城で曲輪の面積が広く、城内に館があったと思われ 大手口、搦手口、マムシ谷の3方向からの城道があったとされます。


大河内城 図2 現地案内板の図を抜粋・加筆
 駐車場①に駐車し、搦手口から城域に入り見学しました。今は神社の参道になっているようで、道は本丸まで整備され、馬場跡にはトイレも有りました。後世の耕作地化によって改変があるようなので、見学は往時の遺構と区別しながら注意深く行う必要がありそうです。


大河内城 搦手口跡の石柱② 道は舗装されている
 搦手口とされる場所ですが遺構は見当たりませんでした。往時は門があったのではないでしょうか。


大河内城 二ノ丸の表示板 図2では二の丸跡となっている
 搦手口からの参道の南側の場所で、二の丸とされます。参道を含め、往時の地形がわかりませんので「二の丸」の名称も後世の命名ではないかと思いました。


大河内城 図2の馬場の跡 馬場跡の石柱が立つ 
 参道を挟んで二の丸跡の北側には、大河内城で最も広い平坦面が有り、馬場跡となっていました。ここも耕作地化の改変があるようなので、往時の地形は確認できません。今見ると広い平坦面なので「馬場」とされたのか?と想像しました。


大河内城 図2 御納戸跡の石柱③ 遺構は見当たらず
 御納戸跡の石柱が参道脇に立っていましたが、遺構らしきものは確認できませんでした。資料(1)、(2)のどちらにも載っていない場所ですので、命名の根拠はわかりませんでした。


大河内城 図2 本丸跡 60m×30の広さが有り神社、本丸跡碑、記念碑などが立つ
 本丸跡には遺構は見当たりませんでしたが地形としては往時の姿が残っているのではないかと思いました。「大河内御所」とも呼ばれていたことから、本丸にはそれらしい館があったのではないでしょうか。


大河内城   北部の堀切④と石積                                                                             石積は新しい?
 城域の北西端部にはいくつかの遺構が残されていました。堀切④は北側の竪堀につながる往時の遺構だと思われますが石積は新しそうなので、耕作地化に際して積んだのではないかと思いました。


大河内城 堀切⑤ 最大の堀切遺構
 耕作地化で明確な遺構が中心部では見られませんでしたが、堀切⑤は紛れもない城郭遺構でした。堀切④と⑤をセットで二重堀切としていたのかもしれません。


大河内城 図2 北西端のL字型の土塁がある曲輪⑥ 火薬庫といわれる
 資料(2)では土塁囲みの厳重な形からこの場所が「火薬庫といわれている」となっていました。そのような伝承があるのでしょうね。


大河内城 マムシ谷と曲輪⑥を』場外 西から見る
 マムシ谷の名前が気にかかりましたので城外の西側から見てみました。道には「マムシ谷」の道標が立てられていました。ここからは「火薬庫」とも言われる曲輪⑥がよく見えました(樹木に覆われています)。
 城内からは二重堀切などで守りは固そうですが、場外からは丸見えの曲輪が「火薬庫」はどうでしょう。

※現地の案内板、石柱などで示されている曲輪などの名称は往時の名称か、伝承名か、後世の命名か少し疑問に思う所も有りました。

大河内城は見学時間があまり無かったので、駆け足での見学となり見学できなかった遺構も多くありました。
興味深い遺構も多そうですので、次の機会には時間を十分とって見学したい「もう一度訪れたい城郭」になりました。










近江・砂坂城 隠岐支城群のひとつ。コンパクトな遺構が残る訪れやすい城郭

2021-04-02 | 歴史

砂坂城は滋賀県甲賀市甲賀町隠岐小字砂坂にあります。
 隠岐支城群は隠岐城を中核とし砂坂城、打越城、隠岐支城群Ⅰ~Ⅳで構成されています。隠岐城は隠岐氏本家の城で砂坂城以降が一族・家臣の城館だったとされます。隠岐氏は隠岐国から近江に戻った佐々木氏の一族であったと伝承されているようです。
 今回の資料は「甲賀市史 第七巻 甲賀の城」と現地で近在の方にお聞きした伝承等です。


砂坂城  図1砂坂城と周辺 隠岐支城群の一角にある
 砂坂城は隠岐支城群のほぼ中心に所在し、城域の一部が住宅開発によって改変を受けていました。


砂坂城 図2概略図  城郭の曲輪部分は後世、茶畑となっていたが、近年は竹ヤブとなった
 見学時にご近所の方に伺ったところによると、曲輪の平面は以前は茶畑だったが、近年は竹ヤブとなってしまったと言う事でした。Ⅲ郭と思われる場所は住宅のため削り取られていました。
 図2の①には以前はため池があったそうですが、伊勢湾台風の時に堰堤②が決壊して下部の住宅アに土砂が流れ込んだとのことでした。


砂坂城 道AとBは城道か? 農道か?
 道路から遺構へ登る道はAとBが在りました。後世には茶畑などの農業用の道だったと思われますが、往時の城道かどうかは確認できませんでした。Bは写真のように伐採した竹で塞がれて通れませんでした。


砂坂城 土塁④ 北端部 北側の道Cから
 道BはⅡ郭へ入りますが、Ⅱ郭からⅠ郭への道Cが在りました。Ⅱ郭の西端部の土塁がⅠ郭との間にありⅡ郭平面がⅠ郭平面よりも高くなっていました。東側のⅢ郭だったと思われる平面もⅡ角よりも低かったと思われますので、最高所であるⅡ郭が主郭だったのかもしれませんね。


砂坂城 Ⅰ郭西辺の土塁③ 北から
 砂坂城には明確な堀切は見当たりませんでしたが、土塁は2条残っていました。土塁③は西側の法面と合わせて城域の西側を守る設備となっていました。Ⅰ郭の南北辺には土塁がなかったようで、切岸が守りの要となっていました。


砂坂城 Ⅰ郭南西隅のため池跡 今は水はない  北から
 写真の②は決壊する前のため池の堰堤を想定してみました。ため池は大きな面積ではありませんが、南側の法面と堰堤の土砂が一気に土石流となって流されて、住宅Aに流れ込んだようです。土砂は子供の頃の胸まであったそうです。


砂坂城 Ⅰ郭北辺の平場⑤ 東から 右上にⅠ郭
 Ⅰ郭の北辺から一段下がって細長い平場⑤がありました。具体的な用途は不明ですが、Ⅰ郭に関連する納屋などの建物があったのではないかと想像してみましたがどうでしょう。


砂坂城 Ⅱ郭南東隅の道(虎口?)
 Ⅱ郭へは、現在道Bで入っていましたが、⑥の道もありました。⑥を下ると住宅の裏に出ますが、往時からの城道かどうかは確認できませんでした。往時からの道ならば⑥は虎口と言えそうですね。


砂坂城 Ⅱ郭から東辺下の住宅を見下ろす。 西から
 Ⅲ郭が想定できる場所は大きく削られて住宅が建っていました。付近の地形などから判断すると、Ⅲ郭はⅡ郭よりも低かったと思われました。


砂坂城 平場⑦ 右手上に道A 西から
 城域北東隅には平場⑦がありました。削平された平場ですので資料では曲輪のひとつとしていました。


砂坂城 道Aの東端部 住宅の庭先に下る
 道Aの東端部は住宅の庭先に下っていました。Ⅰ郭、Ⅱ郭への南からの農道だったかもしれませんね。

砂坂城は小規模な城郭でしたが、農地として使われていた割には遺構の残りがよく、近所の方のお話を聞くこともでき、楽しく有意義な見学となりました。