しのけんの朝活!合気道

合気道稽古日誌とあれやこれや

龍本部道場 朝クラス 2014/07/31(木)

2014-07-31 11:36:41 | 合気道
堀田先生/デニス先生 6名

1)後技両手持ち三ヶ条抑え(一)
 >脇を開けずに肘が前に出るように振りかぶる。
 >三ヶ条を締める際、振りすぎない。ゆるむ。
 >八の字になりながら自分の前に切り下し、大きく引く。
  前足も引き付ける。
 >もう一度引いて、また、八の字に開いて三ヶ条を極めたまま
  相手の腋へ納めるように膝を下し、向きを変え、締める。

2)後技両手持ち三ヶ条抑え(二)
 >下の手を主体に三ヶ条を締める。

3)後技両手持ち呼吸投げ(内)
 >相手を大きく動かす。
 >投げる際に腰が引けないように。背筋を伸ばし後ろ足を引き付ける。
  正座法の形。

4)後技両手持ち呼吸投げ(外)
 >一度下げて、大きく上げながら相手の後ろへ回り込み
  上げた手刀を切り下すようにしゃがんで投げる。
 >手で捕まえて投げようとしない。腰で投げる。

5) 連続 3)~4)


蒸しました~!特に後半は暑かった~~~~~!!

さぁ、明日から暑中稽古です。
皆勤してポイントためるぞ~(^0^)




コメント

龍本部道場 朝クラス 2014/07/30(水)

2014-07-30 13:04:24 | 合気道
大塚先生 7名(内合宿2名)

1)正面打ち四ヶ条抑え(二)
 >肘肩を返しながら切り下し抑える。
 >腰を乗せるようにしながら自分の正面に突き上げる。
 >切り下して相手が自分の前に来て、自分の後ろ足が見えてから回転
 >肘肩の角度を緩めずに前進して締め、緩めないように向きを変えて二ヶ条の締め。

2)座り技正面打ち四ヶ条抑え(二)

3)正面打ち四方投げ崩し(内よけ) (当身あり)
 >前に出るように手刀を出して相手を誘う。
 >踏み込んだ際にしっかり相手の手首を返す。
 >向きを変え、前進して投げる。

4)前方飛躍受け身
 >帯を持ち、へそを見るように上体を丸くする。
 >反対の手を後ろへ高く上げ、そのまま前方に飛ぶ。
  手から着地する。
 >慣れてきたら視線をやや横(仕手がいる方向)へ向ける。


セリクさん、スルシャスさんご夫妻は本日カザフスタンへ帰国されるそうです。
約1ヶ月の合宿でした。お元気で!!





コメント

龍本部道場 朝クラス 2014/07/29(火)

2014-07-29 09:27:11 | 合気道
安藤先生/デニス先生 10名

1)横面打ち一ヶ条抑え(二)
 >横面を受け、前膝を内へ回すようにしながらグーッと押し込んで
  切り下しながら回転。

2)座り技横面打ち一ヶ条抑え(二)

3)横面打ち呼吸投げ
 >1)の押し込む際の足の動きを逆側で行う。
 >相手に合わせない。自分から攻める。

先生にかかると吸い寄せられて消えられて・・・・うひ~~~って感じになってしまいます(x0x)
今日は、どうにも言葉にできません・・・

コメント

龍本部道場 朝クラス 2014/07/25(金)

2014-07-25 10:09:33 | 合気道
安藤先生 10名(内合宿2名)

1)肘持ち二ヶ条抑え(二)
 >回転しながらずりあげるようにして肘を乗せる。
 >肘の内側に相手の拳を密着させ、弱点を攻める。
 >回転する際に引っ張らない。グーッと押し込むようにして腰を回し、
  相手を出させてから回転する。

2)座り技肘持ち二ヶ条抑え(二)

3)後技両肘持ち二ヶ条抑え(二)
 >すり足で後ろ足から踏み込む。この時肘が下がらない。
  肘の高さを保って合わせるようにしながら向きを変える。
 >腰を低く。
 >肘で起こすようにしながら入り、反らせ、胸を密着させて抑える。
 >腰から前進して投げる。

4)審査 Kさん 四級
 安藤先生の講評
  ・体勢がしっかりしてきた。
  ・体の変更(一)
   >動きが直線的。もっとS字に。
  ・横面打ち正面入り身投げ(二)
   >入りが浅いため投げる方向に相手がいて空いていない。
    大きく入って投げる方向が空くように。
  ・座り技両手持ち呼吸法(一)
   >正座法できちんと座る。ばらばらに座らない。
   >抑えの際に両足の踵を寄せ力を出す。
  ・終末動作
   >ゆっくり、大きく伸びを出す。


コメント

龍本部道場 朝クラス 2014/07/24(木)

2014-07-24 10:08:06 | 合気道
堀田先生 7名(内合宿2名)

1)座り技片手持ち四ヶ条抑え(一)
 >四ヶ条を持とうと手をひねらない。
  親指を立ててすりあげて自然に持つ。

2)後技片手襟持ち三ヶ条抑え(一)
 >一の引きは、低く。受けと一直線になるように引く。

3)正面突き小手返し(二)
 >手をだらんと下げない。構えの緊張感を保って下す。

KさんとK口さんは審査稽古

4)審査
  K口さん 9級審査でした。
  ちょっとつかえたところもありましたが、基本動作しっかり覚えられていました。

  明日は、Kさん 4級審査 です。



コメント