「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いて養蘭を楽しんどる。山や花を見て
季節を知り、海を眺めて鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ。

生育の

2018年11月13日 | 対馬産の蘭
思わしくない株を
何もしなく ただ眺めていても始まらないから
京楽鉢の煮沸消毒から開始。
寸胴鍋に火を入れ、沸騰するまで40~50
分掛かる。
沸騰しさえすれば鉢を投入し、
20分後に引き上げ自然冷却乾燥。
1回に4寸鉢で四個。
だけど京楽鉢の数が足りないのに気付く、( ̄▽ ̄;)
しょうがないので信楽の半楽焼き鉢を代わりに消毒。
段取り的に朝一で鉢を開け、株の身繕い、水洗い、
乾燥、植え付け、水遣り、と進むのがベターであるが、
鉢の消毒が入れば時計を見たり、
タイマー止めたり、鉢を開けたりの作業で忙しない。
これに用土の配合など入れば10鉢程度でも半日掛かりである。
本日は、(正確には昨日、)8鉢を植え替え、11鉢の仕上がり?

今の小屋では一杯一杯、
増えた分は減らさなければならない。
苦渋の選択を強いられるな~。
コメント

本日と

2018年11月10日 | 対馬への道
明日は、、
正確には夜が開けたら対州園主催の寒蘭展示会。
小茂田浜神社祭りも同じ期日。

会場しますと
観覧者も入れ替わり立ち替わりで
ボチボチの盛況みたい。

天気も上々!
優勝は、大雄でありました。
コメント

仕事を

2018年11月07日 | 中国蘭
していく理由として
食べていく為 が1番であろう。
しかしそれだけで戦乱の世の中を渡り歩けない。
食うか食われるかの世界だからである。
今まではマンネリの中で
平常を継続してこそ意義があると思っていた。
良い場合もあった。
大概に生まれるのは
馴れ合いと負の連鎖しかないのである。
自分にしかない最強の武器を手に入れ
モチベーションを上げ
ポジティブにオールマイティーに
戦って行ければ申し分ないのかな。
頑張り過ぎないのも1つの手かな。
今年の寒蘭は2鉢。
夏までの管理が不十分だったからだろう。

そんな訳で恵蘭を出品せざるをえないな~。
コメント

命ある者として

2018年10月30日 | 中国蘭
オアシスは必要不可欠である。
生命を宿す限りは
何らかの心の拠り所が明日を生きる源になる。
趣味はその場所に在るのだろうと思う。
縁あって出会った蘭という趣味だからこそ
トコトン付き合ってもらって
内助の功的役割を果たしてほしい。
そろそろ1年の出来具合が決まりそうな
時期に差し掛かった。
秋芽が少しずつ伸びてきたが、
先の加治谷は両袴に縞っ気が有るように見える。

なんか安心したな~。
コメント

太平洋戦争が終わり、

2018年10月25日 | 対馬産の蘭
戦争を阻止出来なかった事を悔やみ、
中国との日中国交正常化を唱えられ、
実現への礎を築かれた松村謙三 氏。
その氏が
中国人の蘭商 黄業乾 氏に蘭鉢製造を打診。
その後、
福建省の陶工に依頼し作成された2鉢の内の1鉢。
通称 松村鉢と言われる鉢には
松村謙三 氏の揮毛の文字である
「愛蘭同心 」が刻まれています。
行く久しく、
言葉通りの世の中であって欲しいと願って止みません。
手前の春蘭は山採り葉変わり。
鉢上げして10年以上には成るでしょう。
山で見て、
「オッ!」と思い、掘り上げようとしたが、
今一かな~と思い留まった。
家に帰り、本を読み漁ってたら
チト面白い個体かもしれぬとイメージが脹らみ
いてもたっても居られなくなり
次の休みに同じ場所に行く羽目になった。
しかし詳細に見たら、
今二のように感じて又もや思い留まった。
家に帰って本を見直すと
沸々と良さげに思えてきて
又々次の休みに行く羽目になった。
三度目の正直と言うか、
見たら今三のようにも思えてきたが、
え~い持って帰れ!と勢い付けて掘り上げた。
と曰く付きの蘭。
新芽の出が悪いわ、花芽も着き難いわで、
ヤキモキさせられっぱなしである。

早く白黒付けたいところだけどな~。
コメント