Rolling 55

「転がる石は苔生さず」いつまでも、いつまでも転がり続け・・・
お池にハマって、さぁ大変!  by belage

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スペイン紀行(112) マドリッド[20]  王立ソフィア王妃芸術センター①

2012年02月29日 16時53分45秒 | スペイン紀行

こんな彫刻が広場の中央にたっています。
ここは王立ソフィア王妃芸術センター。

芸術の国、スペインならではの仕掛けがこの首都マドリに沢山。
なんと、こちらの美術館とプラド美術館は日曜日のある時間帯は無料なんです!
こんなこと日本では考えられません。

この行列はその無料鑑賞を待つ人たち。勿論、ボク等夫婦もこの列に。

そして嬉しいじゃありませんか。特別展はなんとあの瀬戸内海の直島のカボチャ
で有名なボクの愛する草間彌生さんの作品展です。正面の看板の左上に彼女
の「KUSAMA」という文字が堂々と。

更にこの美術館はソフィア王妃の希望で、一部試験的に、なんとなんと写真撮影
を奨励しているんです!
ソフィア王妃、彼女美人さんでありますが、こうした芸術に関してもかなりアグレッシブ
な実験をして世論喚起をするとは、並の王族じゃできません。ますます好きになって
しまう。

高い拝観料を取って、見せてやるから有り難く思えとばかりの日本の美術館、神社
仏閣の関係者の方々、是非世界ではこういう動きもあるんだと肝に命じて戴き
たいものです。

そして今回のその写真許可をしている展示は草間弥生さんの作品群。当然、作者
の了解も必要な訳で、もともとアグレッシブな彼女、太っ腹で受けて戴いて有り難い
ことです。

当然ボクもバチバチと写してきましたよ(笑)

日本も早くこういう運動をやって欲しいものです。

 

無料と写真許可

 

これですよ!!(爆)
次回以降草間さんのその強烈な作品をご案内します。

 

草間彌生展が現在大阪中之島の国立国際美術館で行われています。新聞で
超人気と報じられていました。お近くの方は是非あの強烈なエネルギーを味わいに
行ってくださいね(4月8日まで)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コメント (4)

白梅

2012年02月29日 08時25分24秒 | はな・花・華

紅梅が咲きそろわぬうちに、白梅がもうこんなに咲いちまって。

いやはやびっくりでした。

この分だと桜もそろそろ(爆)
やっと花の世界が例年並みになってきた感じがしますが、それにしても今日の雪!
暦の上では今日が冬の最後とは言え、最後まで寒い冬であります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント (8)

Bの料理:ボストン風クラムチャウダー

2012年02月28日 16時45分23秒 | Bの料理

この見事な貝。大きさが6.7CMはあろうかという馬鹿でかい貝です。ご近所のスーパーで
これを発見した時にはびっくりして細い目がグリグリに(笑)あれっ、この貝って日本にはない
筈なのに!!!


なんと千葉産ですって。

元々はアメリカでしか取れない貝、それも東海岸の上の方で、特にマサチューセッツはボストンが
有名です。それがグローバル化の影響でしょうか。近年になり、恐らく船の底にへばりついて
太平洋を渡って日本に住み着いてしまったようです。

ご存知の方も多いと思いますが、「クラムチャウダー」の発祥はボストン。米国が世界に誇れる
美味な料理のひとつでありますが、ボストンの「クラムチャウダー」はこの貝を使うのがメイン。
勿論、二枚貝ならなんでもよいのですけど。アサリ、ハマグリ、牡蠣が定番。

あの寒い時期にはこれを飲むと身も心も温まるという寸法。実に美味しいです。

いつも使っているスープのボウルにいれたら、もう四つでぎりぎり(笑)奥様には貝殻を取ったのを
渡しましたが、これは撮影用ということで。ちょっと肉が堅くてこりこりとして、それがまたうまいんです。

上のボウル全部をスープに使うと大変なので、四つはコンロの上で網焼きにして、お酒と醤油をちと
垂らして食べてみました。これも結構いけましたよ。

因みにクラムチャウダーはニューヨークでも有名ですが、ニューヨークではトマトスープが主流です。
寒い日に、このスープは最高ですね。これとパンとワインがあればもう立派な主食です。

でも、ボクの場合はスープだけでは・・・(爆)
例のレンコンと牛肉炒めをつけて、ご飯をしっかり二杯も戴いちゃった。

これを作る際、アサリやハマグリと同じで考えてやってはいけませぬ。というのは煮立った
スープに入れてもそう簡単に口を開けてはくれません。アサリ、ハマグリの類は2分もあれ
ば直ぐ口を開けてくれますが、流石米国産、ガードが堅い(笑)今回は10分くらいかかりました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント (4)

紅梅

2012年02月28日 08時22分43秒 | はな・花・華

昨日は今年最後の「寒冬」であったそうな。気象用語で冬は2月まで。中期予想では
3月にまた寒くなることはあっても、明日から2月いっぱいは暖かくなる見込みにて、
それで「今年最後」ということだそうです。でも、今日も十分寒いですが(ぶるっ)

何れにしても言葉の上だけでも、今年の「寒冬」から逃れられるのはとっても嬉しい。

梅が漸く2分から3分咲きとなりました。でも、全く芽吹いていない樹もあったりで。
東京も北国の春よろしく、三月になると一斉に春の花が咲いちまうんじゃないだろうか。
と変な心配をする今日このごろ(苦笑)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント (6)

今時のプリンターは凄い!

2012年02月27日 16時35分22秒 | What!?

昨年末に自宅のファックス機の紙送りが動かなくなったり、PCの調子が悪かったりと、
自宅のIT機器にも老いを感じる年明けでありました(笑)

大体、こういう機器って同じ頃にまとめて新調しているので、取替期ってあるようなの
ですが。そしてつい数日前にプリンターのカートリッジ残量表示がおかしくなり、幾ら
新品のカートリッジを入れ替えても「新しいカートリッジに取り替えてください」という
だけで、プリントしてくれない状況に。恐らく、インク残量を知らせるセンサーの故障
だろうと思うのですけど。昨年末にも似たような兆候がありましたが、無理やり揺すったり
叩いたりして300枚超の年賀状を作成したのが最後になりました。

修理に頼んでもいいのですけど、どうせ高い修理代を払うくらいなら最新機を購入しよう
と速攻でアマゾンに頼んで翌日納品したのが写真のこれ。

発注した後でびっくりしたんですけど、このマシーン、プリンター+コピー+スキャン+
ファックスの複合機で何と1万2千円強!先代がファックスなしで確か3万円弱であり
ましたので、随分と安くなりました。これ、他業者の出店品だともっと安いのがあります。
プリンターは不良品の率が多いようなので、ボクは後でクレームが効くところと
いうことでアマゾン直売品にしましたが、他出品者を探せばもっと安いのがあります。

機能満載でこの安さとびっくりしたら、なんとこのマシーン、無線ランが使えるんです!!
我が家は無線ランを10年前くらいから使ってますが、なんとなんとプリンターとPCを
ケーブルでつながなくても簡単にプリント、コピー、スキャン、ファックス出来ちゃう。
これって想像以上に便利この上ないです。極端な話、トイレからでもPC見て、必要な
書類をプリンターに送って、用を足して出てきたらプリント出来ちゃうって寸法(そんな
使い方は絶対しませんが 爆)

更に携帯からこの会社さんのクラウド・コンピューターの指定アドレス(ボク専用です)
に送ると、プリントまでしてくれちゃう。これは凄い。最近はスマホ流行り。お陰でエクセル
とかワード文書を平気で大量にスマホに送ってくれる迷惑な人が多いのですけど(笑)、
こんなのこのアドレスに転送すれば自宅に帰るとそれら書類がプリントされているという
仕組。

いやいや、暫くプリンターなぞチェックも入れていませんでしたが、随分と進歩したもの
です。

これからプリンターを買う人、買い換える方は是非この無線方式のものにされたらどうで
しょう。いちいちプリンターのそばまで行ってプリントアウトするあの手間を考えると、これ
は絶対に楽チンです(勿論、無線LANを敷設してなければ使えませんけど)

因みにボクのこのマシーンはヒューレット・パッカードのOfficejet 6500Aプラスという
機種。自動両面印刷が出来るタイプです。インクは四色独立カートリッジ。

欠点を言えば、写真印刷の発色が前の6色カートリッジ型に比べると落ちます。まぁ、
オフィス専用機という位置づけですのでこんなものかなぁとも思いますが。他の
メーカーも見比べたのですけど、最近は殆ど4色が主流になったようですね。ボクの
場合、展覧会に写真を出品するわけではないので、人様に上げるくらいならこれで
十分ではあります。印刷スピードは従前のマシーンに比べると5割増しのスピードに
なった感じです。

久々に大当たりの買い物でした。ついでに思ったのが、こんなに安いマシーン、カートリッジ
を高くしないと儲けが出ないと改めて実感した次第(苦笑)やはり機械本体はもう少し高く
2万円くらいでもいいから、インク・カートリッジを安くして欲しいなぁ。だって、2年も使ったら
また1台買えちゃうもの。


ボクは今までキャノン→キャノン→HP→HPと使っていますが、厳密に比較した訳では
ありませんけど、HPのインクが一番安い感じがします。尚、エプソンはカタログ比較ですが、
ランニングが一番高いような気がします。あの発色は魅力があるんですけど、やはり我家
はコスト優先で(苦笑)

それにしてもモノの値段がよくわからなくなりました・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コメント (16)

東京探訪記:新宿ふらり⑩ 西新宿 「住友三角ビル」(3) 

2012年02月27日 08時18分28秒 | 東京探訪記

「三角ビル」なぞという通称でご紹介していますが、正式には「住友ビル」。
遠目に見る分にはこのビルが三角形をしているとは分らないかもしれません。
1階のロビーから上を見上げると、成程と。

再びレンガに囲まれた広場に出ると、様々な著名作家の彫刻群が。

  

巨大な高層ビルをバックに立つこのような彫刻を、暫し足を停めて鑑賞という
のも楽しいものです。

葉をすっかり落としたこの可愛い赤い実、はて何でしょう。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コメント (2)

スペイン紀行(111) マドリッド[21]  「 サン・ミゲル市場」で寿司の立ち食いを

2012年02月26日 16時42分27秒 | スペイン紀行

こちらがマドリ最大の市場、「サン・ミゲル市場」です。なんやら沢山の観光客が
門前ならぬ市場に列をなしています。

まるで巨大な体育館!食いしん坊のボクはぞは妙にわくわくどきどき(笑)
浅草の仲見世気分であります。

 

スペインは世界でイタリアと一、二を競うオリーブの輸出国。この間、ラジオ深夜便
を聞いていたらオリーブの女性専門家のインタビューなぞやっていて、彼女イタリアで
オリーブの魔力にとりつかれ、いいオリーブに巡り会いたいが為に地中海沿岸を
旅しているそうです。今、ハマっているのがスペイン・オリーブだそうで、約1時間の
インタビューを興味深く聞かせて貰いました。

何でもスペインの山岳地帯だかに樹齢千年を超すオリーブの木があるそうで、その
実はじつにうまいんだとか。フルーツや薔薇の香りのするオリーブとか、ボクの知らぬ
世界にすっかり魅了されました。

上の画面にあるように、オリーブのオリーブ・オイル漬け。スペインの「おしんこ」
みたいなものですなぁ。浅漬けから古漬け。ちっちゃいのからでっかいの。色の
違いとか実に様々。こちらでは、何かとオリーブがつまみで出てきますが、ひとつ
として同じ味のものがない。まさにおしんこ、お袋の味なんでしょうね。

それにしても、樹齢千年以上のオリーブの木があるなんて、ちょっと信じられません。
海外に行っても畑で見られるのはどちらかというと細い幹のものばかり。きっと
かなり高さもあるし幹も太いんでしょうね。一度見てみたいものです。

 

市場の入口付近にはこんなフード・コートになってまして、立ち食いでいろんな
ものが食べられます。勿論、皆さんビールやワイン片手に。物凄い混雑ぶり。
築地市場の食べ物屋さんの十倍以上の規模はあるでしょう。長いカウンター
は大勢の人がぎっしりで、おまけに後ろに並んでいるくらいの盛況。

はい、スペインの寿司(笑)所謂、TAPAS(タパス)というBAR(バル、居酒屋)さんで出す
おつまみ系の一品。実にこれも種類が多く、数百種類はあるんじゃないでしょうか。
まぁ、フランスならCANAPE(カナペ:カナッペ)となりますけど。

上に載っているのは左上から時計回りに、サーモン、ニシンの酢漬け、ムール貝、カニ
のシーフードサラダ。これ下がパンでなく、ご飯であれば完全にネタのデカさが自慢の
回転寿司(爆)

サーモンは生、ニシンは軽くオイルに漬けたもの、ムール貝はワイン蒸しと素材を生かした
あっさり味。スペイン料理は変な味付けをしていないので、すんなりお腹に入っちゃう。

はい、世界的な日本食ブームはここにも。寿司屋です。ここのご主人、ボク等を見て
日本語で話しかけてきた。何でも10年日本の寿司屋で修行してこちらに店を持った
そうです。絶対にうまいから買って行けと(笑)

嬉しいですね、隣にはちゃんと「松竹梅」まで置いてあって。はい、意気に感じて
買いましたよ(笑)

海外に出て、久しぶりに日本人と認めて貰って嬉しかったのもあります。よく間違え
られるのがアラブ人。アラブの人から平気でアラビア語で話しかけられるのは、まだ
彼の地にいた匂いが残っているのかな(苦笑)甚だしきは成田で日本人から英語で
話しかけられたのが何回も。これはかなりショックでありましたが(爆)

シャリもなかなか。マグロがうまかったです。黒いのは穴子。スペインでも穴子が
取れるんだ!因みに、地中海やら紅海は黒マグロの宝庫。世界で一番漁獲高
が多いんです。昨年のマグロの世界消費量では日本が2割減ってたそうで。円高
でこれですから、如何に世界のマグロ好きが増えたかということですね。中国が
一番伸びているとは思いますけど。大体、ボクなんか、トロなんて年に数回しか
食べられなくなっちまった(とほほ)ま、青物・光物が好きだから特に困りません
けど(きゃは、強がりっす)

こちらはパン屋さん。他に比べると余り人気はなかったような。結構うまそうなサンドイッチ
がありましたよ。

スペインでタパス料理と並んで有名なPINCHO(ピンチョ)料理。日本の串焼き、焼き鳥
に似ています。これもBARの定番。昔は居酒屋で残った串の数で勘定を済ませていたと
いうから、これまた日本と同じ。

 いやいや、場内は凄い熱気です。奥の方にはこれまた定番の豚ハム屋さんとか
果物屋さん、八百屋さんとかありますが、人の波をかき分けるのに大変。お腹も
くちくなったので退散です(笑)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コメント (8)

東京探訪記:新宿ふらり⑨ 西新宿 「住友三角ビル」(2) 

2012年02月26日 09時27分49秒 | 東京探訪記

住友三角ビルの一階広場の南西側です。
高層ビルとレンガの壁が数十年を経てマッチしてきたように思えます。

レンガの壁の上は道路。西新宿副都心のこのブロックは前にも述べたように
巨大な空堀のようという理由がここにあります。

写真に見える人影はカメラ撮影のグループ。カメラを志す若者でしょうか。
色々な角度から相手を撮って、その後液晶画面を見ながら互いに批評しあって
ました。

こちらは前にご紹介した「江戸の玉ちゃん」の製作者の流さんの手による噴水。

このお社も同じくのようであります。

この新宿副都心は元「淀橋浄水場」と呼ばれた東京の水瓶であった場所の再開発
で建設されました。その浄水場跡であることを示す貴重な資料がこれ。
1000mm径の水道管と蝶型止水弁がこの広場の一角に。

この浄水場の計画は明治23年(1890年)。当時はこの地は東京府南豊島郡淀橋町
という地名でありましたが、玉川上水の水を沈殿、濾過する34万平方メートルの敷地
が確保され、明治31年に最初の浄水が神田・日本橋地区に供給され、以降昭和40年
村山浄水場が建設されるまで都民の飲料水を供給し続けました。

まさに水の歴史は人の生活の歴史であります。こういうモニュメントがないとそんなこと
があったということも忘れ去ってしまいますね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント

スペイン紀行(110) マドリッド[20]   マヨール広場

2012年02月25日 08時09分40秒 | スペイン紀行

マドリ一の繁華街、プエルタ・デル・ソル(太陽の門)から歩いて数分のここ、
マヨール広場に。

今回のマドリ滞在中、何回やってきたでしょうか。

元々はマドリに首都移転した際、首都の胃袋を支える市場がこの広場にありました。
今は広場に隣接した場所に市場は移転していますが、日本で言うと築地市場という
感じでありましょうか。

そのせいもあってかこの広場を取り囲む建物のアーケードには数多くのレストランが
お店を出しており、地元の人やらボク等観光客の胃袋を満たしてくれています。

アーケードにあるレストラン。BARというスペインの居酒屋さんが立ち並びます。

マヨール広場は坂の途中の大きな広場。南西の角にある「クチリェロスのアーチ」。
広場に出るにはちょと急な階段を上ることになります。昔はこの辺にはナイフ職人
の工房が沢山あったそうです。主として市場の肉屋さんにナイフを納めていました。
スペインはドイツと並び、刃物の名工房があることでも有名であります。

多分こちらのレストランじゃないかと思いますが、1725年創業の世界最古のレストラン。
今では世界の食の中心はフランス・パリという定評がありますが、レストランの発祥は
スペインでありました。

フランス料理の元々は宮廷料理。フランスの隆盛に伴い、それまでの食文化の中心で
あったイタリアから技術導入をするのですが、いかんせん冷凍技術もない時代、食材が
腐るということで、それを防ぐため胡椒をはじめ各種香辛料、ハーブを遣い工夫した
結果が、あのこてこてのフレンチ・ソースじゃないかとボクは思っていますが。
それに比して、スペインではこんな古くからレストランという食文化が庶民レベルで
根付いていたことに意外な驚きがあります。

現在ではフランス、日本に次いでミシュランの星を持つレストランが多いスペイン。こんな
ところにも歴史の重みを感じます。

マヨール広場の外にも沢山のレストランが。さしずめ、築地場外の飲食店街の趣が。
この通りを右に行くと新しい市場、「サン・ミゲル市場」があります。

ちょっと小腹が空いてきました。市場を覗いて昼食兼おやつを食べに行きましょう
(笑)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント

結納の儀③

2012年02月24日 16時53分57秒 | 国内旅行記

無事結納を終えて、女性陣は着物を着替えて別室で食事と相成りました。
宿の女将からの挨拶状が置かれて。

先様の親御さんの配慮で、特別メニュー、ご婚約バージョンのごちそうが次
から次へと。こちらのホテルは結婚式場も備えているらしく、料理の器もそれなり
の工夫があって楽しいものでした。右上の小鉢は鶴と亀をあしらったもの。中は
確かコブシメと子持ち昆布が入ってました。やはりこういう席に「よろこんぶ(喜ぶ)」
は定番なんですねぇ。

お酒も入ってお互い緊張もほぐれ、おやじ同士のダジャレの掛け合いが始まったり
して、お蔭様で和気藹々と楽しい会話ができました。

式終了後の二人でございまする。びっくりしたのが、いつもパンツ姿しか見たことの
ない彼女。いままで何回か友達の結婚式に参加した時は必ず着物で出ているとか。
着物が好きなんだそうで、若いのにとびっくりしてしまいました。彼女、この科目で
オヤジ殿から高得点をマークしたのは言うまでもありません(笑)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コメント (12)

白梅

2012年02月24日 08時36分16秒 | はな・花・華

 数日前の白梅です。このところちょっと暖かくなったので、きっともう
開花しているかなぁ。

昨日は雨が降りましたが、かなり気温は温かに。一雨ごとの温かさと
いうことでしょうか。

白梅が咲けばもう春です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント (2)

紅梅

2012年02月23日 08時19分32秒 | はな・花・華

 ここ数日、大分気温もぬるんできたような気がします。今日は昨夜から
雨が降って。

1ヶ月以上遅れた紅梅の開花。

 ちょっと不思議な雰囲気を狙って・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoneix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント (10)

東京探訪記:新宿ふらり⑧ 西新宿 「住友三角ビル」① 玉ちゃん

2012年02月22日 16時33分32秒 | 東京探訪記

西新宿は京王プラザホテルの前、住友三角ビル前のプラザを見下ろした
ところです。
目の前になんやら建物が二つ地面に潜り込んでいるように見えます。時節柄
西新宿辺りを覆うプレートが昨年の影響で潜り込んだのかなんて連想したり
して。ちょっと人騒がせな感が(苦笑)

これ昔はなかったのですけど。例の都庁前という地下鉄南北線の駅が出来た
ことで、エスカレーターの乗降口のひとつとして新たに作られたんじゃないかと
思います。

この広場を持つ住友三角ビルは、京王プラザホテルが西新宿再開発ビル
が一番最初に出来たと記憶していますが、二番目か三番目であったか。
この地区では老舗に入るビルであります。

竣工当初、この赤レンガで囲まれたプラザが大変評判を呼び、よくモデル
さんの撮影現場として使われていました。はい、ボクも何回か女性の写真を
ここで。残念ながら奥様を写した思い出はありませんが(笑)
当時東京の新築ビルで赤レンガというと、旧名「東京海上ビル」の赤レンガ
と妍を競っておりました(住友三角ビル自体は赤レンガではありませんが)

おんや、プラザの中央になんやら得体の知れぬネコちゃんが(笑)こんなの前には
なかったなぁ。

にゃんこの下にこんな銘板が。なんとも素敵な文章じゃありませんか。最後の
玉ちゃんの生まれ年がまたいいなぁ。作者は・・・

ありゃ~~、なんとあの世界的な彫刻家、流政之(ながれまさゆき)さんの作品で
ありました。びっくり!彼の代表作に例のニューヨークは世界貿易センターの
シンボル的彫刻「雲の砦」がありましたが、あれはどうなったんでしょう。きっと
破壊されてしまったんでしょうね・・・

そんな思いで写真を撮っていたら、一人の女性が玉ちゃん手をなぜなぜしてました。
そう、東京直下型地震が起きれば震度7となる可能性が大だとかニュースがなされ
てます。

その時は玉ちゃん、宜しく頼みますよ。道灌同様にボク等も助けてね!

 


流さんの「雲の砦」はやはり9・11で破壊され、その後二分の一のスケールで
同事件の犠牲者の鎮魂の為に再現され、北海道知事公館に永久保存されて
いるようです(記事

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント (12)

スペイン紀行(109) マドリッド[19]   プエルタ・デル・ソル

2012年02月22日 10時42分35秒 | スペイン紀行

地下鉄「オペラ駅」から出発して歩くこと約20km強、おのぼりさんよろしく
また旅行者の登竜門、プエルタ・デル・ソルに戻って来ました。例のマドリ
の象徴、クマさんが迎えてくれて。
前に、このクマさんの傍に立っている木をオレンジと紹介しましたが、ご免な
さい、「山ももの木」でありました。お詫びと共に訂正させて下さい。

 

ここはマドリでも一番人の集まるところ。沢山のパフォーマーが色々なポーズで
独特のパフォーマンスをやってますが、この人、ヨーロッパ各地で色々見てますが、
一番じゃないかしら。

この姿、よくご覧下さい(笑)

一体、どうやったらこうしていられるのか。傍を通る人がふと通り過ぎて、あれっ、
なんか変と振り返って、しばらくしてその変なことに気づくという次第(爆)

恐らくズボンの中には細い金属のような物が入っているんじゃないかと思いますが、
それでもこの姿勢をみじろぎもせずじっと耐えられるのは強靭な体力と精神力が
ないと出来ませぬ。ボクなんぞは胡座をかくことすら数分ともたない人にとっては
まさに奇跡みたいに見えてしまいます(苦笑)

このあたりを散歩して戻っても彼はこの姿のまま。かれこれ少なくとも1時間以上は
時間を潰しましたから、それ以上この姿勢であったと思われます。いやぁ、人間って
面白い!

そばの民家のバルコンに佇む女性。彼女は一瞬彼の真似をしているのかと
思っちまった(爆)

あはは、単に日向ぼっこのようでありました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント (4)

結納の儀②

2012年02月21日 16時45分25秒 | 国内旅行記

こんな鳴り物入りで、元気を貰って無事結納を済ませて。このうさちゃんたちは、ホテルの
廊下に飾ってあったもので、結納の儀とは直接関係ありません(笑)

結納品の数々と愚息からの婚約指輪。ボクは知らなかったのですが、海外のブランド店
で指輪を買うとラッピングに使う「水引」ってやってくれないのですね。こちらは米国のブランド店で
すが、やはりリボンだけ。けたたましい豪華リボン飾りで持ってきたら、和式の台と合わなくて
やだなぁと密かに思っておりましたが、意外とあっけないほどのシンプルなもので、逆に
安心しました。

式自体は厳かに、だけど和気あいあいのうちに滞りなく行われましたが、ちょっと想定外
のことが。先方からは掘ごたつ式の会場にしたと言われていたのですが、実際に使用した
のは純粋な和室。実はボクは会社に入って2年目の時にスキーで足首を骨折して以来
まともに正座したことがない!出来ない身体になってしまって。会場を見た瞬間、一瞬青ざめ
ましたわ(汗々)

「いやぁ、半世紀以上正座したことがないのでぇ」とか相手に聞こえるように大きな声で
独り言を言って(笑)まさか、胡座をかいて祝詞を上げるわけにもいかず、無理やり正座
みたいな格好を取りましたが。きっと先様にはだらしないオヤジに見えたことでしょう(涙)

で、しょっちゅう写真撮影と言って席を立って(爆)お陰で痺れてずっこけるという醜態は
しないで済みましたが(笑)

一応、結納道具一式を買い揃えたデパートで式次第と両家の祝詞のセリフのサンプル
を貰って。ボクの出番は最初の開始の辞と御礼の辞の二回だけ。それもこのブログの
二行分くらいの短いセリフですが、普段ボクが会社で使っていた言い回しと違うものですから、
なかなか覚えられなくて(古い会社だったので、まるで古文みたいな言い回しは得意なん
ですが 爆)。数日前から奥様の指導で練習をさせられ、何回もダメだしされて。

根が頑固なこともあるんでしょうけど、どうしても会社生活で身に付いた言葉使いになっちまう。
やだねぇ、年は取りたくないわねぇ、自分で考えなくていいの、書いてあることそのまま
覚えりゃいいの、なんて奥様の罵詈雑言にじっと耐え。

はい、実戦では見事大役を果たしたでございますよ。でも、最後はやはり自分流でやっち
まったけど(爆)

愚息もフィアンセも、先方様もきっちりそれぞれの役割をこなし、無事式を勤め上げた
次第でした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメント (10)