赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

ほいほいほい

2020年09月13日 17時21分57秒 | 

鳥影が少なく帰ろうと思ったMFの最終コーナーで「ほいほいほい」。

間隔を置いて5回鳴いた。

しばらく待ってようやくゲット。

坊主は免れてよかったよかった。

コメント (2)

今日も雨

2020年07月23日 23時20分51秒 | 

ブログはアップしてませんが一応活動してます。

それにしても長いなぁ~、今年の梅雨

雨なので車中で1時間ほど。

カイツブリの他、ゴイサギ、ヨシゴイ、コアジサシなど・・。

頭の赤いやつ出なかったけどもういないのかな???

コメント (6)

庭のシジュウカラ

2020年05月21日 19時35分16秒 | 

在宅中、庭で小鳥の声がした。

シジュウカラっぽかったがちょっと声の雰囲気が違う。

外をのぞいてみると巣立ち雛の声だった。

巣立って何日くらいだろうか?

まだ飛び方がぎこちない。

親がせっせと餌を運んできていた。

こんな住宅地のどこで営巣していたのか。

来年はうちの庭に巣箱をかけてみようかな?

 

コメント (6)

Stay Home

2020年05月13日 21時51分35秒 | 

一日おきに出社と在宅勤務を繰り返している。

週末も基本的にステイホーム。

 

鳥の写真がないので久々に庭の写真をアップ。

大分大きくなったヤマボウシ。

花が咲いたので2Fのベランダからスマホで撮ったが遠すぎ。

鳥用のカメラで撮ったらデカすぎ。

下からだと花が咲いてもよく見えないのがちょっと残念。

 

バラも咲いた。

 

激辛唐辛子は今年も元気に芽を出してくれた。

勢いの良さそうなやつ3本ずつ残して計6本育てる予定。

 

黒めだかの睡蓮鉢。

毎日餌やるのが楽しい。

カラスとハトが水飲みにとまるのを防止するため周りに網張ってあるが、妻曰く今日キジバトがとまってたらしい。

人間よりハトのほうが知恵が勝っていたらしい。

 

庭いじりしているとあっという間に時間がたつのだが、とにかく早く外で遊びたい。

コメント (4)

雪・・・

2020年03月29日 17時36分09秒 | 

新型コロナの外出自粛要請と季節外れの雪が重なってきっと今日はどこも人が少ないんだろう。

雪がらみの鳥撮り、、、もちらっと頭をよぎったが、まあこんな日は無理して出ることもない。

そもそも今年は暖冬だったのでスタッドレス履いてないし。

 

それにしても家にいる時間が長いとウィスキーの減りも早い。(^^;)

3日でこれ。

今晩で終わるな。

 

写真は在庫から

コメント (6)

5年ぶり

2020年03月20日 22時21分56秒 | 

ようこそMFへ。

黄色に会うのは5年ぶりだ。

でも有り難みがなくなるのでこの鳥は5年間隔ぐらいがちょうどいいかも。

 

今年相性が悪かったが、こいつにもようやく会えた。

鳴きもせず静かに佇んでいた。

 

チリチリ鳴いてると思ったら、、、

日の当たらないところをせわしなく動き回る。

撮りにくさNo.1。

撮影するには根性が必要。

 

誰にも見向きもされないがこいつも撮っておいた。

 

水路では

隠れる場所のない水路では遠くから観察するしかない。

 

オオハシはまだいると聞いていたが、、

 

ツルもいた

 

シマアジでもいないかと探してみたがそう甘い物ではない。

カモは普通種のみ。

 

ツバメ初認

 

風は強かったが暖かかったし色々見られて今日はなかなか充実した一日だった。

コメント (2)

2020年03月15日 18時18分03秒 | 

MFのアマナが結構咲いていた。

もう春だ。

冬鳥達ももうすぐ帰る準備か。

 

新型コロナウィルスがいつ頃収束するのかはわからないが、自分としてはとにかく早く花粉の季節が終わってほしい。

コメント (2)

瑠璃

2020年01月26日 21時50分05秒 | 

洪水後のMFも復旧は徐々に進んでいるようだ。

でも完全復旧となるとまだ大分先の模様。

洪水によって鳥、虫、植物の今後がどう変わっていくのか、はたまた変わらないのか、見守っていきたい。

 

今日はルリビタキが♂♀見られた。

キクイダキやアカゲラも元気に飛び回っていた。

去年見られなかったヒレンジャクも2羽確認でき今後に期待したいと思う。

コメント (8)

Gull

2020年01月19日 16時54分40秒 | 

今冬延び延びになっていたカモメ詣で。 昨日ようやく行ってきた。

横殴りの風と雨。

何もこんな日に行かなくても・・・・・・笑

おかげで車から殆ど外に出られず車内からの観察。

でもカナダカモメは見つけられなかったものの、その他の普通種はほぼゲットできたのでひとまずカモメのイヤーリストはある程度埋まった。

 

多くのカモメは飛んでいてじっくり観察させてくれない状況だったが纏まって降りている場所を見つけてはチェックして回った。

 

カモメ1W

カモメjuv

 

結構近くに浮いていたワシカモメ

くちばしの黒斑が大きいので4Wだろうか。

 

 

せっかくカモメ図鑑の活躍の場がやってきたと思ったのにあまり使う場面がなくちょっと残念ではあったがまあ仕方ない。

予定ではモンゴルやアメリカセグロ、カモメの亜種などを見つけ出す予定だったんだけどねぇ・・・・

 

そして今日はというと、、、

昨日とは打って変わって快晴、20℃近い気温。

何なんだよ全く。(^^;)

コメント (2)

新春

2020年01月03日 00時16分52秒 | 

あけましておめでとうございます。

 

毎年正月は横浜の実家から鳥見スタート。

いつものように橋の上から下を見下ろして鳥を待つも今年は水量が多くクイナやヒクイナの通過していくような環境ではなくなっていた。

それでも周辺の雑木林を含め2時間ほど探索し34種を確認。

まずまずのスタート。

 

ここでは毎年アオゲラが見られるのがうれしい。

 

ブログは今年も気が向いたらアップしていく程度にする予定です。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

コメント (6)

マガン

2019年11月18日 13時22分08秒 | 

ガン類の越冬地  4年ぶりにこの地を訪れた。

朝の飛び立ちから夕方のねぐら入りまで終日ガン尽くし。

 

朝焼けの中、無数のガン達がそれぞれの餌場に向かう。

 

日が差し始めると虹が・・・

 

 

マガンのあの独特の鳴き声があちこちに響く。 久しぶりだ・・・。

 

マガンの群れにはこんなのも混じる。

シジュウカラガンは最近かなり数を増やしているようだ。

400~500羽のマガンの群れには大抵少数入っているという感じ。(この群れには25羽入っていた)

 

今回はハクガンも簡単に見つかった。

 

早朝5時から探鳥始めて気がつけばもう夕刻。

あっという間。

もうねぐら入りの時間。

飛び立ち以上にねぐら入りは迫力がある。

暗くて撮影できないのが残念。

スマホで動画は撮ったのでインスタにでもあげておこう。

 

今回の本命である鳥も早朝に運良く自力発見でき、その他のガン類も堪能でき文句なしの遠征だった。

・・・・あっ、そういえばカリガネ探すの忘れてた・・(^^;)

コメント (4)

Hawk Migration

2019年10月02日 22時54分22秒 | 

毎年恒例の鷹の渡りウォッチング。

いつもは9/23前後に行くのだが今年はなんとなく天気も怪しかったので翌週にずらした。

もうピークも過ぎてるし天気も先週とあまり変わらない状態なので飛んだ数は100以下。

(サイトの速報を見たら92となっていた。)

でもサシバ、ハチクマ、ノスリ、ツミの定番の他、ミサゴ、ハリオアマツバメ、アマツバメ、ホシガラス、アオバト、コサメビタキ等、種類が出てくれたので良しとしよう。

それにしても現地着7:00で車が一台も停まってなかったのにはちょっと驚いたなぁ。

 

PCが変わってWin10になったので以前使ってたソフト「フォトギャラリー」が使えなくなった。

しかたないので「フォト」を使ってトリミング等をしているがシャープネスの機能がないみたいでピンアマはごまかしがきかない。

困った。

コメント (4)

NYおまけ

2019年09月22日 17時57分39秒 | 

今回のNYでは鳥以外の撮影は少なかったがチョウ・トンボは多少撮った。

虫は鳥以上に名前を調べるのに時間がかかる。

なので今回は調べるのは諦めた。

どうせ和名もほぼないし・・・(笑)

 

まずトンボ

日本のシオカラトンボとほぼ一緒に見える。

 

去年も撮ったアンバーウィングとか言う名前のやつ

 

ん??  こっちがアンバーウィングだったかな?

 

これは上のシオカラの♀あたりか

 

続いてチョウ

これはオオカバマダラ

 

タテハモドキの仲間っぽい

 

体型は日本のアオバセセリ

 

アカタテハを派手にした感じ

 

タテハの仲間

 

アゲハの仲間

 

今回はNY二度目ということもあってハチドリ探しに結構時間使ったのでムシはこんな程度・・。

 

ついでなので鳥虫以外も。

メジャーリーグを見てきた。

メッツvsインディアンズ戦

 

USオープン

いつもテレビで見ている選手ばっか!! 当たり前だけど。

 

 

 

 

おわり

コメント (2)

PCデータ復旧

2019年09月20日 22時22分02秒 | 

PCの電源が入らなくなり業者に依頼してデータを取り出してもらった。

データ取り出しに3週間、金額5万円弱。

遅いのか早いのか、そして高いのか安いのか・・

もともと鳥・虫の画像データは外付けHDに入れてあったので問題なかったのだが文書やリスト・名簿類など、なくなっては困る物がPC内にはかなりあったので取り出せてまずはホッとした。

そんなこんなでこのブログも久方ぶりの更新。

 

もう一ヶ月も前のことになるが夏休み第2弾として去年に引き続き2回目のニューヨークに行ってきた。

基本的に昼間は妻と別行動なのでほぼ毎日セントラルパークでバードウォッチングを楽しんできた。

ちょうど渡りの始まる時期で森にはアメリカムシクイ類を探すBiderが結構いる。

今年もいろいろ見られ楽しいBWだった。

 

American Redstart(ハゴロモムシクイ)

♀タイプ

 

Black-and-white Warbler(シロクロアメリカムシクイ)

 

Blackburnian Warbler(キマユアメリカムシクイ)

 

Yellow Warbler(キイロアメリカムシクイ)

 

Gray Catbird(ネコマネドリ)

 

Mourning Dove(ナゲキバト)

かなり小型のハト。もの悲しい声で鳴いていたのはたぶんこの鳥だろう。

 

Red-tailed Hawk(アカオノスリ) juvenile

 

これはChimney Swift(エントツアマツバメ)かなぁ。

高いところを素早く飛んでいてなかなかピントを合わせきれなかった・・・

 

House Sparrow(イエスズメ)

 

Green Heron(アメリカササゴイ)

 

Song Sparrow(ウタスズメ)

 

Double-crested Cormorant(ミミヒメウ)かな??

 

Ring-billed Gull(クロワカモメ)

 

 

一日だけ電車乗って別の場所に行ってみた。

Jamaica Bay Wildlife Refuge

 

Red-winged Blackbird(ハゴロモガラス)

 

飛び去るところしか見られなかったが多分Greater Yellowlegs(オオキアシシギ)

 

American Goldfinch(オウゴンヒワ)

 

これは図鑑見てもよくわからないのだがCommon Yellowthroat(カオグロアメリカムシクイ)の♀かな??

 

こいつはフライキャッチャーというのはわかるのだが何種類かいて識別点がわからない・・・

 

これはGrackle(ムクドリモドキ)の仲間だろうけどこれまた種類がわからない。

Common?  Boat-tailed??

 

これは図鑑で見る限りBoat-tailed Grackle(キタオナガムクドリモドキ)の♀に見えるが・・・

 

 

アジサシも沢山いたが日本で見るCommon Tern(アジサシ)なのか??

ちょっと雰囲気違う気もするけど・・

 

 

観察できたのは名前のわからなかった鳥を含め42種。

ほとんど日本では見られない鳥ばかり。

非日常の鳥ばかりで何がなんだかわからず頭はいっぱいいっぱい。

ちょっと残念だったのは一番見たかったハチドリが見つけられなかったこと。

でも楽しい一週間だった。

出来ることなら今度は違う時期にも行ってみたい。

季節が違えばガラッと鳥の種類もかわりさらにパニックになるんだろうが・・・・

まぁ次行くとすれば宝くじが当たった時か。(笑)

コメント (2)

夏休み 第一弾②

2019年07月28日 22時03分38秒 | 

台風の影響で車内からの観察を強いられることが多かった関係で虫観察はほとんど時間が取れずちょっと残念。

でも初日のナイトツアーと台風の去った最終日で最低限のものは撮れたかな?

 

まずはナイトツアー

ヒメアマガエル

動いてくれないとどこにいるかわからなくなる。

 

ダイトウクダマキモドキ

 

オキナワナナフシ

 

一応ゴキブリも撮っておこうとカメラ向けてたら、「これは家の中に普通に出るワモンゴキブリなので全然珍しくないよ」と言われたが後で図鑑を調べたらコワモンゴキブリという名前でこっちにいるのとは種類が違うみたい。

 

これはコワモンゴキブリと違ってちょっと珍しいらしい。

ヤエヤママダラゴキブリ

 

そして今年も見られたナナホシキンカメムシ

 

顎で草をくわえて止まるアオスジコシブトハナバチ

なんで手足を使わずとまるのか、、、不思議。

 

そして昼間

イワサキタテハモドキ

 

オジロシジミ(であってるかな?)

 

クロテンシロチョウ

マダラチョウやアゲハチョウも撮りたかったが時間が足りなくて・・・

 

コフキショウジョウトンボ

 

ベニトンボ

 

オオギンヤンマ

 

オキナワチョウトンボ

 

オオキイロトンボ

 

アオビタイトンボ

 

アカスジベッコウトンボ

 

残念だったのがこれ。

ミヤコキンカメムシ

見たかったカメムシだったがよりによって車内に出た。 

この日は鳥ツアーの日だったのでマクロレンズ持ってなくて止む無くスマホで。

しかもせわしなく動くので全くいい画像が得られず移動中の助手席で一人悪戦苦闘したがこれが限界だった。

次行く機会があれば是非自然状態で撮りたいものだ。

 

という事で第1弾はこれにて終了。

第2弾は8月後半にもうちょっと遠くに行って来ます。 

コメント (6)