赤いジダンのブログ

鳥やら虫やらのブログです。

やっと出た

2011年01月29日 20時08分43秒 | その他

やっと出た・・・、とは行っても鳥の話ではない。

年末に盗難にあった原付バイクの話。

三郷市の川から発見された。

昨日、吉川警察署から電話があり確認しに来て欲しいと・・・。

仕方がない、行くとするか。

さほど遠いところではなかったのは、まぁ良かったかな。

このバイクで人身事故等がなかったのがせめてもの救い。

.

今朝9時半に警察署に行くと見るも無残な姿、可哀想に・・・

Ts3r0013

家族同然に可愛がってたのに ( って、ペットじゃないっつーの!)

それにしても川に捨てるこたぁねぇ~だろ~!!

あ~、3月までに廃車手続きしなきゃ。

.

さて気を取り直して、帰りは江戸川流域からさいたま市あたりまで車を流して鳥を見ながら帰宅。

.

葦原にはオオジュリンが人を気にせず群れで採餌中。

03

06

.

田んぼにはミヤマガラス50±の小群。

02

残念ながらコクマルはいなかった。

.

オジロビタキは完全な養殖物。

14

待てば近くまで来るみたいだが、あまりにも出来過ぎの枝がセットしてあったので、遠くに止まっているところを数枚記念撮影しておしまい。やれやれ。

.

ともあれ本日は37種の確認とまずまずかな。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

カモメッ!

2011年01月23日 00時17分46秒 | 

今日(22日)はKさんとカモメウォッチング。

現地に着くと、今日の漁港はカモメでごった返している。

こんなの久々。

探す気が失せるくらい・・・・ (^^;)

14

15

16

17

.

早速片っ端から見始めるが・・・、思うように行かない。

つまり見つけたい種(カナダやクロワ)が見当たらない。

でも、お腹いっぱいって言うほど今日はカモメを見た。

げっぷが出そう。

.

カモメたちも水揚げされたサバやイワシのおこぼれをGETしてさぞかし満足した事だろう。

このセグロはでかいサバを呑み込んだが魚があまりにでかすぎて尻尾が口からはみ出てる。

14_2

.

いつの間にか目の前の防波堤にいたミツユビカモメ。

05

.

こいつの顔の雰囲気は一瞬アメリカセグロ?って思ったけど虹彩も暗い黄色だし背中の薄さもいまいちかな。

ただのセグロか?

Dscn9089

Dscn9091

.

シロカモメ

01

.

夕方、際立って白い個体がいた。

モンゴルセグロ?

21

尾羽を確認したが最外側の基部は無斑。

13

17_2

モンゴル第2回冬羽でいいでしょうか。

どなたか判定を。m(_ _)m

.

結局カナダカモメとクロワカモメは見つけられず。

カナダは4~5個体いたそうだが・・・

まだまだ未熟だな。

もっと勉強しないと。

さて次はいつ来ようか・・・・

.

たまにはイソヒヨも。

03

クロツラもいたけど逆光なので撮らなかった。

そういえばムナグロが越冬していた。

そして遠くの海上ではアビ類が結構飛んでいた。

そろそろ海鳥が楽しくなってくる時期だな。

.

帰りは3時間・・・、疲れた。

.

.

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

MFにて

2011年01月16日 20時37分39秒 | 

リハビリを兼ねて今日はMFをじっくり廻ってみよう。

今年に入って初めてのMFだ。

アリスイやトラツグミが良く出ているとか。

.

7:30に現地到着しポイントに着くやいなやアリスイ登場。

01

その後も定期的に出てくれた。

08

どう見てもキツツキの仲間には見えないよな・・・

15

.

トラツグミも頻繁に飛んだり止まったり・・・

でもアリスイほどは愛想良くない。

トラツグミなら別の場所の方が撮りやすいとKさん情報。

移動したら・・・ホントだっ。

14

他には人はいない。

独り占め。

15_2

20

後ろ姿もきれい。

23

.

ネズミモチの実は既にかなり食べられていてレンジャクは見つけづらい状況。

各所を探したが結局見つけられず。

ヤドリギにはレンジャク? ・・・ではなくコゲラだった。(^^;)

04

場所を変え湖へ。

ヨシガモは風を嫌ってか風の当たらない場所に集結。

01_2

.

今日は各所でマヒワが多い。

15_3

今シーズン、MFでのマヒワは極めて相性悪かったが、その分まとめて今日見たって感じ。

しかも2mまで近寄っても逃げない個体まで・・・。しかも2羽。

28

.

今日は見られそうな種類は大体出たかも。

02

02_2

.

本日の確認種42種。

見られなかった鳥をあえて挙げればハイタカ・ルリビタキ・アカハラ・ヒレンジャクくらいか。

今年のイヤーリスト(年間確認種)も早くも96種となった。

それにしても今日はリハビリにちょうど良い一日だった。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

メジロ

2011年01月15日 18時10分37秒 | 

北海道から戻り3日間。

あ~、仕事が辛かった・・・(^^;)

そして毎晩余韻に浸りつつ写真の整理やらなんやら。

今日は鳥見には出掛けず朝から三脚を分解して清掃。

(実は買って以来初めての事。・・・もう10年だよ)

お陰でスムーズに伸縮するようになった。

午後からはカメラのローパスフィルターの清掃をしてもらいに新宿のNikonサービスセンターに行って来た。

これで何となく落ち着いたかな。

明日からは通常の鳥見に戻ろう。(笑)

まずはリハビリを兼ねてMFかな。

.

ところで今朝、庭の睡蓮鉢に鳥が来ているのが目に入った。

そっと窓際に近付いて見てみると「メジロ」だ!

やった、遂に来た。

そ~っと窓開けてパシャ。

01

03

04

06

水面は凍っているので乗りやすかったのだろう。

水を飲んだり水浴びしたり。

2羽が交代で・・・

用意した植木鉢用の水受け皿ではなかったのはちょっと残念だったがメジロにはこっちの方が条件がいいのだろう。

とにかくヒヨドリ以外の鳥が来てくれたのが嬉しいねぇ。

たまには家にもいるもんだなぁ。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

道東遠征(最終日)

2011年01月12日 01時09分50秒 | 

道東一人旅もいよいよ最終日。

今日は能取岬~網走港~濤沸湖を廻るコース。

さすがに海鳥だけではなく最後に少しくらいは小鳥類も探したい。

.

まずは能取岬。

Photo

この岬でまずは海鳥ウォッチ。

目的はコウミスズメ。

広い海原、端から端まで何度も何度も繰り返しスコープで探す。

でもいるのはシノリガモがほとんど。

たまにアビ類が浮いているのが見えるけど・・・

(おっと、アビがいた。久々。)

それにしても風が強い。

今日の体感温度はマイナス10℃を超えてる。

1時間立ってたら体が冷え切って足先が痛い。

しばらく車で暖を取って再びチャレンジ。

すると遠~くからウミスズメっぽいのが飛んできた。

肩に2本の白い縦線が・・・。

ウミスズメと同程度の大きさならマダラウミスズメだと思うけど、こいつは明らかに小さい。

でもコウミと決定づけるにはちょっと自信がない。

距離にして多分300m以上。

よっぽど近くを飛ばないと今の自分には識別は無理だろう。

コウミスズメはここで断念。

次回また北海道に来る事があれば・・・

.

次に網走港。

1

2

3

この写真は能取に行く前、朝一に撮った写真。

凍ってるところが多かった。

戻って来た時は既に11:00。

多少条件は良くなってるような気が・・・

凍ってない港を探して鳥を丹念に探す。

そういえばシノリガモ撮ってなかったので一応。

Photo_2

.

ようやく最後の港で遠くにオオハム発見。

でも柵があって近くまで行かれそうもない。

オオハムのいる場所をカーナビにセットして一旦外に出て大回りでナビにセットした場所まで移動して見た。

無事道があって近くまで行けた。

確かこの辺・・・、と探し始めて逆にこいつを先に見つけた。

ハシブトウミガラス。

1_2

こっちの方が嬉しい。

2_2

逃げない。

3_2

近い。

撮り放題。(^^)v

.

でもオオハムも押さえとかないと。

探すと・・・、防波堤の影にいたいた。

1_3

ほぼ夏羽になってきている。

2_3

オオハムは愛想が悪くすぐ奥の防波堤の影に入ってしまった。

.

もう一度ブトウミに戻って撮影しているといつの間にか後ろに三脚を担いだ一団が。

ドキッ、いつの間に・・・

と思ったら、何と知り合いの方の主催のツアーだった。

こちらに来られていているのは知っていて、コースも知っていたが、最終日まさかここでお逢いできるとは。

皆さん、ブトウミとオオハム、しっかり撮れましたか~??

.

さて、小鳥も探さないと。

一団と別れ東へ移動。

3回目の道東だが、ベニヒワ・ツメナガホオジロ・ユキホオジロなど北海道ならではの鳥達をまだ一度も見ていない。

濤沸湖~小清水原生花園で勝負!

Dsc_5950

Dsc_5952

最高の景色。

どこまでもまっすぐ伸びる単線。

いいなぁ~。

もし鳥を止めたら次はテッチャンになるかも。

ここに列車が写ってたら最高だったのに・・・

.

なんて言ってる場合じゃない。

肝心の小鳥は・・・・・

全くいない。

(T_T)

撮るものないので結局は景色ばっかり。

Photo_3

無人駅。

いい雰囲気。

.

仕方ないのでここでも海を眺めてしまった。

ここでもコウミらしき鳥が飛ぶが・・・

そうだ識別は諦めたんだった。

.

濤沸湖をぐるっと回ってみた。

オオワシを近くに発見。

1_4

2_4

.

根性で小鳥を発見。

シジュウカラとハシブトガラだった。

そしてカラの混群にアカゲラが一羽。

Photo_4

ヤマゲラだったら良かったのに・・・

.

これが限界か。

いくら根性があってもいないものはいない。

時間もなくなってきた。

昨日の白鳥公園にもう一度寄って遠征を締めくくることとしよう。

.

オオセグロ。

Photo_5

.

オナガガモ

Photo_6

.

マガモ

Photo_7

.

カワアイサ

1_5

2_5

.

そしてプライドを捨てたホオジロガモ

1_6

睡魔に勝てずウトウト・・・

2_6

.

とまあ、こんなところかな。

結果的に4日間で57種の確認はちょっと少なかった。

そして今回初めてライファーが無かった。

でも、

それでも十分楽しかった。

のんきな一人旅を許してくれた家族には感謝。

.

帰ってから日常の生活に戻るにはリハビリが必要だろう。

あ~、また機会があれば4度目の道東を・・・・

.

これにて道東遠征記は終了です。

長々とお読みいただき誠に有難うございました。

またこれからは地道に近場の鳥見に精進します。

m(_ _)m

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

道東遠征(3日目)

2011年01月10日 19時24分34秒 | 

いよいよ3日目。

Photo

当初は春国岱・野付半島あたりを見ながら夕方網走に入る予定だったが、中標津の街路樹を見てから午前中に斜里に入るコースへ変更した。

街路樹ではあわよくばギンザンマシコ、斜里では数日前にハシジロアビとヒメクビワカモメが出ている。

でも、どうやらそれがハズレだったようだ。

まず中標津では既にナナカマドの実が殆ど食べつくされていた。

撃沈。

いたのはヒヨドリだけ。

かなり遠回りしたのにヒヨドリだけではあまりにも寂しいので林の縁で粘って辛うじてハシブトガラを1羽。(涙)

1

このロスを挽回すべく急ぎ斜里へ向かう。

峠を超え斜里町に入った頃、ようやく小鳥1羽発見。

キレンジャクだった。

Photo_2

もっと綺麗に撮ろうと動いたら飛ばれた・・・

よくよく考えると道東でキレンジャク見たの初めてだった。

惜しい事をした。

.

さて斜里からウトロ方面に車を走らせる。

そして目当ての漁港に到着。

ハシジロアビはデカイから、いればすぐわかるはず。

・・・

・・・

でもいなかった。

そりゃそうだよな~。

3~4日前の記録だからな~。

.

気を取り直してオシンコシンの滝前でウミスズメ類をスコープで探す。

コウミスズメを是が非でも探したい。

波が高く浮かんでる鳥を見つけてもすぐ波間に消える。

厳しい条件。

でもケイマフリとウミバトは識別できた。

そしていつもの見慣れたウミスズメが左に向かって3羽並んで飛ぶ。

それをスコープで追っていると、小さい鳥がウミスズメと交差したのが目に入った。

咄嗟にスコープを右に振る。

明らかに小さい。

でも良く分からない。

おりた!!!

・・・

どこ?

・・・

どこ?

.

着水してすぐ潜るパターンだ。

やられた。

おりた辺りを暫く探すも見つからず。

きっとコウミだったに違いない。

あ~、残念。

その後諦めきれずしばらく探したが・・・諦めた。

足が冷えて痛くなってきた。

恐らく気温はマイナス5℃を下回っているはず。

さすがに1時間立ってたら冷えるよな~。

3

オシンコシンの滝

.

1_2

知床、ウトロの海。

.

さあ斜里へ戻ろう。

漁港には何かいるだろうか。

ここ数日天気が良い。

なのでヒメクビワは期待薄だろうが・・。

.

予想通り、ヒメクビワはおろかカモメ自体の数が少ない。

そしていたカモメは全部オオセグロ。

カモ類も普通種のみ。

ウミスズメ類はゼロ。(ToT)

Photo_3

前回来た時はハシブトウミガラスが2~3羽いたんだけど。

まぁなんでも予定通りに行くわけではない。

今日はあまりシャッターを押してないので斜里川にいたオオハクチョウでも。

Photo_4

もう日が傾いてきた。

宿に着くころには日が暮れているだろう。

.

網走市内に入ったところで白鳥公園を見つけた。

日は沈んだけどまだ少し明るいのでISO感度上げてここでもオオハクチョウ。

Photo_6

オオハクチョウなんて滅多に撮らないのに・・・(笑)

ここでは餌を売っている。

その餌目当てにハクチョウよりカモが多く寄ってくる。

メインはマガモとオナガガモ。

中にはこいつも。

1_3

オイオイ、お前は警戒心強かったんじゃなかったのか?

.

そしてワシカモメまで・・・

Photo_5

まあ、お前は若いから許す。

.

え~っ、オマエまで~~!!

1_4

2

お前は近くで撮らせてくれないカモの筆頭じゃなかったのか!!

パンくずの魅力には勝てなかったか。(^^;)

.

恐るべし、パンくず。

.

もう暗い。

超スローシャッターでカワアイサの飛び物に挑戦して今日はおしまい。

1_5

2_2

腹のピンク色が出てて結構お気に入りのショット。

.

さあ明日は最終日。

当たるか、それとも外れるか。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

道東遠征(2日目)

2011年01月09日 22時07分42秒 | 

今日は歯舞クルーズの日。

昨日は強風で欠航となったらしいが今日は無事出航と船長さんから7時に電話があった。

9:00の乗船まで時間つぶし。

早朝の根室港は凍っている。

Photo

すぐ近くにコオリガモ3羽。

1

珍しくカメラ構えているのに近寄ってきた。

.

8:30に手続きを済ませいよいよ乗船。

自分を含めて客は4人。

そのうちOさんご夫妻は自分と同じ市にお住まいと聞いてビックリ。

.

さて海に出てみると今まで神奈川で経験した船とは全く条件が異なっていた。

それは何かと言うと、海に浮かんでる鳥の数が圧倒的に多いと言う事。

いたるところにクロガモ・コオリガモ・シノリガモ・ヒメウ・・・・

うっ、マズイ!

この中から違う種類を探すのか・・・、と思ったが、でも進むうちにだんだん慣れてきた。

まずアビ類を発見。すぐ潜られてロスト。(多分シロエリ?)

次にハシブトウミガラス?って思った鳥がいたがすぐ潜られて暫く出ない。

近くでウミスズメが出たのでもしかしてこいつの見間違えかも・・・

ん~、まだ未熟だ。

その後もウミスズメはポツポツ出る。

.

右手前方にウミスズメ類。

出た。

今日の目的の一つウミバト。

1_2

2003年に霧多布で見て以来、8年振り。

しかも撮影は初。

2_3

近くで撮れて良かった~。 (^o^)/

.

次はケイマフリ。

こいつは結構警戒心が強いのか近くには寄らせてくれない。

1_3

でもこいつは遠くからでも目の周りの白いのが良く目立つのでわかりやすい。

.

アカエリカイツブリも沢山いる。

船をよけようとして飛ぶ。

1_4

2_4

別のウミバトが飛ぶ。

1_5

2_5

あちこちでケイマフリも飛ぶ。

1_6

ロシアをバックに飛ぶ。

2_6

そして仲間のもとに着水。

3

.

納沙布岬の沖まで来た。

船で行けるのはここまで。

Photo_2

すぐ近くにはロシアの船。

Photo_3

ロシアの船だが製造は日本と聞いて笑ってしまった。

.

戻る途中で顔のやけに白い鳥を発見。

ウミガラスだった。

徐々に近寄っても逃げる様子はない。

1_9

こんな近くで撮らせてくれて有難う。

2_7

それにしてもウミガラスの冬羽は綺麗だ。

.

港に戻るまでケイマフリなどのウミスズメ類があちこちで飛ぶ。

でももうみんなそこそこ撮ったのだろう。もう何も言わない。(笑)

.

そして港に着いた。

2時間弱のクルーズだったが、いや~楽しかった。

また機会があれば乗りたいものだ。

.

下船してから漁港で休憩中のこいつら撮って午前はこれにて終了。

1_10

2_8

3_3

.

この後、去年チシマシギがいたという岩礁あたりに行ってみたが・・・

まあ、そう甘くはない。(笑)

納沙布岬でもう一回、今行ったであろう場所をスコープでスキャン。

気付かなかったが意外にアビ類が多くいる。

オオハムとシロエリオオハム。

でもアビはいなかった。

.

根室市街に戻る途中カラスに追われるケアシノスリを発見。

1_12

2_9

3_2

北海道ではそう珍しい種類ではないだろうが個人的には北海道では初めての出会い。

.

このあと漁港を数か所回って市街地の公園寄って16:00にはホテルへ。

道東の昼は短い。

16:00でもう暗い。

.

ちょっと疲れた。

早く寝なきゃ・・・と言いつつもう10時か。(^^;)

さあ早く寝て、明日も早起きして楽しもう。

.

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

道東遠征(1日目)

2011年01月08日 19時10分56秒 | 

今日からいよいよ道東入り。

予定は根室で2泊、網走で1泊。

火曜日は有休取っているので3泊4日の長期遠征だ。

.

今回はパソコン持ち込みなので夜の暇な時間にその日の写真整理ができていい。

ブログも更新できるし・・・

.

さて今日、初日の鳥。

今日は移動で殆ど時間を使ってしまったのであまり鳥を見る時間がなかったけど、それでも海ガモ類は一通り見る事ができてまずまずだった。

1

まずはコオリガモ♀。

ウミアイサ♀と並んで泳いでいた。

Photo

コオリガモの♂は荒れた海の遠い所にいてデジスコで狙ったけどこれが限界。

それにしても♂の白は綺麗だ。

2

そして次は尾がピンとのびたやつを撮りたい。

.

クロガモはた~くさん。

でも撮れるくらい近かったのはこいつだけ。

Photo_2

風が強く湾の外は波が高くウミアイサ♂の冠羽もこの通り。

Photo_3

.

北海道のカモメと言えばオオセグロカモメ。

Photo_4

Photo_5

この中にワシカモメ・シロカモメなどが混じる。

近くにいたワシカモメ。

Photo_6

ヒメウの金緑色が美しかったのでデジスコにチャレンジしたがどうもうまく撮れない。(^^;)

Photo_7

現物はこの何倍も綺麗なのに・・・

.

当然オオワシ・オジロワシも沢山いる。

毎回北海道に来るたび「オオワシはいつでも撮れるから」と言って結果的にいい写真を撮ってないので今日は初日から狙おう。

1_2

そのうが膨らんでいるので食事の後だったみたい。

2_2

.

その他、日没後で写真は撮れなかったけどビロキンの100羽前後の群れは圧巻だった。

関東ではこんな群れまず見られないからね。

.

明日は歯舞クルーズ乗船の予定。

なにかいいもの出るかな?

希望は未撮影のウミバトとエトロフウミスズメだけど、普通種でも近くから撮れたらそれで良し。

楽しみだ。

寒そうだけど・・・

.

おまけ

こんなクラゲがいた。

関東にもいる??

Photo_8

(ネットで調べたらキタミズクラゲという名前みたい。北方種らしい。)

.

.

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

今年初の鳥見

2011年01月04日 21時31分04秒 | 

新年初の鳥見はどこに行こうかとあれこれ考えた。

いろいろ考えた挙句、まずは新年初日なのでできるだけ多くの種類を見たいという結論に至った。

となれば行く場所は自ずと決まってくる。

農耕地あり、池あり、葦原ありの場所。

高速代かからないし。

さあ今日の目標は50種。

.

まずは農地から攻めると、難なくミヤマガラスをゲット。しかし大きな群れは見つけられず20~30羽程度の小群だったのでコクマルはいなかった。

ニュウナイスズメは寂しく1羽だけ。

電柱にはノスリ・チョウゲンボウ。

田んぼにはチュウヒ。

そしてハヤブサ。

09

20

警戒心が薄く真下からでもじっくり撮らせてくれた。(当然車内だけど…)

偶然らーしょんさんも見つけた。(笑)

.

2時間ほど回ったのち池に移動。

ここではカモの種類を稼いでおこう。

マガモ・カルガモ・コガモ・オナガガモ・ヒドリガモ・キンクロハジロ。

そしてカワアイサにミコアイサ。

ミコアイサは結構多かった。

珍し系ではトモエガモ♂2♀1。

FNを確認したらトモエ見たのは2008年3月以来だった。

それにしてもここ数年この池はカモが減ったのだろうか。

じっくり探せなかったせいもあるがハシビロガモ・ヨシガモ・オカヨシガモ・ホシハジロ・ホオジロガモが見つからなかった。

近くにいたのを気付かず飛ばしてしまったカワアイサ。

04

05

その代り羽のパターンがよくわかる。

.

いよいよ葦原。

ところが高台から見渡すと・・・

意外といない。

遠~くにノスリ1。

暫く見てたらチョウゲンボウともう1羽別のノスリ。

オオタカ成鳥を見つけたかったのだが・・・

.

別の場所に移動してとりあえずこいつを。

19

32

68

こいつの撮影はそこそこにしてハイチュウ♂とコチョウゲンをさがしに移動。

.

暫く待ったら両方とも見られると思ってたけど今日は残念。

出たのはハイチュウ♀とミサゴ。

結局16:00になって撤収のお時間に。

.

さて今日見た種類は・・・・・・・

なんと予定通り、きっちり50種。

まぁ、まずまずの滑り出しという事で。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

元旦

2011年01月01日 19時32分25秒 | その他

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

.

今朝、庭のハナミズキに来たヒヨドリ。

Dsc_4598

今年、初撮りの鳥です。

今年も良い出会いを求めて頑張りたいと思います。

宜しくお付き合いのほどお願い申し上げます。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加