しのけんの朝活!合気道

合気道稽古日誌とあれやこれや

八年目

2016-10-31 12:20:19 | 合気道

明日から11月です。私が龍に入門してから8年目になります。カードも8枚目(^^)

7年目は、昨年12月の参段審査、指導員審査という二大目標を達成した記念すべき一年でした!

8年目の目標は・・・特にこれと言ってないんですが・・・やはり「す~っとやる」でしょうか

稽古日誌にも何度も書いていてなかなかできないんですが、ちょっとだけ端っこが見えてきたような気がしてきています。

また新たな気持ちで稽古に臨みたいと思います。

 

 

コメント

龍本部道場 朝クラス 2016/10/28(金)稽古日誌

2016-10-28 13:09:43 | 合気道

安藤先生 12名(内合宿2名)

1)正面打ち三ヶ条抑え(二) 立/座
 >腰で切り下す。
 >後ろ足を張って前膝をやや曲げ腹を下へ向け背筋を伸ばし
  後ろ足から首筋までが一線になるようにして
  後ろ足の張りを保ったまま前進する。

2)片手持ち体変更による崩し
 >内股になりながら片手を出し誘導して180度回転し
  軸を通して力を流して崩す。

3)正面打ち正面入り身投げ(外よけ)左右連続
 >体変更の動きを使って誘導し崩す。
  襟を持って離れないようにする。
 >考えない。流れを作る。

4)半身半立ち両手持ち天地投げ(外よけ)左右連続
 >斜に構えて誘導し回転、開いて投げる。
  下の手を効かせる。
 >しっかり誘導できれば回転しなくても
  持たせた手を効かせられる。

今日も後半は左右連続でいっぱい動きました(///▽///)

コメント

龍本部道場朝クラス 2016/10/26(水)稽古日誌

2016-10-26 20:03:34 | 合気道

大塚先生 6名(内合宿2名)

1)片手持ち四方投げ(一)
 >小指で受けの腹を切るように全身し肩へ詰める。
  同時に脈部に親指をあてがう。握らない。
 >前進して振りかぶる。前が見えるようにしっかり。
 >向きを変え切り下ろして受けの肩口へ腕を折りたたむ。
 >前進して後方へ倒す。
 >しっかり絞って当身。

2)片手持ち四方投げ(二)
 >大きく回転しながら振りかぶり脈部へあてがう。
  先に手首を持たない。回転しながら持つ。
  あとは一緒

3)片手持ち四方投げ崩し(内よけ)
 >しっかり誘導する。受けが動く前に回転し始める。
  真横くらいで持たせる。
 >反対の手を下からあてがってふくらはぎを持ち
  向きを変え振りかぶって前進して投げる。

4)片手持ち呼吸投げ 連続
 >片手を持たせながら横移動して崩し、手刀を当てて投げる。
  体変更呼吸投げの感じ。左右連続で。

今日は、初心者のOさんが参加されたので前半の四方投げは一挙動づつ確認しながら(一)を稽古しました。

コメント

龍本部道場 朝クラス 2016/10/25(火)稽古日誌

2016-10-25 11:28:15 | 合気道

安藤先生 10名(内合宿2名)

1)天地投げ連続
 >移動しながら誘導しゆっくり後方へ倒す。

2)杖取呼吸投げ連続
 >後ろ足から踏み込みながら誘導し回転して投げる。

3)片手持ち二ヶ条抑え(二) 立/座
 >受けの小指の線をまっすぐ立てるように二ヶ条を極める。
 >回転は「二段ロケット」内股になって出させ
  さらに足、腰を回し、後ろ足を伸ばして大きく回転する。
 >座り技の締めは腕だけを下さない。
  腰を浮かさずに上体を前傾し全身で締める。

4)片手持ち呼吸投げ(内よけ)
 >手のひらを上に向け誘導し、脈部側を持たせ
  開きながら振りかぶり後ろ足を踏み込み切り下して投げる。
 >動きをつなげる。流れをつなげる。

5)4)の応用
 >逆半身に構えて後ろ足を踏み込んで回転し
  開きながら振りかぶって投げる。
 >2)の杖取の動きになる。

6)半身半立ち両手持ち正面入り身投げ(応用)
 >はじめから斜に構えて誘導する。正対したら回れない。
 >しっかり前傾して誘導する。
 >襟を持って回転し襟を持ったまま後ろに倒す。
  こうすると受けは安心して倒れられる。

演武大会も終わり、今日からは通常稽古です。
いっぱい動きました(^^)
6)で慣れてくると後方飛躍受け身ができるような気がしてきました!

コメント

第61回 全日本養神館総合演武大会

2016-10-24 12:52:11 | 合気道

10月22日に全日本養神館総合演武大会が開催されました。
我々、朝クラスは、6名で団体演武に出場しました。
私は、用事があって途中で失礼しましたが、皆さん楽しまれたようです(^^)

写真はカレッジ生の佐藤さんに撮っていただきました。ありがとうございました(^O^)

 

コメント