「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いて養蘭を楽しんどる。山や花を見て
季節を知り、海を眺めて鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ。

蜜蜂の

2018年05月15日 | 対馬への道

巣分かれは三月頃から五月頃までで、
つまり分蜂と呼ばれる蜂の集団が
自然と自分の巣箱(蜂胴)に入ってもらい
住み着いて(営巣作業)くれるのが1番である。
が、なかなか巧くいかないものである。
そこで、どうにかして
自分の巣箱に蜜蜂を誘い込む方法は無いものか?
と、発見されたのが
金陵辺と言う蘭を利用した捕獲術。
金陵辺の花には
蜜蜂が集団で集まってくる習性がある。
集まる理由には諸説があるが
日本蜜蜂養蜂家には
非常に有り難い蜜蜂蘭様なのである。
蜜蜂が集まると言われる蘭は
金陵辺とデボニアナム、
それに両種交配のミスマフェットで、
三ヶ月間ほど何かしらの蜜蜂蘭が
咲いている状態を維持するのがベストらしい。
なので早咲き遅咲きの蘭を駆使して
蜜蜂を待ち受けるのである。
しかし、
いつ蜜蜂が集まるのかは蜂まかせであるし、
親父は「風の無い生暖かい気候の日は分蜂し易い。」
なんて言ってた。
養蜂家は気候と蜂の羽音が気になる季節である。
今咲いているデボニアナム。

これが最も遅咲きの蜜蜂蘭で、
原種保存の為と1年中蘭花に囲まれた生活
を営むには欠かせない種類の蘭である。
こちらは紫蘭。

普通種と比べてみると青いな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっと言う間の5月

2018年05月04日 | 対馬への道
地球上の全ての花が咲き乱れた
とでも言わんばかりに花が咲きだした。
花は心を和ませてくれる。
島から消えたのではないか?と
思われている日本蜜蜂も
忙しそうに飛び交っている。

蜂胴に入らない、、蜂蜜が採れない、、蜂が消えた、、
と考えられる方程式からすると納得するが、
違う観点からすると
蜂胴に入らない理由があるのではないか?
蜂胴を置く場所、、蜂胴の居心地、、蜜蜂の食事事情、、
といったものが悪化していると思うのである。
居食住が改善されれば
蜂胴に入るようになると思うのであるが、、。
ここ数年、蘭の生育状況が思わしくない。
引っ越す前にある程度の処置を施し
これからの蘭作に弾みを付けたい。

思い返せば1度 台風並の暴風でひっくり返り、
建設に2年掛かってしまった。
寒波に二度遇わせてしまった。
猛暑で1度弱らせてしまった。
それでも あ~でもない、こ~でもない、と
あらゆる手を加えながら五年が過ぎようとしている。
ボロ小屋ではあったが思い出の詰まった和庵でもあった。
人間 死ぬ気になれば何でも出来るとは納得である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

性格的に

2018年04月23日 | 対馬産の蘭
人の仕草や態度、言葉遣いやらで
その人の考えとか気持ちとか
性格とかを想像して
対応する術を学ぼうとしてしまう。
ある人は
対象人物がどのような人格なのか
聞いて回っているが、
第三者の意見が入ると
具現化が難しいと思うから
自分から聞く事はしない。
自然と耳に入ってくる情報も有るが
100%信用する事はない。
情報通りの場合も有るが、
自分の目と
インスピレーションを大切にしたい。
報才蘭に続いて
九華が咲き、石斛が咲いた。
それぞれが1鉢ずつであるが、
それぞれが強い香りを有するので
夕方にもなると
部屋中が蘭香でムセ反るほど。
今まで邪険に扱われ
一進一退を繰り返してきた石斛。

今年から蘭と人間とが有意義に過ごし
更なる発展を望んで止まない。
人それぞれの人生は
それぞれの物差しで計りながら時を刻んでいる。
ドタバタ珍道中になるだろうが
それも面白いかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジジババが終わって

2018年04月15日 | 中国蘭
早くも九華が咲いてしまった。

頂花が崔梅のように咲いてる。
年により作により多様な表情を見せる九華の不思議。
対馬で
九華を含む中国蘭を作る人って居ないだろうが、
せっかく蘭を好きで作るのだから
1年に何度も花を愛でる機会に触れたほうが
面白いと思う。
これから石斛、風蘭、名護蘭、夏蘭、
秋蘭と順序よく咲くのだから絶対に楽しい。
今まで苦しい葛藤に襲われたが、
まだ解決に至っていないが、
取り敢えずは対馬に残れる運びとなりそう。
趣味を楽しめ、
落ち着いた日頃の生活を送れる道筋が見えてきた。
その為には苦難も多いだろうが、蘭が有り、
チワワが居て、家族が居れば乗り切れるはずだし、
そのように腹を決めた。
あとは終の住処になるように願うばかり。
昨年度は冬季に
報歳蘭をジジババや寒蘭と同じ管理をした。
なので鶴の華が今頃に咲きだした。

自分に華が無いので花を見ると励まされる。
頑張れる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暫し開口

2018年04月08日 | 対馬産の蘭
時間が止まった❗
ブチッ、と良い音がして左手に株が、、
右手に分けるはずの木の葉だけ四枚を摘まんでた。
白麗を株分けしようとしていた直後の事件。
バルブの結合部が確りしていたので
嫌な予感がしていたが的中してしまった。
事の始まりは昨日、帰宅し、
ある1鉢が気になったので表土の掃除をした。
終わると隣の鉢、
また次の鉢、と気になりだし、
とうとう全ての処置をする事になった。
で、水遣りを控えた鉢をベランダに置き、
植え替えを決めた
濃緑兜、対馬紫、白麗を鉢抜きし、
株分けようと株を持って分ける部分を考える。
腹は減るは、睡魔は襲うは、寒の戻りで寒いは、
で、思考力が鈍っていたかもな~。
えーい、ままよ❗
と思ったのが運の尽き。
ショックは消せないが
23時30分頃 遅い晩餐を済ませ
植え付けも済ませ、
水遣りが終わったら4時になってた。

枯れずに育ってくれると嬉しい~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加