しのけんの朝活!合気道

合気道稽古日誌とあれやこれや

龍道場 朝クラス 2012/12/21(金)

2012-12-21 08:41:16 | 合気道
安藤先生
8名

年内最後の朝稽古ということで基本技抜粋

1)片手持ち四方投げ(一)

2)正面打ち一ヶ条抑え(二)
 >相手の脇を開くように上げて螺旋を描いて下す。

3)座り技片手持ち二ヶ条抑え(二)
 >腕の力を抜き、相手の弱点(掌の中心)を攻める。
 >相手を十分出させてから回転する。
 >回転するとき両腕を伸ばす。

4)正面打ち三ヶ条抑え(一)
 >肘を持つ手はやや引き気味にして
  三ヶ条を締めた手との間で押し合う感じでロックする。

5)片手持ち側面入り身投げ(一)
 >初めに持たせた手をやや返してから前進する。
 >前進した足は相手の後ろへ抜けられる位置に置く。

6)正面打ち小手返し(二)
 >相手を十分に流してから向きを変える。
 >あわてると腕・肩が上がる。

7)基本動作連続

本年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
皆さんよいお年を!
納会は欠席ですが大掃除は出席予定です。



コメント

龍道場 朝クラス 2012/12/20(木)

2012-12-20 09:22:52 | 合気道
堀田先生
5名

1)両手持ち天地投げ(一)
 >切り分けながらハの字になり、前傾しながら後ろ足を引いて体勢を落とす。
 >下の手は引っ張らない。切り下すイメージ。
 >上の手の位置に注意。曲げすぎず伸ばしすぎず相手を攻める位置。

2)座り技両手持ち天地投げ(一)
 >膝を立てながら移動し、膝を下しながら回り込むように崩す。
 >後ろ足を引き付けてから膝を下す。

3)両手持ち呼吸投げ(内よけ)
 >両手を上下に合わせるようにしながら回転し、開きながら上下に切り分ける。
 >上の手は、腋が開かないように体の前で振りかぶる。 

4)座り技両手持ち呼吸投げ(振りかぶって後ろへ投げる)
 >座り技両手持ち呼吸法(一)と同じように相手の引きに合わせて上げる。
 >さらに振りかぶり相手を浮かせる。受けは乗っかるようにして膝を浮かせる。
 >相手の腋へ入るように斜めに出ながら横へ切り下して後ろへ投げる。
  受けは仕手が入るのと反対の足を一歩踏み出して前方回転受け身。
 >肘が前に出るように上に振りかぶる。前に出すと受けを支えきれなくなる。


コメント

龍道場 朝クラス 2012/12/19(水)

2012-12-19 08:44:34 | 合気道
大塚先生

1)片手持ち四ヶ条抑え(一)
 >人差し指を伸ばし付け根を相手の脈部に当てて締める。
 >前進するときは後ろ足をしっかり張る。
 >四ヶ条の締めから二ヶ条の締めに移るときは、
  相手の肘・肩が緩まないように身体の向きを変える。

2)片手持ち肘当て呼吸投げ(内よけ)
 >回転しながら相手の手の下へ反対の手をあてがう。
 >離脱しながら大きく開いて崩す。
 >投げるときに後ろ足の踵が浮かないように。

3)離脱法
 片手持ち
 >手首の細い側を指の間へ向け
  肘を相手の肘に合わせるようにして離脱する。

 片手(両手)綾持ち
 >両手を組み、綾持ちの二ヶ条のように回り込みながら上げて
  叩き落とすように一気に下す。
 >二ヶ条を締めない。

肘当て呼吸投げで踵を浮かさないようにと後ろ足の張りを意識してやってみたらちょっといい感じ!
姿勢が安定したように思います。



コメント

龍道場 朝クラス 2012/12/18(火)

2012-12-18 10:14:28 | 合気道
安藤先生
11名

1)正面打ち一ヶ条抑え(一)
 >槍をつくように相手の肩へ押し込む。
 >後ろ足をしっかり伸ばし腰を乗せる。
 >手首を持った手の内側と脇に膝を入れ膝を開いて
   相手の腕をしっかり伸ばして抑える。

2)正面打ち二ヶ条抑え(二)
 >切り下した手刀ですくうようにして二ヶ条に持つ。
 >膝をせり出して腰を乗せて締める。

3)正面打ち小手返し(二)
 >手で引っ張らない。手刀で抑える。
 >手でつかみにいくと体が浮く。流して下へ押さえる。
 >重心をしっかり落として投げたときにふらつかない!!

4)審査
 JIROさん 5級 受け:B藤さん
 先生の講評 しっかりしてきた!臂力の養成(一)良かった。

 お疲れ様でした!

今日は新入会員のT橋さんと組みました。
自分がもっとしっかりせんといかんなぁ!!



コメント

龍道場 朝クラス 2012/12/14(金)

2012-12-14 08:37:55 | 合気道
安藤先生
12名(内合宿1名)

1)審査稽古

2)審査
 K藤さん 4級 受け:Y澤さん

 緊張していたけど落ち着いてて安定感があってよかったです!
 先生も講評で「よく練習している。」とおっしゃっていました。
 K藤さん、Y澤さん お疲れ様でした!

3)終末動作
 >向きを変えたときに腕と一緒に腰が浮かないように。
 >構えの足幅で腰を落とし、ぐんっと伸びを出して前進する。


コメント