しのけんの朝活!合気道

合気道稽古日誌とあれやこれや

「物語」っていいですね

2014-07-14 13:11:53 | 本と雑誌
家内が面白いよと言うので昨日の夕食後に小川洋子の「ミーナの行進」を読み始めたんですが、ほんとにおもしろくて、一気に全部読んでしまいました。
主人公は中学生の女の子なので自分に投影・・・ってことはないんですが彼女や彼女を取り巻く人々の様子がとても好ましく、2~3時間どっぷり浸かりました。まぁ、小川洋子の作品は、もともと好きなんですが、一気読みは初めてかも・・・

最近、あまり小説を読んでいなかったのですが、やはり「物語」っていいですねー。

ミーナの行進 (中公文庫)ミーナの行進 (中公文庫)
価格:¥ 741(税込)
発売日:2009-06





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風姿花伝(入門)

2014-01-29 13:00:16 | 本と雑誌
週末は家でおとなしく本を読んでおりました。
安藤先生がブログで触れられていた「風姿花伝」。言わずと知れた世阿弥の伝書です。
古文をそのまま読めない軟弱者なので、現代語訳と解説の付いたこちらの本で読みました。

すらすら読める風姿花伝すらすら読める風姿花伝
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2003-12-13


いや、ほんとにすらすら読めましたー (^ー^)
私と同じように、はじめて読む方におすすめです!

能について書かれたものですが合気道の稽古でも他のことでも役立つ教訓がいっぱいでした。
年来稽古条々の年齢は等に越していますが・・・(汗)

物真似=写実ということがたびたび出てきますが、「上手くやろう」とか「自分にはできない」とかいろんな心が出てきて、見たとおりにすっとやるというのは難しいですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「悲鳴伝」 西尾維新

2013-05-13 12:40:57 | 本と雑誌
「物語」シリーズが面白いので、西尾維新の新作シリーズの第1巻となる「悲鳴伝」を読んでみた。

前半は、世界観や登場人物の関係性がだんだんと明らかになる過程なので多少もたつきは感じたが、後半にかけて勢いがついてくる感じで面白く読み進んだ。
結末も当初の予想とは異なっていたが、きちんと終わり、そしてシリーズがきちんと始まったという感じだ。
なのだけれども、ちょっと、血なまぐさすぎるというのが正直な感想だ。

「物語」シリーズは、会話劇の面白さで惹かれていた部分が大きいので、次巻(悲痛伝)を読むかどうかちょっと迷っている。


悲鳴伝 (講談社ノベルス)悲鳴伝 (講談社ノベルス)
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2012-04-26


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「モンスター」 百田尚樹

2013-05-04 11:58:23 | 本と雑誌
百田尚樹著「モンスター」を読んだ。
この著者の本はこれまで読んだことが無かったのだが、本屋で「海賊と呼ばれた男」が平積みでおかれていて、どんな感じかなと思い、横におかれていた文庫版のこの本を読んでみたのだけれども、面白かった。
容姿に強いコンプレックスを持っている主人公の女性が美容整形で美しさを手に入れてゆく物語なのだが、たまたまTVでみた美容整形を扱った番組の内容と重なるところが多く、主人公が悩み、傷つき、美しい容姿に執着を抱き、美容整形に出会うことでそれを手に入れてゆく過程が丁寧にリアルに描かれている。さらに主人公は、努力を重ねて、より魅力的な話し方や表情の作り方などを身につけてゆく。
また、周囲の人々の描き方もある意味残酷なほどにリアルでストーリーの厚みが増しているように思う。
自分を変えてゆくことの快感というのは、自分でも実感する部分がある。それによって周囲の人々との関係も変わってゆくことで、よりはっきりと自分の理想像を描いてゆく。人は、周囲との関係性で出来上がっているのだということの認識を新たにする小説でもあると思う。



モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)
価格:¥ 760(税込)
発売日:2012-04-12





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幸せの条件」 誉田哲也

2012-09-11 12:40:40 | 本と雑誌
誉田哲也の「幸せの条件」を読みました。
これまで読んだ「ストロベリーナイト」や「ジウ」などの警察ものとは、異なるジャンルですが、ぐいぐい読ませる著者の力量が活かされています。

昨年の初めから震災を経ての時間の流れ、世の中の流れ、人の心の動きなどが小ネタもうまく差し込まれて、とてもリアルに描かれています。震災のシーンは、あの時の映像やらがフラッシュバックして思わず泣きそうになってしまいました。

そして、題材となっているエネルギーのことや農業のことなどがストーリーの中でわかりやすく、きちんと語られています。加えて、人としての生き方というのがもう一つのテーマであり、タイトルの「幸せの条件」に結びついています。

震災から1年半・・・今、読むべき本だと思います。

幸せの条件幸せの条件
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2012-08-24


コメント
この記事をはてなブックマークに追加