「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いて養蘭を楽しんどる。山や花を見て
季節を知り、海を眺めて鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ。

暑中お見舞い申し上げます。

2011年06月30日 | 対馬からの蘭雑記

雨が降ったり止んだりの対馬です。

仕事から帰ると、

脂がのった手で鉢を撫でて、

新芽の太りを観察し、

恵蘭に水をくれています。

これが近頃の日課となっています。

古い泥鉢はいくら撫でてもテカリ過ぎる事が無く

撫で甲斐が有りますね~、、(^^;。

そして今年は冬害に遇った鉢が多いので、

お裾捲りが激しくなっています。

表土第1層を捲るだけで新芽の頭が現れ、

ドキッとして冷や汗モノの時期となりましたので、

そろそろ止めなければ、、

で何で気を紛らそう、、

そうだ!

風蘭が咲きだしたな~、♪。

蘭置き部屋に行く度に

甘い香りを放つ

対馬緑宝と言う風蘭が有ります。

対馬産無地葉変わり御三家の一つ、、

Img_0915_2

締まった力強い株で、

けっこう迫力を増す

面白い木(風蘭も木と言うのかは不明、、。)

だそうです。

風蘭の選別種になるので富貴蘭と言うのでしょうね。

それよりも何よりも

この木に惹かれた理由があるのですが、

まぁ、いずれビックリ玉手箱として

ご紹介出来る日をお楽しみに、(^^)。

明日から7月です、、

暑さ厳しくなりますがお体に気を付けて下さいませ。

コメント

拝啓、お元気でしょうか。

2011年06月27日 | 対馬からの蘭雑記

恵蘭に水くれする為に置き部屋に入り、

電灯を付けると、

棚下に見慣れない黒っぽい

ロープ状の物体が目に入った。

生き物には

我が身を守る遺伝子が組み込まれているのか、

危険そうな物への

直感的な察知力には我ながら感心させられます。

写真を撮っていて、

ヒラクチ程の

全身総毛立つような気持ち悪さは無かったので、

毒を有する生命体では無いような気がするのですが、、

それでもかなりキモかったです~、、

さて何と言う蛇でしょうか?

Img_09121

体長50センチ強!

コメント (1)

拝啓、お元気でしょうか。

2011年06月24日 | 対馬からの蘭雑記

梅雨真っ只中の対馬です~。

このダルくて蒸し暑さが良いですね~、、

寒蘭が呼んでる気がするよ~、(^^)。

春蘭の牛若丸がやって来ました。

思ったよりも非常に締まった株で

スンゴいチャボを

サービスで付けてくれたかな、、、

と目を疑ったほどです。

Img_0908

ずっと探していたのですが、

良い株が無くて今回念願の棚入れとなりました。

それと、我が家の萬字、、

Img_0909

枯れずに成長を続けている様子です、、

ホッ、、。

さて、

風蘭の根色で芸と言いますか、

特徴を表すそうですが、

Img_0906

この色は泥根になるのでしょうか?

コメント

ご無沙汰しております~。

2011年06月16日 | 日記

先日、シイラを分けてもらいました。

苦手と言う人も居ますが、

私が小さい頃は魚を食べれなくて、

唯一食べれる物がシイラのフライでした。

なので、シイラと聞くと田舎での幼少期を思い出し

懐かしく感じるのです。

クセが少なくて私は好きなんですけどね、(^^。

少しずつ蘭の新芽が確認出来るようになりました。

現在でも昨年の芽が枯れるのが目に付きますが、

そのバック木に新芽が確認できたりして

安堵しています。

Dscn0232

急がずユックリ、、無理は禁物ですね。

コメント

拝啓、お元気でしょうか。

2011年06月04日 | 対馬からの蘭雑記

Img_0901

日付が変わって4日の午前三時、、

布団の中で

温温と蘭の夢を見ている人も居れば、

夜明けのデカイカを求めて

場所取りをしている人も居るし、、

Img_0900

築港では

博多からのフェリー到着便を待って

受け入れ準備をしている従業員も居る、、

お疲れ様です~。

Img_0902

今年、無くしたモノが沢山有って、

無くして分かる大切なモノ、、

追い求めるべきモノというのが分かったような気がする。

コメント