かめさんの輪(かめりん)♪

カメ好きです。活動している方をお手伝いしたり、学んだ情報を共有しています。どのカメさんもしあわせにと願っています。

♪イベント告知♪(カメさんの生体は、ぜひ国内ブリード個体、または里親募集サイトで計画的に・・・☆)

○国内ブリード個体・グッズ(爬虫類メイン)販売イベント 眺めるだけでも楽しい♪ 
○ぶりくら市
2018年10月7日(日)場所/神戸サンボーホール1F,2F
○とんぶり市 
2018年11月11日(日)場所/東京都立産業貿易 センター台東館 (2フロア)

◎カメグッズだらけのイベント/カメ DE Show!2018(本家KDS)
2018年11月25日(日) 浅草橋東商卸売センター

○第6回 淡水ガメ情報交換会 飼育者さんも楽しく学べる♪
2019年2月23(土)24(日)東邦大学
◎カメ DE Show!in NAGOYA
日時 : 2018年3月25日(日)11時~16時(予定)
場所 : 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 9階 展望ホール【終了しました】

『早まらないで』ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)はふつうに飼育できます。

~ご家庭や職場、学校などでミドリガメを飼育されていらっしゃる方へ~
2013年9月、環境省がミドリガメの「特定外来生物」指定を段階的に「検討」する・と発表しました。
「今すぐにミドリガメが飼えなくなる」と誤解された方もいらしたようですが、

○「指定が実現するとしても、早くても2020年以降になると思われます」

○「仮に指定されても、届出をすれば今までどおり飼育できます」
(捨てたり、手放したりする必要はまったくありません。)

○「届出の手続きなども、簡素化される可能性が高いです」

ニュースだけを見て、どうしていいのか不安に思われている飼い主さんも多いと思いますが、
かめはとても頭のよい生き物です。捨てられた悲しみを味わわせるのは、あまりにつらいことです。

どうか早まってかめを手放したりされないよう、生涯大切に飼育してあげてください。よろしくお願いします。


2014年1月12日 「クサガメ・のんちゃん♪と暮らす。」 ~管理人ぽちこ

かめりん♪2014年をふりかえる。

2014-12-23 22:05:07 | つぶやき。。。
の、そのまえに・・・告知を。

環境省より・外来種(カメ・カエル・トカゲ含む)パブコメ募集』2015.1/11まで。←

「クサガメ・のんちゃん♪と暮らす。」の記事リンクしています。


参加すれば、かならず次の「自分は何をすればいいのか」が見えてきますよ~^^。

未成年でも、どなたでも参加できますので ぜひこの機会にご参加を♪

                


・・・さて、今年もいよいよおしせまったきょうこのごろ。ふりかえりのつぶやきです。

前置きに書きましたが「自分は何をするべきか、見えてくる」・・・。自身・見えてきたかなと

感じたひとりでもあります。

フツーのおばちゃんが、フツーにかめを飼育し、毎日仕事に出かけ、ときどきかめの

ブログを更新し、時々環境ブログに参加させていただき、(そして記事を

読ませていただくことももちろん。。。)ときどきフィールドやお勉強会にお出かけして

学ばせていただき、またそれを共有させていただこう・と記事にアップし。。。



卒園した子のおチリ。びびりぃ~ちゃんだったな。。


室内フリーウォーク中のクロたん。ただいまベランダで冬眠中。。。

昨年までは、かめを飼育して愛でていた・だけだったのですが

今年も人から見たら、「そうかわらんやん」かもしれませんが、本人的にはすこしづつ

かわってきているとかんじています・・・

「かめちゃんのために、できること」。を、やろう・と決めた・それだけで

流れが自分の興味のあることへと進んで、それでも 無理ではない程度に 流れに のってマイペースに

いろいろとさせていただけ、やさしく 学ばせていただけた・そんな一年でした。

かめブロガーさまにお願いして、拡散させていただいた2月の「現アカミミガメ飼育者さま

対象・アンケート」の作成と実施、(多くのかめともさまに助けていただきました。)

2月の「淡水ガメ情報交換会」のヒアリング・(ついでにアカミミちゃんアンケートの

チラシ配り~)

5月の「たねくら市」へのボランティアとしての参加(かめグッズ委託販売と

ボランティア活動をされている団体さまの紹介ブース出店)・・・と、ちらっと

「どうすりゃいいの・アカミミガメ」パネラーとして参加もさせていただきました。

3月からは、2008年に一度だけ見学させていただきました「和亀保護の会」の

会の活動に参加したい・と前年からお願いしていたので、川の保護の会の活動に

参加。(これもかめ友さまにつないでいただきましたご縁。)

今年はこの会の活動についてまわらせていただき、フィールドで 12回(半日参加2回含む)

お勉強会3回で、本当にお世話になりました。

現地で活動の終了後にも、いろいろと質問をさせていただいたり、Facebookでのいろんな活動をされている方との

やりとりを拝読させていただき学ばせていただいている最中です。

(「活動」・って何?といわれたら、「自然環境のための活動」というかんじでしょうか。)

まだなんとなく、知りたいことの表面をただなでているような、つんつんさわってみている

だけのような・手さぐり状態な私ですが 自分なりに何かできることがあれば・という思いでいます。

なんだかんだ首をつっこみつつ・ハードスケジュールになってかめのお世話ができなくなってしまわない

程度に・と思っています。(「できないものはできない・と考えて。自分ができる範囲で)


よろしくね。←この夏、初産卵したわが愛娘・のん子。実は今も産卵疑惑中です。。。

「かめりん♪」としては、かめに関しての情報発信からの~生態系に関すること・自分の流れのままに。

来年もまた、かめにとって「いいこと」になるように、(それはちっぽけでも必然的に人にも動植物・

地球にもいいことな方向の・ハズ・・と思っているのですが)里親さま募集も細々ながら活動再開

させていただきたいと思っています。

また冬眠前準備・冬眠中もときどき時間と機会があればこちらにアップさせていただこうと

思っています。

(ただ、冬眠準備の画像は本当に撮るヒマがなく、画像はほとんどありませんのであしからず・・

昨年の今頃には、アカミミちゃんアンケートを作成していたので、なんとなくアカミミちゃんの

ための活動・は予測できていたのですが、おととしはさすがにこんな自分は全く想像して

いませんでした。

きっかけは「かめ」。そして、来年もまたかめとかめともさんにいただいているヒントを

もとに、流れに身をまかせてどこに流されるのか・ちょっと楽しみにしつつまたみなさまと

教わったことをここで共有できたら楽しいな・と思っています。

またよかったらこんなつたないブログですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・すでに年末のごあいさつもいれちゃってますが、年内にできれば最後の池干しの

レポートもアップしたいと思います。

(パブコメを仕上げないとなので・・・^^;;息抜きという

現実逃避に、アップしに来るかもです~)3月に試験もあるので、年明け後あわあわしそうですが・・・^^;。

では、ひとまずみなさま、どうぞよいお年を。。。

今年うまれた、このブログ・・・
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村
おつきあいいただき、本当にありがとうございます。

かめさん好きで来てくださっていた方には、いろいろと読みにくかったり、興味とはちがう記事もこれからも

あるかと思います。

それでも、けっきょく活動している人は、「人間のやってしまったこと」「生産と消費」の

このサイクルを続けていると、「もう地球はだめなんだな」と気づき、(ここまでは皆様が

感じていること)「じゃ、何から手をつけたらいいんだろう」と考え「じゃ、自分はこれを

やってみよう」と、日々活動されていらっしゃる。

そんな「つながり」は、ネットで持てる・というとっても便利な昨今。

「人間のしてきたことを、自分(たち)でなんとかしていく」「ひろめる」「集う」

「アップする」「質問・応答する」そしてまた刺激を受け、自分も活動する・・・。

リアルもネットも、両方大事。

見ているだけより、やってみる・と「百聞は一見にしかず」で、本当にいろいろ

わかってきますよね。

↑とくにニブイので、やってみないとわからない・な私・・・^^;。

かめさんの活動の形も、どうかわっていくのか・・・ちがうことも始めたいですし。

カラダが資本♪ですよね。

来年は、もうすこし「ひとにもやさしく」なりたいです^^;。←ひたすらテーマ。

12/25追記:

続きです。

なんといっても、アンケートの際はかめともさま・そしてリアルでつながりあっていただいている

かめ飼育者さなが「告知」の協力を申し出てくださらなかったら、まったく企画自体

成立しなかった・ので、本当にありがたかったです。

そして一緒に制作してくださった方々・参加・ご回答・集計してくださったほとんど見も知らずな

方々にこころより感謝いたします。

今年は、自分がブログをただ書いている・だけではきっとつながらなかったたくさんの

「かめとも」さまを逸脱した、かめの大先輩さま(かめの保護のために活躍されていらっしゃる・

もともとかめの飼育者さまスタートな方たち・PCスキルの高い方々など)や、自然保護の

つながりの方から助言やつながりをいただき、アドバイスやお勉強もたくさんさせて

いただけました。

そして、直接かめちゃんからも学ばせていただいてる最中です。

まさか・かめのアンケートを作ろう・とか、かめの生態系を守ろう・と活動に

参加させていただく・というちょっと今までとちがう角度からかめとかかわることで

政治・経済・世界の中での日本の立ち位置・選挙などと向き合うことになろうとは。。

かめの世界は深いなぁ・・・!

なんでもちょっとだけのぞくと、ぜんぶがつながっているんですね。

「世界」。地球上。そして宇宙・時空・・・?

一生お勉強がつづくのか・と思うとわくわくしますね。

いいこと・よくないこと。楽しいこと・悲しいこと。常に表裏一体、だけど

気づいて・何かすれば・かわる。もしかわらなくっても、「0.0001」はゼロじゃない。



やってみてだめなら仕方ないし、やらずにグチるくせのある私なんかは、やってから

グチろう・と。そしたら、もともとグチってたことにはグチはなくなって(ちがう角度から

知ると、すこは問題の焦点ではなくなるから)次の問題が見えてきて。

問題が見えたら、それにたいしてなんらかのアクションができる・かも。。

間違ってるかもだけど、やってみよう。ができる状態・ってことは、やれ・ということなのだな~と。

(ヒマはこのために与えられてるのか・という理解^^;)なので、謙虚さがない自分をときに?

ちょっと?しばしば持て余してしまったりしますが、自分は「ツール(媒体)」としてつなぎの役割が

できれば・という理想。。を持っています。

かめの飼育者さま・フィールドで活動・研究している方々と・生態系やいろんなこととの

つなぎ。。

の、0.00000000000001、くらい・かな?

ネットを使って・自分は使われて~くらいな。

・・・退屈なつぶやきにおつきあいいただき、ありがとうございます。ちゃんとまとめられなくって

はずかしい限りです。。

かめつながりの方とのつながりもうれしいのですが、この自然環境・生態系カテゴリの読者さまと

つながり、とってもうれしかったです。ありがとうございます。

なかなかあっちこっちさまよってる内容かもしれませんが、どうぞまた来年2015年も

よろしくお願いいたします。

管理人 ぽちこ
コメント

ミドリガメの命・と新聞の誤報。

2014-01-26 13:18:48 | つぶやき。。。

環境省が2013年・9月に発表したときに記事にした、読売新聞の記事。

「ミドリガメが飼えなくなる!?」←※飼えなくなりません。誤報と伝えていいそうです。

に続き、2014年1月、また同じ読売新聞(新聞のお名前は出したくないですけど、もうこれ以上の

誤解を防ぎたいので、非難の意味ではなく、今後の被害防止の意味で書かせていただきます。)で

「ミドリガメの輸入規制・飼育禁止」と掲載された件(これもきっぱりと誤報だそうです。)での被害が「週間朝日」さま・

2014.1/31号でとりあげられているそうなので(かめともさま情報です。ありがとうございます。)

 

リンク・ご紹介させていただきます。(飼い主さま、世間のみなさまには、どうか記事・マスコミに

ふりまわされないよう・冷静な対応をよろしくお願いいたします。)

『将来的に「輸入・飼育」規制か 日本からミドリガメが消える!?』

「亀楽園(きらくえん)」の須磨水族園館長さま・亀崎館長のコメントも掲載されていますね。

個人的なつぶやきですけど。。。

これだけ収容されていて、個体の状態もどんどん悪くなり(もともと状態もよくなかた個体もいるはず)、生存も難しい中、

なんとか地域と収容施設・ボランティアの連結ルートをつくって、里親さまにかわいがってもらえるシステムを

構築(つくって)いきたい。。。

クサガメやけど、かめさんのしあわせは、みんなのしあわせ

 

この記事をご紹介してくださったかめともさまも、自身学校で繁殖したカメちゃんをお子さんが

譲り受けてきたそうですが

実はほかのかめともさまも、そしてこちらの職場の上司もまったく同じ経路で子ガメちゃんをもらってきて

大事に家族で育てているそうです。

特定外来種指定後は、うまれたかめさんを殺処分しないといけなくなるなんて。

(※現行の外来指定生物法だとそうなります。詳しくは環境省HPか、クサガメ・のんちゃん♪

と暮らす。←記事リンクしています。)

「ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)は、侵略的な生物なので、指定を段階的に検討します」と発表されました。

いつかどうにかしないといけない・その時が来たのですね。

ミドリガメの問題は、人のしてしまった問題。十字架を・「悪」のレッテルをミドリガメたちに

つけて、背負わせてしまうのはちょっとちがいますよね。

 

何かのせいにしてしまえば、人は本当に「ラク」になれるのでしょうか。

どうせなんとかしないといけないことは、はっきり「こうだ」「なので、こうしないと」といったほうが

すっきりするのでは。

どの動物よりも賢く、理性も与えられた「ヒト」だがるべきなのでは。。。

 

あらゆる地球上のいきものは、食物連鎖でつながっています。

人間はその連鎖のどの位置にいるの?どうして学校では教えてくれないの?

「百獣の王・ライオン」は、なぜ絶滅の危機に瀕しているの?

人間は「百獣の王」より食物連鎖では上にいるの?

じゃあ。「王」の上に立つものとして、どうして下にいる弱者を守らず、ただ恩恵ばかりうけて

弱いものいじめするの?

「駆除」と言って、どんどん仕入れたけど、邪魔だから。いらなくなったから。

って、いっぱい殺しちゃうの?どうして?

「誰も好き好んで殺すわけじゃないよ」本当に?

 

まるで本当に「死」を望んでいるかのような事件もいっぱいで、そんなようすを見てしまった大人も

とても悲しくって、忘れられなくって、助けてあげられなかった苦しみをどうすればいいの?

子供はもっと悲しいよね。※動物愛護法において、虐待行為は禁止されています

ちょっと気づいてほしい。強烈な言葉を書かないとみんなで気づけないのでしょうか。

人間はそんなに退化してしまっていない。どの動物より「やさしさ」をもって守れる、と本当は信じたい。

そして、「ペット」と言って生き物を飼おうと思うのなら、

飼いはじめたなら、最期まで飼育し、生を受けたもの同士、いっしょに生活してほしいと思います。

(私は生き物を「ペット」と思ったことはありませんが・・・)飼った以上、自力では生きれないので

「飼育している」とは言いますが、うちに迎えた瞬間からは「家族」。命いっこぶんの家族ですよね。

「うちのはなつかない」「かわいくない」から、捨てちゃう?

「忙しい」から、「あきっぽい」から、向き合えてないのかも。

10年飼育してて、20年飼育してて、急に仲良しになったかめさんと飼い主さんの話だって

ある。そのとき、きっと「向き合った」。

私も、のんちゃんと仲良くなったり、とおざけられたり。

飼い主が忙しそうにしてると、なんだかかめはびくびくして。その前の年はだいぶん

仲良くなれたのに、かめのせいではなく、じっくり時間をかけてあげれなかった飼い主のせいでした。

いっぱい探して・たくさん祈って・ひと月行方不明で。

かえってきてくれたあと、ずっと仲良し。前よりちょっと「いやなもんは、いややあぁ~」って、おハナを

「すぴ・すぴぃ~」と不満げ~にならしたりはするようになったけど。(そこもかわいい)

でも、よろこびいっぱい・からだで表現して泳いでよってきてくれるようになった。これが5年かかりました。

かめさんは30年くらい(クサガメ)生きるといわれています。※近年は50年とも、、

まだまだながいお付き合い、もっといっぱいいっしょに気づいて、毎日幸せに暮らせると思っています。

「かめは幸せをはこぶ」生き物だから。

だから、ありがとう。うちに来てくれて、ありがとう。

幸せなので、幸せがえし・したいと思います。かめさんに。

もらってばかりじゃね。めぐるものだからね。

ときにはしんどい、がんばれない、さぼることもありますが、、 そして、は虫類を飼育、とりわけかめさんを飼育する、お迎えするということは、自分も 健康で、ずっと飽きずに、あきてもお世話をし続ける覚悟が必要です。 もしも「うわ~水替え、無理」と思うなら、飼育することをやめておくのも勇気=愛情、と思います。 多頭飼育はとってもリスクをともないますし、過去に多頭飼育崩壊も見て、聞いてきたので 個人的には疑問で心配です。 とくに産卵する女子のお世話は大変です。一頭にかかりきりになると、もう一方はおざなりに。 毛が生えていても、はえていなくても、ちゃんと心の声が聞こえるくらいの関係で、声を 発しない生き物だからこそ もしも不調になった、と気づくときにはもうかなり不調が 進行している、と言われていて、病院も少ないことなどからも、ともかく一個体の ケアする時間をしっかりととってあげたい生き物なのだと感じます。 ・・脱線しました。 「侵略的」な生き物を日本の生態系に入れてしまったのは人。 残念ながら、生態系が崩れると、多様性が崩壊し、絶滅する種も出てくるので 「駆除(防除)」が国内のごく一部の地域で行われています。 今、「特定外来」にアカミミガメを指定しようとすると、アメリカとの協定があるので (詳しくは別記事に)まず「駆除もあいています」という実績も必要となります。 当然「特定外来種」に指定されると困るのは、「まじめに飼育しているアカミミガメの飼い主」です。 ですが、おもに商業目的のために輸入され、遺棄されてゆく不幸なアカミミガメをこれ以上 増やさないように、そして「輸入」の蛇口を止めれば駆除しなくてはいけない、遺棄されたカメたちから どんどん繁殖し、野外に供給される蛇口も止まり、駆除が進むと考えられているそうです。 ともかく一般飼育者にできることは、 〇昨今おニュースをすべては「うのみ」にしない、 環境省の発表などにアンテナをはっておく(NPO法人 生態工房さんなどが発信源の 正確な情報をキャッチする) 〇アカミミガメを捨てない(そもそも最初から「買わない」)※カメ全般 〇もし飼いきれなくなった場合、指定前なら里親さんを探すことも可能なので自力で探す、 家族に相談して助けてもらう 〇どうしたらお世話が楽になるのか、お世話が楽しくなるのか、ネットなどの情報も参考にしてみる (長ければかめさんとは数十年のおつきあい) 。。ちょこちょこ書き足しているので、また機会があれが追記・修正などします。

コメント