Rolling 55

「転がる石は苔生さず」いつまでも、いつまでも転がり続け・・・
お池にハマって、さぁ大変!  by belage

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パリ散策[18] エッフェル塔でランチ

2011年09月01日 17時20分13秒 | フランス紀行

このエッフェル塔には上に上がるエレベーターがありますが、大勢の人が行列を。
ボク等は画面向かって右側奥のレストラン専用エレベーターで展望レストランへ。
昔ケニアはナイロビで一緒に働いた当時部下であったAさんとこちらで待ち合わせ。
現在彼は某日本の会社さんのパリ支店長として赴任されていて。

奥様と一緒にナイロビ以来約10年ぶりの再会を楽しみました。

最初に美味しいシャンパンで乾杯。Aさんが是非これをと勧めてくれたのが、このお水(笑)
なんでも、フランスの水好きに大好評の高級品。ガス入りなんですが、確かに呑んでみると
普通のガス入りミネラル・ウォーターと違った深い味わいが。かなりの硬度があるように感じ
られました。今は日本でも通販で手に入れることが出来るようです。ご興味ある方は是非
どうぞ。他のガス入りとは全く違う味です。名前は「BADOIT(バドワ)」。

 

 

前菜の数々。話が弾んで、既にこのころワインを立て続けに空けて、料理の名前、何がなんだか
覚えておりません(苦笑)

ボクがメインに頼んだ鴨肉。やたらうまかったです。

これが不思議なメニューでした。骨の骨髄で作ったスープ。まっすぐに立っているのは
牛の足の骨?あっさりとした中にもなんとも言えぬ牛スープの旨みが光る一品でした。

 

デザートの数々。奥様が嬉しそうに何品か食べておりましたが。スイーツは別腹とは
言い得て妙と感心しましたよ・・・

そうそう、Aさんはお子さんがいらしてインターナショナル・スクールに通わせている
そうですが、何とサッカーのベッカムの息子さんと同級らしい。なんと学校に来る時
はボディガードを従えて来るそうです。一時誘拐事件なぞありましたからねぇ。現在
は米国に行っているそうですが、一年の半分をパリに、後半分は米国の学校に通っ
ているんだそうな。

 

レストランから見たパリの市内です。この辺りは高級住宅街だそうです。あの中村江里子さん
の豪邸もこの中にあるそうです。彼女、大震災の発災後、バザーで大活躍でかなり義捐金を
集めてくれたそうです。

Aさん、すっかりご馳走になりました。今度は東京でお会いしましょう。
フランス最後の日を楽しく過ごすことができました。さて、次は夜行列車に乗って
スペインにまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 横浜散歩[7]:三渓園② | トップ | 鷺草(さぎそう) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フランス紀行」カテゴリの最新記事