しのけんの朝活!合気道

合気道稽古日誌とあれやこれや

冬の総合審査~審査科目特別講習会~龍本部道場創立15周年パーティー

2014-12-22 14:57:07 | 合気道
昨日は、冬の総合審査~審査科目特別講習会~龍本部道場創立15周年パーティー と盛りだくさんでした(^^)

審査は、朝クラスでは、K藤さんが有段審査(弐段)を受けられました。
気迫十分!特に二人取りは、迫力でした!ちょっと怖いよ(^^;)
結果は・・・まだ掲示上がっていませんが、きっと合格してると思います!


審査科目特別講習会は、安藤先生、堀田先生、三橋先生が30分つづ交代で黒帯、茶帯、白帯のそれぞれで講習されました。
それぞれの技の解説がためになったのは、もちろんの事、
八千代のK藤さん、吹上のI上さん、S本さん、江戸川のT竹さん、さくら会のK西さん等
普段一緒に稽古しない方と組ませていただいたのも楽しかったです(^^)

1 安藤先生
 ・体の変更(一)
  >身体の軸を通しながら持たせた掌をやや上に向けるようにしてつながり、流れを作って前進する。
  >手を返しすぎると抜ける。つながりを保って抑え、導く感じ。

 ・座り技胸持ち三ヶ条抑え(二)
  >胸で相手の掌の中心を攻める。
  >小指側を密着させ、沿わせるように親指側から指を握らせるように掌を攻める。
  >手で、練習。手に力を入れない。力まない。
   力を入れるのは、腰。腰の集中を手に伝え、掌を攻める。

2 三橋先生
 ・後ろ技襟持ち肘締め(一)
  >軸をしっかり通し、足から頭までをピンと張って襟で相手とつながる。
   そうする事で移動した際に相手が着いてくる。
  >締める際には、腰を乗せたまま膝を伸ばし、引き込むようにして腰を入れて回転する。

 ・両手持ち正面入り身投げ(二)
  >回転した際に相手を動かしすぎない。自分の横に来るようにする。
  >足を張って入りながら両手を同時に上げて崩す。タイミングがずれると崩れない。

3 堀田先生
 ・肩持ち四ヶ条抑え(一)
  >四ヶ条を締める際も両足を張って、腰の力で締める。
   腕は力を入れない。
   これがなかなか難しい。
   江戸川のT竹さんと組んだのですが、じぇんじぇん締められましぇん(T=T)
   腰に力が乗らず腕ばかり力んでしまう。切り下ろしの位置もポイントらしいんですが・・・
   う~~~む もっと稽古しよう!

 ・後ろ技両肩持ち側面入り身投げ(二)
  >相手の肘まで上げるように肩を回して前進する。
  >向きを変える際にねじりすぎない。片手持ち側面入り身投げと同じ角度で止める。


そして最後は、龍本部道場創立15周年パーティー!!!
安藤先生が浦安で活動を開始されたころのお話や中嶋先生の師匠:白田先生のお話などいろいろなお話が聞けてとてもよかったです。
進行の片桐先生は、苦労されていたようですが(^^;)
記念品は、「龍」マグカップでした。

明日は、龍本部道場の大掃除です。道場をきれいにして、来年、新たな気持ちで稽古を始めようと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2014/12/19(金)

2014-12-19 11:06:31 | 合気道
安藤先生/片桐先生 12名(内合宿1名)

朝クラス今年最後の稽古ということで基本技の抜粋から

1)正面打ち一ヶ条抑え(一)
 >腰を切って体勢を沈めて前進し切り下す。
 >腰を切って抑える。

2)片手持ち二ヶ条抑え(二)
 >沈み込むように横移動し、当身。
 >体勢を沈めて前進して締める。
 >相手を横へ回そうとしない。
  突きを捌くのと同じように相手が前に出ようとする方向へ流して回転する。

3)正面打ち正面入り身投げ(外よけ)
 >捌いて回転する。
 >あいてを動かそうという気持ちが相手の抵抗を生む。
 >回そうと思うと腰を回した時に意識が横へ動いてしまう。
  それは相手につたわる。
 >意識、手刀の力、視線を相手に向けたまま、
  腰を回して相手の力の線上からはずれて、相手を流して捌き
  襟を持って回転する。
 >軸足を伸ばし、軸をピーンと通して中心で回る。
 >襟を手で引っ張らない。中心軸で回るのに相手がついてくる。
 >この中心を構えで鍛える。

週末は、審査ですね。受けられる皆さんの健闘を祈ります!!
日曜は応援に行きます。
そのあと、講習会⇒納会(^^)
今年は龍本部道場15周年記念とのことでいろいろ企画があるようです。
楽しみ~~~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2014/12/18(木)

2014-12-18 12:51:06 | 合気道
堀田先生 5名(内合宿1名)

1)片手持ち二ヶ条抑え(二)
 >横移動で引っ張らない。体勢が引けている。
  斜め前に出て攻めるイメージで持たせた手を突出し、横移動する。
 >軸足をしっかり踏ん張り腰からすくうように二ヶ条に持つ。
  持ったら動かさない。
 >軸足の膝を伸ばすことに気を取られない。軸足にしっかり乗って踏ん張る。
  後ろ足もしっかり張る。
 >丹田へ集中し、その力を相手に流すように押し出し、そこへ入るように前進する・・・・
  (このあたり難しいです。堀田先生も「抽象的」とおっしゃっていました)
 >回転は内股になることに気を取られない。
  軸足を踏ん張り、後ろ足もしっかり張り、腰を回転する。
  腰の回転に合わせて、前足(軸足)は内股に、後ろ足は踵を入れて張る。
 >さらに軸足に乗りながら相手を前に出させる。ここまで回転我慢!
  相手が出てきたら軸足を中心に大きく回転~重心の移動で抑える。

2)座り技片手持ち二ヶ条抑え(二)
 >立ち技と同様に軸足と重心を意識して行う。

3)片手持ち体変更呼吸投げ(外よけ)
 >足を先に回さない。しっかり軸を通して全身で誘導する。
 >ハの字になるように開いて崩す。
  (天地投げの下の手だけの時と似ているか)
 >大きく前進して投げる。

4)正面打ち正面入り身投げ(二)回転まで
 >回転のタイミング。相手が出てくるまで我慢して回転する。

内股は、後ろ足も重要なんですね!ただ、ついて動くだけでなく
しっかり張って踵を入れることで抑えがずいぶん違う気がします。

今日は、久々に最後まで稽古できました(^0^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2014/12/17(水)

2014-12-17 16:35:20 | 合気道
大塚先生 4名(内合宿1名)

1) 座り技胸持ち三ヶ条抑え(二)
2) 胸持ち三ヶ条抑え(二)
>胸ですりあげる。腕は沿える。
>腰の向きを変え胸で斬り下ろす。
>三ヶ条は、相手の腕がコの字になるようしっかり極める。
>三ヶ条が緩まないようにえぐるように引き向きを変え抑える。
>相手の腕を身体に密着させて腰を落として抑える。

3) 審査稽古
 I坂さんと片手持ち二ヶ条抑え(一)、正面打ち三ヶ条抑え(二)を稽古しました。

今日も仕事のため15分前で失礼しました。
明日は、フルに出られる!うれしー!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2014/12/16〔火)

2014-12-16 12:25:11 | 合気道
安藤先生/鈴木先生 10名(内合宿1名)

1) 正面打ち小手返し(二)
>内股になりピーンと軸を通して捌く。
>早く持ちに行くと浮き上がり崩れる。
>引かない。前足にしっかり乗る。
>肘の側の手が弱い?

2) 審査稽古

今日も仕事のため前半のみでした。うーむなんかいつにも増して消化不良な感じ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加