かめさんの輪(かめりん)♪

カメ好きです。活動している方をお手伝いしたり、学んだ情報を共有しています。どのカメさんもしあわせにと願っています。

♪イベント告知♪(カメさんの生体は、ぜひ国内ブリード個体、または里親募集サイトで計画的に・・・☆)



○第6回 淡水ガメ情報交換会 飼育者さんも楽しく学べる♪
2019年2月23(土)24(日)東邦大学
◎カメ DE Show!in NAGOYA
日時 : 2018年3月25日(日)11時~16時(予定)
場所 : 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 9階 展望ホール【終了しました】

○国内ブリード個体・グッズ(爬虫類メイン)販売イベント 眺めるだけでも楽しい♪ 
○ぶりくら市
2018年10月7日(日)場所/神戸サンボーホール1F,2F【終了しました】
○とんぶり市 
2018年11月11日(日)場所/東京都立産業貿易 センター台東館 (2フロア)【終了しました】

◎カメグッズだらけのイベント/カメ DE Show!2018(本家KDS)
2018年11月25日(日) 浅草橋東商卸売センター 【終了しました】

『早まらないで』ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)はふつうに飼育できます。

~ご家庭や職場、学校などでミドリガメを飼育されていらっしゃる方へ~
2013年9月、環境省がミドリガメの「特定外来生物」指定を段階的に「検討」する・と発表しました。
「今すぐにミドリガメが飼えなくなる」と誤解された方もいらしたようですが、

○「指定が実現するとしても、早くても2020年以降になると思われます」

○「仮に指定されても、届出をすれば今までどおり飼育できます」
(捨てたり、手放したりする必要はまったくありません。)

○「届出の手続きなども、簡素化される可能性が高いです」

ニュースだけを見て、どうしていいのか不安に思われている飼い主さんも多いと思いますが、
かめはとても頭のよい生き物です。捨てられた悲しみを味わわせるのは、あまりにつらいことです。

どうか早まってかめを手放したりされないよう、生涯大切に飼育してあげてください。よろしくお願いします。


2014年1月12日 「クサガメ・のんちゃん♪と暮らす。」 ~管理人ぽちこ

〇みどり保育園・冬だけどまだ寝ない暖冬のみどりーズ 2018.12~

2018-12-06 20:50:16 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)
↓↓ごほうもんいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ぽちっと おして おうえんしていただけると、とってもうれしいです。日々感謝です

いつも応援、コメント、ぽちっと、ごほうもんいただき、ほんとうにありがとうございます。

しわすですね、、あわただしく過ごされていますでしょうか。

そんなニンゲン界のケンソウから、ちょこっと頭をきりはなして カメさんでもながめてってくださいね。




                     





今年2018年は、ほんとうにいろいろありましたね。それでもほとんどまた日常の生活を送れているのは

キセキという思いと、感謝しかありません。

そして暖冬だという天気予報通り、なまあたたか、、いえ、暑かったわが近畿の地域。

おとつい4日の朝のようすです。(10月の画像もあるので、後日がんばってアップ予定です



朝寝ていたら、ベランダから「がさ。。。がさ。。。」という、ビニールの音が。

この日の最高気温の予想は、20℃ほどといわれていた日で、最初はお隣が「ゴミ出し」準備しているのかと

思いつつ。

何度目かで「これはだれか、、カメトっち?」と、窓をあけると、、(画像ないんですけど)



↓ 陸場を持ち上げて、下にいるみんなのようすをチェック

(↑ うろついていたのは真ん中の子)男子のケージが私の寝床のすぐ横にあるんですが

その場所まで歩いて、女子のらんちゃんがきていて、ごそごそ、、ケージをのぼろうとしているでは

ありませんか。。



だっこして、強制送還。。



あんまりあたたかいので、「たべる?」と、カンシャ(フリーズドライの川エビ)を、、※自己責任
この時季にごはんとは、コワイコワイ、、



、、なんてことしてくれるんよ、、と思ってか、、↑ しーちゃん 右はおーちゃん




げんきそうですが、ニオイはかいでも もう長いこと何も食べない あーちゃんと、その仲間たち。

11月は何度かごはんはあげています。




右手の黄色いたらいは、その斜め上の黒い土場に置いていて、中には女子のちびっこ おふくちゃんが

越冬中。なんですが、あーちゃんは 朝見たらなぜかそこにハマっていました。。(またまた強制送還。。)



なので、ついでに水替えしようとたらいごと出してきたところ。左のたらいは落ち葉水。まだほぼ使っていません。




まぁ、きょうはみんな干すよね、、と、



熱すぎになりそうだし、直射日光は場所的に当たらないんですが すこそでもUVを、とビニールをはんぶん解除。





↑ なんとなく入れてる落ち葉と、なんとなく陸場の下に隠れがちなみどりーズ。



↑ ニホンイシガメのカメトっち。




。。カメトっち、げんきやね。。

意外と歩き回らず、トロ舟におりました。



。。




ほぼ固まって、ぬぼ~~。。としておる あーちゃん。と、なぜか あーちゃんをガン見しつづける おーちゃん。

春スイッチが入ってしまいそうな陽気。スイッチオフで、おねがいしま~す。。







おふくちゃんの水替えでをするため、黄色いたらいから一時的にここへ移動してもらいます。



こう見えて、毎日ぐ~すか寝ておりますが たらいではおおあばれ、、



とってくいませんから、、(あーちゃんが おふくちゃんをたべたかな、とかうたがってゴメンなさい←

あーちゃんは、この秋にザリを独り占めして完食したのです、、)




フシギと、(この子・おふくちゃんは)たべちゃだめ、ってわかってるんだよね、ひやひやするんだけどね。






いちおうみどりーズには、「この冬はあたたかいらしいよ」とか、「でもな、金曜日、三日後には寒くなるらしいよ」

などと、ぶつぶつ言って聞かせています。





、、おふくちゃんには、なんか言い聞かせていたかな、、



たいてい「おばちゃんは こわくないで~」とか



※カメラはときどきこんな(ここぞとばかりに おふくちゃんをたくさん撮ってみました)   げんきやなぁ、とか



げんき?とか、いつもげんきでいてくれてありがとうね、とか、だいすきやで、とかみんなには毎回同じこと言ってる気がしますが、、





なんとかこの気候の中ですが 無事越冬してもらいたいです。

川や池の子たちは大丈夫でしょうか。

うちはいざとなったら、加温(室内飼育)の用意はいつでもOKなので、様子次第では冬の途中でも家で

過ごしてもらうつもりです。





保母(私)がいないスキがあれば、あっという間に  ↑男子のごろちゃん

男子は窓をあけるとすぐに ぼっちゃんするので、画像が少ない目、もしくは遠い目です。



干しだすカメたち。



おふくちゃんは、カメラの起動が間に合わないくらあっという間に潜って行きました。




カメトっちは、配合飼料(かめのごはん)を見せてもあまり反応しないんですが、バナナは好きなんですよ、、

なので、どさくさでバナナにねりねり配合を入れるといっしょに食べています。↑なんと12月4日!

カメトっちは、なぜか水中でぷかぷかしているかめごはんはあまりすきではなく、陸場で食べたがります。



、、寒さに強いとはいえ、大丈夫かな、、と心配になります。

おなか、からっぽにして越冬してねー。

ニホンイシガメは寒さに強いのと、ワイルド出身で外生活が長かったであろうアメトっちにおまかせ状態です。

、、そのかわり、例年のようにケージを締め切り、暗くしてしまうと 体温調節が思うように行かず

カメ自身がとまどうといけないので、いつこのレイアウトを越冬モードにするのかが日々経過観察中です。

さすがにもう誰にもごはんはあげませんが、、

11月は、意外に男子もカンシャなら食べてたりして、いいうんちをしておりました。


前回の記事を見て、元カメトっちの保護主さまが「カメってナシも食べるんですね!」と驚いていらっしゃいました。

。。そういえば、カメ飼育者でも驚いてたりしてましたもんね。(以前「ダーウィンが来た」のトマトを食す

場面などで)




きょうもまた、カメたちにいろいろと教わっている保母なのでした。

男子は計測したんですが、女子も体重測定しとかなきゃ、、(越冬中も、月一測定、健康チェックです)




今年はいろいろなことを教わり、今まで知らなかったこと、あらためて考えなおしたい、自分でアクション

したいことなどができた年でした。

ゴミの問題、経済至上主義の崩壊、人口減少にともない人手不足からくる社会、生活の改革など。

書くとかたくるしいかもしれませんが、知って、明るく自分たちの力を信じて 前向きに

人間らしく 地球さんと共存させていただけたら、、と思います。

日本に生まれてきたのに、鈍い生き方など向いてないんですよね。半農半X生活は今現状では

無理ですが、そうした方を応援するのは「購入」というカタチでできる、と書いてあったし

そのひとことで(知っていたのにまた忘れたり、あれとこれが結びつかないわが脳よ、、)

救われたりしています。

できることから、ちいさくっても、『アクション』ですね*^^*。

(そういいつつ、また100きんで化繊の冬物を買うてしまいました~←物欲という煩悩)





↓↓いよいよ寒波到来・・・!
にほんブログ村
↑↑ みんなは よい子だ ねんねしな~。

みんな みなさまが ぶじ この冬を過ごせますよう

ご自愛くださいね~。うちは、できないものは できない、とばかり お年賀もおおそうじも、

命にかかわらないものは サボリたおします~。
コメント

2018.9みどり保育園 台風いっかとナシにむらがるみど女子+たち。

2018-11-30 12:49:07 | 野外(川・池)のカメ調査レポート
↓↓ごほうもんいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ぽちっと おして おうえんしていただけると、とってもうれしいです感謝です。


朝晩冷えますが、異常にあたたかい警報?とやらが発令されているわが関西。

インフルエンザもそろそろ、ということで、予防接種を済まされた方が増えているきょうこのごろですが、みなさまかめさま

いかがおすごしでしょうか?

きょで11月もおわりで、忘年会やクリスマス、お正月準備にお年賀と、いろいろニンゲン界は師走ったらしわす~でしょうか。

、、とりあえず、いつもどおり元気に過ごしたいですね。




そんな冬のただなかではございますが、まるでタイトルを間違えているかのような、この夏のおわりのみどりーズたちのようすに

よろしければ、どうぞおつきあいのほど、、




                              


9月4日の台風は、関西を直撃し、わが家のみどりーズ(クロちゃん、らんちゃん、クサガメのんちゃん、イシガメカメトっち)は

陸場に飛び出してパニックに。

その前に来た台風では、けっこうみんなお外のトロ舟にじぃっとして、ピークを過ぎたらけろっと(?)干しているようにみえたので

大丈夫かなとタカをくくって(タカってなんだ、、)いたのです。

おかげで恐ろしいほどの風が吹きすさぶ中、ベランダの窓を決死の覚悟で開けてムンズとカメをつかんでは室内へ、、と入れるハメに

なったことを反省し、まさかの第三弾で翌週にいらした台風では、夕方来襲とか聞いていたものの、朝から(また)仕事を休んで

(前日には職場のものやら自宅のものやら取り込んだりして、けっこう準備が必要)、、








どーーーーーーーん




どどーーーーーーーん



いらっしゃいませ。





。。。おわったあとの労力を考えると、(まだ腱鞘炎)「はぁ~~。。」とためいきのもれる思いですが、後悔したくないので、







。。なんとなしに 不穏な空気を感じとってか、なれない場所につれてこられてか、動きのにぶいみどりーズ。





奥のトロ舟に 女子を



   ・・・・まあまあ リラックス・・・?




   なあに?

めずらしく ゆったりと撮影しやすそうなようすのゴロちゃん。



と、うしろのくりたろう。この方は 人につかまれない限りはマイペースです。







外のトロ舟で使用していたケージと陸場をそのままそっくり室内のトロ舟に移植したのですが、、






・・・わらわら。




・・・おちつきなさいと。

クロちゃん、はんちゃんはちいさなたらいに入れたのですが、すぐ飛び出るし、女子はトロ舟からでたっきりになってしまい、




↑だれかが書いた 見事な書・・・?「美」・・・?


↑おそらく 状態から カメトっちぽい。



・・・・

じぃっと外には出ずに居残る 慎重派の きーちゃん。




・・・そうこうして、無事三度目の台風は、無事ちょこっとそれてくれたので、事なきを得たのでした。(ほっ。)

かみさまに、またいっこ貸しを作ってしまったのでした。

(ありがとうございます~~~~<(_ _)><(_ _)>)←まだ修復していない屋根が ぶっとんでくる夢を前日見た



みどりーズも平和干し~~




そして数日後、今季もういっかいだけ「なしの日」。

なになに?



わーーーーーーー    ↑左 おーちゃん、真ん中 しーちゃん 右 カメトっち







わわーーーーーーーー

↑ 押しまかされて後退する しーちゃん 左 おーちゃん いちばんがっついてる 真ん中 カメトっち 右 らんちゃん。




あー  (-_-)  あー  (-_-) あー (-_-)。。。。



なので こうなる。  うしろの おーちゃんのかお、、、↑ちゃんとあとでまんべんなくあげました。

※らんちゃんはみどりーズの中では後輩なのに、みんなをおしのけて食べるので、たぶんおしっぽが夏にちびったのは誰かに怒られたんでしょうね。。



9月のおひさまを 追い込み干し~

「冬への支度は、お盆から始まっている」とおしえてくれる みどりーズ。




10月に つづく。。      



↓↓おつきあいいただき、ありがとうございます

にほんブログ村
↑↑きみの げんきは ぼくの げんき~さ、 ふぁいっ。

みんな みなさにとって きょう一日が よい日でありますよう
コメント

フィールドへGO~台風21号の爪あとのこる大阪の川とカメ・2018.9~

2018-11-28 17:22:01 | 野外(川・池)のカメ調査レポート
↓↓ごほうもんいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ぽちっと おうえんしていただけると、とってもうれしいです。感謝です

更新のあるときも、ない間も、ぽちっと、ご訪問、コメント、応援ほんとうにありがとうございます

みなさまのお気持ちにいつも感動、生かされております。

いつものろのろ更新におつきあいいただき、ありがとうございます


じわじわっと冬が進行中ですが、みなさまかめさまいかがお過ごしでしょうか?


今回は9月の川と、ちょこっとみどりーズのようすです。

よろしければ今回もどうぞひととき おつきあいのほど、、




                     




もはや自分がどうやって活動したのか?とか、前回何を書いたっけ?と見返さないとまったく覚えて

いないようなありさまですが・・・




東北の地では、ちょっと物議をかもしていたこの子。かわいいし、いい色だと思うんだけど。←かぶ太色

大阪では愛されていると思います。たぶん。



台風のでっかいのが9月4日に襲来し、地震でブルーシートをかぶった家が多いこの地域にはなきつらにハチ、、

その二日後の活動でしたが、水量は少なめ。。




・・・おそらくですが、植木鉢の土を捨てに来られているのをよく目にしますが、そこに外来種の根っこやら

発芽しそうなものなものが混入していると、エライことになりますゆえ、各自治体のゴミ出しの指定日などに

出されることをおすすめいたします。





川いい会の方の毎年のご尽力で、外来種の草が激減し、草の背丈がぐっと下がりました。

かわりに在来種の「カナムグラ」がびっ・・しり・・(このあと、いくらか引っこ抜いてくださったそうです)

子供が川を観察するポイントなのに、つるがひっかかってしまうとのこと。カメもこの草が生えている場所は

きらうのか干しに上がらないので、助かります。

暑さの中での重労働にはひたすら頭が下がりますし、感謝です。(みなさん50代以上で持病やらかかえていらっしゃいますし、、)




この日は、私には超おひさしぶり(3年ぶり?)のスポットへ移動しての活動ということで、、。


歩いて川の横を移動中。



目の前の遊歩道にも、木がどさっと倒れこんで道がふさがっています。




横の木も。電車で最寄駅から歩いてくる道すがらにも、たくさん木が倒れたり折れたりしていて

作業員の方が整備されていました。



たまたま古くなった護岸をなおしていらしたところでした。実はこの川は三面コンクリートばり、というものです。
(両サイドと足元の3面)



(いつものポイントはだいたい2面針ばり←川底は土のまま)

月日がたつと、中州ができたりしてそれなりの環境に変化したりするようです。

コンクリートはアクが強いそうですので、自然界にも悪影響はあるのでしょうね。。

護岸が生態系によくないのはもちろんですが、少しでも(たとえばエスケープゾーンをもうけるなど)

共存できる形にしてほしいななどと思いつつ。

近年はそうした工夫も一部では実施されているそうなのですが、残念ながら 田舎ほど、実はそういったことに

あまり頓着せずに いわゆる「ガチガチの三面ばり」なことが多々あるそうです。



開発、護岸とあと農薬や除草剤なんかも悪影響を及ぼすようです。田植えの時期になるとイシガメの

目が白濁しているのを目撃するとの情報も寄せられていました。



いろいろと問題課題はありますが、「環境保護」として目の前の課題といえば、個人では「ゴミをなるべく出さない生活」や

「プラスチックゴミを出さない」「ゴミをひとつでも拾う」をちいさくってもやってみる、できそうなら

楽しく自分で続けてみることなどでしょうか。



あとは、そろそろクリスマスも近いことですし、「この団体様に寄付してみよう」という保護活動者さんに

寄付もいいですよね。


まわりまわって愛は必ず幸せにつながりますしね*^o^*。学んだら、ちょこっとですが実践するとこちらも幸せ気分になっております。

読書の秋にブログ拝読側の秋、ちょこまか実践して新しい発見をわくわくひそかに楽しむ秋、ただいま継続中です(^O^)。



さて、、


難所でございます。




行政の方の仕事のようですが、、

(近くにたまたま機材があって、市のものだと判明)無事また木たちが元気に育ってくれますように。




そして眼前にまた倒れている大木。たくさんの木が倒れていました。

実はこちらとは関係ないのですが、地元の駅の25m級のもみの木も倒れていて、自宅は電気とそれに

ともなって水道もとまって暑いやら水替えで疲れるやら。ついつい水分不足(トイレに行けないため)

やらでこの日はふらっふらでした^^;。


↑意外にスタミナないなぁ~と言われる始末。。^^;
水がとまっても、ちゃんと水分はとらなあきまへんでっ。


、、わたしのことはさておき、川のみんなが元気そうでよかったです。大雨が降る際にはほんとうに心配です。

上の2頭は黒化したアカミミ男子、ちゃいろっぽくなっているのはクサガメ黒化男子で鉄分の多い場所の水質で

茶色くなっている子です。


おはつちゃん(初捕獲の個体)もいて、ナンバリングされているところです。



この子は古傷が左のほうにあって、自力でなおったあとでしょうね。たとえばたんぼにいて農具に巻き込まれたとか。

ちなみにこの部分に穴があけてある子は、この川ではマイクロチップを入れて管理している子です。



クロクサ男子。

腹甲が多甲。わりと珍しいかと・・・

ちゃんと手足はそろっていて、この過酷な環境でも元気に生き延びている子でした。



きりり。

ご協力、ありがとう。げんきでね。



なんかちょーだい?




難所(なわばしごでの昇り降り)での活動のため、集めるのを断念しつつも これは危ないから、、と引き上げたゴミ。

ブルーシートのシルバーバージョン?が落ちていたので。ついでのナベフタと。

台風など大雨が降ると、すごく大きなものも流されてたくさんゴミがたまっています。今回は自転車カバーや

バイクのカバー、家にかぶせていたカバーなんかも。風で吹き飛ばされたのでしょう。



うちでもマンションのベランダにある非常時に破る壁板?が風でやぶれてたくさん飛散していました。

破れすぎて生産が追い付かないらしく、11月の今に至るまで破れた部屋のベランダは、おとなりの

ベランダとつながったままだそうです。

川には窓なんかのガラスも飛ばされたのか落ちていました。





アカミミちゃんたち。

うちで一時預かったいちごちゃんに似ていたアカミミ女子。

きょうもニンゲンたちが、いろいろ、いろいろと申し訳ないね。。ごめんね。ありがとう。

すこしはマシに生きるように、約束するからね。


~そのころのみどりーズ~


川へ行く前々日の9月4日、台風襲来のため仕事はなく、昼頃来るという台風にどっきんこしつつ、わが家の唯一のペットショップ出身

クサガメのんちゃんの10さいの祝いナシをふるまい、朝のうちに水替えやゴハンをすませて、、







しばし「ほんとうに台風がくるのか」という平和なひとときを、、











、、いまだ私を見ると逃げるが、果物はだいすきな「カメトっち(女子)」とたわむれつつ、、



みんなにもまんべんなくなしをたべてもらい、


電力がとまって、翌朝から自力で水を確保、水替えの図。、、「カメには(お水を)ガマンしてもらわんと」と

カメ飼育の先輩には言われたのですが、私がガマンできず^^;。

(みんなが病気になったらどうしよう病発動←※前科多々あり)




  ↑ 祝いの測定


そして停電だし、家にいてもね、、、と楽しみにしていた川に行ってバテていたのでした。(どのくらい水替えしたのかはヒンシュク?なので自粛。。)
↑いいわけすると、自マンションの水やり用の水道からタンクリレーして運んだもの。普段は水やり用の水は

カメ水を使用しているため、うちの周辺の水代は支払ってるけどかかってないのです(えっへん)←?




川から戻って、汚れたトロ舟を前に途方にくれていると、ぱっと室内の電源コネクタが点灯し。

二日と3時間ほど停電後に電力と同時に水道も復旧し、思わずお外に飛び出てご近所さんと喜びをわかちあったのでした。

すぐに水道から出るお水で うきうきと水替えにはげんだのは、いうまでもない、、。

そして、そのあととうぶん反動でぐったり&ひと月以上腱鞘炎ですごしたのであった。。(とほほ)


。。このあと、まさかの22号も続けてくることになったのですが、そのようすはまた次回の記事で。





↓↓おつきいいただき、ありがとうございます
にほんブログ村
↑↑ みんな みなさま かめさま かみさま ほとけさま しんらばんしょうさま すてきなまいにちを ありがとうございます
コメント

<シェア>〇淡水ガメ専門の記録雑誌「亀楽」 16号が発行されました。

2018-11-16 18:44:49 | 知ってみよう。
にほんブログ村


いつもご訪問、応援、おつきあいいただき、ほんとうにありがとうございます。

神戸市立須磨海浜水族園さまより、淡水ガメ専門の記録雑誌「亀楽(きらく)」の新刊発行のおしらせが届きましたので

シェアさせていただきます。

淡水ガメ専門の記録雑誌「亀楽」  ← HPにリンクしています。(HPよりPDF表示クリックで詳細が閲覧できます)










             





~おまけのみどりーズ~ 





すっかり更新をおさぼりしており、失礼しておりますが、、  ↑はよこうしんしなさいよ~。の 9月のみどりーズ




(応援ぽちにご訪問、ほんとうに重ね重ね感謝いたします~

東京遠征で、おつかれモードでございます、、とりあえず、水替えと わが靴下を洗わないともう替えがない、、、といった現状です^^;。




寒くなって、おひさまももう当たらないのですが、やっぱり日中は干しにあがっております。ちびっこのおふくちゃんだけが さっさと

水草にもぐりこんで冬越しをきめこんでいます。




おつきあいいただき、ありがとうございます。更新しますので、気長におつきあいくださいませ。。<(_ _)>。
にほんブログ村


みんな みなさまが無事 冬越しできますように

コメント (2)

告知〇2019.2/23(土)・24(日)『第6回 淡水ガメ情報交換会』 in千葉

2018-10-28 04:43:37 | 告知~

にほんブログ村


飼育者にも興味深くいろいろと学べる、情報交換会の告知をシェアさせていただきます。



年度ごとに神戸と千葉で交互に開催されているので、今回は千葉での開催となります。

(↓↓以下、認定NPO法人 生態工房さまHPよりコピー、引用)



◆開催期間◆
2019年 2月 23日(土) ・ 24日(日)  

◆開催場所◆
東邦大学 習志野キャンパス→ アクセス方法
    


◆参加及び発表資格◆
・淡水ガメの調査や研究をされている方
・水辺の生き物や自然に興味・関心がある方

◆参加方法◆

◎発表する人 (1/15までに要旨必須)
発表時間 <15分> と質疑応答は <+3分> です。

発表申込と要旨原稿〆切:   2019年 1月 15日 (火) メール必着

          ~要旨作成要項は11月初旬までに公開します~

※発表は、口頭発表のみです。内容は発表済み or 未発表を問いません。既に学会等で発表したものでもOKです。
※受付後、発表内容によっては、一般発表ではなくテーマ別ミニシンポに加わっていただく場合があります。また、発表時間の延長をお願いする場合もあります。該当者には事務局からご連絡いたします。
※全体の発表者数には限りがあります。先着順です。申し込みはお早めに。



◎発表しない人

事前申込〆切: 2019年 2月 16日 (土)
当日申込: 可


~事務手続きの簡略化のため、なるべく事前申し込みにご協力ください~



◆スケジュール◆
 2月23日(土)
 13時00分~17時
  12:30 受付開始
  13:30 ミニシンポと一般発表
 18:00 懇親会 (会場:大学生協)

 2月24日(日)
 8:30 受付開始
 9:00 ミニシンポと一般発表
 17:00 閉会
※プログラムは 2019年1月下旬 に公表します。

◆参加費(2日間共通)◆  当日受付でお支払いください
一般 2,500円 発表要旨集付き
☆当日参加は500円追加
学生/生徒 無料 発表要旨集なし
☆要旨集が必要な方は、会場で購入できます。

◆懇親会費◆ 当日受付でお支払いください
一般 3,500円  学生 2,500円  高校生以下 1,000円
※キャンセルの場合は、2/16(土)までに事務局までご連絡ください。
 それ以降のキャンセル、無断キャンセルは、全額ご負担をお願いします。
☆2/16以降および当日の参加申込は500円追加

◆主催◆
神戸市立須磨海浜水族園・認定NPO法人生態工房


(引用以上)


神戸では来年か、さ来年実施ですね。いつもこのような機会があって、ありがたいです。

お近くの方、行ってみようかな、の方はぜひ。

マニアックなかめさんグッズもゲットできるかも?



にほんブログ村
コメント