すぎなの風   ~北欧の北極圏トロムソ(ノルウェー)に住んで~

北欧の中の北極圏、
穏やかで住みやすいトロムソから
お届けいたします。

待ち望んでいた光景

2016-06-16 | 季節


これ、どこにでもある光景。
だけど、待ち望んでいた光景。

うちの畑は、須賀神社の裏口の前にある。
雨が続く梅雨の頃
参る人もなく
鬱蒼と茂る木々だけでは
神社の前が心寂しくなる。

道行く人をホッとさせてくれるように。

神社の掃除に来ていたおばちゃんから
戴いて、挿木した紫陽花。
今年が4年目。
雨の中、見事に彩を添えてくれています。

This is Hydrangea(Hortensia) that we often can see everywhere in rainy season in Japan.
I wanted it at my farm in front of the shrine.
Because there was no flowers there this season.
So I planted just a stem four years ago.
Now it makes the passer enjoy the color in rain.
I'm so happy!



コメント

あの臭いの花が、こんなに可愛かったなんて!

2016-06-07 | 季節

 

すっかりご無沙汰してしまいましたm(__)m

何度も尋ねてくださった方々、
ごめんなさい。
そして、
ありがとうございます。

今日は梅雨らしい空模様ですね。
昨年から畑も人に借りてもらっているのですが、
その片隅で今年は、ドクダミの花がめっきり増えていて
びっくりしました。

「この草の気品の前で私は位負けしそうになった」
「この花の姿は、茶花にしたいくらい上等な風情がある」

こうどくだみの花を讃える堀文子さんの文章に出逢ったのは、
何年前だったかなあ
あの独特の臭いに、
じっくりと見ることさえしてなかったドクダミを。

ふと畑の出入り口に小さなドクダミを見つけて、
いつか私にも堀さんの気持ちがわかるかしら?と、
畑の隅に移しておいたんです。

今思うに・・・

なんて可愛らしいこと!
ハート形の葉っぱに4枚の潔い白。
花の中心部のびゅっとしたつきもいい。

「むさぼらず、誇らず、黙々と下積みの暮らしに徹する者の底力が、
ドクダミを描く私の体に地鳴りのように響き渡るのだった」。
(堀文子画文集 命といういふもの第二集 「無心にして花を尋ね」より)

堀さんのような感性には程遠いけど
ドクダミの存在に目が覚めるような思いがしました。

何だかんだと、すぐ休憩する私ですが
またブログで綴っていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

 


 

コメント

早春の面影

2016-03-31 | 季節

今年はいなかったからなあ、
早春の頃。

いつもならただただ桜を心待ちにしているところ。
それが、
早春の面影見つけては
春をさかのぼってます。

お蔭で、春を広く感じています。

 

 

遅咲きの木蓮は、幹に これも梅?

 

コメント

ブルーベリー、そんなに摘んでどうするの?  

2015-08-21 | 季節


8月の私の恒例行事といえば、ブルーベリー摘み!
I go to pick blueberries every August.

ノルウェー でブルーベリーは、山の表面を覆うように生えています。
その量の多さには驚きました。

The blueberries grow to cover the mountain surface in Norway.
I was surprised by the great amount.

私の友だちの農園にはブルーベリーの木が300本ほどあります。
背の高いもので、1.5mほど。
ブルーベリーを自分で摘んで、
1Kg1000円で提供してくれています。

My friend has 300 blueberry plants at her farm.
the tallest one is about 1.5m.
She offers self-picking for 1000 yen per kilo.



一年に一度このときだけ会う友だちもいます。
約束もしていないのに、昨日も彼女に会えました!!
このお喋りがまた楽しい!

I have a friend who I can see just once a year only this season.
I met her without an appointment yesterday.
I enjoyed talking with her!

気がついたら、もう1時間`半たってました。
娘と2人で合わせて⒊8Kg収穫。
I noticed that one and half hour had passed.
My daughter and I picked up 3.8 kg in total.



もう一回行く予定です。
I will go there again later.
私はこれで、何をするつもりでしょう?
what am I going to do with all of this.

うふふ…
素敵な計画があるんです!
huhuhu...😊
I have a nice plan!

またお知らせいたしますね~~!
I will let you know later!

美里の山田農園,
要予約。
It is at the Yamada farm
You need to book to go there.


コメント

新生気分、晴れやかに!

2015-05-01 | 季節

                                  花がついて2年目モッコウバラ

今日から、5月。
気持ちのよいお天気でしたね~!

今日やっと
教室を閉めるご挨拶とお礼のお葉書を
出すことができました。

4月29日には、
高齢者のデイサービスのお仕事も一段落つきました。

決めたこと一つ一つにピリオドが打たれる。
「悔いがないように」と願い、その感覚を味わえている。

なんとありがたいことか。

それにしても、不思議なものですね。

私が教室を閉じると決めてから、
これまでなかなか会えなかった人に会えているんです。

ばったり出会ったり、
たまたま訪ねてきてくださったり。

「らくだをしたい」という人まで現れたり・・・

今日は、
大阪でらくだの教室をしていらっしゃる方が
訪ねてきてくださいました。

私の心は、もう揺れていないんだなあ。
迷いなく話している自分にあらためて、それを感じます。

むしろ、らくだでしてきたことの核心が見えてきて、
自分がこれからできることが見えてくるようにさえ感じました。

それでも、それも手放して、頭で考えるのでなく、
心の底から自分のしたいことをつかみたいと思っています。

5月は、私にとって新しいスタートの月。

皆さま、よろしくお願いいたします、

 

コメント

七福神に見守られて

2015-01-08 | 季節

遅ればせながら・・・

新年あけまして、
おめでとうございます!

教室の棚にお座りいただいている
七福神の皆さんです。

父の遺品の段ボールから見つけた時は、
松脂でドロドロ・・・
松脂を削って磨きまくったら、
こんなに素敵な姿を見せてくださいました。

日頃は、扉を閉めていますが、
実はいつも見守ってくださっているんです。

生徒の中には、
毎回必ず戸を開けて、
ご挨拶(?)をしてくれる子もいます。

今年はもう少し、
大切にさせていただこう。

新ためて、
祝福人+だるまさんのお顔を眺めています。

むっちゃ、ええお顔!

ときどきブログですが、
読んでいただいて、本当にありがとうございます。

皆さんにとっても
よき年になりますように。

今年もどうぞ、
よろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

コメント

12月14日からの報告第二弾!“大人だけのコンサート”

2014-12-26 | 季節

12月14日の夜は、大人だけのコンサート

何事につけ「子連れ、OK!」としてきましたが、
このコンサートだけは
「大人だけ」で通してきました。

ハープの音色は、私の心にはとっても沁みます。
私自身が弾きながら、ハープの音に癒されてきました。

アメリカでは既に、
医療と連携してハープセラピストたちが活躍しているそうです。

アイリッシュハープの音色を聴いていただきたい。

そして、私にはもう一つ願いがありました。

SLSすぎなには、これまで、
「お母さんとティータイム」
「おむすびティータイム」
「縁側の日」などなど、
たくさんの方々が足を運んでくださいました。

不登校や発達障害のお子さんを持つお母様、
核家族、または女一人で子育てをしているお母様、
同居ゆえに悩みながら子育てしている方・・・
家族に認知症の方がいらっしゃる方・・・

どなたも家族を想い、私にはまねできないほど、
一生懸命でした。

本人が大変なのは、もちろん。

でも、意外にわかってもらいにくいのが、
最も近くにいる人たちのこと。

それで、その方たちに少しでも心地よい時間になればと願い、
「大人のみ」としてきました。

今年は、私がおもてなしをさせていただきたくて、
サツマイモとリンゴでバターを使わないケーキを焼きました。
娘と何度も試作した甲斐あって、好評!

もう一品は、
「初回のサンドウィッチを」とリクエストをいただき、
お手伝いできる方にお任せしました。

まあ、その手早いこと!
そして、仕上がりは・・・売れます!

私はハープを習っていますが、
先生のさとこさんから指導を受けることはできても、
その時間にさと子さんの演奏をたっぷり聞くことはできません。

ですから、自宅でコンサートをさせていただくって
本当に贅沢なんです。

ハープの音色と歌声が天に昇っていくように感じる時があるのですが、
それはそれは不思議な感覚。

「さと子さんが先生でよかった」
と心から思う瞬間です。

そして、今年はさと子さんとの連弾&合唱で
私も2曲演奏させていただきました。

なんとか、「金返せ―!」と言われずすみました。(>_<)

私の感謝の気持ちをお花で表現して下った方。
この方も3回ともお花のアレンジ

素敵にコンサートを盛り上げてくださいました。

玄関を燃えるように彩りを添えてくれたのは・・・
インフルエンザで来れなかった方から。

コンサートって、だんだん育ってくるのかな?

ふとそんな風に思いました。

今年もあと少し。

皆様に感謝の気持ちを込めて、
お知らせさせていただきます。


 

コメント

5年ぶり、「えん」の想い実現?

2014-11-10 | 季節

もう11月も1/3過ぎてしまいましたね。
ご無沙汰していました。
皆さんお元気でしたか?

実は、私、イタリアに行かせてもらっていました。

イタリア在住経験のある人と一緒だったので、
盛りだくさんだったのに、
ゆったりとリラックスすることができ、
実り多き旅でした。

お蔭様で、帰ってきてから、
とっても調子がいいんです(*^_^*)

このお話しは機会があれば、また、いつか(^_^)

話は変わりまして・・・

「ちょっと留守にするから待ってて」とイタリアに出かけ、
帰ってきてすぐに集まったのが、「えん」の人たち。

今日は、「えん」から皆様にお知らせです

実は、この企画に「えん」は何も関わっておりません。

ただ、ある意味、私たちの思いの実現でもあり、
協力させていただくことになりました。

そこで、斎宮歴史博物館作成のチラシに
「えん」からのごあいさつを添えて、
皆様にお知らせしております。

この場でも、
その文章で「ごあいさつ」とさせてくださいませ。

5年前、足をお運びいただいた皆様、あらためてお礼申し上げます。
そして、この機会にぜひ、斎宮歴史博物館まで足をお運びくださいませ。

かく言います私、斎宮歴史博物館に行くのは、初めてです~!^_^;

 ******************************

 

斎宮歴史博物館開館25周年記念

中村麻美作品展

「斎王と伝えたい日本のこころ~歴史に生きた人々の真心を感じて~」

を迎えて

5年前、私たち「えん」は、
中村麻美さんの個展「天地人・おかえり挿画展」を企画いたしました。

約120名の方々が協賛金で協力して下さり、
会場のNHKギャラリーには、
のべ1000人近くの方がご来場くださいました。

その時、すでに私たちは、第2弾のイメージを持っておりました。

それは、
麻美さんが最も伝えたい「日本のこころ」。

月刊誌「武道」の表紙絵と
優しく語りかけるような解説の文章には、
教えられたり強制されることなく、
人が自ずと持ち合わせたこころが揺さぶられます。

「素晴らしいお話が残っている日本。
まず日本人から、そのこころを大事にしましょう」

そう私たちには伝わってきました。

これも津でご披露したい!

その思いはありながら、メンバーの事情もあり、
なかなか第二弾の実行には移せぬまま月日が経っておりました。

ところが、この度、
私たちの思いが、斎宮歴史博物館で実現することになりました。

この度選ばれた彼女の作品20点には、
三重を舞台にしたものもいくつかあります。

さらに、麻美さんの大作「斎王」(100号サイズ)があります。

伊勢神宮に欠かせない存在である斎王の「斎王性」を
神々しく地に足が着いた佇まいで表現しています。

実は、麻美さんは、
この「斎王」を斎宮歴史博物館に寄贈されました。

それを記念して、
この作品展が、斎宮歴史博物館で行われることになったのです。

そこで、この機会に5年前にご協力いただいた方、
ご来場いただいた方を始め、
身近な方々に
麻美さんの「斎王と日本のこころ」をぜひご覧いただきたいと、
私たちは願っております。

「えん」はこの企画には関わっておりませんが、
5年前の企画の残金は全て麻美さんに委ね、
今回の企画に関わる費用に役立てていただきました。

また、11月30日の麻美さんと関係者のトークショーには、
「えん」を代表して石川正浩が出席いたします。

皆様との再会・新たなる出会いを胸に秘め、ご案内申し上げます。

 http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/event/mami-nakamura.pdf

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-FQJYebVwftY/?utm_source=dd_spot

 

 

コメント

少しずつ少しずつよくなっています

2014-10-02 | 季節

10月に入って、

急に空気が澄んできたような気がします。

畑では、コスモスの花が旬です~!


秋桜とは、よく言い当てたもので・・・

酒盛りこそしないけれど、
この季節、コスモスがどこに行っても咲いていて、
目も心も休ませてくれます。

うちの畑もそんな風になってほしいと願い、
コスモスのこぼれ種から始まって3年目。

随分様になってきました。
来年は
もっと広い範囲で咲いてくれるんじゃないかなあ。

だんだんよくなっていく。
少しずつ少しずつ育っていく。

何事にもそういうことを感じるって、

心が弾んできます。

さあ、10月。

この過ごしやすい季も
あっという間に過ぎゆきます。

大切にしよっと。



コメント

型に倣い 型にとらわれず

2014-09-26 | 季節

今日のお散歩では、
これまでに出会ったことのないものを見つけました。

こういう発見って、嬉しい!
それを見つけている自分がまた嬉しい!

帰ってきて、リースにしてみました。

みどりのちょっと肉厚のもの。
蔓の葉の間に出ているものは何でしょう?
写真を撮って、
「これは、ずばり○○です!」
って教えてくれるものがあったらいいのになあ~。

そして、紫色の蔓は、そのままで
ツルムラサキ。
夏の間、葉を摘んでは頂きました。

下の赤い実は、槇の実。
緑色と赤色の実がカップルで。

秋ですねえ。

でも、私の畑では夏の野菜が、
夏よりも元気に育っています。

他の畑では、もう姿を消しているというのに・・・?

そして、去年遅すぎた大根と人参、
今年は、もう芽を出してます。
順調かな?

時期があるかと思えば、
時期を超えていたり・・・。

型に倣い
型にとらわれず。

さ、お仕事お仕事!

コメント