p.himapa Photo Gallery

実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。

ごあいさつ

ハンドルネーム:ひまぱのぱ(p.himapa) 外国の人とのやり取りを始めてから( )内にp.himapaを追加しています。自然風景やポートレート写真が好きなのですが、近年はなかなか撮影できず、好きな小物や日常のスナップがほとんどです。大それたブログタイトルを付けてしまいましたが、実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。どうぞお付き合いください。過去の記事へのコメントも大歓迎です。よろしくお願いします。連絡は右サイドバーの「メッセージを送る」からどうぞ。

著作権等について

このBlogの記事及び写真等の著作権は、ひまぱのぱ(p.himapa)に帰属します。 第三者がこれらの記事や写真等を使用するに当たっては、次のとおりとします。 リンクを貼るか、直接写真等を転用する場合は、出典を明らかにしてください。 個人使用の場合はリンクフリーです。許可も不要です。ただし、商用の場合は事前にご連絡ください。

写真機材

○αシステム ボディ:α900+VG-C90AM×2台、α9+VC-9M×2台。 レンズ:AF50mmF1.4NEW、SIGMA 50mmF1.4 EX DG HSM、AF85mmF1.4G、AFマクロ100mmF2.8NEW、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM、AFアポテレズーム70-200mmF2.8G(D)SSM、AF1.4×テレコンバーターアポ(D)。 〇ニコンシステム ボディ:D5 XQD仕様×2台、レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G、AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G、 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED、 AF-S TELECONVERTER TC-20E III、AF-S TELECONVERTER TC-14E III、各保護フィルター(14-24mm f/2.8Gは、フィルターが取り付けられない。) フラッシュ:スピードライトSB-5000×2台。その他 XQDカード128G×4枚、予備バッテリーLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18a×4個、 液晶保護ガラス×2枚、リモートコードMC-30A×2本、 変倍アングルファインダー DR-5。 シグマ:50mm F1.4 DG HSM、120-300mm F2.8 DG OS HSM、TELE CONVERTER TC-1401、TELE CONVERTER TC-2001。  〇手放したもの:α900+VG-C90AM×1台、α7Digital+VC-7D、AF24mmF2.8NEW、AF28mmF2NEW、AF35mmF2NEW、AF50mmF1.4、AF50mmF1.4NEW、AFマクロ50mmF2.8NEW、AF100mmF2、AFアポテレ200mmF2.8G、AF28-70mmF2.8G、AFアポテレ80-200mmF2.8G、AF1.4×テレコンバーターアポⅡ、トキナー 100-300mmF4、ケンコーテレプラスPRO300-1.4倍・2倍。 〇三脚:GIZZO 2型3段G1227、3型3段G1329、2型3段GT2532、3型4段ロングGT3542L、4型3段ロングシステマチックGT4533LS+センターポールGS3513S。 雲台:梅本製作所の自由雲台(SL-50ZSC、SL-60ZSC)、HUSKY(ハスキー)3Dヘッド×2、マンフロットのギア付きプロ雲台SKU405。

撮影賜ります

ポートレート、イベント、商品撮影など、賜ります。 お問い合わせは、右サイドバーの「メッセージを送る」からご連絡ください。

Z7とオアシス21

2018-10-16 22:02:04 | 写真関連 Photograph
10月5日のこと。

ニコンのミラーレス一眼、Z7を触ってきました。
EVFは、電子画像を見ている感は否めないけれど、かなりいい感じです。
輪郭強調や細かなところのジャギーは感じるものの、α9より自然です。
ファインダー倍率が0.8倍と大きいのも見やすいです。
グリップ感もα9より良いです。
スペックはα9の方が上ですが、ニコンの更なる成熟が楽しみです。

Z7を見た後、例によってオアシス21に寄ってみました。
光る球体が浮かんでいました。にぎわっていましたよ。
近くの建物のネオンを絡めて。(表題写真)
通り行くとを待って。



この日もこれにて終了。
コメント

50mmF1.4G 落下!

2018-09-24 18:03:29 | 写真関連 Photograph
9月14日(金)のこと、ニコンの50mmF1.4を腰の高さから床に落としてしまいました。
指をすり抜けるように、マウント側から。
一番定番なレンズだし、翌日も使う予定だったのでショック!!
一応動くし撮れるけれど、偏芯など不具合があるといけないので、見てもらことにしました。
SIGMAの50mm F1.4 DG HSM|Artがあるので、当分はそれで代用。

以前に、予備レンズの話をしました。
ミノルタでは、新旧レンズなどで、予備レンズをある程度確保していましたが、ニコンでは予算的になかなか。
50mF1.4だけは、常用する好きな焦点距離で、シグマの50mmF1.4も買っていたので、今回の落下事件は、何とか代用でき助かりました。

9月21日(金)になって、やっと修理に出すことができました。
その場の点検では、マウントに問題はなく、フィルター取り付け環に少し歪みがあると。
最初は点検清掃の800円弱の見積もりで翌日の納期でしたが、きちんと直してほしいと依頼したら、最大2万円弱の見積もりで納期2週間になりました。
高いけれど、買うよりはずっと安いね。
機材の扱いには気を付けねば。と言うか、気を付けているつもりなんですれどね。どういう訳か・・・。
コメント

目の高さ

2018-09-24 17:56:42 | 写真関連 Photograph
写真を撮る時、撮影意図によって、様々な高さから撮影します。
でも、私は自分の目の高さも大切にしたいと思います。

表題写真は、妻が見た世界。
こちらは、私が見た世界。



背の低い妻は、下足箱の向こうが見えませんでした。
普段見ている世界が違うのです。
あるとき、妻が台に乗ったら別の世界が見えました。私の見る世界が見えたと。

この話は以前から聞いていましたが、40年ぶり(9/15土)に二人で母校を訪れて、その現場を撮影できたのは、とても嬉しいです。
古くなったけれど、変わっていない。
コメント

フルサイズミラーレス一眼

2018-09-05 22:17:29 | 写真関連 Photograph
フルサイズミラーレス一眼と言えば、ソニーの独壇場という印象でしたが、先日はニコンがZシリーズを、そして今日は、キヤノンがEOS Rシステムを発表しました。

ミラーレス一眼は、文字通りミラー機構がいらないので、ボディを小型化できる。
でも、35mmフルサイズの場合、レンズは小型化できない。
ニコンのZシリーズを見ても、システムとしてのさらなる発展、充実を狙っているように思う。
やはりこれからはミラーレス一眼の時代と感じさせる。

と、今日ツイッターにつぶやいたばかりです。
キヤノンも、システムとしての開発です。

フルサイズミラーレス一眼は、キヤノン、ニコン、ソニーの三つ巴になるのか、キヤノン1強で、ニコンは置いていかれるのか、、。
カメラの歴史の転換点で、今後が気になるところです。

今すぐミラーレス一眼に乗り換えるつもりはありませんし、そんな財力もありませんが、舞台撮影などでは、今でもシャッター音がはばかられますから、近い将来、「一眼レフ禁止」になったらどうしようと言う思いはあります。
ミラーレス一眼の無音シャッターは魅力的。
ただ、シャッター音がしないことが、必ずしも良いと言うわけではありません。
音がした方が、撮った感はありますし、人物撮影では、撮られた感があって良いこともあります。

当分は、一眼レフで頑張ろう。
コメント

伝家の宝刀

2018-08-11 11:22:08 | 写真関連 Photograph
あるプロが、「今どきのプロとアマチュアの違いは、アマチュアが入れない一線を越えられるかどうかだけだね。」と言っていましたが、そうかなぁ。
プロにしか撮れない写真があると思うんだけれど。
(写真はイメージです。)



一方で、別のプロは、「プロは失敗が許されないので冒険ができず、面白い写真がなかなか撮れないけど、アマチュアは自由に撮れるので面白い写真が撮れるよなぁ。」とも。
コメント

夏の夕暮れ

2018-08-07 21:36:31 | 写真関連 Photograph
8月3日、名古屋で観測史上最高の気温を記録したその日の夕暮れは奇麗だった。
撮れなかったけど、こんな印象。
また見てみたい。
コメント

新規レンズ購入

2018-08-05 16:55:55 | 写真関連 Photograph
7/14の松蔭高校和太鼓部の体育館での撮影は、客席最後部からの撮影でしたので、シグマの120-300mm F2.8 DG OS HSM + TELE CONVERTER TC-2001で臨みましたが、描写が甘いのに愕然。
以前にも思ったことがあります。
こんな描写では人様に見せられないよ。

そこで、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRが欲しいと思いました。
でも、高すぎます。
それに、これからの時代はミラーレス。ニコンも近くミラーレス一眼に参入します。
このレンズはいつまで使えるのか。ミラーレス一眼でもマウントアダプターで遜色なく使えるのか。
ずいぶん迷いましたが、物って、あまり使わないから、なくてもいいものと、使用頻度は低いけれど必要なものとがありますよね。
このレンズを使うのは、舞台最後部からの撮影や、鳥、月ぐらいだけれど、ないと撮れないので困ります。
最終的には、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、先日7/30に購入を決めました。
ロクヨンより高い。明るさでは単焦点ですので、いっそのこと600mmF4かとも思いますが、使い勝手ではズームかと。
これで、14mmから560mm、テレコンを使えば、800mm〜1120mmまで対応できるようになりました。

表題写真は、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRとSIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSMの比較。
サンニッパも多きいけれど、更に大きい。

400mm開放と



560mm開放。



どちらも撮って出し。やはり描写は良いです。
ただ、解放での周辺光量落ちは大きく、広角側で1段絞るとほぼ改善し、望遠側では2段絞ると改善する感じです。
1.4×内臓テレコンを使っても同様な傾向です。
560mmf11は、室内撮影では感度を上げなくてはいけませんが、仕方ありません。

8/10の伊那での撮影に備えて、慣らしておかないと。
120-300mm F2.8 DG OS HSMは、ズームリングの回転方向が逆で重かったですが、このレンズは80-200mmF2.8と操作性は同じなので、戸惑いは少ないです。

暑いので、作例はいい加減。ちゃんと撮りたいです。

ちなみに、表題写真は、ソニーのα900で撮りましたが、ISO1600でずいぶんノイズが出ています。時代を感じます。
コメント

夏なのに

2018-07-27 18:55:49 | 写真関連 Photograph
7/22(日)のこと。
公園には、コスモスが咲いていました。それも、もう遅い感じ。

河川敷からは、月が見えましたが、すじ雲が。



暑い夏ですが、写真を見るだけでは、なんだか秋のようです。
コメント

スイーツの美味しそうな撮り方、雰囲気編。

2018-07-04 20:21:53 | 写真関連 Photograph
お店の照明は、タングステン光が使われることがあります。
演色性が高く、通常の蛍光灯やLEDより食べ物等が美味しそうに見えるからです。
これを逃してはいけません。

表題写真
トップライトで、カクテルもエンターティナー。背後にウイスキー瓶の観客を配して。

通常の照明とは異なりますが、赤みのあるタングステン光の反射が、雰囲気を醸し出しています。

コメント

スイーツの美味しそうな撮り方、商品撮影編。

2018-07-03 21:54:41 | 写真関連 Photograph
作例は、きちんとライティングしました。
基本は変わらず、逆光気味にして、手前の暗部はレフ板で光を起こします。
光源は、トレペ越しに柔らかい光にしています。
脇役も添えず、ほぼ白バックで、全体を撮ったものです。
説明写真では面白くないので、文字入れをしています。



こちらは、和菓子。
いちご大福。あらかじめ文字入れすることを前提に配置しました。
初夏をイメージして、やや硬い光です。



こちらは、文字入れはせず、季節のムラサキシキブを脇役として背景に配しました。
秋なので、少し柔らかい光です。



いずれも太陽は一つと言う考え方から、照明は1つです。
光源とトレペの使い方で、光の印象が変わりますのて、フラッシュより、蛍光灯や電球などの定常光の方が扱いやすいと思います。
いろいろ試してみましょう。

(撮影受け賜わります。)
コメント

スイーツの美味しそうな撮り方、基本編。

2018-07-02 22:36:13 | 写真関連 Photograph
インスタ映えと言う言葉が流行ってから久しいですが、相変わらず流行っているんでしょうかね。
さて、今回は、突然ですが、スイーツの美味しそうな撮り方、基本編。

1.逆光気味にする。(シズル感が出ます。) お店では、光(窓や照明等)を読んで席を選ぶ。
2.脇役も添えてみる。アップで撮るのもありですれどね。
3.レンズ焦点距離は70mmぐらい、絞りはF4ぐらい。100mmマクロだと離れすぎないと撮れなかったりします。部分をアップで撮るときはよいでしょう。

作例は既出ですが、スタジオではなくお店にて。どちらも窓からの光を主光源としてます。
手前が暗くなりすぎる場合は、白いナプキンなどをレフ板代わりにして光を補うと良いです。
また、撮影会になってはいけないので、お店の人に声をかけると良いでしょう。



料理や物撮りでも基本は同じです。
コメント (2)

カメラストラップの取り付け位置

2018-06-09 18:40:39 | 写真関連 Photograph
一般的なカメラのストラップは、①のように付いています。
でも縦位置にすると、②のようにストラップがレンズにかかってしまったり、③のように、ファインダーにかかってしまったりします。
α900のようなストラップの付け方ですと、邪魔にならないんですよね。
何でこういう付け方にならないんだろう。
(絵はへたくそです。写真撮ればいいのに・・・。)
コメント (2)

舞台撮影は、これからはミラーレス一眼か。

2018-06-01 21:43:17 | 写真関連 Photograph
先日の美の種の撮影で、改めて思ったこと。

シャッター音
ビデオカメラマンから、「ニコンのシャッター音は結構うるさいね。キヤノンの方が気にならない。音質が違うからかな。」と言われました。
確かに、バイオリンの独奏や無音の中でのダンスの際は、会場にシャッター音が響き、自分でもはばかられる思いでした。
もう一人のカメラマンは、キヤノンの一眼レフとソニーのミラーレス一眼を使っていました。
ミラーレス一眼に至っては無音シャッターです。

露出補正
会場の背景は黒です。引いて撮ると背景の暗さにつられて露出オーバーになってしまいます。-3EV前後にしないと適正露出になりません。
一方アップで撮ると、衣装の反射などによって今度は露出アンダーになってしまいます。+-0ぐらいに戻さないといけません。
ダンスは会場を動き回るので、被写体の大きさに合わせて絶えず露出補正を意識しないといけません。
また、照明がコロコロと変わるのでなおさらです。
電子ビューファインダー(EVF)ですと、ファインダーを見ることで露出が確認できますので、補正がしやすいと言えます。

このように考えると、舞台撮影にはα9のような動き物にもついていけるミラーレス一眼が向いていると言えます。
ただ、以前書きましたように、EVFの目への影響は気になります。
長時間ファインダーを見続けて大丈夫なんだろうか。

表題写真は、美の種の象徴「青蓮」。装艶です。
でも、6月で引退です。寂しい。
コメント

美の種

2018-05-27 21:29:53 | 写真関連 Photograph
今日は、美の種の撮影でした。
9時半ごろ会場入り。10時からゲネプロ。午後2回公演。少し押して20時前に終わりました。
時広真吾氏の衣装も見ごたえがありますが、いろいろなコラボも魅力的です。

今回は、シーンによってころころと明るさが変わりますので、その都度ISO感度を変更。
背景が黒なので、引いて撮ると露出オーバーに、アップで撮ると衣装の反射などで露出アンダーに。
その都度露出補正もしないといけません。
ダンスは動きがあるので、とても大変でした。

そんなこともあって、ここは押さえるべきだろうというところを2か所撮り逃してしまいました。
一つは、衣装を大きく広げたところ。
もう一つは、手が赤く染まるところです。
スチルカメラマンは3人。他の人が押さえていてくれるといいです。
5/28追記。写真を確認したら、2カットとも何とか撮れていました。ただ、引きの写真となっています。

データは、パソコンにコピーしました。
ぼちぼちと編集しますか。

表題写真は、ゲネプロ前にiPhone6sで撮ったもの。
暗いので、さすがに画質悪いね。
コメント

欲しいものリスト(半分妄想。)

2018-05-18 22:26:15 | 写真関連 Photograph
Nikon D850 + マルチパワーバッテリーパック MB-D18 
ボディが3台あると、
14-24mm f/2.8、24-70mm f/2.8、70-200mm f/2.8 引きのないイベント会場
24-70mm f/2.8、70-200mm f/2.8、120-300mm F2.8(+1.4× or +2×) 広い会場の最後部から狙う。
24-70mm f/2.8、70-200mm f/2.8、Micro105mm f/2.8 風景
等のように、レンズ交換しなくても楽なんですよね。

ハスキー 3Dヘッド 1個あるけど、もう一つ欲しい。

EIZO 23.8型 カラーマネージメント液晶モニター ColorEdge CG248-4K 4Kは滑らかよ。
コメント