赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

2018年09月16日 19時43分51秒 | 

MFの池でギンヤンマを見ていたら見事オスがメスをゲットした。

するとすかさずメスをゲットしてどや顔で飛んでいるオスに別のオスが突撃し三つ巴となった。

どうなるかなぁと思って見ていたら重さに耐えられなかったのか3頭とも池に墜落。

後から来たオスは早々に飛び去って行ったが元のオスはメスに執着してなかなかなか飛び立たない。 と言うよりは飛び立てない??

暫くしてそのオスも飛び去った。

 

残されたメスはどっぷり水に浸かり完全に飛び立てない状況になっていた。

 

辛うじて体制を整えバタフライのように泳ぎ出した。

トンボだからバタフライじゃなくてドラゴンフライか?!

一応前には進んでいたが岸まではかなりの距離。

最後まで見届けなかったが辿りつく前にカエルの餌食になった可能性大。

 

 

今季初のモズの高鳴き。

そう言えばもう9月も半ば。

すっかり秋だな~

コメント (12)

NY⑤

2018年09月01日 23時05分21秒 | 

セントラルパークには結構リスがいた。

あまり警戒心はないようでかなり近くで撮れる。

あちこちで見かけるので地面で動いている小動物は全部リスかと思いきや・・

ネズミも普通にいる。 デカいのから小さいのまで。

 

池ではアライグマ??

餌を洗うのかと思ったら

泳ぎ始めた。

結構うまいもんだ。

 

さて虫はと言うと

シロチョウ系

日本のモンシロチョウとかなり似てる。

 

これも日本のモンキチョウ的だがちょっと濃いめ。

写真では色が出ていないが翅の縁のピンク色が結構鮮やかでどちらかと言うとミヤマモンキに近いかも。

 

これはオオカバマダラかな?

渡りをする有名なチョウ。 チョウのなる木のやつ。

 

ハチドリを探してた時に飛んで来たアゲハ

もっとカッコいいアゲハも飛んでいたが動きについて行けず撮れなかった。

 

トンボはこんなのがいた

Black Saddlebags(多分) 9/12追記

 

Dasher Dragonfly(♂) 9/12追記

 

Spot-winged Glider 9/12追記

 

4枚目はハッチョウトンボの仲間かな?

ハッチョウトンボ並みに小さかった。

Eastern Amberwing 9/12追記

 

このトンボは飛んでるところが撮りたかった。

独特の模様なので飛んでる時の翅はとっても幻想的な感じだった。

Twelve-spotted Skimmer(♂) 9/12追記

 

ジャマイカ湾保護区に入ってすぐの所にスズメバチ??の巣があった。

黒くてなんか強そうだな。

 

アメリカにもセミはうるさいほど鳴いていたがなかなか見つけるのが困難で、ようやく目立つところに止まっているのを見つけて写真ゲット。

イメージはエゾゼミ族。?

 

チョウはシジミやセセリも飛んでいたしトンボももっと色々な種類がいた。

時間があれば一日は虫に集中して探してみたかったなぁ。

カメムシとか・・・

またアメリカの虫の図鑑を買いたくて大型書店まで行ったのだが、豪華すぎたり簡単すぎたりと思うような図鑑が売ってなくて結局買わなかった。

今思えば安いやつでもいいので一冊買っておけばよかったと後悔している。

という事であっという間の一週間が終了。

 

 

まあそもそもたったの一週間で満足いく成果などあるわけがないし、そういう意味では今回の旅行は初めてにしてはかなり上出来だったと思う。

憧れのハチドリを探しにもう一度行きたい。

また時期をずらして春か秋にも行ってみたい。

冬もいいなぁ。

飛行時間が長いのがちょっとあれだが・・・

当たれ!! 宝くじ。 次はビジネスクラスだっ!!

 

最後に・・

公園を案内してくださったJunkoさん、有難うございました。大感謝です。

コメント (10)

4年ぶり

2018年07月19日 22時45分01秒 | 

久し振りにトンボ探し。

調べたら何と2014年以来。

ヤブにマルタン

まだ無事に生息しておりホッとした。

 

仕事の付き合いで昨年買った防虫効果のあるメッシュのジャケット。(3,000円もした)

昨年着る機会がなく今回初めて着て森に入ったが、メッシュの上から1か所蚊に刺された。

まぁ、あちこち刺されることはなかったので効果ありと判断していいのだろうけれど・・・

なんか悔しい。

蚊も数が多ければ中には忌避剤をものともしない強者もいるのだろう。

コメント (12)

またしても会社で

2018年01月16日 23時56分17秒 | 

自分の勤める会社の社屋が老朽化で建て替えることとなり今月から同じ区内に仮移転することとなった。

またこの地に戻ってくるのは2020年。

引っ越し準備であれこれ作業していたら屋上のデッキの隙間に虫発見。

越冬モードのキマダラカメムシ。

このカメムシを初めて見たのが2015年10月。

それ以来地元で見つけようと探してみたがなかなか見つけることが出来ず今回2度目の出会いはまたしても会社だった。

東京のど真ん中だがこの辺りはそこそこ個体数がいるのだろう。

次は是非とも地元で発見して北限記録を塗り替えたいものだ。

コメント (2)

遠征 その4

2017年09月18日 20時55分21秒 | 

那覇で足止めを食らった関係で実質一日短縮になったので、止む無く虫撮りは駆け足で。

 

リュウキュウアサギマダラ

 

ヒメアサギマダラ

 

ヤエヤマムラサキ♀

 

ヤエヤマイチモンジ

 

ベニモンアゲハ

 

ツマムラサキマダラ

 

タテハモドキ

 

タイワンキチョウ

 

スジグロカバマダラ

 

クロボシセセリ

 

蝶は殆どが関東では見られない種。

今回見た蝶の中で関東にもいるのはアオスジアゲハとヒメアカタテハくらいだった。

 

続いてトンボ

ヒメトンボ

 

ハラボソトンボ

 

コシブトトンボ

 

アカスジベッコウトンボ

 

オキナワチョウトンボ

 

カメムシはもっと見たい種がいたけど時間切れ。

アカギカメムシとか・・・。 見たかったなぁ。

車の窓を開けたら入って来たカメムシ。 

同定できず。(^^;)   まあその内暇なときに。

 

おまけ

那覇ではナンヨウショウビンは見られなかったがこいつをゲットしてきた。

シロジュウジホシカメムシ

まさしく南国!!

 

今回も充実した楽しい一人旅だった。

また来年も行きたいと今から思いを馳せている。

 

おしまい

コメント (14)

遠征 その3

2017年09月18日 20時32分48秒 | 

昨年同様ナイトツアーにも参加。

夜は昼とはまた違った世界が広がっていて魅力的。

特に爬虫類・両生類は見たい種類が多く期待が膨らむ。

 

昨年1匹も見られなかったヘビ。

今年は念願のハブを見ることができた。

サキシマハブ

結局この1匹だけだったがバッチリ撮れて満足。

 

サキシマキノボリトカゲ

 

ヤエヤマアオガエル

 

産卵間近?なヒメアマガエル

 

オオハナサキガエル

 

リュウキュウカジカガエル

 

甲殻類もいろいろいる。

ヤシガニ

 

ヤエヤマヤマガニ

 

虫たち

タイワンヒグラシだろうか・・

同定できなかった。

 

タイワンクツワムシ

 

コバネコロギス

 

イシガキモリバッタ

 

アオスジコシブトハナバチ

 

マダラコオロギを捕食するオオゲジ

 

そして今回嬉しかったのは見たかったナナホシキンカメムシが見られたこと。

たったの一個体だったが売上ノルマをクリアした時のような達成感。(笑)

コメント (6)

またまた山

2017年08月27日 20時27分08秒 | 

土曜日

山の気温は27℃。

汗はそこそこ掻くものの湿度は低く過ごしやすいのがいい。

カメムシはこの日も色々いて楽しめた。

 

ハサミツノカメムシ

 

ハサミツノカメムシ類のメス(多分ハサミツノカメムシかと)

 

ヒメツノカメムシかな?

ツノの張り出し弱いし。

腹部は撮れなかった。

 

アカアシカスミカメ

 

これは?

スコットかと思ったが白斑がない。

経験不足でわからない。

 

カスミカメの一種

まとまってたくさんいた。

これも調べがつかず種名不明。

もう少し時間かけて調べてみよう。

(クロバカスミカメと教えていただきました。2014年に同じ場所で見てるのに忘れてる・・・  9/2追記)

 

続いてカメムシ以外

ミヤマカラスアゲハ蛹化直前

 

トラップが仕掛けてあったのでちょっと中を拝見

ハネカクシの仲間、なかなかカッコいい。

 

蛾もかかっていた

カクモンキシタバ

 

クワガタがいた。

スジクワガタだろうか

 

調べても同定に至らないことが多いのでゾウムシ類はもう撮らないと心に誓ったのについ撮ってしまった。(^^;)

調べる気なし。(笑)

 

これ以外にもいろいろ撮ったが今回は不明種多め。

虫の同定は結構時間がかかるので沢山撮った時などは週休二日の身ではちと厳しい。

老後の楽しみにでもとっておこうか。

コメント (8)

今日も山へ

2017年08月06日 21時58分56秒 | 

先々週は雨で虫少なめだったが今日は天気も良くそこそこの種類の虫を楽しめた。

 

まずはカメムシ

ようやく見られたトホシカメムシ(初見)

 

幼虫も

 

ヒメツノカメムシ

 

ハラビロマキバサシガメ

 

トゲカメムシ

 

ツノアオカメムシ

 

ツチカメムシ

 

セアカツノカメムシ

5齢くらいだろうか

 

アカアシクチブトカメムシ?

脚の色はシモフリクチブトにも似てるけど・・・

(シモフリクチブトカメムシと教えていただきました 8/10追記)

 

アザミ類にいた

オオヘリカメムシ幼虫あたりかな?

検索しきれなかった。(^^;)

 

続いてカメムシ以外の虫

初めて見たシラキトビナナフシ

 

エゾハサミムシ

飛ぶんだな、コイツ。

カッコいい!

 

苦手なバッタ・キリギリス系

その1 クダマキモドキ類?

(ホソクビツユムシと教えていただきました 8/10追記)

 

その2  木と鋼製ガードレールの隙間にいた

嵌って抜けられないのかと思ったら積もった木屑に産卵していた。

(コロギスと教えていただきました 8/10追記)

今回は初見の虫が多く行った甲斐があったというもの。 

それにしても山は涼しいのがいい。 長袖Tシャツで丁度良いくらいだった。

 

さて8月に入って鳥も移動が始まる時期になってきたので、そろそろ田んぼシギチモードにシフトチェンジかな。

平地は暑いが・・・。

コメント (10)

図鑑その2

2017年07月29日 20時35分07秒 | 

雨でフィールドに出るのが厳しそうだったので今日は本屋であれこれ物色。

先日ハエトリハンドブックを買ったばかりだが持っていない図鑑を見るとどうも欲しくなる。

この図鑑収集癖は多分一生続くんだろうな。

他にもまだ買いたい図鑑があったが、これはまた次の機会に。

コメント (11)

雨の山

2017年07月24日 23時44分37秒 | 

日曜日、久し振りに県内の山に行ってきたが生憎の雨。

ここのところ雨が降ってなかったので、まっいいか。

 

傘もささずにぶらぶらと散策。

まずは木のガードレールにオトシブミ。

ヒメクロオトシブミの背赤型なのか、それともセアカヒメオトシブミなのか?

図鑑には同定困難と・・・。

オトシブミの♀でした。(^^;)

 

テングアワフキ

黒いので見つけやすかった。

 

雨をよけて葉の裏にエグリトラ

 

石垣にオオスジコガネ。 かな?

 

ナガメ 今年になって初めて見た。

 

え~っと、こいつなんだっけ???

 

これは近所のコンビニで

ブレブレで同定できないかなと思ったが小循板と前胸背板の点刻が細かく密なのでコツチカメムシかな?

 

来週もう一回行ってみようかな?

山梨にも行きたいところだが最近遠いところはちょっとかったるい。

歳か !?(^^;)

コメント (8)