p.himapa Photo Gallery

実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。

ごあいさつ

ハンドルネーム:ひまぱのぱ(p.himapa) 外国の人とのやり取りを始めてから( )内にp.himapaを追加しています。自然風景やポートレート写真が好きなのですが、近年はなかなか撮影できず、好きな小物や日常のスナップがほとんどです。大それたブログタイトルを付けてしまいましたが、実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。どうぞお付き合いください。過去の記事へのコメントも大歓迎です。よろしくお願いします。連絡は右サイドバーの「メッセージを送る」からどうぞ。

著作権等について

このBlogの記事及び写真等の著作権は、ひまぱのぱ(p.himapa)に帰属します。 第三者がこれらの記事や写真等を使用するに当たっては、次のとおりとします。 リンクを貼るか、直接写真等を転用する場合は、出典を明らかにしてください。 個人使用の場合はリンクフリーです。許可も不要です。ただし、商用の場合は事前にご連絡ください。

写真機材

○αシステム ボディ:α900+VG-C90AM×2台、α9+VC-9M×2台。 レンズ:AF50mmF1.4NEW、SIGMA 50mmF1.4 EX DG HSM、AF85mmF1.4G、AFマクロ100mmF2.8NEW、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM、AFアポテレズーム70-200mmF2.8G(D)SSM、AF1.4×テレコンバーターアポ(D)。 〇ニコンシステム ボディ:D5 XQD仕様×2台、レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G、AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G、 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED、 AF-S TELECONVERTER TC-20E III、AF-S TELECONVERTER TC-14E III、各保護フィルター(14-24mm f/2.8Gは、フィルターが取り付けられない。) フラッシュ:スピードライトSB-5000×2台。その他 XQDカード128G×4枚、予備バッテリーLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18a×4個、 液晶保護ガラス×2枚、リモートコードMC-30A×2本、 変倍アングルファインダー DR-5。 シグマ:50mm F1.4 DG HSM、120-300mm F2.8 DG OS HSM、TELE CONVERTER TC-1401、TELE CONVERTER TC-2001。  〇手放したもの:α900+VG-C90AM×1台、α7Digital+VC-7D、AF24mmF2.8NEW、AF28mmF2NEW、AF35mmF2NEW、AF50mmF1.4、AF50mmF1.4NEW、AFマクロ50mmF2.8NEW、AF100mmF2、AFアポテレ200mmF2.8G、AF28-70mmF2.8G、AFアポテレ80-200mmF2.8G、AF1.4×テレコンバーターアポⅡ、トキナー 100-300mmF4、ケンコーテレプラスPRO300-1.4倍・2倍。 〇三脚:GIZZO 2型3段G1227、3型3段G1329、2型3段GT2532、3型4段ロングGT3542L、4型3段ロングシステマチックGT4533LS+センターポールGS3513S。 雲台:梅本製作所の自由雲台(SL-50ZSC、SL-60ZSC)、HUSKY(ハスキー)3Dヘッド、マンフロットのギア付きプロ雲台SKU405。

撮影賜ります

ポートレート、商品撮影など、賜ります。 お問い合わせは、右サイドバーの「メッセージを送る」からご連絡ください。

ネジバナその後

2018-06-19 21:22:26 | 風景・日常 Scenery, daily life
先日6/17に撮った庭のネジバナが、たくさん花をつけてきました。
帰宅後、夕方の曇って薄暗い中での撮影なので、輝き感はありません。
シランの葉っぱを背景にして、野に咲いている雰囲気を演出してみました。
(それにしても、撮りづらいところに咲いているよ。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の紫陽花

2018-06-19 21:07:58 | 風景・日常 Scenery, daily life
今朝は、紫陽花を撮りに少しだけ公園に寄ってみました。
たくさん咲いていましたが、残念ながら全体的に色あせて、少し遅かったです。
時間もないこともあって、1枚だけ。
朝の木漏れ日を浴び、中心部分の花が可愛らしく咲いていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父の日

2018-06-17 20:54:11 | その他 Others
今日は父の日です。
子供からお手紙をもらいました。
嬉しいなぁ。
妻からは、おっと妻の父ではないけれど、牛肉料理とサクランボのデザート付き。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アガパンサス・吹奏楽演奏会。

2018-06-17 20:48:58 | 風景・日常 Scenery, daily life
太田川駅前のアガパンサスは、蕾から咲いているものまで様々でした。
時間がなかったので、少しだけ撮って吹奏楽定期演奏会の会場へ。
例によって50mmF1.4では、限界があります。
毎年アガパンサスはなぜか撮れないのですが、ちゃんと撮ってみたいです。

演奏会は、いつもながら、生演奏は厚みがあっていいね。
ただ、ゲップが近くの人に迷惑ではないかと、落ち着かなかったのは、残念。
団員同士の夫婦のツーショット撮れたぞ。
載せたいところだけれど、許可得てないからなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネジバナ

2018-06-17 18:42:27 | 風景・日常 Scenery, daily life
朝の内は曇っていたので、輝き感はありませんが、しっとりとしたネジバナが撮れました。
植えたわけではありませんが、庭の植木鉢に自生したものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アガパンサス

2018-06-17 10:16:36 | 風景・日常 Scenery, daily life
昨日は、写真展の後、すぐに帰ろうと思っていましたが、せっかく天気が良いので、少しだけ久屋大通公園を歩いてみました。
アガパンサスが咲き始めていました。好きな花の一つです。



(50mmF1.4では、これ以上寄れません。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野良猫

2018-06-16 20:47:26 | 風景・日常 Scenery, daily life
以前職場にいた人の勧めで、写真展を見に行く途中のこと。
車の日陰で、猫がダラ~っとしていましたが、近づいたら車の下に隠れてしまいました。
でも、逃しませんよ。
カメラを地面すれすれにしてノーファインダーで。(背面液晶モニター動かないから。)
警戒してこちらを見ています。
(D5+50mmF1.4)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブ後。

2018-06-16 20:25:41 | 風景・日常 Scenery, daily life
外では一眼レフで撮りたかったので、撮らないけど持ち込み可能か事前に電話で確認したら、預かることになるかもしれませんと言う曖昧な返事で、持ち込み不可とは言われませんでした。
それで、一眼レフを持って行ったのですが、受付では頭ごなしに没収(預かり)。ちょっとイラっとした。まぁいいけど。

帰りにも何か撮りたいと思ったら、天井に人が。上下反転して。

入場の時も並びましたが、帰りは電車に乗るまでにずいぶん並びました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小田和正コンサート

2018-06-16 20:20:37 | 風景・日常 Scenery, daily life
6月13日は、妻と小田和正のコンサートに行ってきました。
笠寺の駅を降りて、ホールには向かわず、緑の歩道を歩いていくと、



ありましたよ、ツアートラック。



ENCORE(アンコール)



絵が描いているのは、他にも1台ありました。
記念写真の場になっているようです。
もちろん、私も妻を配して撮りました。

今回はスタンド席でしたが、最前列で、そこそこ良い席だったと思います。
小田和正の歌は癒されますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カメラストラップの取り付け位置

2018-06-09 18:40:39 | 写真関連 Photograph
一般的なカメラのストラップは、①のように付いています。
でも縦位置にすると、②のようにストラップがレンズにかかってしまったり、③のように、ファインダーにかかってしまったりします。
α900のようなストラップの付け方ですと、邪魔にならないんですよね。
何でこういう付け方にならないんだろう。
(絵はへたくそです。写真撮ればいいのに・・・。)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朝の庭の花たち

2018-06-03 22:06:12 | 風景・日常 Scenery, daily life
朝の水やり後。
額紫陽花(表題写真)、

西洋紫陽花、



紫式部 (秋には小さな紫の実をたくさん付けます。)、



桔梗草 (桔梗に似ているけれど小さくてすっと伸びています。)。



みんな可愛らしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日と結婚記念日

2018-06-02 22:22:50 | その他 Others
今日は、妻の誕生日、そして二人の結婚記念日でもあります。

土曜日でしたが、日中は写真の編集やいつものお買い物。
夜は、ブラタモリを見たり、西枇の花火を遠くか眺めたり。

ケーキでお祝いはしましたが、ちょっと落ち着かない誕生日した。
でも、久しぶりに皆で花火も見れたから良しとしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台撮影は、これからはミラーレス一眼か。

2018-06-01 21:43:17 | 写真関連 Photograph
先日の美の種の撮影で、改めて思ったこと。

シャッター音
ビデオカメラマンから、「ニコンのシャッター音は結構うるさいね。キヤノンの方が気にならない。音質が違うからかな。」と言われました。
確かに、バイオリンの独奏や無音の中でのダンスの際は、会場にシャッター音が響き、自分でもはばかられる思いでした。
もう一人のカメラマンは、キヤノンの一眼レフとソニーのミラーレス一眼を使っていました。
ミラーレス一眼に至っては無音シャッターです。

露出補正
会場の背景は黒です。引いて撮ると背景の暗さにつられて露出オーバーになってしまいます。-3EV前後にしないと適正露出になりません。
一方アップで撮ると、衣装の反射などによって今度は露出アンダーになってしまいます。+-0ぐらいに戻さないといけません。
ダンスは会場を動き回るので、被写体の大きさに合わせて絶えず露出補正を意識しないといけません。
また、照明がコロコロと変わるのでなおさらです。
電子ビューファインダー(EVF)ですと、ファインダーを見ることで露出が確認できますので、補正がしやすいと言えます。

このように考えると、舞台撮影にはα9のような動き物にもついていけるミラーレス一眼が向いていると言えます。
ただ、以前書きましたように、EVFの目への影響は気になります。
長時間ファインダーを見続けて大丈夫なんだろうか。

表題写真は、美の種の象徴「青蓮」。装艶です。
でも、6月で引退です。寂しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美の種

2018-05-27 21:29:53 | 写真関連 Photograph
今日は、美の種の撮影でした。
9時半ごろ会場入り。10時からゲネプロ。午後2回公演。少し押して20時前に終わりました。
時広真吾氏の衣装も見ごたえがありますが、いろいろなコラボも魅力的です。

今回は、シーンによってころころと明るさが変わりますので、その都度ISO感度を変更。
背景が黒なので、引いて撮ると露出オーバーに、アップで撮ると衣装の反射などで露出アンダーに。
その都度露出補正もしないといけません。
ダンスは動きがあるので、とても大変でした。

そんなこともあって、ここは押さえるべきだろうというところを2か所撮り逃してしまいました。
一つは、衣装を大きく広げたところ。
もう一つは、手が赤く染まるところです。
スチルカメラマンは3人。他の人が押さえていてくれるといいです。
5/28追記。写真を確認したら、2カットとも何とか撮れていました。ただ、引きの写真となっています。

データは、パソコンにコピーしました。
ぼちぼちと編集しますか。

表題写真は、ゲネプロ前にiPhone6sで撮ったもの。
暗いので、さすがに画質悪いね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光の色へのこだわり。

2018-05-25 19:06:02 | ライト Flashlights
私がライトの光の色にこだわるのは、次の二つの理由があると思います。

1.
ARC AAAに代表される砲弾型白色LEDが出てきた頃、色ムラが気になりました。
ARC LSに代表されるパワーLED出てきた時にも、コリメーターで中心部と周辺部の色むらが気になりました。全体の色そのものもばらつきが多くて、鼻水色と称されて、少し緑ががかったような色に偏ることが多かったです。
きれいな白色にならないものかといつも思ったものでした。
時代は流れ、ロットによるばらつきはあるものの、個体差は小さくなったように思います。
それでも、ばらつきがなくなったわけではありません。
より偏りのないきれいな白色を求める気持ちは、今も変わらないと言うわけです。

2.
私は写真を撮るので、ポジフィルムを見る時は、色の物差しと言われるイルミックスを使っています。
PCのモニターは、カラーキャリブレーションモニターを使っています。
どんなに良いフィルムを使っても、どんなに良いカメラを使っても、写真を見る媒体がきちっとした色再現がされないと、撮影機材とのバランスが取れないと思うからです。
こんなことからも、色にこだわる気持ちがあるように思います。

しかし、今回Nichia219B 5000K Ra90のLEDに交換していただくにあたり、再度手持ちのライトを見てみますと、「これでいいんじゃない?高いお金を出してまでも変えてもらう必要はあるのだろうか?そこまでこだわらなければいけないんだろうか?」そんな気持ちが湧き上がりました。特に、5000K Ra90と謳っていてもばらつきがあるため、交換していただいても、必ずしも自分の思うような色だとは限らないと言うこともあります。

妻は、昔から言います。「物欲で心は満たされないよ。」と。
そして今回も、「こだわりすぎ」「呪縛」と言います。
私もそうだと思います。「趣味なんだからとことんこだわればいい。」と思う反面、「何やってるんだろう。」という思いもあります。

とは言いつつも、今回は好みのような色になることを期待して変えてはいただきますけどね。
ただ、いつまでもこだわっていては、心が解放されないとは思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加