p.himapa Photo Gallery

実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。

ごあいさつ

ハンドルネーム:ひまぱのぱ(p.himapa) 外国の人とのやり取りを始めてから( )内にp.himapaを追加しています。自然風景やポートレート写真が好きなのですが、近年はなかなか撮影できず、好きな小物や日常のスナップがほとんどです。大それたブログタイトルを付けてしまいましたが、実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。どうぞお付き合いください。過去の記事へのコメントも大歓迎です。よろしくお願いします。連絡は右サイドバーの「メッセージを送る」からどうぞ。

著作権等について

このBlogの記事及び写真等の著作権は、ひまぱのぱ(p.himapa)に帰属します。 第三者がこれらの記事や写真等を使用するに当たっては、次のとおりとします。 リンクを貼るか、直接写真等を転用する場合は、出典を明らかにしてください。 個人使用の場合はリンクフリーです。許可も不要です。ただし、商用の場合は事前にご連絡ください。

写真機材

○αシステム ボディ:α900+VG-C90AM×2台、α9+VC-9M×2台。 レンズ:AF50mmF1.4NEW、SIGMA 50mmF1.4 EX DG HSM、AF85mmF1.4G、AFマクロ100mmF2.8NEW、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM、AFアポテレズーム70-200mmF2.8G(D)SSM、AF1.4×テレコンバーターアポ(D)。 〇ニコンシステム ボディ:D5 XQD仕様×2台、レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G、AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G、 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED、 AF-S TELECONVERTER TC-20E III、AF-S TELECONVERTER TC-14E III、各保護フィルター(14-24mm f/2.8Gは、フィルターが取り付けられない。) フラッシュ:スピードライトSB-5000×2台。その他 XQDカード128G×4枚、予備バッテリーLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18a×4個、 液晶保護ガラス×2枚、リモートコードMC-30A×2本、 変倍アングルファインダー DR-5。 シグマ:50mm F1.4 DG HSM。 〇手放したもの:α900+VG-C90AM×1台、α7Digital+VC-7D、AF24mmF2.8NEW、AF28mmF2NEW、AF35mmF2NEW、AF50mmF1.4、AF50mmF1.4NEW、AFマクロ50mmF2.8NEW、AF100mmF2、AFアポテレ200mmF2.8G、AF28-70mmF2.8G、AFアポテレ80-200mmF2.8G、AF1.4×テレコンバーターアポⅡ、トキナー 100-300mmF4、ケンコーテレプラスPRO300-1.4倍・2倍。120-300mm F2.8 DG OS HSM、TELE CONVERTER TC-1401、TELE CONVERTER TC-2001。  〇三脚:GIZZO 2型3段G1227、3型3段G1329、2型3段GT2532、3型4段ロングGT3542L、4型3段ロングシステマチックGT4533LS+センターポールGS3513S。 雲台:梅本製作所の自由雲台(SL-50ZSC、SL-60ZSC)、HUSKY(ハスキー)3Dヘッド×2、マンフロットのギア付きプロ雲台SKU405。

撮影賜ります

ポートレート、イベント、商品撮影など、賜ります。 お問い合わせは、右サイドバーの「メッセージを送る」からご連絡ください。

橦木館

2014-07-27 18:38:22 | 風景・日常 Scenery, daily life
今日は、妻と二人で橦木館の弦楽四重奏を聞いてきました。
生演奏は良いですね。
ヴァイオリンの高音、ヴィオラの中音、チェロの低音が良く効いていました。
主な主旋律はヴァイオリン1台のことが多いですが、音が良く響いて聞きごたえがありました。

演奏中は撮影不可とのことで、イメージカットなどを。

ヴァイオリンと




チェロ




演奏が終わった後は、館内を見学しました。

食器の展示。こんな器で食事してみたいね。



釜と、流し台。釜はこういうものは使ったことはありませんが、流し台は懐かしい。



洋館のテラス。季節の良いときには、こんなところでお茶を飲むのも心地よいでしょう。



透かしの入ったカップ。背景のガラスは古いので気泡が入っています。









ステンドグラスもあちらこちらにあります。



穏やかな時を過ごしました。
さて、弦楽四重奏は、ジブリ映画に使われた曲も演奏したのですが、後で「海の見える街」をリクエストしました。
来年は弾いてくださるかなぁ。
コメント (3)

動画比較

2014-07-25 23:15:17 | 写真関連 Photograph
ビデオカメラPJ800とスチルカメラNEX-5Rと動画比較してみました。

色合い
PJ800のあっさり画像に対して、NEX-5Rはこってり画像。

解像感
解像感はNEX-5Rの方が良い。
色はこってりなのに自然な感じ。
PJ800は、エッジ強調が見られて不自然。

ボケ
撮像素子の小さなPJ800はほとんどなし。
NEX-5Rは、APS-Cの撮像素子なのでボケも出る。
ただし、ピントが思うところに合わなかったり、ピントが迷うとボケるので、見ていて違和感はあったりする。

音質
PJ800の方が奥行きがない感じ。
NEX-5Rの方が自然に感じる。

総合
解像感、自然な描写、音質ともにNEX-5Rの方が優れていると感じました。
動画機なのに、どうしたPJ800。
ただし、NEX-5Rは本体が発熱すると作動を停止してしまうので、長時間録画には向きません。
長時間録画したいときには、PJ800です。
ズームは、PJ800はパワーズームでスムーズに操作が行えます。
対してNEX-5Rは、レンズ交換できるメリットがあります。

結論
長時間録画やズームを多用する場合は、PJ800。
こまめに撮影して、編集したりする作品作りにはNEX-5R。
あれ?PJ800が動画機のはずだぞ。
コメント

財布も購入

2014-07-21 18:40:37 | その他 Others
時計と合わせて、妻の財布も買いました。
随分色が剥げてきて、だいぶくたびれてきたからです。
財布は会計の時に出すもの。いくら良い買い物をしても財布がみすぼらしくては恥ずかしいです。
特に主婦の財布は、レシートやポイントカードなどでいっぱいですからね。

妻は小さい財布がいいと言いましたが、前の財布は中身があふれ出しそうな状態でしたので、たくさん入るものを勧めました。
結果、カード類などがすっきり入ってよかったようです。

時計に財布。ちょっとお高かったけれど、良い買い物をしたなぁ。
コメント

腕時計購入

2014-07-21 18:07:18 | その他 Others
先日妻の腕時計を買いに行きました。
妻はあまり出かけることがないので、今までの時計は電池切れ。
ケータイがあるのでずっとそのままでしたが、やはり腕時計の方が使いやすいとことで購入です。
今度は、電池交換も時刻合わせもいらないソーラー電波時計。
私も使っていますが、とても便利です。
そして、妻のはちょっと贅沢してEXCEED。私と違って普段贅沢しないからいいでしょ。
デザインもおしゃれですが、チタン外装でとても軽いです。

写真はフラットになってしまいまたねぇ。こういう光物は撮りづらいですが、もう一度挑戦しようかな、
でも、撮れるのは表示の時間帯の一時だけなのよね。

と言うわけで夜撮り直しました。
ブラウスを使って白バックにしてみましたが、こちらの方がメリハリがあっていいかな。

コメント (4)

ビデオカムコーダー検討中→購入

2014-07-21 08:46:33 | 写真関連 Photograph
今年の2月から、女性3人組のボーカルユニットUnion Street Sols#のライブを聞きに行くようになってから、その他のライブなどもたまに聞きに行くようになりました。
その都度写真を撮っているのですが、歌や音楽となると、写真では音声は記録できません。
そこでNEX-5Rの動画機能を使って録画していたのですが、なぜか途中で録画が止まってしまうことが多いです。
NEX-5Rは三脚に固定し撮影し、かたわらで写真を撮っていますので、いつ何が原因で録画が止まってしまうのか分かりませんでした。
ところが先日、止まる瞬間を目撃し、原因は本体の発熱だと分かりました。
んー、これからもっと暑くなると止まる要素も増えてくるか。
と言うわけで、ビデオカメラが欲しくなったと言うわけです。

希望の機種
スチル写真が主ですから、負担にならない小型軽量で、凝った撮影はしない。
一方画質は譲りたくない。

メーカー
ビデオカメラと言えばソニーでしょ。

機種
候補に挙げたのはCX535PJ800
1型の撮像素子を使ったCX900も魅力的ですが、大きく重く、私の希望からは凝り過ぎでしょう。

気になる比較
大きさ・重さ
小型軽量のCX535に魅力。その差145g

画質
どちらもフルHDですが、CX535の1/5.8型・251万画素の撮像素子に対し、PJ800は1/3.95型・659万画素の撮像素子。
フルHDは210万画素以下ですから、CX535で十分と言えそうですが、CX535はスタンダード、PJ800は高画質という位置付け。
その差がどの程度現れるか、気になるところです。

ズーム倍率
CX535の60倍に対し、PJ800は24倍。その差は歴然。
一方60倍まで必要なのか。

液晶モニター
CX535の46万ドットに対し、PJ800は92.1万ドット。
実際PJ800の方が鮮鋭で見やすいです。
ビューファインダーが搭載されていない以上、ここは大きな比較点です。

結論。
スチルカメラのサブ機という位置付けでは、小型軽量のCX535に魅力を感じますが、以前高級コンデジを購入したもののその画質に満足せず、結局APS-CのNEX-5Rを購入することになった経緯を考えると、多少大きく重くても、高画質をうたったPJ800の方がよろしいのではないかと。
それに、液晶モニターの見やすさの違いは歴然で、撮っているときの気持ちよさが違うと思うからです。

追記
と言うことで、PJ800を注文しました。明日届くかな。
アクセサリー類を含めると10万円越え。うぅ・・・高い買い物。それなりに使わないとね。
コメント

七夕

2014-07-07 22:36:35 | その他 Others
今日は七夕です。

とあるスーパーの笹飾りは短冊でものすごいことになっています。
もちろん書きましたよ。みんながうまくいきますようにって。
神社に奉納されるそうです。

でも、今日は曇り。
織姫さんと彦星さんは会えないなー。



iPhone4sで撮影。
コメント

フラメンコ

2014-07-05 22:54:24 | その他 Others
いやー、ブログを更新しないまま、7月になってしまいましたねぇ。
まだ、フラダンス1種の編集が残っていますが、期限がないので休憩中。

本日は、フラメンコ。
フラメンコと言うと、表題写真のようなポーズのイメージですが、こちらも動きがあってよろしいかと。

コメント