かめさんの輪(かめりん)♪

カメ好きです。活動している方をお手伝いしたり、学んだ情報を共有しています。どのカメさんもしあわせにと願っています。

♪イベント告知♪(カメさんの生体は、ぜひ国内ブリード個体、または里親募集サイトで計画的に・・・☆)

○国内ブリード個体・グッズ(爬虫類メイン)販売イベント 眺めるだけでも楽しい♪ 
○ぶりくら市
2018年10月7日(日)場所/神戸サンボーホール1F,2F
○とんぶり市 
2018年11月11日(日)場所/東京都立産業貿易 センター台東館 (2フロア)

◎カメグッズだらけのイベント/カメ DE Show!2018(本家KDS)
2018年11月25日(日) 浅草橋東商卸売センター

○第6回 淡水ガメ情報交換会 飼育者さんも楽しく学べる♪
2019年2月23(土)24(日)東邦大学
◎カメ DE Show!in NAGOYA
日時 : 2018年3月25日(日)11時~16時(予定)
場所 : 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 9階 展望ホール【終了しました】

『早まらないで』ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)はふつうに飼育できます。

~ご家庭や職場、学校などでミドリガメを飼育されていらっしゃる方へ~
2013年9月、環境省がミドリガメの「特定外来生物」指定を段階的に「検討」する・と発表しました。
「今すぐにミドリガメが飼えなくなる」と誤解された方もいらしたようですが、

○「指定が実現するとしても、早くても2020年以降になると思われます」

○「仮に指定されても、届出をすれば今までどおり飼育できます」
(捨てたり、手放したりする必要はまったくありません。)

○「届出の手続きなども、簡素化される可能性が高いです」

ニュースだけを見て、どうしていいのか不安に思われている飼い主さんも多いと思いますが、
かめはとても頭のよい生き物です。捨てられた悲しみを味わわせるのは、あまりにつらいことです。

どうか早まってかめを手放したりされないよう、生涯大切に飼育してあげてください。よろしくお願いします。


2014年1月12日 「クサガメ・のんちゃん♪と暮らす。」 ~管理人ぽちこ

○環境省○ニホンイシガメの輸出に関する助言の実施・パブコメ結果ついて

2015-12-18 11:23:35 | 告知~
ニホンイシガメの輸出に係る助言の実施方針について

(2015年12月3日発表)

~環境省HPより冒頭・一部引用~

 環境省は、当分の間、ワシントン条約附属書II掲載種であるニホンイシガメの輸出申請に対して、サイズの小さい未成熟個体と飼育繁殖個体についてのみ、ワシントン条約の科学当局として「当該輸出が当該動植物の種の存続を脅かすものでない」旨の助言を行うこととします。併せて、上記の助言方針に対する意見募集(パブリックコメント)の結果について、お知らせ致します。

<輸出助言実施の条件>.

(1)野外捕獲個体:.

   背甲長8cm以上の個体については助言不可。.

   背甲長8cm未満の個体については助言可。.

(2)飼育繁殖個体:.

   飼育繁殖させた個体については、体サイズを問わず助言可。


ニホンイシガメの輸出に係る助言に関するパブリックコメントの結果(←リンク先はPDF表示)




…私は個人で意見を提出させていただきました。(普段は団体の方の
活動の中でお世話になりつつ。)


○以下、それぞれ環境省HPにリンクしています。

ニホンイシガメの輸出に係る助言に関するパブリックコメントの結果(PDF表示)(2015.11.11)


ニホンイシガメの輸出に係る助言の実施方針について(2015.12.3)


かめ好き一個人として、不幸なかめさんを増やしたくない、と祈るとともに
何ができるのか、今後も考えて、できることは無理ないペースでしてゆきたいと
思います。

コメント

「カメを見つけよう」発表と現状~伊丹市生き物マイスター講座・公開講座~

2015-12-13 00:54:09 | 「カメを見つけよう」レポート2015
↓↓ぽち・っと応援していただけると とってもうれしいです。
にほんブログ村
↑↑いつも 応援 お読みいただき、本当にありがとうございます。うれしいです。

12月では記録的な暖かさですが、いかがお過ごしでしょうか。
私は、11月後半にカゼをひき、やっと完治したのですが、おかげでいちばんカメの
冬越し準備をするべき時期にちゃんとしてあげられず、ビニールはかぶせて
いるのですが、昨年は12月1日からしっかり囲って暗くしていたのに
まだ明るい場所で(日陰ですが)過ごしております。。
消耗していないか心配です。
明日水換えと、体重測定とプニや見た目チェックなどして、まだ暖かいですが
ちゃんと安眠できるように暗くして、週明け水曜日に来る冬に備えようと
思います。
先月から桜の落ち葉水は用意しているので、それぞれのコンテナに混ぜて
入れて、ミズゴケも洗って戻して(園芸用)昨年同様に冬眠してもらう段取りです。
もし浮いてきたり、元気がないような子がいたら、加温飼育にきりかえる予定です。
どうかみんな無事冬越しできるよう、今年の暖かさとスタートがうまく切れるのか
測定など次第ですが、全力でサポートしたいと思います。
ブログ記事はしばらく更新できないかもしれませんが、よろしくお願いします。

すこしづつかめさん関連は前進して、おかげさまで先輩などのサポートなどで
また来年も自分のできることが広がってゆく予定ですので、ここでまた情報を
共有させていただくつもりでおります。
そして、なんらかの形で自分もカメさんのことをしたい、とお思いの方が
いらっしゃって、何か質問などございましたらどうぞお気軽に^^。

****

では、前置きがながたらしくなりましたが、今回は昨日参加させていただきました
伊丹市のみどり自然課が実施・募集していた「カメを見つけよう」
(2015.4~10月に実施した調査結果報告からカメ類の現状や今後の対策を考える)
という伊丹市が主催している「生き物マイスター講座」の公開講座の内容を
シェアさせていただこうと思います。

                     

まずは、伊丹市の発表は職員の田村さんから。

調査結果の概要

●調査件数 112件
●調査個体数 1176匹(重複個体含む)
内訳ミホンイシガメ 8匹 スッポン10匹 クサガメ90匹 アカミミガメ1053匹
その他・不明10匹

●調査結果より、確認された全体の約90%がアカミミガメ

※補足:市民がそれぞれ観察したものをレポートしているので、かなり個体数は重複
している、種類の同定も難しかったと思われます。

※太田先生は、どこにイシガメがいるのか、は数が少ないので公開しても問題ない、と
おっしゃられたのですが、この夏お寺のイシガメだけを狙った盗難事件も発生しているので
どこでイシガメがいた、という画像は伏せておきたいと思います。



同じ昆陽池でも、貯水池は観察できるのですが、自然池は囲われていて、一般の人は
出入りできるような場所になく、観察も難しいので今後みどり自然課のイベントなどの
よびかけ時に調査できることになりそうです。


個人的に伊丹市で実施する際の課題は、「カメを事故なく調査できるか」(ワナの形状や仕掛け方、安全策など)
捕獲したアカミミガメの殺処分に、冷凍庫を用意できるのか(現状はとても小さいスペースで
実施されている、とのこと。計上しても予算が通らなかったそう。小さいサイズに希望を
変更し、署名を集めてみたらどうかと思うが、殺処分を理解いただくのということ、
殺処分対象とはいえカメは悪くない、と同時に理解いただくことが大切かと思います。
マイスター講座を受講されてるような方には理解されると思うのですが・・)
が課題かと思っています。
一度、ちゃんと調査をされてる方に指導を仰いでいただくべき、と思っています。
(正直私が市の職員さんにごちゃごちゃ言っても・・・言えるような立場でもないので)

みどり自然課の方は、堆肥化などにも積極的に取り組んで行きたい、とおっしゃられて
いますし、伊丹市は昆陽池の土地でも堆肥化ができるので、本当に恵まれていると
感じますので、ちゃんと準備さえできれば参加させていただきたいと思っているのですが。。

見切り発車で、カメが事故で(溺れる)犠牲になるのだけははっきりと反対です。

ぜったいに事故が起こらないよう。それだけはきつくお願いしていきたいです。
(いろいろ書けないことが、実際起こっているのです。)

お願いしてもだめなら、ずうずうしく進めたいと思います。(というか、何度もお願いは
しているのですが)

・・・以上、ちょっと?ぐちでした。


そして、爬虫類研究の太田英利先生から。


伊丹の高校生が調査していたようすです。このころは、谷本先生という顧問の先生が指導されていたのだそうです。
3年生が卒業したら、もう後輩のいない生物部もなくなるのでしょうか・・・。




今年の4月に「カメを見つけよう」の公開講座でも説明のあった内容です。





関西では、スマスイさん、明石市、和亀保護の会などが外来ガメ防除に取り組んでいらっしゃいます。






明石市は、今の市長さんがカメに興味を持っていらして、この秋にもおおきな池が完成したばかりです。
飼いきれなくなったカメを優先的に池に保護するそうですが。。
ちゃんと干し場、産卵場もある、亀楽園の池よりもおおきくて立派な池だそうですが
防除したカメをそこに収容する計画だそうで、いっぱいになるのは目にみえているのですが
今後どうなっていくのか。。
えさなどはどうするのか。
自治体にありがちな課題だそうですが、最初は予算がつくけれど、あとは市民が
続けていかないとこういった取り組みは難しいのだそうです。

あと、太田先生のイチオシ!は、スマスイさんの「亀楽(きらく)」 ←リンク クリック☆


だそうですので、
(ここを読まれているような方はご存知で、目を通されてるかと思いますが。。)
カメについての勉強をとてもわかりやすく、最新の情報も学べますのでぜひ~。




↓↓やってみると、読んだりしている印象と、自分の考え方もちがってきますね。
にほんブログ村
↑↑なんだか心身ともにボロッボロ~に消耗した一年でした。
それでも、自分はやっぱり恵まれている環境にいるので、来年も微力ですが
なが~く続くカメさんとのこれからの半生のなかでの一年での活動を、地道に続けていこうと思います

まだ書くべき、書きたい記事もあるのですが、いったんここでおやすみに入らせていただきます。

今年も本当にお世話になりました。読んでいただけることやブログ村ポチが、ほんとうに更新や、更新
しない間も日々の活動やお世話の励みになりました。
毎度つたない文章、ときには目を通したくない内容もあったかと思います。
これからも、これまでも、カメとカメを飼育されてる方(私のなかではみなさんが
かめともさんで、
かめともさんがかめを愛することが私の原動力)の幸せをいつも願っています。
そのスタンスはきっとこれからも一生変わらないと思っています。
そして、みなさんには元気をいただき、いつも感謝しています。
これがないと、私は動けなくなってしまいます。とても大切な存在です。
・・・そんなん知らんがな~と、思われるかもですが・・^^;片思い?

ここに書いているような内容を必要としてくださっている方が、きっとぽちっと
してくださってる方のなかにはいらっしゃる、と信じてまた来年も活動に参加し、
記事を更新・情報をシェアさせていただこうと思います。
「非公開希望」などでも、コメント欄にコメントを書いていただけるとうれしいです。
もともとコメント欄は非公開設定になっているので、公開してもいい場合は
公開させていただいて、コメントもおかえししますので、よろしくお願いいたします。

では、みなさまのかめちゃん、ご家族が無事冬越しできますよう。。


12/13/11:30追記:昨夜この記事を更新後、カメにとって悲惨なニュースが飛び込んできました・・・。

ここを読んでくださる方は、これからはもうないかと思いますが、どうか
ペットショップやレプイベントで野性個体のイシガメ(もちろん、できればほかのカメも
なのですが)
を入手することがないよう、強く願います。
勝手に捕獲され、売買され、ゴミのように捨てられ、たくさんの命が失われ、人の
長年の努力を無に帰す行為が行われています。
爬虫類好きな方は当然レプイベントに足を運ばれるかと思います。が、生体の
お迎えは、どうか国内繁殖個体(できれば野生の持ち腹からの子でない個体)を
(できれば生体をお迎えする準備をしたうえで)お願いいたします。
よく知らない、カメをほしがっているような人や、カメにはとくに興味のない
人にも、できれば教えて広めてくださると幸いです。

私個人は、年々増加する商業目的の、乱獲を増長するレプイベントには
反対です。なくなってほしいと思っています。
今回の事件は、ひょっとするとカメのことはまったく知らない、ただの
商売道具と思ってた人の犯行(犯罪です)かもしれません。。無念です。
数日後お手伝いに行ってきます。どうかカメさんの幸せを、一緒に祈ってください。
コメント

寺田池・池干し2015 in加古川~フィールドへGO~☆

2015-12-02 22:59:02 | 野外(川・池)のカメ調査レポート
↓↓ぽち・っと応援していただけると、とってもうれしいです*^^*。
にほんブログ村
↑↑ いつも お読み 応援いただき、ほんとうにありがとうございます・・・

・・・12月に入りましたね、皆様みなカメさまにはお元気でお過ごしでしょうか。
私は11月の連休に、うっかり風邪をひきこんでしまいまして。。^^;;;
毎度ですが、すっかりご無沙汰いたしました
そして、ぽちと読みに来てくださっている方に、あらためて深く感謝いたします。
本当にありがとうございます。この活動はわりと孤独。。(な気分に
なりがち)なので、はげみになっております
みなさまいろいろと思うところもおありかと思いますが、スルーでも、たまには
読むか?でも、ご自身のペースでよろしくお願いいたします

              


・・・さて、東京ではかめさんグッズのKDSで大盛り上がりな、その週末に。。
こちら、兵庫県の加古川市でも、あちらこちらで大盛り上がり←(すみません、
きょう加古川市民の方に聞いたら、「池干し」も聞いたことない、って言われました~^^;。)
なイベント、「池干し」のシーズンまっさかり。
そして、この日は、私がどんなに風邪をひきこんでいても行きたかった(←レポート魂
「寺田池」での9年ぶりの池干しイベントでした。
このBIGイベントを、画像たっぷりでお届けいたします

寺田池HP ←リンク クリック☆

この池は、兵庫県下で2番目に大きなため池で、全国の「ため池100選」にも選ばれています。
普段の水の容積は、東京ドームいっこぶん、だそうです。(ドーム、見たことないですけど)
リンク先HPの改修工事関連のページ一番下にも、航空写真での全体像が見れますので
ご興味のある方はどうぞ~

まず池のそばで目に飛び込んできたもの。

でっかいいけすがいくつか。子供たちが池で捕獲した魚などを観察できるように設置されたようなかんじでした。


のぼりを見ると、テンションあがります。


また今回も、防水ガラケーの画像でお送りいたします。。奥に見えるのは、隣接の兵庫大学校舎です。
この規模の池ですので、何日もかけて水が抜かれています。ここは構造上、電動で水を抜くので予算の都合上、ほかの池のようにひんぱんに池干しはできないそうです。



このわずかに残った、水たまりのような場所での捕獲作業です。何年も干していない池だと
どろどろになって、足が抜けなかったりするそうなのですが、事前の報告でそうでもなかったよ、との
ことだったので、ほっとしていました。(ずぶずぶハマるとホトホト疲れるので。。^^;)


以前からちょこっとレポートしていますが、このあたりは県農の方や、学生さんも熱心に
近年かめワナ作りを試行錯誤しては試して、積極的にアカミミガメの防除に取り組んで
いらっしゃいます。

なので、2006年の池干し時よりもだいぶんアカミミガメの捕獲数は減るだろう、と
(ワナにもカメがかしこいためか、本当にかかりにくくなってきています)予測されたのですが。。
はたして、何頭くらい捕獲されたと思いますか?

前回は、アカミミガメ835(頭) クサガメ89 スッポン3

今回は。。


(以下、和亀保護の会の会長FBより抜粋~)
前回2006年から9年ぶりの池干しは、地元のため池協議会の皆さんに加えて、県立農業高校・明石高専、東播磨高校の生徒さんたち大勢の参加があり、にぎやかに開催された。魚類では大きなカムルチーがたくさん見つかり、ブルーギルがわずかに捕れたのが気になったが、コイ・フナ・ナマズに加え、モロコが無数に見られた。
低密度になっていたアカミミガメも、やはり大きなため池だけに、この日だけで203頭の捕獲があった。とはいえ前回の池干しで捕獲された個体に比べて、明らかにサイズが小さくなっていた。そして、スッポンの捕獲が増え、しかも今年生まれの幼体も2頭。アカミミガメの駆除の成果ではないかと思われる。
11月29日、再度寺田池に入って捕り残しのアカミミガメを捕獲。地元の水利組合の方と姫路から来てくれた高校生のO君の僅か3人での作業だったが、丁寧に泥を探り、小型の個体を中心に36頭のアカミミガメを見つけた。エサ罠での捕獲もままならず、日光浴罠にもなかなか入ってくれないので、池干しで効率的に捕獲できたと思う。
(引用、以上~)


アカミミガメ 203+36で239 クサガメ26 スッポン8 でした。

(毎度質問など詳細は、コメント欄にて受付いたします☆)本文に書きにくい事柄は
勝手に質問もないのに自分でコメントに書いてることもあるかも?です~。


暖かかったので、カメたちは泳いで逃げていたり、泥にもぐっていたり。この子はおひさまが
あたるので、活動的になりカゴから脱走しようとしています。


足さぐり~で。カメさんセンサー発動中?


地元の方も、たくさん参加されてにぎわっています。



スッポンとれたよ~。顔だしOKとのことで、ぱちり。「ため池研究部」の副部長さん。いい笑顔ですね^^。
この日は、本当に高校生が大活躍(一部中学生も)、「とっても助かった」とおっしゃられていました。
こちらも、若い子が参加している活気には元気をいただけます。


紙コップサイズ。ちびスッポンは、めちゃかわいいです^^。でも、とっても弱いのと、餌付きの都合で
飼育は難しいのだとか。




魚も立派なサイズがどっさり。この日の捕獲量は4.7トン。すべて魚粉にするのだそう。
前回も、捕獲したものはすべて魚粉にしたけれど、ちゃんとこの量に復活したのだそうです。


どんどん魚をトラックに積んでゆきます。


(顔だし許可いただいております)3頭のアカミミちゃんを連れて帰って飼育してくださる、ということで
ぱちり。この子のお父さんも同伴されていて、水槽60数本所持されてるのだそう
アカミミガメははじめて、とのこと。(ほとんどお魚飼育。)よかったね、お幸せに

え~と、うちも実は3頭ちゅうくらサイズちゃんをスカウトしてきました
ただいま全13頭。アカミミちゃんは全員ベランダでの冬眠予定です。来年春に里親様の
募集を予定しております。(連れて帰っちゃった。。)


皆様本当にお世話になりました。ありがとうございます、おつかれさまでした~。



寒~~くなってきたころ、測定、、。途中で私はダウンしてしまいました^^;;。
(アカミミちゃん203頭ぶんまではがんばりました)


クサガメちゃんたちは、測定後、リリース。スッポンは翌日の捕獲作業後、リリース。

今年の池干し参加は、ひとまずこれで終了。ちなみに6日は、参加無料、申込み不要で
犬立池での池干しで、とれっとれ~のレンコンがもらえますよ~

・・・まだレポート記事も書かないと、、ですが、今月は伊丹のカメ講座に一回参加するので
そのようすもまたレポートさせていただきたいと思います。

↓↓たくさんお付き合いいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村
↑↑やっぱり私はカメがだいすきで、いとしいです・・・!!最近はめいいっぱい「かわいいね」って
目の前の命の存在(ミドリガメ)に声をかけ、目で慈しみ、限られた時間のなかで愛でてくることにしています。

・・・とりあえず、師走と年始のさなかに風邪をひかなくてよかった、と思っていますが
いいかげん毎年こりずにひくのはやめたいです。。今回の敗因は手洗い、うがいでした。。
ということをふまえて(?)皆様、おからだには気をつけてよい年越しを。。
記事は年内にはまだ更新予定です。←ちなみに今年も年末年始はワーキング☆
コメント