かめさんの輪(かめりん)♪

カメ好きです。活動している方をお手伝いしたり、学んだ情報を共有しています。どのカメさんもしあわせにと願っています。

♪イベント告知♪(カメさんの生体は、ぜひ国内ブリード個体、または里親募集サイトで計画的に・・・☆)

○国内ブリード個体・グッズ(爬虫類メイン)販売イベント 眺めるだけでも楽しい♪ 
○ぶりくら市
2018年10月7日(日)場所/神戸サンボーホール1F,2F
○とんぶり市 
2018年11月11日(日)場所/東京都立産業貿易 センター台東館 (2フロア)

◎カメグッズだらけのイベント/カメ DE Show!2018(本家KDS)
2018年11月25日(日) 浅草橋東商卸売センター

○第6回 淡水ガメ情報交換会 飼育者さんも楽しく学べる♪
2019年2月23(土)24(日)東邦大学
◎カメ DE Show!in NAGOYA
日時 : 2018年3月25日(日)11時~16時(予定)
場所 : 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 9階 展望ホール【終了しました】

『早まらないで』ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)はふつうに飼育できます。

~ご家庭や職場、学校などでミドリガメを飼育されていらっしゃる方へ~
2013年9月、環境省がミドリガメの「特定外来生物」指定を段階的に「検討」する・と発表しました。
「今すぐにミドリガメが飼えなくなる」と誤解された方もいらしたようですが、

○「指定が実現するとしても、早くても2020年以降になると思われます」

○「仮に指定されても、届出をすれば今までどおり飼育できます」
(捨てたり、手放したりする必要はまったくありません。)

○「届出の手続きなども、簡素化される可能性が高いです」

ニュースだけを見て、どうしていいのか不安に思われている飼い主さんも多いと思いますが、
かめはとても頭のよい生き物です。捨てられた悲しみを味わわせるのは、あまりにつらいことです。

どうか早まってかめを手放したりされないよう、生涯大切に飼育してあげてください。よろしくお願いします。


2014年1月12日 「クサガメ・のんちゃん♪と暮らす。」 ~管理人ぽちこ

みどり保育園2018.7~猛暑の中、オーニング生活はじめました。

2018-07-21 14:37:18 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ごほうもんいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ぽちっとおして 応援していただけると、保母とっても喜びます感謝です。



いつもご訪問、コメント、ぽちっと本当にありがとうございます。うれしいです

連日「高温注意」が呼びかけられている日本列島。すがるようにさがす、週間天気予報の中の雨マーク。が、願いむなしくかなわず。



カメさんにとって、水・日光・ごはん、シンプルにこの3つはとっても重要な健康の要素だと思うのですが(なるほど人間もですね、、)

ことさらアカミミガメにとっては、ほかのカメさんよりも甲羅の脱皮も関係するのか日光をたくさん必要とするような印象ではありますが、、



そんなアカミミガメ女子。




・・・干しません。




水中でちゃっぷちゃっぷ。





早朝からは干しておりますが、、(いつみてもなぜかかわいくってか?笑ってしまう おふくちゃんのほしほしシーン。)



おばさんはおっきなカメびいきのつもりなんだけどねぇ。。どのみち生き物は美しく、かわいい、ということなんでしょうね、きっと。

おふくちゃんに、よいご縁があるといいね。もうどうしたらしあわせになるのかは、できるだけフラットに 自然の流れにまかせるよ。



この2日前から、異常な暑さ(熱さ)に、すだれを出動、夕方は風をとおすために解除、しておりましたが、、



ベランダにオーニング(日よけ)をつけました。昨年はたしか真夏もつけずに通したかな?

クサガメ飼育のみの時には、ずっと夏中エコのためにもと設置していたのですが、2014年にアカミミガメたちが

加わり、その年に最初はよかった甲羅のコンデションが悪くなってしまったので、2015年からはよっぽど暑いお盆あたりの10日間ほど以外は

基本オーニングなし、ケージの上のすだれで調整してきました。



設置後。都合上、すこしもれ当たる場所もあるのですが、全体に日陰状態に。調子に乗っていつもならさっさと

お世話はひきあげている時間帯の午前11時(休日だったので)まで これは快適とばかりにベランダで水替えなどお世話しておりました。

案の定、終わるころにはへたりこんでぐったりしてしまいましたが、満足です。





ちょっとはこれで干してくれるかな?としばらくしてようすを見ても、ぜんぜんだったので、ならば、、と


さらにすだれを追加。すだれをたてているのは、べたっとケージの上に置くより、すこしでも涼しい空間をかせぐためです。

お日様も、このようにピーク時でも帯状にしかあたらないので。




しーちゃん、どお?  ちょっとでもかいてきになってるといいんだけど、、







ね?ばてないようにね。




また保母をぱっと検知、とびだす あーちゃん。たらいにイン。(元気ですな、、というか、産後のハラぺこなんだね。)

↑・・・と思ったら、味をしめたのかいつも飛び出る始末(やはり)。


重さとプニ(後肢の付け根のおにく)を目で確認、持ち上げたついでにぺりり、、とされてしまったあーちゃん。)←自然にとれるところだけ

朝たっぷりとごはんをあげたところだったので、横の水草でカンベンしてもらいました。

産後は毎日ごはんをあげたり、朝晩あげたりすることもあります。基本2日にいっぺんです。



こっちを向かずに一生懸命泳いでいたので、笑顔くださーい、とお願いしてぱちり。

被写体的に撮りやすいので、あーちゃん画像が増えていますね、、。

、、ちなみに、カメラの性質?(ちょっとそろそろ性能があやしくなってきました)上、あーちゃんの「赤」がこのカメラは
お気に入り?のようで。やたらに燃えるような赤(朱色?)ですが、実際肉眼ではこんな色には見えません。とくに8月に入ってからは
毎年のことですが カルキのせいか?あーちゃんの赤、おーちゃんのオレンジ、みんなの黄色は「どなたさまですか、、?」というほど
薄く、うすーくなって色では個体の見分けがつかないほどになります。
冬越し時の「さくらの落ち葉水」で毎年色が復活します。




10日ほど前の女子画像も。




まだノーすだれ、ノーオーニング。



前記事の とびだしあーちゃんにつられた2カメ(まるちゃん、らんちゃん)のつづき。



手前がまるちゃん、いっつも映りがよくないのですが、これはかわいく撮れたかな?奥がらんちゃんです。ぶれてました。。




ぽちゃーん。



らんちゃん、おなじところにはいったら、、



どっちかが、けっきょくおいだされるから、、って、そっちー?




えいーー





あーちゃんのほうに入っちゃいました。


とっても自由で 保母もふっとえみがこぼれる、みどり保育園 朝のひとコマでした。

ちなみに、、このあとはせっかく飛び出してきてもらったので、たらいはわけてはいってもらって、水草をあげたような。

オーニングをつけてしまうと、残念ながら水草の成長がぴたりと止まります。毎日あげてきたのにどうしましょ。



らんちゃんはたらいに入ってもパニックでごはんを食べないことが多かったのですが、最近はましになって

保母にもだいぶんなれてきているようです。が、いつパニックスイッチが入るかわからないし、入るとごはんを

食べなくなるので、あまり見ないようにしています。

卒園はできないなーと思っていますが、らんちゃんからはびびりの子に接することを学ばせてもらっていて、卒園することがないのでしっかりと愛せます(笑)。

といっても、全亀にまんべんなく接しないと、、です。卒園したみんなが、げんきにしあわせにしているといいな。

みなさまのおうちの子も元気で、川や池の子も元気にしていますようにといつも思っています。


次回は、何度も予告していました7月の川活記事です。

7月の川活はもう一回ある予定ですが、この酷暑ともいうべき日中の活動の実施はこれいかに、、、(コワイ)

↓↓おつきあいいただき、ありがとうございます

にほんブログ村
↑↑ きょう一日が みんな みなさまにとって よい一日でありますよう

ご面倒をおかけしますが、ぽちっと応援いただけるとうれしいです
コメント

2018.7~ みどり保育園 多頭飼育とちびってしまった らんちゃんのしっぽ。

2018-07-20 13:01:29 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ ごほうもんいただき、ありがとうございます
にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへにほんブログ村
↑↑ ぽちっとおして 応援していただけると、保母がとっても喜びます


こちらは連日の猛暑で、元気になんとか過ごせているな、と思ったらぐったり、、など繰り返しておりますが

みなさまかめさまお元気にお過ごしでしょうか?

どうぞご無理のないよう、しっかり休眠と水分、梅干しなどいただいてお過ごしくださいね。



炎天下では毎日はきついですが、暑いのに座っているより、動いているほうが元気な気がします。動く機会がぐっと減ってしまっているので

なんとか、どうにか体を動かさないとです。

(あまりの運動不足に、水替えは動いているうちに全く入らないようです。。)


前回の記事では、産卵のおタマゴ画像も、うんちにまじって回収されたカラ画像すらも撮影することなく、

(水のニゴニゴ画像※タマゴを水中に産むと、油が浮いて白くなります は撮影していたんですが、、どこいったーーー

おかげさまで、ひたすらカメたち中心に生き物にお世話と愛情を、に集中して過ごしておりました。

いままではずっとなんとなくみんな(ミドリガメ)に対してうしろめたかったり、よからぬ考え、、がぐるぐるしていたのですが、じっくりと

「今」に集中し、先のことを案じず、ただ目の前にある命に向き合い、前向きに愛し、お世話人として接して

いるうちに日々のお世話にも気持ちよく体が動かせて、結果、産卵や病気に関連する水質の悪化を考えて、水替えも たらいひとつの汚れを

朝見つけたら夕方まで放置せず、すぐやる。を自分の納得いくようにさせてもらえています。




そしていままでお世話をさせてもらっていて、ひととおり(ケガ、たまご詰まり、中耳炎、つりばりによる炎症と手術)

トラブルを起こしては保母反省、対処してなんとかやってきてもらったみどりーズですが、、

タイトルにあります、らんちゃんが(不本意ながら)今回の記事の主人公です。



くつろぐ朝のみどりーズ。女子のスペースです。



保母(私)の出てきた気配を察知し、すぐにトロ舟から飛び出してくる あーちゃん。



産卵が続いていたので、たんびにごはんの時間以外にもごはんをあげたりしていたのですが

(その時には ひいき?でいじめが発生しないように ついでにみんなにもちょこっとごはんをふるまう)


その習慣で 、、



室内にあがりこんできた あーちゃん。めでまくりたいきもちをおさえて クールに対処。

。。こんなふうに寄ってこられると、きゅんっ、ってしちゃいません?

…ですが、ひいきしまくって多頭生活のバランスが崩れ、ケガにつながらないように、、

(どうもそんな気がしているので)あーちゃんはオープンマインドしちゃってます。



そんなあーちゃんにつられ、ざざざーーーとトロ舟についているスロープからすげり降りてきた身軽な
まるちゃん、らんちゃん。



しかしこの子たちは実はびびりなので、われにかえって戻ろうとするところを 手にしていたメダカのごはんの入っている容器でちょっと気を引いてぱちり。
(かわいいのう、かわいいのう)

とくに以前から書いていますが、びびり度MAXのらんちゃんがこうしているのも、あーちゃんの影響です。



らんちゃんは ほかのかめたちの空気を読まないマイペースでオープンな あーちゃんと基本よく似ています。


で、、

7月の頭に、、、(´;ω;`)


らんちゃんの、、


これは、しっぽを左にまるめている(?)ところですが、さきっぽが、ない・・・・・・・・・・・





撮影ご協力、感謝、、、そして、ごめんね。。。





ううう・・・・・・・(T T)

泣いても悔やんでも、らんちゃんのしっぽはもう生えてはきません。起こった原因として考えられることは

水中で顔を正面同士突き合せちゃったりしたタイミングで、ケンカが発生しそうになっていたり、ごはんは個別にたらいであげているのですが

男子の残りを女子のトロ舟に投入したりすることがあったりしていたので、そんなときに(最近はちょっぴり

女子のごはんの量を減らしていたのです)ケンカになったり、ごはんが足りなくっていらいらしちゃっていたのかも、、

ちなみにらんちゃんはびびりだったので、声掛けはひいきめにしておりました。


誰がやった、とか犯人(カメ)さがしより、この環境やお世話を見直ししないとと思い、ともかくも普段シャイで寄ってきにくい子を積極的に愛でてみたり、

ケンカしないように(隔離すると自由度がぐっと減り、ストレスになるのが心配なのでしばらくはこのまま)ようすを見守っています。




らんちゃんは満身創痍で、最初のしっぽに続いてのど元、首のうえ、しっぽの付け根など(最初は7月に入ったか入る前に手の甲をきつくケガしていました)
 
5日ほどの間にみるたびにたくさん傷を負ってしまっていました。。

ストレスと環境改善になるかどうか、今なら声掛けも愛でることもみどりーズにとっては逆効果にはならない気がしているので ひとカメずつ接したり、水替えの際にいつもは室内には入ってこない子たちを気分転換になるかと中に入れて歩いてもらったりしています。

保母にもなじんでもらって、気持ちをすこしでも通わせてもらえたら。

は?カメ相手に?と思うかもしれません。私も数年前は先輩のブログで「最近遊んであげてなくてすねてる」というカメさんの話に

へ?と思ったりしていましたが、そろそろ飼育も10年、日々朝晩(とくに朝は毎朝数時間かけてお世話しているので接しています←なるだけ迷惑にならぬよう、というかお世話の結果、時間が経ってしまっています)

接していると、なるほど納得するのです。

はぁ、、ここで書くのもなんですが、なんでだか行き着くのは「愛」でしかない。(観念のためいき)

なんでこの言葉ってうさんくさいのだか、、ですが、基本は「愛」。学ばされて、自分が存在する意味自体、愛。

いやされたい、とよく見聞きしますが、実際人は「癒したい」気持ちがあって、癒した結果その相手に癒されてしまう気がしています。

その癒したい、という気持ちは愛だと思ったり感じたり。


うまく書けないくせに書いていますが、・・・は? はぁ、、と、つるっとスルーしていただいて(笑)。



みんな仲良くね、お願いね。だいすきだよ、なんて言っています。それはそうとこんなにおおきなケガをするなんてなんらかの重要なサインかと思うので

限られた時間と環境(と体力)とではありますが、しっかりよく見てお世話させてもらおうと思っています。



らんちゃんは水中でよくパニックになっていたり、ばちゃばちゃ必死なことが多かったので、今までもよく観察していた

つもりですが、(みんなのケガも日々チェックしています)たしかにくびれた(以前に誰かにくいつかれて)しっぽだったので

日々同じところをかまれていたのかもしれません。。



↑男子のくりたろ。いつ見てもかわいい。アイコンタクトをとってきます。


↑くつろぎ中の男子のくろちゃん。こうしてリラックスする姿を見せてくれるようになってきました。



とりあえず、みんなのごはんの量はちょっともとに戻しました。男子はめいいっぱい食べても小食なので、いつも残すまであげています。



↑ 同じくおくつろぎ中の男子のはんちゃん。

女子は春先と、お盆が過ぎたころから毎年ごはんは残すまであげています。

トロ舟の隔離も視野にいれつつ見守ります。らんちゃんがトロ舟はふたつあるのに、何度もみんなのいないトロ舟にエスケープしては
またみんなと同じ場所に戻って固まっているので、、。



まだまだ書きますみどりーズ。(実はひとつ記事を書くのに2時間はかかり、アップ後も手直ししているので何時間もかかる私、、(;´∀`))暑いから引きこもっている間に、ひさしぶりに自宅で書く時間ができて、デスクトップPCの打ち込みの快適さにあらためて気づいております。
↑・・・が、遅い(^^;。そして文章がうまくなることもない(^^;;。

そんなつたない文に内容ですが、よろしければまたどうぞ次回もおつきあいのほど、、、


↓↓ きょうもおつきあいいただき、ありがとうございます

にほんブログ村
↑↑ みんな みなさまが、きょう一日元気で無事にすごせますよう

いつも応援ほんとうにありがとうございます。ご面倒なのにおしてくださり、感謝です

コメント

みどり保育園・2018.7~あーちゃんひとまず産卵終了。と浮草もたべるみどりーズ。

2018-07-19 13:59:25 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ごほうもんいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ぽちっと応援していただけると、とってもうれしいです。感謝です

西日本では大雨で甚大な被害が出て、高温注意の日々が続きますが みなさまかめさま無事お過ごしでしょうか。

被害にあわれましたみなさま、地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。

どんなにかおつらい、過酷な状況かは想像もつきませんが すこしでも心穏やかな時が過ごせますようずっとお祈りしています。






           

いつもご訪問やコメント、見守ってくださいましてありがとうございます。とっても感謝しています

気づけばみどりーズの近況ネタが飛びまくっていて、おひさしぶりのアップとなります


毎年よりは日々のお世話に集中し、ちょっとでもみどり保育園のみんなにいい環境をと心がけて過ごしています。

なので画像もアップもすくなめ、、なりにたまっているのですが、どんどんたまりすぎて過去画像になってもはや整理がつかなくなっております。。


ベランダには、現在6トロ舟と2たらい+4たらいを常設しています。

左から 1トロ舟には くろちゃん男子。↑この画像の時は数日間わが娘のクサガメ女子がいたときですが、、


梅雨明けしてからとたんにのどが腫れてきました。水替えには気を付けているので、今のところこればかりはもう仕方がない

のかな、といったところです。



2トロ舟のはんちゃん男子。はんちゃんはたらいでごはんも食べてくれます。





3トロ舟にはくりちゃんごろちゃん。



シャイなごろ。今のところキセキ的にくりちゃんとうまく同居してくれています。

一番保母にはけろっとして平気なくりたろうにつられて、ごろちゃんはほぼ保母にはびびってささーっと逃げるのを
しなくなってきました。


男子サイドから見たベランダ。左手から男子、奥が女子のトロ舟とフリースペースです。




女子はおタマゴを産む関係で うろうろしたり 多頭飼育での息抜きやエスケープができるようにとたらいや
土場スペースがあります。




土場の上にはメダカと水草を増やしているたらい、



いまはおふくちゃんもいます。




おふくちゃんには みんなと同じかめのごはんをそのままあげています。ひとつぶずつあげるのですが、

給食のコッペパンをまるのみ(しかもがっちがち)のイメージです・・・。つまらないのが不思議ですが

いいうんちもしてくれています。


そういえばくろちゃんはなんだか便秘がちですこし心配です。

くろトロ舟と女子のトロ舟のうちひとつはスポットファンで水温の上昇を抑えています。

でも女子にはなぜかぬるいほうのトロ舟が人気で、そこにかたまっています。

最近はスポットをつけるまではわりとばらけて入っていたのですが、、暑いのに、ぬるいほうがすきなのでしょうか。昨年もそうだったような、、?




なんとか脱皮も進んできました。



あーちゃんは土場やたらい、室内をさんざんウロウロし、おタマゴを連日水中に産卵。どうやら無事全部産み切ってくれたようで

ひと安心しています。



きーちゃんはあーちゃんと同じ初期メンバーなのですが、なんだかいまだにシャイなんですよね。。



土場のそばの植木鉢の土がどんどんえぐれてきて 植木ピンチ。

植木の左横の土場は先日の豪雨で水がたまっていまだにはけないので すのこ状態。




ごはんまだーー?




メダカも大きくなってきました。朝2~3度と夕方にごはんをあげないと ちびは姿を消してしまいます。。

餓死するのだそうです。




こちらも餓しそうな勢いでなんでもたべる あーちゃん。今年になってはじめての発見だったのですが、

この「水草(アマゾンフロッグピッド)」(←ちょい間違えてたらすみません)、カメたちけっこうぱくぱく食べるんです・・・!





オオカナダモは、冬眠時に非常食としてトロ舟に投入していましたが、むしろこちらの浮草のほうが好み?のようで。。
(食いつきがいい)

これで食物繊維もとってもらえますし、春から夏にかけては毎日すこしづつなら翌日にはまた増えるので、物足らなげにしていたらとか、

ごはんの時以外にたらいに飛び込んできたらあげたりしています。


蔵出し画像。


あら、、これは今と陸場が逆の位置なので、5月とかくらいの画像でしょうか。



きーちゃん。





くろちゃん。



ごろちゃん。



はんちゃん?




里親さま募集用にと撮影したおふくちゃん画像。ありゃ、、これはボツ画像ですね・・・



かわいくとってよね?


よく食べ、干し、元気です。


きょう撮影した画像もあるのですが、長くなるのでひとまずここまでで。


7月の川での調査レポートも下書きがあるのでまた。←つい熱くなって書きすぎたので、シンプルにしたいのです^^;。




↓↓ おつきあいいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ きょう一日が みんな みなさまにとって よい一日でありますよう

日中はどうぞ無理せずお過ごしくださいね。長期にわたる暑さに 耐えられるかしら、、、。

いつも応援ほんとうにありがとうございます*^^*。
コメント (2)

みどり保育園.2018.3~4 みんなで元気いっぱい春の甲羅干し。

2018-04-25 00:02:11 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ごほうもんいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ぽちっとおうえんしていただけると とってもうれしいです。感謝です



すっかりかめさんペースで失礼しております。更新のない間にもご訪問と応援のぽちっと、ほんとうにありがとうございます。

どうも春が早まって、暑さもはやめにやってきたせいだか ことしは花粉が終わるのも早くて助かった保母(私)です。


今年は早めの春に早めの初夏、、ということで、みどりーズの冬眠明け後の無事もはやめに確認できましたので、里親様募集もサイト側で

始めさせていただきました。どうぞ今季も秋まで限定ですが応援よろしくお願いいたします。



そんなみどりーズのようすを画像たっぷりでお届けいたします。里親様募集中の子をピックアップした記事もアップしたいのですが

ひとまず日々撮りだめたようすから、、



この日のほしほし一番乗りは、あーちゃんだったもよう。水場にはまるちゃんがスタンバイ。

。。ちょっとグチになりますが、gooブログさんの仕様変更で、記事アップ中の細かい画像のチェックができなくなったので、みどりーズの

記事アップには新システムは致命的、、(何が写っているのか、画像が小さすぎて見えず。。。ヨヨヨ)




まだ3月中旬くらいまでは、ビニールをとったりかけたり、、






晴れた日は、朝からみんなが陸場にスタンバイ。

えがおいっぱい100パーセント。




かめさんのこうらぼししすう100パーセント。





女子のむこうには、男子たち。手前はんちゃん。奥にはくろちゃんと、見えにくいですが ちびのごろちゃん。





はん干し。





の、手前には くり。




いちばん奥のトロ舟には、男子のいちばん先輩のクロちゃん。貴重な水ぽちゃしてない ごろちゃんのほしほし。




うようよ。




ぺかぺかとおひさまパワーじゅうてんちゅう。




さてここにはなんカメいるでしょうか?




せいかい:ミミ女子6カメ

3月に園芸用のミズゴケを撤去して、乾かしているところです。クサガメ女子がおじゃましたくてうろうろ。





また別のショット。手前の女子たちには2トロ舟ぶん自由に行き来できるのですが、これはきれいに3-3に分かれてのほしほし。





うえから しー、おー、あーちゃん。






そのむこうには、、




みえづらいですね。。まる、らん、きーちゃん、がいるはず。手前から あー、おー、しー、きー、らんちゃんです。





あーちゃんは、わりと撮りやすい。なんだか食欲がないらしい。やせてないので、あんまり心配していないのですがちょっと気になります。
(まだノー抱卵ぽいのですが、、)真ん中の画像は昨年たまごづまりにしてしまった おーちゃん。

おーちゃんは昨年無事産み切ってくれたらしくそれ以後は食欲旺盛です。



しーちゃん。も、以前とくらべてこころなしか最近は小食? 急成長したのと、ふつうには食べているのでぜんぜん問題ないのですが。。

しーちゃんは、ちょっとだっこしてみたら、唯一あばれずおとなしいめで驚きました。偶然かな?と思っていたのですが

その後も大丈夫でした。ちびのころはしゃーしゃー言っていたのですが、意外に手からごはんはそうっと食べるのできゅんときたり。

それぞれ個性があって、日々発見と驚きとそして喜びと。けがと病気には気をつけないと、なのですが、、




びろーん、と きーちゃん。ただいまサイトにて里親様募集中です。




そのむこうは、、らんちゃんかな?  らんちゃんについては、また後日。ずいぶん先輩カメたちのおかげでなれてきてくれています。




安定の男子のほしほし。


またちがうある日の朝。

みんな、ごはんですよ~。  ↑ちょっとふやかしたかめごはん




においで気づくらしく、なんにもないときには出てこないのに、すぐに察知してよってくる子たち。









わら、わら、、、








じたばた、、、


まだ春先は みんな警戒心が強いので、そのままトロ舟で食べてもらっていましたが、暖かくなってくるとお食事は「たらい食堂」で

個別に。(ケンカ防止と それぞれまんべんなく たべてもらえるのと 健康チェック、人なれ 汚れ防止 などなどのため)


まだ寒い時期には たらいではごはんを入れても食べてくれないのです。


水場のくろちゃん。実は昨年まで、かたくなに保母(私)がベランダに出ると陸場の下にすーーっと泳いでいったり、「がんっ」と

後ろ足でトロ舟をけって抗議(?)していたんですが、今年は春からこうして隠れずごはんを待っている?ふうに、、(うれしい、、)




そのくろちゃんにつられて、逃げ腰もすこーしましになってきた、同居中のごろちゃん。最年少。ただいま里親様募集中。



はんちゃん、おはよー。ごはんたべてね。






くりたろも、たべてねー。いがいにだいたんなんだか、びびりなんだか。。←さわられるとパニックに。





見ている前で 食べるようになってくれたので、進歩です。 闘病前は、たらいでのごはんもふつうに食べてくれていたのですが、

投薬などしているうちにすっかりきらわれてしまったので。。また一から数年かけての信頼関係を築いてゆかねばです。

ともかく、最近はとっても安定してごはんを残さずたべてくれるので すごくありがたいです。暑くなるとまたのどが腫れて食欲が落ちるかもなので

今のうちにくろちゃんにはしっかりとたべてほしいです。






おーい、めしはまだかー。  ↑ ここからあがりたい はんちゃん。 男子らしく黒化でつめもながーいです。←冬眠時にキモチちょっきんしておりますが、、
なんとなく、男子のシンボル?かなーと、短くしてしまうのもかわいそうかな、と思い。女子ほど男子の力は強くないので、お世話中にだっこしてもそれほど痛くないのです。

アカミミ女子のケリと腕力?はクサガメよりうんと強い気がします。個性と育った場所にもよるのでしょうか。。←調査中はみんな持つと甲羅にすっこんでしまうのであまり自分の中でデータがありません。
保育園女子はめちゃ強いです。筋肉質で俊敏なイメージです。クサガメはのろのろ、ぐいーと けってくるイメージです。




ときどきスロープのない場所から上がったり、となりのくりたろうのトロ舟に向かってばちゃばちゃしたり。なので、今朝自由へのかけ橋を

つけて、フリーにしてあげました。夜にはくろちゃんのトロ舟で寝ていました。。くろちゃんは散歩にでたきり、うろうろしてたらいが
お気に召したらしく、そこでばしゃばしゃ機嫌よく泳いでいましたが(先につかっていたはんちゃんを追い出して)夜見るとそのまま
たらいでねんねしていました。




朝から干しだすくろちゃんと、あがろうとしている ごろちゃん。




干すのはへいきな くり。




ばん。



ばん。



ばばーーん。と、あーちゃん。  この皮膚の弱いあーちゃんのためにと 一応気持ち程度カルキ抜きを使用するようにしているのですが、

やっぱり早くも皮膚がまだらになってきました。しみてそうで、ちょっと痛々しいです。色素のうすい子やアルビノちゃんにはそういった性質があるのでしょうか?


春先は、冬眠時の「落ち葉水」でちょっと赤いあーちゃん。  夏にはほとんどカルキではげるのか、うすいピンク?ぽくなります。




ぞろぞろおひさまぼし。  うしろにきーちゃんがつかえてますよ。



くつろぐくろちゃん。  ことしはだいぶんリラックスするこのくろ干し姿を見れてうれしい保母です。




↓↓ おつきあいいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村
↑↑ ほぼ、、ほしほしの、じゃましないでよね。  

きょういちにちが みんな みなさまにとって おひさまと えがおいっぱいの よいいちにちでありますよう
コメント

2018年3月 みどり保育園にも春が来た♪~今年のお食事初め~

2018-03-18 19:22:33 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ごはーーん! ぽちっと応援していただけると、とってもうれしいです。やさしさに、感謝です






関西では三寒四温で3月の5日ごろに ぱっと暖かくなり、15日に暑いほどの春がやってきましたが、みなさまかめさまいかがお過ごしでしょうか?

。。私、保母は15日に20分ほどベランダに居ただけ(だと思うのですが)で、手の甲がずっとひりつくほど焼けてしまいました。。


今年こそ、夏中すっぴんでベランダに毎朝出るのはやめようと思っています、が  

つい起きたらすぐに窓をあけてのぞく→カメと目が合う→

わっ!けちらされる前にう〇Pの処理しないと~!ごはんあげないと~~!→おねだりによってくるカメたち→まって、まって。。→まったなし。




。。。起きたらすぐに窓を開けるのはやめたいですが、つい夜明けとともに起きてくるカメの動きで開けてのぞいてしまうこと必須。。(-_-)

朝に顔を洗うのをあきらめて、日焼け止めを塗ってしまう作戦にしてみましょうか。(※手にはカメに触るため塗れません)
↑昼間に洗う作戦  その数十秒(帽子もかぶって1分くらい?)←帽子はせめてかぶりたい  をなんとかがんばりたいですが、、
いい方法があったら教えてください。(職業的に日焼けと手荒れはNGなのに 無理だという。)

↑きょう仕事中に「焼けたね」とすでに言われました。。(-_-;




。。さておき、3月のみどり保育園園児、みどりーズ(ドリフターズ、のひびきにインスパイアされてるつもり)←お笑い系?
のようすをレポートします。



3月の半ばまでは、この位置(ベランダの手すり側、陰になる場所)にあったトロ舟を。。



ホワイトデー←とくにホワイトデーとの関連はなく の3月14日の夜に、がさごそ言わしつつ ぐぎぎ。。とトロ舟を移動。
(画像手前側、日あたりのいい場所に移動)
。。狭くってわかりづらいですね。



すこしでも みんながおひさまをあびれるように、と。  するとどうでしょう。



やっぱりかめさんは、おひさまがだいすき。




おはよーーー。あーちゃん女子です。




最高気温は18℃とも20℃ともいわれたこの日。 実は冬を越すと、みんなの接し方をどうやっていたのか忘れ去る保母^^;;;。

↑室内の加温クサガメとは年中接しているのですが、この子がツンデレのツンツンのほうなので、冬場はとくにぜんぜんこっちを見てくれなかったりなので こちらの目を見て寄ってくるみどりーズに、あれ?こんなになれてたっけ?ととまどうかんじです(それが毎年)。




ごはん、たべるー?




・・・・・たべる。   ↑あーちゃんのむこう側には、女子のしーちゃんが。ぼっちゃんしてしまいまいました。

まだみんな警戒心が強い(のが当たり前)時期なので、あーちゃんったら、、というかんじです。
寒いうちは、自分の体が思うように動かないし 食べ物に対してそう積極的でもないせいか、逃げてゆきます。


寄ってきたので、陸場のメッシュ越しに指でかめの配合飼料をつまんであげていました。(撮影の手をとめて)





もっと。  ↑ 結果、ふやかしたレプトミン(かめのごはん)が おくちからはみ出しています。


ものおじしないね、あーちゃん。



とりあえず ほおばったものを飲み込むためか、おみずにもどった あーちゃん(おしり)と、それを見ているおーちゃん。





おーちゃんも?とあげると手からゆっくりと食べてくれました。




朝の10時前。最低気温は8℃くらいだったのですが、ぐっと上昇する予定だったこの日。水温はなんと14.8℃。





ちらっ。陸場の切れ目から こちらをうかがう おーちゃん。



一方で、、、





ぴーーーん。








ぴーーーーーん。



これぞミドリガメ、と 足をめいいっぱいのばして干している くりたろう男子。ほれぼれします。




干すのがだいすきな はんちゃん。はんちゃんも、足をうかせてぴーーーん。いいポーズです。



はんちゃんは、昨年くらいから 保母を気にせずに干してくれるようになった気が。


まだダンボールでぐちゃぐちゃしていたので、この2カメの上をまたぎながら女子のしーちゃん、きーちゃん、らんちゃんのいるトロ舟へ。



しーちゃーーん、きーちゃーん、と呼びます。手前がしーちゃん、もぐっているのはきーちゃん。





きーちゃんが おきていました。




ゆびをみせて。。。





きーちゃん、ごはん たべる?







よってきました。


きーちゃんとしーちゃんはごはんを食べてくれました。しーちゃんはこちらがびびる爆食ぶりでした^^;。
あっという間にあー、おー、きーちゃんの女子3カメを抜かして、一番おおきくなっています。









ぼーーー。





ぬぼーー。


女子の らんちゃん。この子はびびりさんで、ごはんはまだ食べてくれているところは18日のきょうまでまだ確認できず。

なぜかあちらのあーちゃんたちのトロ舟に行きたかったのか?バタバタとよじ登るしぐさをしていました。

どっちかのトロ舟に集合する傾向があるので、水替えをしたらこの女子のふたつのトロ舟の間は昨年同様行き来ができるようにして、

みんながすこし活発に動き出したらトロ舟移動か、産卵場のための土場を早めに使いやすく設置して慣れてもらう予定です。


今年のメインテーマは、里親探しよりも「飼育」することを念頭において、いかにみんなにこの限られた場所で快適に
過ごしてカメさんらしい生活をしてもらうか、です。

昨年の反省として

〇カルシウム(甲羅の脱皮、タマゴの形成)をうまく作れていなかった

〇ここで産みたい、と思ってもらえる産卵場を提供できなかった

〇女子6カメにたいして夏にひとつのトロ舟しか用意してあげられなかった→後半になって、やっとふたつに


天候不良による日照時間が足りなかったのもあるかと思うのですが、ミドリガメの甲羅の脱皮する性質柄、日陰での甲羅干しでは
おひさまが足りず、カルシウムが不足したのでは、と思っているので、陰もできるだけなくし、日の当たる陸場をたくさん作り、


「亀のサプリ」も偶然知って入手(吉岡養魚場さまにて販売 オリジナルのカルシウム補給サプリで粉体です)したので、ふやかし水にまぜて提供予定です。

あとは産卵対策、水場の増設もどのくらい活発になったか、なっていくのかを先手先手で見極めて、ここでできる範囲にはなりますが
みんなに快適な夏を過ごしてもらえるようにがんばりたいと思います。(という自分自身への確認とプレッシャー)

(里親さま募集はことしも「ペットのおうち」でお世話になる予定で、「直接募集」はサイトでの禁止事項となりましたので
こちらのブログでの募集はしない方向ですのでご了承くださいませ。。)

ぎゃくに「ペットのおうち」に掲載せずに募集することがあるかも?ですが、よろしくお願いいたします。

(追記:4/23 今年も募集開始しまいsた。よろしくお願いいたします♪)



しかし飼育法をみんな(カメ)に教わるだに、ミドリガメの女子は もしも特定外来生物に指定されたら、やっぱり飼育者もカメさんも困るのは
産卵にまつわること(場所)、、と感じています。野外でのお散歩で産卵されてる子もいらっしゃいますし。。

これについては、カメの保護活動時に質問、相談してみているんですが。

※追記:言いたいことがうまく書けないので、一部修正しました<(_ _)>。


もうすこしいろいろおなじミドリガメのカメ飼育者さんと、この話に関してはじっくりと話し合いたいところです。


みどりーズを公園に連れていっても元野生児の彼、彼女たちはとまどうばかりですが、どうやったら少しでも気分よく過ごしてもらるのかと。

何年もかけてじっくりとつきあっていきたいのに、お散歩という選択肢にはもう期限付きですね。。





そんな保母の心配をよそに、干しだすあーちゃん。




ベランダを去る前に、もう一度。びびってぽっちゃんしている場合ではないもん!といわんばかりに、晴れた日の午前中の限られた時間だけに
あたるおひさまの恩恵にあずかっている男子。



ふたたび保母が上をまたいで通っても 変わらずいい干しっぷりのくりちゃん 



時間がなく、デジカメの画面では反射してしまって顔が写っているのか確認できなかったはんちゃん。。



くろごろは、朝は出てこないのですが、、ごはんを食べてくれているのか 夜帰宅して確認しないとです。←食べてくれていました。よかったです。




さて、いよいよシーズンのはじまりですね。体力をつけつつ、なるべく自分の規則正しい生活もしつつのお世話と活動をがんばりたいと思います。

今年は本業が正念場なので、川の活動は日にちがあわずだと 残念ですがあまり参加できないかもしれないと思っています。

今月は、最初で最後の千葉の川の調査におじゃましてくるので、無事天候がよければまたこちらで できる範囲でレポートしたいと思います。
(関西以上に画像などの制限が厳しいそうなので)

もっと川や池ではカメさんがどんな場所が好きかだとか詳しく書けると面白いと思うのですが、中途半端にしか書けずですみません。「書く」のも「書かない」のもカメさんたちのためなので、よろしくお願いいたします。




みなさま、おうちのみなカメさま、みどりーズ、川や池のみんなが全員無事今年も過ごせますよう

うちはぼちぼち天候やみんなのようすを見つつミズゴケもとりのぞいて、水替えもしてあげようと思っています。まだもぐれるほうが落ち着くようなので。

(ほんとは水中では年中もぐっていたいのかもしれませんが)←といいつつ お世話をさぼってるだけ?

昨年よりも半月はやい「みどり保育園」、今年もスタートです。


↓↓ おつきあいいただき、ありがとうございます 稼いでみんなに池つくっちゃうぞー!←妄想?
にほんブログ村
↑↑ みんな みなさまにとって きょう一日がよい日でありますよう
コメント

みどり保育園にも春の訪れ。2018.3~

2018-03-03 15:51:02 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ご訪問いただき、ありがとうございます


にほんブログ村
↑↑ ぽちっとおして 応援していただけると、とってもうれしいです。みなさまに感謝です

更新のない間も応援のぽちっと、ほんとうにありがとうございます。みなさまかめさまいかがおすごしでしょうか?


3月3日は『世界野生生物の日(world wildlife day)』だそうですね。

最近はマイクロプラスチックによる環境汚染問題をうけ、プラスチック容器などの使用をやめるような動きを国単位で掲げている
ニュースもありますね。

ほんとうに、自身も何かできないものかと思うのですが、マイバッグは使用していますがプラスチックごみを減らすって
難しいですね。たとえばナイロン製品の洗濯でも、細かい繊維が海に流れ出るのだとか。

ヒトの生活圏ではない南極の生き物のおなかからも、マイクロプラスチックが発見、採取されるとのことで、マイクロプラスチックは以前触れましたが
有害物質を吸着し、それを食べた魚、魚を捕食する生物の健康に悪影響を及ぼす、とのことで(自然に分解されない)
注目、問題になってきているそうです。

なんとか日本もゴミを多く出し、最先端の技術を持つ国としてアクションを、、と願います。

とにかく2020年オリンピックには、いろんな日本の最先端、とりわけ環境問題においてのエコなサービスを世界におひろめするくらいの
機会であってほしいと個人的には感じます。
オリンピックは「世界平和」をうたっていますが、「愛」をもっと全面的にテーマにしていいと思いますし、人類限定、なんて「ひずみ」を感じてしまうのは
私だけでしょうか。

追記:3月3日は「アカミミガメの日(自分制定♡)」でした~<(_ _)>。※かめびよりカレンダーご購入の方はご存知の日です~。

1月4日 イシガメ  9月3日 クサガメの日でーす。





さてさて、おひさまとごはん、水を動力源として正しく生きている、わがベランダみどり保育園のミドリガメですが。。





真冬はこんなかんじで、ダンボール、ブルーシート、ビニールでおおって、、、




水温3℃台の、さむ~い冬をのりこえて、、




2月下旬はまだ寒いものの、ブルーシートを撤去し、そろそろダンボールを昼間だけとっぱらい、光をいれて、、





秋から室内のベランダごしのお日さまで育っていただいた、川から採取した「オオカナダモ(外来種)」を、、

(無事みどりーズのために、みどりみどりしく育ってくれました)←冬場は川では茶色く枯れてしまっています。
また暖かくなれば復活しているのですが、、




みんなのトロ舟に、すこしづつ投入。まだ配合飼料(かめのごはん)は食べない時期でも、おなかがすいたらかじってくれるので。。
↑じつは 男子のはんちゃんの甲羅が写っていますよ。見えますでしょうか?





くりちゃーーん。写ってるけど、見えますか・・・・?




2月末のはんちゃん。起きています。




画像が小さくって不鮮明なのですが。。それぞれ画像の真ん中あたり。

水草を移したあとに、ふとたらいに残っている生き物を発見。アメーバのように伸び縮みしています。ヒル・・・?
けど、ヌマエラビルではなさそうな形状で、矢印っぽい頭です。




水を足すだけで放置していたのですが、タニシも。最近はメダカのごはんをあげています。




すこし右のほうですが、これは、、、ヤゴ・・・?
家の中でかえってしまったら死んでしまうと思うので、水温がいきなり冷たいですが外のメダカたらいに移しました。
ほかにもいたので、その子たちは室内にとりあえず。

また近々外のメダカの水替えもしなくてはなので、そのときにはみんな外に出る運命かも。



オオカナダモに川の生物がいろいろとくっついてきたようです。持ち帰ってずっと室内に入れていたのですが、ビオトープのような世界が。
・・水替えするときに、気づかず生き物を流してしまうのが心配なんですよね^^;。








昨日、朝撮影。

男子のくりたろう。干していたのですが、気配でぽっちゃんしてしまいました。




くりちゃーーん、と呼ぶと、なに?とふりかえってくれました。



はんちゃんは朝から陸場でほしほし。まだ寒くて警戒心が強いはずの時期ですが、はんちゃんもだいぶん環境になれてくれたのかな。
だったらうれしいな。  保母がごそごそとベランダをうろついたり、ビニールをめくって撮影しても干していました。



まだみんなに朝の時間はおひさまが当たってないのですが、朝になったらこの2カメは干しているようです。


まだ女子6カメと男子のクロちゃん、ちびの男子ごろちゃんは寝ているようです。




保母(私)はみんなのお世話をしていない冬の間の体力が激しく落ちて、嫌いなジム体験、やらなさそうなエクササイズDVDを中古で取り寄せ、という
失敗(←やはり、、)を経て、現在は臨時の早朝のバイトでぶいぶい過ごしております。

バイトは楽しい(そして雇ってくださってありがとうございます、、<(_ _)>)のですが、みんなが起きてくるまでという
条件付きなので(ほかのいつものバイトは本業と並行して細々継続)※辞める理由をカメのお世話があるから、などとは伝えていません。
また雇っていただけることを願いつつ、契約期間が済めばいったん終了です。




~おまけ~


室内でぬくぬくヒーターとライトで越冬中のクサガメ女子。どんどん元気でいきいきしてきました。室内でも春を感じているようです。




まるでコイのような顔ですが、、


きんぎょも加温で元気です。冬場はこの子たち(1クサ1きん、タニシにはメダカごはんをぱらぱら)のお世話だけで楽に過ごしていました。
今年は夜の水替えが心情的にしんどくて(たぶん寒いのが耐えられず)、朝ばかりになりました。




イベントでおひろめされていたリクガメさん。




甲羅がしろっぽいのが珍しいのだそうです。




会場は冬場ですが暑いくらいで、みんなごはんをむしゃむしゃ元気に食していました。
繁殖孵化仔たち、なかなか肝がすわっています。




13年7月生まれのマルギナータリクガメの女子。



「さわらないでください」って書いている手前、私がさわるわけにはっ・・・・(お、、おちる、、、っ)





なんで?    ↑何度もおっこちるので、そそりたつ壁がきゅうきょ出現。





・・・・むーーー。

みんなCB(繁殖個体)だそうです。これでもこの子はびびりさんなのだそう。。



この子のママさんいわく、「あそんでくれる」と認識されると、何度もおっこちるそうで・・・^^;
リクガメさんって、高いところからは落ちないと思っていたのでおどろき&かわいい。。。




結果、なんだかあそんでもらってしまった一日となりました。みんな、げんきでしあわせになってね。




↓↓ おつきあいいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村

↑↑ 12月の川の活動レポートはもはやあきらめ、1月の活動内容もどうだったのかすっかり忘れているのですが、がんばります。。

みんな、みなさまが げんきによい春を迎えられますよう
コメント (2)

2018.01みどり保育園 みんな元気に越冬中~真冬の健康チェック。

2018-02-12 16:32:02 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ぽちっと 応援していただけると とってもうれしいです。やさしさに、感謝です

2月は真冬で、今年はほんとうに寒い冬だと感じますね。日差しでは春を感じるようになってきましたが
みなさまかめさまいかがおしごしでしょうか。

また寒波で雪がちらついている本日ですが、一番の底冷えではなかったのかベランダの今朝の水温は5.7~5.9℃だった
近畿地方のわが家。

12月中旬に段ボール、ブルーシート、ビニール(ナイロン)で覆って囲ってぐっすり?寝ているベランダみどり保育園の
みんなの月に一度の健康チェックを1月中旬にしたときのようすです。







水温。ずいぶん高めですね。10.0℃もあったんですね。



これは2月に寒波が来た時に撮影したもの。さらに段ボールを追加しています。




とうとう2014年から冬眠(冬越し)してもらってのみどり保育園観測史上最低水温を記録。3.7℃、3.9℃の水温。。






おおいをめくって、、、無事に過ごしていますか・・・?



陸地にミズゴケがあがっていたら 寝ていても起きてうろうろしていた証拠なんですが、陸地にいはあがっていなかったもよう。




水が冷たいので長いゴム手をつけて、ごそごそ。。水中を手さぐりして。



男子から。クロちゃんです。のどのふくらみも冬場はしぼんで、外見もとくに異常なし。(ピンぼけで失礼を。。)


ちょっとふきふき、、して、水気をとって、、  ↑起こされて寝ぼけまなこのはんちゃん男子。




ごと、、時短でなるべく負担をかけないように、体重だけ測定します。川の子は捕獲後測定まで時間をもらうことを
考えると、そこまで神経質にならなくてもいいような気はしなくもないですが、、(こちらはクロちゃん)



環境を選べないですし、命がけでの越冬にはかわりないですもんね。 ふやけるので厚紙に書いて記録しています。
(おおざっぱでオサレ感のカケラもない←一周回ってかっこいいかも←そんなワケない)愛はあるからいーのだ。



クロちゃんと同じトロ舟仲間のごろちゃん男子。ちびっこなりに?順調のようです。







明るくしてみても、旧式のガラケーにつき画像がどうしても暗くなってしまうのですが。。



寒さに比較的平然としている男、くり。

先日2月上旬の大寒波のあと、さすがにちょっと心配になって男子だけようすをチェックしたんですが、とりあえず確認した
クロちゃん、ごろちゃん、くりは無事越冬中でした。

くりちゃんは、「くり~」と何度か呼びながらごそごそめくるのに手間取って、数分たってから手さぐりしたせいか
手にあたったときに「ぷかーん」と浮き上がっていてあせりました。

(冬眠中に体力が尽きて浮くことがあるそうなので)つい動揺して乱暴にがしっ!とつかんで(みんなには普段はゆっくりとした動作で
接しているのですが)がばっと確認したのですが、本カメは「けろり。」とした顔をして見上げてきました。。


その後、まるで普通のオンシーズンのように水場にリリース後すいすいーっと泳いで行きました。。
暗くって撮影してもお見せできないのが残念です。



ホームセンターで購入している、園芸用のミズゴケの中に。。




もさーーー。




乙女の体重も公開。らんちゃん。





水温がたカメのせいか、みんな動く余裕が。次回はつめきりやで。女子のしーちゃん。うまくはかれない場合は、ひっくり返されます^^;。




真冬のおとなしい時期にしっかりととんがった爪をカットしておくと、オンシーズンの痛さをガマンせずのお世話ができるので。
(主にお世話人の都合?)女子は陸場にも動き回った形跡が。このミズゴケはまた水場に戻しておきます。


減ったぶんの水(水道水をそのまま)を、別で作っておいた落ち葉水もいっしょに補充します。おおいをしていても、ひと月も
そのままだと蒸発しているんでしょうね。




みぎみて~




ひだりみて~  おーちゃん女子。

お目目パッチリ。起きてたっぽいです。




なんだか冬でもまだ余裕なかんじですね。まるちゃん。爪が秋にケージにはさまったらしく、とんで曲がって生えてきています。
(ブレブレでほんとうにすみません。。)思わぬ事故ってありますよね。その後は修正して気を付けて観察していましたが。。

↑ほかの子が見ている目の前ではさまってわたわたしていたので原因が発覚。イタイ思いをさせてごめんね><。





あ、逃げた。





捕獲。




元気すぎです。あーちゃん女子。今年は冬の間にあまり赤い色が戻っていません。もうすこし落ち葉水を濃くしたほうが
赤くなるのかも?ですが。

シーズン中にもあーちゃんは皮膚が弱いので、なるべくカルキ抜きを使うのですが、それでも水のせいか全体的に色がうすーくなります。




今月も、今の寒波が去ったころに夕方かくもりがちな日に測定&つめきり予定です。

冬の爪切りを制するものは、夏のお世話をかなり制するのです。

(撮影はたぶんカットで。)

みんな誤差程度の体重変化で、外観もとくに変わりなく、順調のようでした。春先がむしろ危険なので、みんなが消耗しないように
冬→春をうまく過ごせるようにフォローしたいと思います。


では、今回画像がイマイチなので 昨年のみんなの夏のようすをさいごに。




















川のみんな、みどりーズ、おうちのみんなが無事春を迎えられますよう。




↓↓ おつきあいいただきありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ もうちょっと、ねんね。。 

みなさまにとって きょう一日が よい日でありますよう
コメント

みどり保育園・2017.12~春までかけて、囲ってベランダでの冬越し。

2017-12-27 13:51:02 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ぽちっと 応援していただけると とってもうれしいです感謝です

川のクサガメの女の子。たくましく 生き抜いてくれていて ありがとう。

今年もそろそろおわりですね。みなさまかめさま いかがおすごしでしょうか。
更新をさぼってすみません。いつも見守っていただき、ありがとうございます。

私はというと、個人的に ずっと底で ぼーっとすごしており。動けなくなっておりました。
原因がわかったので、ジタバタせず、落ちすぎず原因を忘れず じりじりですが動こうと思います。

なんだか気持ちのコントロールがうまくゆかず、とんちんかんで必死なコメント返しなどしていたなと反省
しております。
ご迷惑をおかけし、すみません。今回も、よろしければおつきあいのほど。。


              

この冬もベランダで越冬してもらっている みどり保育園の経過レポートです。

なんだかあたたかかい12月のスタートでしたが、昨年と同じころに「寒波」はやってきました。
(12月7~8日ごろ)朝の水温は一気に7℃台に。

(画像が少なく、文字多めですのでななめ読みでおつきあいくださいませ。。)


11月末に、川でいただいてきた「オオカナダモ」。外来種ですが、カメにとっては隠れたり、非常食に
なったりという意味では助かる存在です。(ピンボケすみません)

ちょっと採取する時期が遅く枯れかけていたので、トロ舟に入れてしまわずに 室内の
ベランダわきの おひさまの さす場所においています。

春先3月くらいにはおなかをすかせた子がかじり始めると思うのですが、今もっさもさに量が
かさばって、草が水面から出て、ひからびがちなので、次のひと月ごとの健康チェックのときに
トロ舟に投入しようかと思っています。

枯れた部分がもわもわと水中にただよっているので、トロ舟に入れたらもわもわしそうですが。。







ベランダは南向きですが、てすり側の日陰になる場所に みんなのトロ舟(陸場とケージつき)を
一列に固めて。。




↓この でっかい背中は。。 すっかり年上の姉御たちをぶっちぎって 成長した しーちゃん女子。

水道水をカルキ抜きした水に、前回にもご紹介した さくらの葉っぱで作った「落ち葉水」と、園芸用のミズゴケを
乱暴にも、そのまま乾燥したものをじかに投入で(あとになって、先輩は戻していったん洗うのだとうかがいました。。)
 ミドリガメたちの寝床を作ります。



寒波前までは。。

13.8℃と まだ水温も高め。気温は連日最高気温16℃とか、もっと暖かいような日もあって、「寝れるのかな」
「消耗しないのかな、、」と、すでにごはんを断っているのでどきどき。

ごはんのあげ方は、昨年の2016年秋同様に食べる日はちょこっとごはんをあげたりして、ぎりぎりまで食すか
どうかはみんなの本能にまかせていました。
(その間は、環境の変化で未消化のごはんなどがおなかに残らないよう 先に冬越しする日陰の場所に飼育場を設置していました)



もちろん、男子と女子はわけて。男子は起きていた時のまま、2-1-1頭をみっつのトロ舟(大・中・中)、
女子は3-3頭にわけて、ふたつのトロ舟(大・大)に。


ぴょこ。  女子の しーちゃん。 すっかりかわいくなっちゃって。でかくなったらもう卒園はできないかな~。


おばさん、毎年みんなのお世話でぶったおれそうですよ。。ひっ、ひっ、ふぅ~ですよ。
しーちゃんは、わりとおちびさんだったんですけど、、ちびのころからすこしづつ慣れてきてくれたのか、
「おおきくなったらどうもうに」は、なっていないので 今のところ ほっ。

男子はお口をぱかーとあけて 威嚇してくるかんじです。(しくしく)びっくりさせなければ
比較的ちびの くりたろうと、ちびっこの ごろちゃんは 威嚇はしてきません。圧倒的に女子との
触れ合いが多いのと、男子はごはんちょ~だ~いって寄ってくるかんじでなくって、ベランダに自分の
居住スペースがとれない都合もあってつい。。コミュニケーション次第で埋めれる溝なのでしょうか。
クロちゃんにははっきりと嫌われてますしね。(飛び跳ねて拒絶されます。。かわいい顔して。。)


みんな ねて もぐっているような 毎日なのに。。

男子の はんちゃん。  美しいね~、はんちゃん。←保母バカ
12月の頭でも、毎日干しているんですけど。。




男子は 寒い中でも 女子にアプローチする性質があるせいか、 ごはんは さっと食べなくなるのに
寒さには強いような。

ちなみにはんちゃんは、今年は女子とそう かわらない時期まで ごはんを食べていました。




そして、寒波の時(8日)に日当たりのよくない男子のほうから段ボールをかぶせてゆきました。
ありがたいことに、いつもドラッグ店にお願いして、段ボールを提供していただいています。
(まさかこのような用途とは思っていらっしゃいますまい。。)
命の段ボールです。

12月5日の水温9.7℃ 10日は7.2℃。
2014年から毎年ですが、飼育本どおりに5~10℃の間の水温が適温、との情報どおりで推移するといいかな、
という自分なりの目安で最高最低水温計を外に見えるように出して、数日おきにチェックします。

(まだまだ経験の少ない私ですが、、メダカの冬ごしの経験のおかげで、だいたいのようすが体験できて
きていたのは助かりました。もちろん先輩への質問や、情報を調べたり。)


川の子は、水中冬眠していて、だいたい手探りで調査時に「こういう場所がすき」「水温はこの時期
このくらいなのか」というのも感覚的にカメたちのお世話の参考になっています。

そして、お世話人の私がうろーんとした日々を送っていて、かめさんたちのお世話が後手後手になって、

10日は7.2℃の水温が、次の寒波で12日の朝にはビニールのみの女子の水温5.9℃。
男子は段ボールつきで6.4と6.7℃。これはイカンと女子に段ボール。

そしてあわてて(それでも翌日)全員にブルーシート(上の画像)で、冬越し準備完成形。
・・・ちゃんと天気予報もチェックしていたというのに、ぼんやりしていて。

15日の水温7.8℃ 22日8.0℃ 28日8.0℃、と落ち着いた推移です。
一日のうちでは、17日 7~8℃ 22日 7~9℃ 27日7.2~10.4℃ という記録でした。

いちばん寒い2月あたりに、5℃くらいになる日があったりしますが、今年は囲うのが遅れてしまい、
急降下した際に体の準備ができてなくって凍傷など起こしていなければいいのですが。。

温度差を少なくする、というのもキーポイントだそうです。水量はあるほうが乱高下は防げますね。
そしていつも書きますが、カメさんは冬眠というか、冬場も起きてけっこう動いているのと
冬越しに成功しても、足場がないと春先におぼれたりする事故があるので、気を付けたいですね。。

そうそう、女子が実はスロープに使用していたネットに頭をつっこみ、抜けなくなっているのを数回
目撃して、「うっかり窒息しそうで怖い」状態でしたので、水替えをしなくて済み、しかし目の行き届かない
この時期は 以前使用していたのと同じ プラスチックメッシュのスロープに設置変更しています。
さびずに洗いやすい ちょうどいい大きさのスロープ素材があればいいのですが。。



~おまけ~


メダカたち。5匹(全員女子)夏を乗り切って以後は同じ数で越冬することになりました。
いよいよこれで最後の世代です。カメたちのスペース確保のために、これで飼育は最後の子たちの
予定ですが、生をまっとうしてもらいたいです。
実はまだごはんを2~3日に一度あげています。
もしかしたら、けっこう実は水草についてきて細々生きながらえている タニシたちが食しているのかも?
みんなびびりなので、見ている前では食べてくれません。。が、ごはんには反応しています。
だいたい例年12月いっぱいはごはんをあげています。10℃以下の水温になると、食べなさそうなんですけど。。

年を越したら、いったんメダカは水替えをしようと思っています。

左のたらいには 水草とタニシだけ居るのですが、ここにもメダカのごはんを入れています。

どの子も みんなが 無事 どうか 冬越しできますように。


↓↓ おつきあいいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村
↑↑ 今年一年、ほんとうにおつかれさまでした。また来年も、よろしければどうぞおつきあいのほど
よろしくお願いいたします。

実はフィールドには12月は池干し一回、川3回も行っていてレポートできていないので、内容を
忘れないうちにうまく書けるか自信がないですが レポート記事をがんばって書こうと思います。
(しかし元旦と2日は恒例のバイトで かけずりまわるのでありました。。そろそろついてゆけないかも。)

年内にもう一回川には参加予定です。ひとまず、みなさまどうぞよいお年を。ほんとうにいつも
カメさんたちと、川や池、どんくさい私をあたたかく見守っていただき、ありがとうございます
コメント (2)

2017.11.23 みどり保育園 ~冬越し準備開始と落ち葉水~

2017-11-23 19:12:56 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ぽちっと 応援していただけると とってもうれしいです感謝です

↑そろそろねんね~。アカミミ男子・くりたろう。

いつも応援のぽちっと、本当にありがとうございます。いよいよ冬ですね。
週末は上京し、疲れてぐったりしていましたがきょうは朝と日暮れ前の時間にみどり保育園の
水替えと、冬越ししてもらう準備に入ってもらいました。(東京のレポートはほとんど番外編な内容ですが
のちほど。。)どうもPCが不調(私も不調←通常運行で)で、誤字脱字発生率が高いので
悪しからず。。<(_ _)>

。。。で、きょうは時間の都合で個々の撮影はなし。。
また秋に撮影したもの、か、意外となければ夏の画像をアップしますね。



10月は、ほとんど雨の日ばかりであっという間に終わっていて。。



11月に、昼休みに2度公園で落ち葉拾い。おととし、昨年に引き続き桜の葉を使わせていただきます。



拾おうと思うと、11月も雨が降って、なんだか拾うタイミングを逃していたり。
今年は最初のほうは枯葉っぽい、茶色いものが目立っていましたが、



きょうは追加で合間をぬってちがう公園に行き、拾ってきました。みずみずしく、赤い葉は
しっかり落ち葉のエキス?が出て紅茶のような色の水ができる気がします。

落ち葉を使うようになった最初の年に、先輩が拾っていたのがそういう葉っぱだったので
以後なんとなくそうしていたのですが、確かに今年よく見る茶色い葉だとあまりいいお水が
できなさそうです。

きょうは先週拾ってさっと洗い、たらいの中に水をはって作っておいた落ち葉水と、その中に
入っていた落ち葉を水替えした水道水+カルキ抜き(一応)にまぜて+ミズゴケ投入です。

桜の木と、今年も落ち葉をいただける自然の恩恵に感謝しつつ。。




トロ舟を、ベランダの日当たりがあまりない場所に5つ、タテに並べました。

向かって左(奥)側が男子、1.クロちゃん、ごろちゃん 2.くり 3.はんちゃん
右(手前)ふたつが女子で4.きーちゃん、しーちゃん、らんちゃん 
5.おーちゃん、あーちゃん。まるちゃん  になっています。(計10カメ)

今年の最初に卒園した、「ふゆちゃん(女子)」も、先週からミズゴケと落ち葉を投入してもらって
冬越し準備に入ったそうです。小学生の男の子とお母さんがいっしょにお世話をしてくださっていて
落ち葉もいっしょに拾いにいったそうです。
夏は順調に体重も増えていたそうです。

きょうの測定では、みどり保育園クロちゃんはアダルトなので横ばいですが、ほかのみんなは成長して体重増でした。

まだ水温は10度を下回ることはほとんどないかな、といったかんじですが今年は12月並みの日が
続いているので、寒波が来る前の11月15日夜ごろから各一枚ですがビニールはかぶせて囲っていました。

基本冬眠中は水替えなしで、水道水か落ち葉水を足しながら、ひと月に一度体重と外観をチェックしつつ
冬を過ごしてもらっています。


あと川でオオカナダモ(非常食用)をいただいてこようと思っていたのですが、荷物が予定外に
増えて前回収集したのに持ち帰れず、川にもその後活動なしで行けず、もう枯れてしまっているかも、、
ですが月末の活動日にできれば持ち帰りたい、です。。

昨年~今年の春も、みんながトロ舟でかじっていたようなので入れておくと配合飼料のように
腐ってお水を痛めることもなく重宝するのです。




~おまけ~

せめて何か画像がなかたtかな~と、フォルダから拾ってきました。


。。私のしゃがむ下にもぐりこむ あーちゃん。



だめ(産まない)だろうな~と思いつつ、産卵行動をしていたので今年の6月に近所の公園に連れて行きました。



。。結果、まったく逃げまどったりはせず、こうなりました。。←池からうちに来て以来、はじめてのお外

「たらいも持って行って、水中で落ち着いて場に慣れてから 土場でうろついてもらおうかな、作戦」でしたが
あえなく失敗。(カメってそういう生き物ですよね)

30分以上つきあいましたが、うずくまるばかりなので 暑いし あきらめてさっさと撤収。。
↑あきらめはやすぎ?

その後、翌月ごろに水中産卵したのでした。。(過去記事あり

今年はおそらくこの あーちゃんと、タマゴ詰まりで通院したおーちゃんだけが産卵したのですが
どれも卵のカラが薄いのが気になりました。

おーちゃんの際に指摘されたのですが、カラがやわらかいとタマゴがおなかの中でつぶれて
詰まる原因にもなる、とのことですし 何か今後は対策を、、と課題山積です。

。。そもそも、以前にも書きましたがカメの配合飼料をしかり食べてもらってれば問題ないそうなんですが。。

↓たとえば
 頭上にある木をもっと短く切って、お日様をぞんぶんに浴びてもらう
 配合飼料(かめのごはん)はふやかさない(カルシウムの流出を抑える)
 日照をかせげる工夫を(冬眠時暗くしすぎない、段ボールで囲いきってしまう期間を
短くするなど)
カルシウム添加剤を使用してみる(ミズガメのごはんだと沈殿?かめだんご?)
↑おなじ飼育環境(冬中はUVライト)でもクサガメはしっかり固い卵を産むし
個体差?なのでしょうか。。遠慮していて日が差すポジションを確保できていなかった?
(もともとクサガメのほうが固いタマゴは産むそうですが。。)

アカミミガメは甲羅の脱皮もクサガメよりはるかにはげしいですし、よりたくさんの
日光を必要とするのでしょうね。

。。鏡の反射なんかでも同じようにUV効果が得られるといいんですけど。。
(鏡はあぶないから、白い板でもいいですよね)←そこまでするものなのか。。^^;。

「冬眠」っていいますが、実際は結構起きているそうで、お外の子たちも寒い日でも
晴れていたら甲羅干ししていますし、うちのはんちゃんは 今朝も甲羅干ししようと
していて、毎日もう日が差さない陸場でも 晴れて明るさを感じたら、いそいそ上がって
干していました。
(なので、無加温の外飼育での「冬越し」で。。)

男子はゆったり動いていたりですが、女子はしっかり膨らんでいて、お水から出そうとだっこすると
「ぶくぶく。。」と息を吐く子もいて、しっかり熟睡モードだったようでした。

測定して、「春まで元気でね。おやすみ。」といってはなチューしてそうっとお水に戻しました。

今年は通常の冬の寒さ、という情報(今のところ)なので、おととし同様トロ舟はプチプチなしで
乗り切ってもらう予定です。



↓↓おつきあいいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村
↑↑おうちのみんな みなさま、おそとのみんなも どうか無事冬越しできますように
コメント (4)

みどり保育園・2017.10 深まりゆく秋~

2017-10-14 15:49:30 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ ご訪問いただき、ありがとうございます

にほんブログ村
↑↑ ぽちっと 応援していただけると とってもうれしいです日々やさしさに感謝です

おしらせ(ご本人了承済みです♪)

365日まいにちがかめさんとの出会い『まいにちカメびよりカレンダー』2017.10.11はじまり
販売中です。

詳細は コチラ  ← でお願いいたします。カラー、台紙なしの手作りひめくりカレンダーです。「かめさんあるある」「オリジナルカメグッズの画像」「かめ川柳」など面白さてんこもり♪



              
(記事アップ画面でのPCのキーレスポンスが異常に悪いため、誤字脱字ございましたらすみません

体育の日もおわり、いよいよ秋らしくなってきましたが、みなさまかめさまいかがおすごしでしょうか?
わがみどり保育園のみどりーズたちは。。


奥からトロ舟No.1~5。奥ふたつは男子で、3と4はクサガメの女子(単独)と、アカミミ男子はんちゃんと
交代で使用していました。

No.6.ここは女子が5のトロ舟やたらい、土場ふたつに行き来自由なスペースです。

ビフォー。夏のベランダ保育園全景。6トロ舟プラスたらいがいくつか。
お食事時はたらい増量。




アフター。別角度で、バラバラの画像ですが、奥からトロ舟No.6、5、4です。
クサガメ女子が夏季限定ベランダ飼育で、秋からは加温飼育で室内に移動したため、
4のトロ舟にはゆったりとはんちゃんが過ごしています。


今回は、とくに夏中アップし続けまくった女子よりも、男子にスポットをあててご紹介してみます。

ここはNo.2。男子のくりたろうのワンルームです。おちびのわりにはゆったり過ごしています。




No.1の男子最年長、クロちゃん、ちびのごろちゃんが同居しています。
クロは誰にもケンカを売らない、、(保母には過剰防衛?めちゃくちゃ飛びのいて拒否)ので。


はんちゃんはクロちゃんにのっかることがあったり、クロちゃんののどのこともあって念のため別居しています。



ゆるゆる落ちてきた水温。この日の朝は23.8℃。今朝は19.8℃でした。




隠れていたので、指で誘導してくりちゃんに陸場の下から出てきてもらいました。
・・・こういうところはまだあどけないですね。

今朝はふやかしたかめさんの配合飼料をかみかみ、ひとつぶ食べたくらいで残しました。
けっこう首の付け根あたりにもハミ肉がついているので、そう心配ない感じです。

くりたろうは、ごはんはあまりバクバク食べないのですが、ゆっくり成長中です。
そして寒さにとっても強い子です。
ほかの男子も強いのかもしれませんが、、愛嬌?があるのか、冬越し中もトロ舟をのぞくと
「なに?」と見上げてきます。

さいしょの冬ごし時に、ちびなのにまだ春がきたばかりで寒い時期に干して水場に戻らず夜も干していたので
心配になり、加温したのですが平気でした。
・・・割と怖いもん知らずで、けろっとしています。だっこは小型犬のように?拒絶します。。




はんちゃん。。この角度ははん、そく、、ピンぼけておりますが、うるうるお目目でぴかぴか光っています。
くりをかまっていると、「なんかちょーだい」とばかりにかわいらしく見つめてきます、が
ごはんはだいたい5つぶどまりな日々です。

くりとはんちゃんは、日々がんばって干しています。けれどはんちゃんとクロちゃんはあまり甲羅の脱皮をしません。

みんな干すのはだいすきなようすですが、保母がじゃまするので。



このくりハウスは、ふたつトロ舟を連結していたのですが、ひとつになり。。



ぱか。面倒なので、仕様はそのままですが、右のケージをひっぱると開くかんじになっています。
う〇ちや残飯処理のときに開いて作業します。基本男子は水替えと以外は触りません。
さわりついでに健康チェックしたり、愛でたり(笑)身体測定の時にはだっこします。

野生動物である爬虫類、「さわられることになれる」けれど、「人には馴れない」という論議は
研究の余地があるのかもしれませんね。
(どうやって調べるんだ。。)



No.1のトロ舟。ここの陸場は、人工芝よりもクロちゃんののどにもまさつが低いように
100きんの台所用品のマットです。すっけすけ~なので、なるべく上にものを置いてみたり。
(そしてゴチャゴチャです^^;)


左がちびのごろちゃん、右はクロちゃん。



ズーム、ズーム。ごろちゃん、逃げちゃう?





(お、たえていますよ。)おとついは、クロちゃんが飛び込まずに干してくれていたので保母の観察中も
いっしょに干してくれていました。


ちょっとづつ、ちょっとづつ、ですね。




お天気だったので、数日前にトロ舟を日光消毒している間、みんながベランダをうろちょろ。




あれ?女子のらんちゃんが、らん、にゅう。。(すみませんオヤジギャグです。。)






はんちゃんのトロ舟を洗っていて、女子との境目のゲージが半開き状態だったので、すかさず
だいすきなはんちゃんの元へコンクリダイブしたもよう。。(けがはなくってほっとしました)

陸場では そう問題はないはず、、ですが、一緒にしたあと落ち着かなくなてしまうと、ということで
このあとちょっとしてらんちゃんにはトロ舟に戻っていただきました。



。。。。。

いつの間にかクロちゃんも、室内に上がり込んでおひさま一等席に。
もうごはんは食べなくなっていても、おひさまはたっぷりと浴びたいんだね。
もの言わぬかめさんたちが、めいめいに自分のしたいことを主張しているさまをみると
うれしくなります。



クロちゃん同居のごろちゃん。




。。。とりあえず、びびりちゃんですが、だだ~~と走るようなことはなく、物の陰に隠れたいもよう。

おしっぽもたたんでしまいした。



室内でちょっと保母が休憩中に。左がクロちゃん、くりは連れて入ってみました。






産卵女子が夏場に自発的にうろつく時や治療中以外は、室内にはなじみのない男子たち。







「人にびびってる」「逃げたい、怖い」だけの行動はみていてかわいそうになりますが、思い思いに
移動して過ごしていました。


しばらく雨や曇りが続くようですね。今朝はやっぱり女子も食が落ちては来ていましたが、
少しずつは食べて、消化して過ごすようです。いつごはんを切って冬越し準備するのか?は
今年も各自におまかせしていくつもりです。


・・・ふやかしたカメのごはんが、ようすを見つつ足しているのですが、それでも
余らせてしまいます。
室内加温のクサガメのんちゃんに食べてもらうのですが、夏はみんなガツガツ怖いくらい
食べて、秋は思ったより食べないとき、自然なことなのですがなんだかさみしいです。


↓↓おつきあいいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村
↑↑ みんな みなさまが 無事 この秋を過ごせますよう



次は川のレポート?予定なのですが、活動できるのか、天候次第です。
台風がくるような予報が出ていたようですが、無事過ごせますよう。
コメント (4)

みどり保育園・2017.9 秋ですね。

2017-10-12 11:28:04 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ぽちっと 応援いつもありがとうございます日々みなさまに、感謝です

ぶりくら市の週はみなさまのおかげで、自然保護ランキング一位をいただきました。ほんとうに
ありがとうございます。
今後も細々ですが精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします

10月ですが、ふたたび暑さで半そでで過ごしておりますわが関西地方です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?運動会だった方はアチチで大変だったことでしょう^^;。。
おつかれさまです。。


ベランダのアカミミガメ、みどりーズですが、今年の里親さま募集は終了させていただきました。
ありがとうございました。あとは各自冬越し準備に入っています。

撮影してもアップできていなかったので、(お世話で時間切れ)まとめて
ご紹介、記録を残しておこうと思います。


まずは9月のようすから。。

一気に涼しくなり、9月1日には水温24.7℃ほどに。手前が女子のトロ舟(NO.5)



こちらは女子のNo.6のトロ舟です。今年は保母(私)がアホ(物忘れ…(._.))が加速し、どのトロ舟を
いつ水替えしたのか?トロ舟が6個になったころから一気に替えられないのでナンバーをつけ、それをカレンダーにつけています。

(いつ、どういったごはんをあげたのか?の記憶もアヤシクなってきたので※2日に一度 記録しております。。)



トロ舟No.1~5のようすです。一番手前はみどりーズ女子。


トロ舟6。5と6は行き来できるようになっています。



朝のごはんタイムでは、こうしてたらいを広げて、ケンカしないように、どのくらいどの子が
食しているのかも把握しながら、できるだけおやつなども公平にわたるように。

ついでにうんちもここでおねがいできるととっても助かるのです。
アカミミガメは代謝がどうも早いらしく、朝食べたら翌朝だす、のクサガメ(参考個体一頭ですが^^;)と
比較しても、もう夕方には出しているくらいのような時も。

ごはんタイムはみんなと個別に触れ合え、健康チェックもできる時間です。・・・ちょっと
スローライフでないと仕事を持ちながらいつまでもできない作業だな、と限界を感じております。。
(仕事に来ているしわ寄せがけっこう深刻です。。)来年はどうなることやら。。





男子、はんちゃん。このときだけくりたろうといっしょに入っていたのでしょう。
以前誰かとケンカして、くりが首に傷を負ったことがあったので、この2カメは今年は単独トロ舟飼育です。


はんちゃんは美しいカメさんです。まだ警戒心も、クロちゃんよりは薄くて果物も食べてくれる「スイーツ男子」です。




これは別の日。ベランダにさす日差しが延びてきたので、上の画像とは陸場の位置を変更しています。





女子のまるちゃん。一生懸命ほして、きれいに甲羅が脱皮できるといいね。今年は成長するぞ~とばかりに
たくさん食べて、よく干してくれていました。上目遣いで、まんまるお目目でじぃっと見てくるところが
かわいいです。



いましかない。。!とばかりに、熱心に干しています。が、秋が深まるにつれ、ちょっとベランダをあけると
「どぼん!!!」といっせいに派手に陸場から水に飛び込むように。




おーちゃん女子。夏のタマゴづまりで減量したのをとりもどそうとしているかのように、よく食べていました。
以前から干すのは堂々と干してくれていましたが、最近は以前よりもごはんをほしくて?見上げてくるせいか
水中から隠れていてもよく顔を出してこちらにきてくれるようになった気がします。


あーちゃん女子。すでに食が落ちてきていました。

あーちゃんよりも、今年は体調のせいかおーちゃんのほうがしっかりと干している時間は長がったのですが
あーちゃんは「この人はこわくない」という態度でいてくれるので、後輩カメのらんちゃんや、びびりの
きーちゃんなんかがびびって干しているときにどぼん、しにくいように思います。

今年はだいぶんお顔の柔和な瞬間がふえてきたのかな?と思います。
(どの画像もみんなまじめなお顔で干しておりますが。。^^;)


いつもはとなりのトロ舟にいて、ここにいるのはめずらしい、らんちゃん女子。
この中ではいちばんの後輩カメさんで、思いのほかびびりぃちゃんで、トロ舟だとごはんを食べるのに
たらいでのごはんは落ち着かない様子。

けれどちゃんとみんなを見習って干してくれるので助かります。お顔はびびりさんには見えない、
(保母の主観)かわいらしいオープンハートしそうなお顔立ちです。




陸場の位置を変更したら、今までで一番近くで撮影したり観察できるようになり、日々にまにま過ごしておりました。




カメさんは、きちんとおひさまを浴びて干してくれないと、甲羅や皮膚の病気にかかったりしますし、案外すぐに
シェルロット(甲羅の疾患)になってしまった子もいるので、今はおかげさまでみんな健康でありがたいです。


アカミミさんは甲羅の脱皮も忙しい種類ですし、ことのほかきちんとおひさまパワーを浴びないと、なのでしょうね。


カメさんには、まだまだわからないことが多いですね。


No.2と3を数日くっつけていたころ。左が男子のはんちゃん、右がくり。陸場ではおとなしく
ケンカはしないのですが。。



どうもしっかり食べる期間が短い気がする くりたろう。


最初の冬越しあとに、心配だったので一時期加温で室内保育中にベタなれになってくれて、
その後も外ではごはんタイムになるとトロ舟から飛び出てこちらに駆け寄ってくれていたくり。

今は「ひいきはだめなの」と、保母が一歩おいてしまったためか、よそよそしくなっちゃってちょっとさみしいです。
そして男子は成長とともに、より野性味などが出てきてしまったら距離を置かれちゃうのかな。。と
思いつつ。

室内だとゆっくりごはんも手からあげたり、同じ空間で過ごしてもらえることで慣れてもらえたり
するのでしょうね。じっくり過ごすと深いおつきあいができて楽しいのですが。。

みんなおひさまだいすきで、正しくカメさんしています。できるだけカメさんの生態を知って、それに
近づけるように場を提供できるようにしたいのですが、いつも後手後手、です。


みずかえしていたときに 自由に歩いていたクロちゃん男子。
どんどん保母(私)をきらいになっている気がします。。完全片思いです。が、それはともかく
昨年秋に のどの釣り針を除去していただき、無事ベランダで冬越ししてくれて、夏も
すこし「きょうは腫れてるぽい?」と思う日もありましたが、おかげさまでのどのせいで食が落ちるような
こともなく、元気に過ごしてくれました。

お盆あたりに体重が目標の「今までのうちで過ごした体重の最高値」1200gに達した時には
「わーーーい、わーーい クロちゃん、おめでとうーーー!!」と、わっしょいわっしょいしました。
↑・・・やっぱりいい迷惑?

その後はお盆を過ぎたらだれよりもごはんを切るのが早いクロちゃん、体重もすこし下降気味です。が
通常運行で元気に過ごしています。
体重は、甲長と比較して少ない目の気がするクロちゃんですが、おそらくけっこうなお年頃で
ずっと自然下にいた子だと、こんなものなのかもしれません。

甲羅の脱皮はほぼせず、(老齢だとそういうものでしょうか・・・日照の関係?)それに反して皮膚の
脱皮はけっこうするのでお水からいつもスポイドで皮を回収しているようなかんじです。

女子のスペースに対して、男子のスペースは直射で日が差す時間が短いので、本当は場所をローテーション
したいのですが、ちょっと移動するとクロちゃんは干さなくなってしまったりします。

世代が高くなると、食べ物などにも保守的になるそうですが、場所などの変化にも敏感に
なってしまうものなのかな、と。

場所交代のスパンを長めにしたらいいかもしれません。今年は試さなかったので来年からまた試してみたいと思います。

秋はほぼ食べなくなってきて、お水も汚れにくくなりました。
お口周辺に異臭がしないか?だっこする機会のある時にはにおいをかいでチェックさせてもらっています。

男子の画像がいつも少ないのですが、すぐにお水に「ぼっちゃん」してしまい、撮影がしにくいのです。
そして「ぼっちゃん」したら、陸場の下に隠れてしまい、上がって干さなくなってしまったりするので
じゃましないように撮影もひかえめにしています。





今年は8月30日に一気に涼しくなるタイミングがあり、水温的に「もう冷却ファンはストップ」だったので
撤去し、お片付けしました。
年々増えて、今室内の金魚のものも含めて6個です。つけるのは「猛暑」と言われる年の、8月の数日間といったかんじですが
今年は比較的長かったです。
これでしっかり冷やしているほうが クロちゃんののどにも良かったようでした。




10月につづきます。いったんここで切りますね。

↓↓ おつきあいいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村
↑↑ みんな みなさまが 無事 元気に過ごせますよう
コメント

2017.8 ミドリガメおーちゃんのタマゴ詰まりと病院通い。

2017-09-21 23:06:42 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ぽちっと 応援していただけると とってもうれしいです。やさしさに、日々感謝です


こんにちは、どうやらきょうで「真夏日」は終わるそうで、確実に秋の季節がやってきていますね。

ご心配されないようにいきなり先に書いておきますが、おーちゃんは今はすっかり無事元気にしています。
ではさっそくですが、私頭がイマイチで文章もわかりづらいので毎度申し訳ないのですが、なんとか意識を
集中して約ひと月前の出来事を一生懸命書いてみます。
よろしければ、おつきあいのほど。。

追記:9/26より、にほんブログ村のランキングカテゴリを
「環境」「自然保護」と、あらたに「アカミミガメ」に参加させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします


              


わがみどり保育園のアカミミガメ、おーちゃんがこの夏タマゴ詰まりを起こした件について
書き起こしてみたいと思います。
(食事中の方は見るのを控えていただいたほうがいいかもしれません。)

突然の異変に気付いたのは、8月10日。

暑さまっさかり。みんな元気に干しています。ここには4カメ、手前からまる、らん、きー、しーちゃん。



その向かい側に、一週間前にたくさんいるのに狭かろう、と増設したコンテナの陸場には、、

手前はあーちゃん。キミは元気で陽気だね。。



いつものように、干しているおーちゃん。



、、、をじぃーーーーっと、観察。



いつも干しているとき、リラックスしてかまぶしいのか、目をつぶることの多いおーちゃん。

、、なんですが、この日はなんだか「ぎゅっ」とつぶっているし、プニが(後肢の付け根)食べないのに異
常にふくらんでいて。

なんだかおかしい、、



。。。ん?




。。おーちゃん??



なんかおかしい?喉元もなんだかへん、、






肩も、、なんだかぱんぱん。。。


おーちゃん、しんどいなら、かくさずおばちゃんに言って?


(かぱー)





!!!!
観察すること数十分、気のせいではなく、その間数度開口呼吸をするおーちゃん
体重は計ると数日前に測定していた数値よりも、食べていないのに急激に増えていました。

これは、、ただごとではない、と病院の診察時間を確認、一番近い、とりあえずカメも
診てくれる病院があるのでそちらに実家の車をいったん借りにゆき、おーちゃんを連れて行くことに。

診察時間まで自宅待機する間にネットで「卵詰まりの症状」に「開口呼吸」もあることを確認。
クロちゃんが細菌感染の時にも開口呼吸をしていたので、腹膜炎かなにか炎症の可能性も・・・・?と思いつつ。

産卵行動をしていた時期が2度もあったので、まずこれは卵には間違いない、とは思っていたのですが、、
うしろあしの付け根を触診をしても卵に当たらないので、、

後肢の水かきも、いつもはしろっぽいのに血走っていました。
そしてよく見ると、プニ(うしろ足の付け根)も赤くなっているように見えました。


そして先生は丁寧に話を聞いてくださり、まずはレントゲン。卵がつまっている、とのこと。
左のしたのほうがしっぽの位置ですが骨盤にタマゴがつかえて通れなくなっている、ということでした。

全部でタマゴは5つあり、二つ目が割れているのでいきんでも出てこれなくなっている、とのこと。
(のちに「割れていても産む場合もあるよ」と先輩には言われましたが)
タマゴのからが薄いので、レントゲンにも鮮明に映らない(本来はもっとくっきり)、と言われました。
※これは、のちに書いている 尿がたまっていて、不鮮明?な件と関係するかもしれません。

ともかく苦しそうにしているおーちゃんを何とかしてあげたくて、
しっぽから卵を取り出せないのでしょうか?とうかがうと

もし下から卵をとるにも、もうすこし下まで降りてきていないととれない、ということ、

カメの手術、となると腹甲を四角く切る作業になるので、時間もかかるし
ほかの診察もある都合で手術は日曜日になり、お盆を挟むので10日後になる、とのこと。

この日の処置は何もできない、と言われ、「せめて抗生物質を」とお願いし、苦しそうに
していて危篤のようなおーちゃんを、抗生剤の注射をしていただき、そのままなすすべもなく連れ帰りました。

待ち合いで会計を待つ間に、すぐに先生から聞いたことや、自分の見たおーちゃんのようすなど
飼育の大先輩にいろいろと症状を相談し、そこから帰宅してできることはないかとアドバイス
いただいた方法を試すもののうちでは産卵経験のない、もう動くことさえつらそうになってきたおーちゃんが、
自力で産むはずもなく。という状況でした。

そして2日後、以前から気になっていた遠くのはじめてお世話になる病院へ。
その病院は、カメさんについてはどのくらい診ていただけるのか、情報がなく。


ちらっとひと月ほど前に問い合わせの電話をしてみたのですが、
何度か通院しないと行った当日は処置をしていただけない、というふうな内容で。
(その時点では、あーちゃんの卵詰まりを気にしていたころでした)

別の遠くの病院にクロちゃんがお世話になった際、私自身の通院に疲れてしまった過去があったので。
早くて16日に手術ができる、と電話でうかがっていたので、こちらに行ってみることにしました。

2日前のレントゲンの画像はケータイにあります、SDカードにもあります、と伝えましたが
ふたたび先生はレントゲンを撮影。



左側がしっぽ側です。やはり同じように詰まっています。

そしてここでもお盆なので、処置、たとえば手術や陣痛促進剤を打ってもアフターフォロー期間は休みに
入ってしまうので、早くても4日後まで待たないといけないこと、
だいたい卵詰まりを起こしている子は「レントゲンには写らない」黄身のようなものが
たくさんできていること、ふつうは卵はもうすこししたのほうに固まっているのに、上のほうまで
行っているので、もしかしたらおまたの部分にもその「写らないタマゴの元(のようなもの)が
たくさんあるかもしれない、
手術は私が電話で事前に問い合わせをしたような、おなかの甲羅(腹甲)を切ってするような手術はもう
古く、今は後肢の付け根を切ってできる、けれど、場合によっては腹甲を切るような
手術になるかもしれない、
など詳しく説明してくださいました。

そしてここでも、「しっぽのほうから卵をとりだせないでしょうか?」と聞いてみると
う~ん、、、、


お盆前のせっぱつまった状況で、何かできれば、ということで「何もできないかもしれない」と言われたのですが、「それならそれで、おまかせします。夕方までに先生がおーちゃんに今できる最善の方法を」とお伝えすると、
「時間をもらえれば、、」と、午後の診察が始まるまでの時間帯でなんとか、考えてもしもやってみれれば、との前向きなお返事が。

4日後の手術を前提に考えていたので、麻酔もしないで処置を、ということで。


(※これはうちの場合で、一件目では断られていますし、こちらの先生が、今回だからしていただけた、
という視点で「できたってここに書いてあった」とほかの先生方を困らせないようにお願いいたします。)

とにかくおーちゃんをこんな状況にしてしまったのは私なので、先生に託すしかありません。
そしてほんとうに苦しそうに(ふいに開口する以外はCBの子だったらこれくらいはおとなしくても
ふつうぽく見えるな、という感じなのですが)しているおーちゃんを、どうにかしたいと
思う一心で無理をお願いしました。

先生は、とにかく手前のひとつがとれるかどうか(わからない)、ということでした。
血液検査もしてみるとのことでした。

そして仕事の日だったのですが、抜けることをお願いしてまた夕方にお迎えに。



とれた、と言ってくださったタマゴ。


なんと、、、、、!!!!ふたつも取ってくださっていました。(奇跡や、、と思いました)
すぐに2個目が降りてきたのがわかったのでしょうか。
ひとつめは、おしりの穴をのぞくとすぐタマゴが見えている状態だったそうです。


「元気に暴れてお迎えを待っていた」と言われたおーちゃん。連れていったときはほんとうにおとなしく、不安でした。





↑施術後のあずかり中に水に出していたもの

ちなみに容れ物は10キロ用の米びつです。ぐったりしておぼれてはいけないので、暑い日でしたが
水は少量にしていました。
移動での水温が心配だったので、フタには水温計をつけて行きました。


これもおなかに残っていた残骸でしょうか。カラが薄く、やわらかいです。

先生いわく、お盆明けにはもしも黄身様の卵があれば手術もしないといけない、その時は
次回の日にやるのでまた来てくださいとのこと。
血液検査の結果は、炎症の数値はほぼ正常、腎臓に負担がかかっている際にあがる部分も
問題なく、重篤な状態ではなかったこと、そのほかいろいろ説明してくだいました。
(書けたらまたの機会に。)


この日は開口がやんでいたことにまずは喜んで帰りましたが、食べていないのに急激に増えた体重が
そのままで、あいかわらずプニも不自然に膨らんでいます。
元気もまだ本調子でないのはあきらかで、このまま自力で産んでくれる予感はありませんでした。

そして病院も急変に対応できないから、ということで事前に説明されていた通りこの日は陣痛促進剤も打たず。

しばらくはこんな状態かな、、と思っていました。

翌日はいったんおさまったかのような状態、が、意外にもふたたび病院の始まる前日に開口呼吸をはじめ。
また病院がはじまるのをやきもき待っていました。

待っている期間に、「エコー」で「レントゲンに写らないタマゴ」は有無を確認できることも知りました。
もしも「写らない卵」がおなかにあれば、プニを切開して手術になる、ということでした。

ここまでも正直私にとっては大金がかかってしまっていて。おーちゃんを救うことはもちろん決めていましたが
白状すると手術だけでも十数万円はかかる費用を、どう頭と日常生活で処理していいのか考えられず、
苦しそうなおーちゃんを目の前にして、途方もない出費もどう受け止めていいやらでフリーズしていました。
↑こうして書くと、フリーズばっかりな私。


ただ、前回の先生の説明を聞き、毎日しんどそうなおーちゃんを見ているうち、最悪の場合を想定し、
じょじょに気持ちが「次回は手術をしてもらう」つもりになっていました。


そして言われていたとおり、待ちに待った病院が再開してすぐの日(4日後)にふたたび通院。

。。レントゲン画像。なんと、こんなことがあるのでしょうか、、おなかが全部まっしろに。

タマゴがつかえておしっこが出なくなっていたのです。。当初からうんちが出ていない、と先生に訴えては
いたのですが、たくさんお水を飲んでいたけれど、おしっこさえ出なくなっていたとは、、



そして、また先生に朝預けて、仕事が終わったらおーちゃんをお迎えに行くことに。


2回目の通院後。5個あった中の3つ目の卵です。卵を取り出すと、おーちゃんは水便のようなものを大量に
放出したそうです。
だっこすると、おーちゃんは驚くほど軽くなっていました。よかった。。と思いました。


今度は先生は施術後の画像も撮っておいてくださっていました。残りはふたつ。
エコーも診てくださっていて、どうやら心配していた「黄身のような卵」はなかった、とのことでした。
実は私は、もうおマタの周辺はその黄身でいっぱいなのかも、、とか、癒着したりして手術しか
ないのかも、、と思っていたので、(逆に先生に「手術は、、」というと、叱られてしまいました)
ほんとうに(なかったの)。。。?と信じられない気持ちでぼーっとしてしまいました。
この時点では、まだ卵ものこっていて、安堵する状況ではなかったものの。


先生は、手術はカメにはとてもリスクを伴うもので、症例なども載っていても
「その後」どのくらいカメさんが元気で過ごしていたのか、などは記載されておらず
切らないで済むのならそのほうがいい、もし促進剤を打って産まなければ、またおしりから
取る方法もある、(これにはほっとしました)など説明してくださいました。
(※先生の話は、いつの間にか「開腹手術」前提になっていましたが。。)

(本当に先生のいうことはごもっとも、で、もちろん私も手術はおーちゃんのためを第一に思っても
したくはないのですが。。ちょっと誤解が、、と思いつつ)

きっと私の言い方がよくなかったのでしょう。。それか先生はいろんな診察をするうちに、わたしに
どこまで、どんなふうに前回の診察時に説明したのかはよく覚えていらっしゃらなかったのかもしれません。
一生懸命説明してくださり、ありがとうございます。
いろいろとふがいなくてすみません。。

この日は、先生曰く昼間の処置後に陣痛促進剤を打ったので、ひとまずようすをみてください、もし産まなければ
一日おきに注射を打つのでまたあさって来てください、とのことでした。


そうして一回目の処置時に感動しすぎて先生にきちんとお礼を述べていたのか覚えていなかったので、
再度おーちゃんをこんなふうにした私の落ち度にたいする謝罪と、感謝の気持ちを伝えて帰りました。

この日のおーちゃんは、車の中でも落ち着かず、バタバタと暴れていたので促進剤が利いておなかが痛むのかな、、
と思いつつすでに外は暗かったのですが容器にざぶとんで覆いをし、信号機やライトなどがあまり
刺激にならないようにして前回と同じくなるべく静かに運転して帰りました。

帰宅後、計ってみると今度は驚くほど体重が激減していました。
その日はひとまず就寝してもらいました。ベランダで、だったとは思いますが、たらいで
寝てもらったのか?は覚えていません。


卵を産みきるまではごはんは食べないよ、と先生には言われていたのですが、、




。。翌日には爆食。


みんなとはわけて、「水場は個別に」と先生に言われていたのに、おーちゃんの「みんなといっしょにいる!」を制止できず、、

(ほかの子が産んでもわからなくなるため。)真ん中がおーちゃん。右はあー、左にしーちゃん。



数日後には、みんなをはねのけるほどごはんを要求してくるようになりました。

そして一週間後、産卵後の白濁した水になっていて、それからまた一週間もたったころに、やっとだれかのうんちの中から
「うんだおたまご食べました」の証拠があがってきたのでした。約おタマゴ2個分でした。



              
そして、通院中にふりかえりと今後の対策を考えました。

なぜおなかの中でおタマゴがわれてしまったのか?先生は「カラがやわらかかったから」つまり
カルシウムが不足していたのが原因、ということ。。

なぜおーちゃんだけが?と思いつつ、同じようにごはんをあげているクサガメはふつうに産卵しているのに、、
(あと、あーちゃんは水中産卵)

日照加減、日がよくあたる場所をうまく取れなかった・・・?でもカメさんは、日陰でも終日屋外に
居ればUVは足りる、と本にはありました、、産卵女子にはもっと必要だった?
今年は晴れの日が少なく、みんな甲羅の脱皮も昨年に比べてよくありませんでした。
ぺりっときれいにむけず。


↓この夏、パッケージ変更につき大特価で購入したレプトミン、と納豆菌いりごはん。

ごはんはふやかしてあげていましたが、もしかして栄養がふやかし水に溶けだしているかも、と考えて
これ以後はお食事用個別たらいに直接入れることにしました。
(ちなみに配合飼料は野菜室保管。一年以上で廃棄、ですがだいたい3種類とも2か月でなくなります)

↑今年はこれ以外にも「おおきなかめのえさ」をやめて、「カメプロス」をきれいな飼育水キープのために採用。
3つのうち2つを、一日おきの「ごはんの日」にあげていました。(コメットは毎回、レプとプロスを
交互、その後ときどきおやつに乾燥いりこ、わかさぎ、カンシャ、川エビ、ゆでたまご、トマト
果物など。)

わかさぎは高価になったので、頻度がへり、いつものショップのわんこのえさの検索で出てきた
真水で処理した、といういりこのお世話に。
ただ、海の魚はあまりあげるとよくないそうなので、たまに、少量づつで。


ヒト用のカルシウムを購入し、時々飼育水に溶かしてから入れてみています。
カルシウムが仮に過剰になったら石ができたりするのでしょうか?と先輩に質問したのですが
「ふつうにカメのえさをあげていたら、足りるはずだし、たくさんあげても大丈夫と思う」と
返ってきました。

ほんとうにこれまたごもっとも、、あげすぎは怖いので、まだ購入してひと月が経ちますが
3度ほど採用してみたのみ、です。(60Lのトロ舟に1~2錠、、)←少ない
しかも沈殿しているので、効果はあまり望めなさそう^^;。

あとは、かわいいあまり今年はおやつのバナナ、ゆでたまごの頻度がやや多かった気が。
通院以降は、主食である配合飼料をあげ、2~3週に一度、おやつにカンシャ(乾燥えび)を。


ともあれ、がんばってくれたおーちゃんに、先生に、受付の方の方に、仕事を抜けさせてくれた職場に、
相談に乗ってくれた先輩に、見守ってくれていたカメさん、読者さま、かめともさん、神様仏様に、感謝。。

※うちのみどりーズは、心配して?威嚇にしか見えませんでしたが 弱ったおーちゃんに向かって
「プルプル」していたのでした。。


。。と、よくもまぁ、われながら毎年毎年飼育での失敗ばかりを、、と思います。

ともかくも、昨年までは「飼育する」状況でなかったのも事実です。
今年からは、「保管」から、「飼育場」を作ってあげないともうだめだな、と思うようになり
狭いながらも少しづつ工夫を重ねてきました。

やはりとくに女の子には「産んでもらえる」ような場所を作ってあげないと。産卵床である
土場は容れ物から見直し、作り直しました。
来年に持ち越しにはなりますがさらなる改善がおそらく産卵に関しては課題のようです。


、、こちらもとにかく体が、、もう命、削ってます^^;。おおげさだ、と思うかもしれませんが
少なくとも私にとってはそうなので、「多頭飼育をおすすめしません」と毎度書くのはそのためです。。
(こうしてカメに負担がかかります→何やってんだ私、、、となります。。)反省しております。。
過去にSNSや先輩に、多頭飼育崩壊している方々のようすを見聞きしてきたのも大きいです。
自分は紙一重なのか、と自問し「多頭飼育崩壊や~」と冗談まじりに話し、はげましていただき、
自分を鼓舞してきてきょうに至ります。

一頭でも体調を崩すと、そちらにつききりになりますし、日々水かえし、ごはんを
あげていたら大丈夫、、ではなかったのです。

そもそもとくに野外の活動に関しては日々自問自答、そして答えはわかりっこなく、でません。。
ことアカミミガメの「命」に関しては。

ただ「かめさんがすき」「今、自分ができること、今信じていることを やる。」それだけ、です。
ほんの、すこーし、だけ。

その作業は、ただ「かめさんがすき」でかめ飼育ブログを書いて、かめともさんと楽しく交流していた
そのころとは違って。
うしろめたさ、孤立感。もやもやは常時。けれど、勇気とカメ愛を発信してくださる方や、
少数でも応援、いっしょに心を寄り添わせてくださる方々に勇気をもらいつつ、
ちょっとだけ進み。こけながら。みてのとおり、どんくさいですから。。




次回は、きょう撮影したみどり保育園の園児の今のようすを、そしてとっても素敵な手作りの
ぶりくら市に出品予定のかめグッズの画像が届きましたので、ご紹介したいと思います



はぁ~。。なんということでしょう。書くのに3時間半もかかりました^^;。

シンプルにお伝え出来ずですみません。(そして実は手直しがまた必要なのであった。。)
今回卵詰まりについての詳しい情報が少なかったのですが、その少ない情報に救われたので
またこのたびの経験がどなたかのかめさんライフに役立てば、との思いで書かせていただきました。

黄身ぽいものがおなかにごろごろ、、の画像は検索で出てきます。
アカミミガメの、飼育下の女子によくみられる症状らしく、このたびカメの会長さんに質問した際には
フィールド調査での個体では見たことがない、とおっしゃられていました。


また、「こうするのがおすすめ」など、環境のアドバイスなどもよろしくお願いいたします。
土場はあるのですが、みんな遊び以外では近付きません。




長々おつきあいいただき、ほんとうにありがとうございます。
にほんブログ村
みんな みなさまにとって きょう 明日が よい一日でありますよう。 ずっといっしょ
コメント (6)

みどり保育園2017.7 あーちゃん無事ポロリ産卵、みんな元気でおひさまだいすき♪

2017-07-31 16:54:14 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ぽちっとおして 応援していただけると とってもうれしいです。やさしさに 感謝

↑うんだら もらえる カルシウムほきゅうの わかさぎさん。(わんちゃんコーナーのおやつ)

暑いですね。しかし梅雨明けしたんですよね?な、雲の多い気のする今年の夏。
体力的には助かります。作物も、さすがに真夏はカンカン照りより恵みの曇り、でしょうか。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。先日の川のレポートの前に、やっと5月から心配していた
ミドリガメのあーちゃんのおタマゴがおなかから無事全部出てくれたので、報告です*^^*。

。。産んでくれた、と書けばいいのですが、もう心配で。。


おばさんが、まいにちのように、、



あたしのおなかを ごそごそ、さわってきて、、


こまったかお、してたけど、、(ぱくっ。)



↑トロ舟の中で、おそらく2~3つ、産みました。7月15日。これが一回目。



もぁ~。  産むと白濁する飼育水。とってもアブラぎっています。



おなかすいた。↑つねに ハラペコ 育ち盛りのまるちゃん。


。。おなかすいた。↑うんだ本カメ、あーちゃん。

わぁ~~、あーちゃん、ありがとう・・・!がんばったね、おばさん、すっごくうれしいよ・・・・!


と、すぐにごはんをあげました。産んだ直後は、「乾燥わかさぎ」をだいたいカルシウム補給にふやかしてあげます。

(普段も2~3週間に一度、2尾ずつくらい)
つまったらどうしよう、、と、気がかりで。部屋への最初の徘徊から2か月も経ってから産んでくれました。
食べなくなったり、うろついたり、じぃっと干していたり、また暴れたり、食べ出したり。


7月に入ってからは、早くもかめさんの好む水温26℃あたりを軽々越えてきたので、猛暑にそなえて
今年はスポットファンをトロ舟に各ひとつずつ設置。

-4℃といううたい文句どおりに行くかどうかはわからないですが、今のところ朝の水温は26℃くらいで、昼間のピークは27~28℃台です。


↑そして7月20日。3回目の産卵。たらいの水が、まっしろになっているのがおわかりいただけますでしょうか。。


たらいのお水を捨てると、いっこ産んだかな・・・?というタマゴのからが。



これはうちのクサガメとそのタマゴ(今月分)なのですが、この子は土でないと産んでくれないんです。
土をホリホリして、また埋め戻します。
この子の場合は初産の時は数か月タマゴを持っていましたが、いつもは産卵サインを出したらわりとすぐに
産んでくれるので、そんなに心配する間もないんです。


あーちゃんは、けっこう食べたりして元気だったので、病院は見送っていましたが、、

ほんと、こんなごっちゃごっちゃ多頭飼育でおちつかない中で産んでくれてありがとう。

※お食事中の方は注意~






これはトロ舟から回収したものですが、毎年のことですが、「産んだおタマゴ」は、「誰かのゴハン」となるのですが

このくろ?みどりっぽいものは、腸を一度通過したタマゴ(のカラ)だよ、のサインです。。

一度ならず、の時もあります^^;。



土場はだれも使ってないんですが、時々上がり込む子もいるらしく、飼育水には毎度土が混ざりこんでいます。


ちなみに土場の上段にはメダカがいます。今年の猛暑対策に、こちらにもスポットファンを(↑上部)つけました。
こちらは、ふたつのたらいをひとつのファンでなんとかひやしてもらいます。。


みどり保育園全景。女子と男子の間には、チャイルドガードをつけています。



6月は大トロふたつを女子6カメに開放していましたが、クサガメ女子にひとつ提供中なので、
園児には大トロひとつと、2たらいプラス土場、、でガマンしてもらっています。

帰宅後ベランダをのぞくと、「つぼ湯」のようにたらいにはまっている子がいます。


陸場も狭いですしね。


「あっちいきたい」と、ときどきガリガリする子も。ごめんね、あっちはキケンなのよ、、。




↑ 左から らん、おー、しー、手前まる、水中きーちゃん。


↑別の日、全女子上陸成功。暑そうだったので、人工芝でちょっとだけ陰にしてみました。
みんな直射日光がすきそうなんですけど、一部しかこうしておひさまスポットがなく、脱皮するために
日陰はじゃまかもしれないので。。

直射日光はカメさんにとって、とても危険なのですが 時間的にもすこししか差さないので、日陰を
一部すだれなどで作ったり。作らなかったり。

今年は昨年のようにきれいに脱皮する子が少ないです。おそらく食べ方(量など)や成長期かどうかなども
影響すると思うのですが、日照時間などもとても重要な気がしています。




のびーーーと、らんちゃん。いいねぇ、きもちよさそうだねぇ。みんなほして えらいねぇ。

かめさんにとっては、甲羅干しは 皮膚の乾燥日光での消毒、丈夫な甲羅を日光に当てて作ったり
代謝をあげたり、あたためて消化促進、と とってもだいじな仕事ですしね。 


↑こちらはみどり男子。奥がくろちゃん、手前にはんちゃん。

このあとまた場所替えし、今朝またまたこのポジションに戻しました。



男子のスペースを上から。


。うっかり直射日光になる場所にデジタル温度計を置いたままにしておくと、こうなります。。
(カメさんたち、よく平気ですよね。。)↑無事なおりました。


はんちゃん干し。


水中くりたろう。



陰干し くろちゃん。水中には、最近ずいぶん逃げなくなってきた ごろちゃんも。

くろちゃんが食べなくなったり、食べたりを繰り返しているのですが、「暑いし食欲がおちているのでは」と
いわれ、スポットファンを設置しているのですが、それ以降はファンのおかげだかわからないのですが
2日に一度のごはんを、ちょっとのこしつつ「いいうんち」もしてくれているので今のところいいかな、と
思ってみています。

水替え時には、くろちゃんにはcha〇mさんの ちょっといいカルキ抜きと、ようすを見て粉末茶をまぜています。


ひいき?  ↑はんちゃん男子


う~うん、みーんなげんきでいてほしいしね。ひいきはなしよ、はんちゃん。おやつのしろみ、はんちゃんにはたくさんあげてるし
ひとつよろしく、ということで。。。




~しょちゅうおみまい、もうしあげます。  みんな みなさまが ぶじげんきで よい夏をすごせますよう。~


↓↓おつきあいいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村
↑↑ きょう一日が みんな みなさまにとって よいいちにちでありますよう

コメント

みどり保育園2017.5~ そわそわ産卵近し?と、元気にごはんタイム(女子サイド)←今度こそ。

2017-06-30 23:30:01 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ご訪問いただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ ぽちっとおして 応援していただけると とってもうれしいです。日々のみなさまの あたたかさに 感謝

こんにちは。お久しぶりで大変失礼しております梅雨らしくなっ
てきましたがお元気でしょうか?
災害、被害にあわれました方々には心よりお見舞い申し上げます。


前回アップ後確認したら、書き溜めていた記事内容がほとんど全部9割がた消えてました・・・
書き足してアップしますので、お待ちくださいませ。。長文だったのに、、腰と手首がイタイです。。(´;ω;`))←と、再再度トライしては消え、、、
自宅と職場、両方でトライしたのですが、心が折れました。(心も痛すぎました)
どうも何らかの理由で、記事アップ時に不具合がでるようです。

さて、この記事が無事アップできるのを願って。。書き進めたいと思います。





現在も里親さま募集中なことと、「アカミミガメふくむカメさんの生活向上委員会」←勝手に設けてます
の会員としまして、「みどり保育園」のようすはちらちらはさんで行きますが、よろしければ
しばしお付き合いのほど。。(会員さま随時募集中
↑年会費永年無料、自分で名乗りと誓いをあげるだけ

そういえば、「かめさんの輪♪」の規約もいまだに作らないままです。。
↑手探り状態で、自分でも固まらない

カテゴリを作って、追加しつつこっそりアップしておきましょう。。←がんばります

(ちょっと長文ですので、適当におつきあいくださいませ~)毎度文章が下手でご迷惑をおかけします


毎度のごあいさつにはなりますが、「みどり保育園」は、川の保護活動の際に捕獲された
アカミミガメを、「この子をください」と、里親さまを探すことを前提に私がいただいてきて、
人との生活に慣れてごはん(配合飼料など)を食べることや健康を確認できた子を
里親さまにお渡しする、という地味~~な活動の「一時預かり」ちゃんたちです。

その名のとおり、「ミシシッピアカミミガメ」の子たちで、飼養は男女(オスメス)わけて
います。

PCサイトではトップページ表示の、「2020年ごろをめどにミシシッピアカミミガメは
段階的に特定外来に指定される予定」というのは現在も変わりません。

今飼育されているアカミミガメは、指定後もひきつづき飼育が可能です。
(届け出が必要になります。ただし、現行の特定外来種に必要な書類よりも簡素化される
見通しです。昨年秋に施行されたハナガメなどを参考にしてみてくださいね。)



数日前、テレビでは外来種の駆除の放送がたくさん流れていたので思わずチャンネルを
パチパチ変えながら見ていました。

タレントさんが、大きな声で「こいつら」とおっしゃっていたことには違和感を感じましたが、
おおむね「悪者」を強調はしていないこと、には安どしました。
今後もお外の生き物たちに関心が高まるのはいい傾向ではないかと、そして見るだけではなく、
疑問に思ったら「調べてみる」とか、そこを糸口に何かに参加したり、と行動してみると
小さな発見やおおきな感動もできますので、おすすめです^^。

「どの命も、尊いもの」ということは、触れてみることでよりいっそう実感できると感じています。

そしてどなたかが番組コメントを書いていらっしゃいました中に「その後生き物たちがどうなったのか」
「駆除、した場合は、どのように」を、伝えていただけるような機会があればと思いました。
(放送には限界があるにしても)クサガメをとりのぞく種、としていたのでクサガメたちのその後も
専門家さんがいらした、とはいえ気になりました。(クサガメたちはリリースされたのか)
どうぞ生き物たちがみんなしあわせに過ごせますよう。

************

さて、みどり保育園の園児たちのようすです(6度目のトライ~)


朝。


あたらしい、朝。  ひだり しーちゃん、奥おーちゃん、右らんちゃん。


希望の、朝だ。←どっかで聞いたフレーズ



喜びに甲羅を、プニを膨らませるみどり保育園女子たち。のどもヒコヒコふくらます。←カメさんには横隔膜がないためだそう


よろこび、だけじゃ、ふくれませんのよ、とばかりに。。  ↑手前 らんちゃん、奥 きーちゃん


空腹をうったえます。 ↑まだ保母の手からごはんは食べるのをちゅうちょする きーちゃん。(けど食べる



ちゃぷん。


一日おきに出現する、「たらい食堂」の準備と配合飼料のふやかすにおいに反応して降りてくる女子たち。
↑この日の「おやつ」はトマトだったもよう。



「たのもぉ~~」   ↑保母(私)が朝ベランダをあけると、「まってました」と。。



飛び出るあーちゃん、でもその目的は、、



室内散策。抱卵中の女子は自ら室内に入ってきて、あっちをうろうろ、こっちをうろうろ。



・・こちらは男子サイドなので、開放していません。朝は蚊が入ってもおカメさま優先で
窓を網戸なしで開放しています。うっかり網戸にしていたら、毎年網を交換するハメになります。。
’(網が金のタイプもあるそうなのですが、なんとなしにカメさんのハナがけずれてしまうのが怖くてできません)



産卵床もあるのですが、、



数日見計らってはトライするも、お気に召さず。暴れるばかりでホリホリしてくれません。
先日は公園に行ったものの、予測通り(意外に「逃亡」は図らず)場にびびってそれどころでなく。
とりあえずなれてもらおう、と一時間ほどぼーーっといっしょに公園のすみっこにいました。


あまりごはんを食べなくなったら、滋養のゆでたまごの「白身」を。。


「ぱくり」。半熟にしたら、黄身も当然大好きで食べるのですが、普通の状態ですと黄身はこなごなに。。
(鼻からバフバフと水中に出されてしまいます^^;)


お目目まんまる、まるちゃんにも、どーぞ。普段はみんな公平にあげています。ケンカせずにそれぞれ
待っててくれるようになりました。  ↑こんなにはもらえません。おやつ程度です。

また別の日。

この日のおやつは「しろごはん」。配合メインなのは毎度ですが、味付けなしの食材はいろいろと
ためしてもらっています。↑ちなみにみんなのぶん、とはいえ多すぎました^^;。


ごはんタイムは、貴重な保母(と人間)になれてもらうための時間。今は4年目突入の保育園、みんな
手から食べてくれるようになりました。(クロちゃん以外はね。。←アダルト男子は保守的だ~)


、、、と、室内から戻ってきたあーちゃん。


あーちゃんはごはんにつられたわけではなかったのですが。。


ケガの原因になるので、このあと別のたらいに入ってもらいました。




今現在はは配置換えしている、以前のみどり保育園常設の産卵床です。土は湿らせて固めています。



あーちゃん、ガンバってね。
昨夜水替え時に、おそらくおタマゴいっこぶんくらいの水場のにごりが確認できたので、今朝の
たべっぷりから言ってもおそらくおーちゃんのほうが産卵してくれました。(あーのおなかははタマゴぱんぱん)
あーちゃんもおーちゃんも食べてくれましたが、まだ2カメとも抱卵中なので控えめです。

おーちゃんもがんばって・・・!


食べたら出して、、


干します。カメさんの健康には、甲羅干しときれいなお水、おひさまが欠かせませんよね。





じゃましたくないのですが、この光景は何度見てもしあわせになります。←そして何度も何度も見る保母←やめなさい




あーちゃん、おーちゃんがぶじおタマゴを産めますように。


さて、無事記事画像アップできますように。。><。





いつも応援していただき、ほんとうにありがとうございます。
ここに張り付けポチを置くとへんになる要因もあるかも?(なくてもアップはできなかったのですが)
怖いので、貼り付けないでおきます。絵も入れるとそこ以後カットされていたので挿入しないでおきますね。

みんな みなさまが 無事この夏を過ごせますよう。


170630-000162



 

コメント (2)

みどり保育園・2017.4.おひさまさんさん、春らんらん、カメほしほし♪<男子編>

2017-04-26 13:49:33 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村
↑↑ぽちっ、とおして 応援していただけると、とってもうれしいです。みなさまのやさしさに、感謝

↑冬眠からの、春眠(もはやシリーズ化?)、男子のくりたろう@みどり保育園

今月は、怒涛の応援、ご訪問、ほんとうにありがとうございます。ランキング上位もいただき、驚き&とってもうれしいです。
ちとまじめに(経済活動のほうの)仕事にはげんでおりました。
(そしてただいまサボリ中です)
ブログ更新をご褒美に、、と。
遅咲きの桜をたくさん胸いっぱい堪能されましたでしょうか?
あっという間に初夏の日差しが痛いほどさしていますが、みなさまお元気でしょうか?つい薄着でいたら、風邪を、、なんて方も
いらっしゃるようですので、ご自愛されつつそれぞれのGWをお迎えくださいね^^。

では、前回の続きで今度は「男子チーム」です。


全景ですが、手前は女子、奥の3つのトロ舟(手前から中・中・大)にそれぞれ1-2-2カメが生活しています。

(ちなみにおとついから、女子は大トロ舟2つにしました。)←ここにあずかり中の「クサガメもみじちゃん・女子」も編入中。)




しれっと干す男、くりたろう。この子は保母(私)の心のアイドルです。気のすむまで保育園残留です。
昨年ほかの男子にケンカを売ったのか?首におおきな傷→ミズカビができ、完治しましたが単独飼育中です。

きんぎょもでしたが、傷ってその後ミズカビを発症しますよね。

水もしたたるいい男、はんちゃん。  (アカミミ男子は、クサガメ男子のように。。)


保母の目の前で。。    (黒化(こっか)します。はんぶん黒化だったはんちゃんも、、)
  


よいしょ。       (もう立派な「黒化オス」ですね。アカミミはまだうっすら残っています。)








上陸です。     2015年に、梅雨時に水質悪化(飼い主である保母の怠慢。。)で、左耳を「中耳炎」にしてしまい、
病院で治療を受けたはんちゃん。(どの画像も左耳が写っていませんが。。)
点眼薬治療と治癒力で、すっかり元気になってくれました。


おしりをぷりっと。  この不安定な場所に乗り上げるポーズは、すこしでもお日様を表面に当てたいから、だそうです。
おなかもおしりも、しっかりほしほし。。


キュートですよね*^^*。


はんちゃんはあいかわらず「ゆでたまご」に目がなく、昨日は相方が「かめさんに」とくれたちぃ~~さいエビ(高級あみえび)を
一生懸命食べていました。

男子は全体的に食が細いので、しっかり食べてくれているとうれしいです。



夕方も干す、くり(手前)とはんちゃん(奥)。


くりはなんだかちっさいです。配合飼料はたべますが、ちょっとでも芯が固く、ふやけてないと残したりします^^;。

みんながたべている「かめのえさ」は大きくて吐き出してしまうので、折ったりしていたのですが、最近は「ひかりクレスト」という
ちょっと高いめのかめごはんです。(みんなには、たま~にまぜてあげます。

かめさんがおおきくなり、これだけ数もいると「ドッグフード?」というほど(?)かめのごはんも消費します。
袋から出す量も「ぱらぱら、、」→「ざらざらざらざら~~」に。


水温は16℃くらいになってきましたが、まだまだ本調子ではないのでつい量的に「ふやかしすぎ」
(ふやかしてからあげています)に。
足りなそうなら足していく方式にはしているんですが。


つぎに、、、


いつかくろちゃんのようすが落ち着き、自分の気持ちも落ち着いたら記事を書こう、と思っていました。

くろちゃん。立派なアカミミ黒化男子です。


でっかいです。2014年4月に保育園に来ました。


実は、当初からのどが腫れていて、ちょっとのきっかけで病院に診てもらわないといけないような容体になったりしていたのですが

※閲覧注意です。


昨年の秋にのどを外科手術しました。  傷は今はふさがっています。

「潰瘍(こぶ)やけど、干したりしていたら治るよ」とカメに詳しい方にいわれて
ずっと間にうけていたのですが、だんだん腫れがおおきくなり、お盆前の普通なら食欲のピーク時にぱったりごはんを一切食べなくなり。



体重をずっと見守りつつ、自宅でようすを見て自分の判断で体力を考慮して冬眠してもらい、(加温しての
人間との生活はくろちゃんの場合すごくストレスになる、腫れにも低温のほうがいいという判断)
無事体重の減少もなく、腫れはすこし冬眠中にはおさまって春を迎えました。

起きてからはまた腫れてしまい、干す際の人工芝やスロープへの摩擦など、すこしでも原因は取り除こうと

環境を改善し、夜は患部を浮かせて寝れるように室内の段ボールの中で乾燥しすぎないよう水を入れた容器を湿度調整(気休め)に
いれて寝泊まりしてもらったりして、穴の部分も空いているようなら干し寝でふさがるかな、と数日
ようすを見て、一度だけうすめたヨードチンキを穴にたらしました。

今はごはんもゆっくりとですがしっかり食べてくれています。
今朝は立派なうんちもやっと確認でき、まずはほっとひと安心しています。

のどには「釣り針」が入っていたそうです。最初に言われたことを間に受けすぎて、長い間手術のことも念頭におけませんでした。
(くろちゃんは、川で捕獲された個体です)
何度も相談はしていたのですが、気づいてあげれるのが遅かったのです。レントゲンには針が写っていました。



手術には手術前の治療も含めてふたケタまではいかないのですが大きな金額がかかり。
きっとこの額は、最初の飼育はじめだと自分は出せなかっただろう、最初に聞いていればおそらく飼育自体もはじめてなかっただろう、と
思うと、くろちゃんには本当につらい思いをさせて、完治もできない状態になってしまい申し訳ないけれど(いっしょにいた人間の大人←私でさえ
心身ともにへとへとになるほど負担をかけ、大変でしたが乗り切ってくれました)

「この期間は、『この額を出せる』、という決断をするために自分には必要な期間だった」と思って心のおとしどころをつけています。。


針はとりのぞけたけれど、ほかにもなんだかいろいろなもの?がのどには残ったまま、動脈など大事な部分を傷つけると生命に
かかわるのと、組織と癒着?しているような状態で、ほとんど取りだせなかった、ということでした。


今は毎朝、毎晩くろちゃんに「いたいのいたいの、とんでいけ~」を三回念をこめてとなえ、きょうある元気を感謝する日々です。
(かみだのみと、くろちゃんだのみです)くろちゃんには余生を保育園で送ってもらう予定です。



くろちゃん、のど、いたい?



よくがんばってくれたね。ほんとうにありがとう。

多頭飼育は、一頭でも不調だとその子に飼育の時間と気を取られてしまいますが、ましてや不調な子が複数頭いると
飼い主のこころがくじけ、崩壊します。
「何をやってるんだ。。」「何がしたいんだ、私は。。」回復の兆しや改善が見られなかったりすると、日々がつらく。
時系列で出口が見えない状況でアップするような勇気もなく、ご心配もおかけしたくなかったので落ち着いたら、と
まだまだこんな状況ですがアップさせていただきました。





くろちゃんののどの針は、たまに川ではあることだったりします。

腫れはほうっておいたら破裂していただろう、と先生には言われました。手術前よりもおおきくなったこぶ。もうどうしようもないのかな、と
こぶをながめつつ、ひとまず暑くなって改悪しないことを祈りつつ、水質には気をつけつつ経過を日々しっかり見守りたいと思います。




大トロ舟にくろちゃんと同居中の「ごろちゃん」。一応かみついたりはしないと思うのですが、はんちゃん、たくちゃんは
それなりの大きさの子なのでくろちゃんにさわりのないように別居してもらい、ちびっこのごろちゃんだけいっしょにいます。
(多頭の場合は傷のある子をかむことがあるそうなので)
はんちゃんはひとカメ暮らしが昨年は不満そうにしていて、となりのトロ舟によく入りたそうにしていたのですが
今は同居生活をひとまず仲良くしてくれています。





ごろちゃんは現在里親さま募集サイトでほかの女子2カメもいっしょに里親さまを募集中です。
やっとアップできました。募集は年々きびしくなっている感はありますが、個人的にはpC環境は以前よりずっと改善
(以前はPCを借りないと募集がかけれず)したので、今年こそはしっかりとご縁をつないであげれるよう、
(しかし数をこなすのは目的ではありません。カメさんをお迎えしたい方に橋渡しができれば、と思っています)
微力ですがこっそりとがんばろうと思います。


撮影用にひっつかんでいますが、あまりさわらないようにしないと、、



「干すのに安全」って思ってもらえなくて、干さなくなると「シェルロット」(甲羅の疾患)になるので大変です。
ごろちゃんに、よいご縁がみつかりますよう。



今回も、ながながおつきあいいあだき、ありがとうございます。
川と、もう行き先が決まっている「クサガメもみじちゃん」の飼育エピソードのネタもはやくアップしないと、また次の
川の日がくるので、がんばります(薄れゆく記憶と、ごちゃまぜになる画像。。)



↓↓ ちょっと、、おれの紹介は。。↓いちばん冬眠明け後に体重増加で驚かせてくれた男、たくちゃん@みどり保育園はんちゃんのルームメイト
にほんブログ村
↑↑ たくちゃんゴメンね、干してる画像があったはずなんだけど、、?たくちゃんのご縁はどうかなぁ。
コメント (5)