かめさんの輪(かめりん)♪

カメ好きです。活動している方をお手伝いしたり、学んだ情報を共有しています。どのカメさんもしあわせにと願っています。

♪2021年 イベント告知♪(カメさんの生体は、ぜひ国内ブリード個体、または里親募集サイトで計画的に・・・☆)



○国内ブリード個体・グッズ(爬虫類メイン)販売イベント 眺めるだけでも楽しい♪ 
○ぶりくら市
2021年10月3日(日)場所/神戸サンボーホール1F,2F 
○とんぶり市 
2021年11月7日(日)場所/ 東京都立産業貿易センター浜松町館


○第7回 淡水ガメ情報交換会 飼育者さんも楽しく学べる♪
2020年2月23(日)24(月・祝)明石市民会館 中ホール
【終了しました】次回は2021.2 早稲田にて開催予定

◎カメグッズオンリーのイベント/カメ DE  Show!2020(本家KDS)
2020年11月29日(日) 浅草橋東商卸センター【中止】
◎カメ DE Show!in NAGOYA (KDS名古屋)
【2020年は一時延期】

『早まらないで』ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)はふつうに飼育できます。

~ご家庭や職場、学校などでミドリガメを飼育されていらっしゃる方へ~
2013年9月、環境省がミドリガメの「特定外来生物」指定を段階的に「検討」する・と発表しました。
「今すぐにミドリガメが飼えなくなる」と誤解された方もいらしたようですが、

○「指定が実現するとしても、早くても2020年以降になると思われます」

○「仮に指定されても、届出をすれば今までどおり飼育できます」
(捨てたり、手放したりする必要はまったくありません。)

○「届出の手続きなども、簡素化される可能性が高いです」

ニュースだけを見て、どうしていいのか不安に思われている飼い主さんも多いと思いますが、
かめはとても頭のよい生き物です。捨てられた悲しみを味わわせるのは、あまりにつらいことです。

どうか早まってかめを手放したりされないよう、生涯大切に飼育してあげてください。よろしくお願いします。


2014年1月12日 「クサガメ・のんちゃん♪と暮らす。」 ~管理人ぽちこ

<告知>とんぶり市2021 11/7(日)国内繁殖両生類爬虫類グッズ即売会

2021-10-05 17:04:23 | ハチュ系イベント

イベント告知でです

 

先日の神戸 ぶりくら市2021 に引き続き、

とんぶり市2021 年に一度の東京での開催のおしらせです

ブリーダーさま、作家さまが手塩にかけて育ててくださったお子を販売してくださる

希少なこの機会

3部にわかれて、前売り券のみの販売となります

ぶりくら市は3部が残っていたそうですし、生体を購入する方は 飼育用品と生体を見て回るので

一部ぶんでは時間切れとなるようです 3部ぶんの購入もぜひ!

 

ぶりくら ←HPリンク(別窓)

 

 

↓↓以下HPよりコピー*********

とんぶり市 2021年11月7日(日) 東京・浜松町 の予定です。

(最新情報)

お子様のご来場について(中学生以下無料)

イベント当日における個人情報のご提供について

 

ぶりくら市、とんぶり市とも、3部の「完全入れ替え制」です。

複数の時間帯の券をお持ちの方も各部終了時に一旦ご退場いただきます。

第一部 11:00~12:45 1,500円

第二部 13:00~14:45 1,200円

第三部 15:00~16:30 800円

当日券販売はありません。チケットぴあで各イベントの前日まで発売です

とんぶり市は10月1日(金)10:00~発売中です。Pコード646-904

コロナ禍での開催です。良くお考えの上、参加の可否をご検討ください。

 

無観客座談会、youtubeにup済み

昨年10月4日開催「ぶりくら20周年とコロナ禍におけるイベント開催について」

 

補足

開催場所:東京都立産業貿易センター浜松町館

必ず チケット裏の余白に

①ご自身の フルネーム

②連絡のつく電話番号(携帯など)をご記入の上列に並んでください(ご自宅で書いていただくとスムーズです)

 

                                 

 

 

 

ぶりくら市 おかげさまで無事事故もトラブルもなく終了したそうで ほんとうに感謝感激感無量、ほっとしております。

「名前なんてつけよう」といいつつ階段をおりてきた おにいさんのやりとりにほっこり。

2019ぶりに復活してくださった作家さんともごあいさつ、再会できてとってもうれしかったり(エアハグ)。

入場前の整列の中、お迎え予定のための飼育容器(?)←運搬用にしてはとってもビッグ とお水差し?など

持参されていて、丁寧にお迎えしようという気持ちと愛情を感じて感動。

 

ブースで購入時にしっかり飼育説明を聞けるのがぶりくら市 とんぶり市のいいところのひとつ、、と思っていますが

おそらく、混雑具合から質問するのにちゅうちょしてしまうパターンも少なからず、、

名刺などしっかりいただいて、できるだけ説明を受けて あとあとのフォローも受けたいですね。。

個人的には みなさまされていることかとは思いますが まずは当日までに本をいくつか読んで ネットも調べて

お迎え準備をして そのうえで「この子はどうやってきょうまで過ごしてきて 今後どうするのがおすすめか」を

ブースできければありがたいですよね← 大変かもしれませんが ここは全部は伝達えきませんし

ブースの方にブログ、HP等で発信していただくか あわよくば紙面で飼育ポイントなどいただきたいところ、、

 

 

いきものふぁーすとですね     by きんちゃん クサ男子

わいるどさんは参加できません^^; 

 

はい、もしもなにかが起こったら大変な 「エキゾチックアニマル」ですし ニンゲンも

ちいさき家族も 先手先手の飼育かな

あとひと月、出展者さまも 参加者さまも いまからやることいっぱいですね

 

神戸ぶりくら市2021は終了しましたが 来年の準備はもうはじまっていますね😄

無事お迎えされた生体さんとお迎えされたニンゲンご家族が 一生しあわせに過ごせますよう

グッズをみて 毎日みなさまが ほっこり過ごせますよう

 

イベントがおわって 抜け殻のようになっていらっしゃる作家さん ブリーダーさんにも幸多からんことを

ありがとうございます。さみしいですよね、、でもきっとぜったい 嫁いだ先で幸せに暮らしてくれると信じています

続けるということは つらいこともたくさんあるかと思います。それでもブースに立ってくださることに

わたしもイチカメ好き、イチぶりくらファンとして心から感謝しております。

 

 

とにもかくにもとんぶり市 無事 ステキな一日となりますよう

 

どんぶり市じゃないよ! とん⇒とうきょう ブリーダーズイベント

 

、、初の浜松町なんですが、もし2時間ほど時間があるのならどこがおすすめでしょうか、、

個人のブース出店はしませんので、あしからず、、会場のどこかでよろしくお願いいたします(^O^)

 

最後に追記*2021.10.28 キボシ帝国さまに許可承認いただき済み<(_ _)>ありがとうございます。

ステキな内容でしたので、ここでシェアさせていただきますね(^O^)

ぶりくらのみ参加だったそうです。

 

キボシ帝国 spottedturtle⭐empire
@spotted_empire
お願いがあります。

新しい家族を迎えられたら
寄り道せずお帰り下さい。

「どんな顔してんのんかなぁ😳」

凄く分かります。
だけど そっ…としてあげて下さい。
きっと彼等は淋しい顔してます。
両親や兄弟たちを思い出してね。

翌日からは思うぞんぶん
可愛がってあげて下さい。#burikura
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〇告知 10/3(日)神戸『ぶりくら市2021』~国内繁殖爬虫類両生類グッズ展示即売会~

2021-09-27 15:44:00 | 告知~

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

 

いつもご訪問 応援のぽちっとなど ほんとうにありがとうございます。

今年もイベントが開催される運びとなっておりますので告知、シェアさせていただきます。

 

毎年たくさんのエキゾチックアニマルイベントがありますが、生体をお迎えするのでしたら

自然保護 生態系保護のためにも 自然の生き物を消費しつくす加担者にならないためにも

ぶりくら市は ブリーダーズイベントですので みんな大切に育てられた子供たちです

お話をきいたり 見たり 安心して生体 グッズをお迎えできるイベントです

 

***以下 HPよりコピー***

2021年の予定は
ぶりくら市 2021年10月3日(日)神戸←祝日変更に伴い日程変更!
とんぶり市 2021年11月7日(日) 東京・浜松町 の予定です。

(最新情報)

ぶりくら市 第1部の終了時間について(チケット記載内容の訂正)

 

重要なお知らせ2021/09/05

チケットぴあにて販売済みのぶりくら市(神戸)のチケットですが、

第一部の閉場時間が13:45となっていますが、正しくは12:45の間違いです。

(13:00から第2部が始まります)

お詫びして訂正いたします。

 

 

 

ぶりくら ← HP

 

お子様のご来場について

重要なお知らせ2021/09/05

2021年のぶりくら市、とんぶり市については、大人同伴に限り中学生以下無料です。

なお、今回主流のデルタ株はお子さまへの感染及びお子様からの感染が従来株より増えております。

ご来場に当たりましては上記お含みおきの上、ご配慮いただければ幸いです。

なお、お子様同伴の場合、お子様用のチケットは不要です(保護者の方のチケットでOK)。

 

イベント当日における個人情報のご提供について

重要なお知らせ2021/09/05

2021年度のイベント(ぶりくら市、とんぶり市)については、イベントに起因する新型コロナウィルスによるクラスターや濃厚接触者の発生時に備えて緊急連絡先の記入をお願いいたします。

記入方法はチケットぴあにてご購入されたチケットの裏面に「お名前」、「携帯電話番号等必ず連絡の取れる電話番号」をあらかじめご記入いただき、入場時にスタッフにお渡しください。

また、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) への登録もお願いいたします。

 

ぶりくら市、とんぶり市とも、3部入れ替え制です。

第一部 11:00~12:45 1,500円

第二部 13:00~14:45 1,200円

第三部 15:00~16:30 800円

当日券販売はありません。チケットぴあで発売予定です。

ぶりくら市は9月1日(水)10:00~発売中です。

とんぶり市は10月1日(金)10:00~発売予定です。

 

 

コロナ禍での開催です。良くお考えの上、参加の可否をご検討ください。

 

***コピー以上***

↓ 以下 おさらい? 補足

 

 2021/10/3(日)神戸サンボーホール「ぶりくら市2021」 11:00~16:30 (時間帯ごとに完全入れ替え制の三部構成)

 チケットぴあ前売り券での販売のみ(すでに一部は売り切れだそうです)

 生体の持ち込みは禁止です

 事前にお手持ちのチケット裏面に ①お名前②ご自身で連絡のつく電話番号を記載の上お並びください

 入場(開演)前に 会場前にて ①検温 ②手指の消毒 ③チケットと交換で入場券兼パンフレットお渡し

(※再入場等にも必要ですので必ずお帰りまでお持ちください)を実施します

 

 全218(~219)ブース、当日変動(減る)可能性あり  

 座談会は 昨年に引き続き 動画配信の予定で いつもの座談会に使用する2Fスペースは今年は

ブース出店スペース予定

 

 

昨年ぶりくら市は 20周年で 21周年の今年 新たな試みの発表があるそうです。

 

 

 

                                 

 

今年も 一年に一度のブリーダーズイベント、みなさま、生体、グッズそれぞれによき出逢いと感動があり

無事ステキな一日となりますよう

 

あと、お約束の〆ですが、、生体のお迎えは どうぞ心と知識、設備の準備を済ませて計画的に

飼育は生体をお迎えする前から始まり おうちにそうっと大切に生体を連れて帰るまでがぶりくら市です ね

 

出店はしませんが、会場のどこかで(^O^)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【動画】ミドリガメ女子+クサガメ男子 2021.6 あさごはんのひとコマ

2021-08-28 17:52:07 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)

ミドリガメ女子+クサガメ男子 2021.6 あさごはんのひとコマ

 

 

本日ふたつめの記事ですが うっかり下書きのまま保存していたものです。

いったん個別のたらいにて ごはん→おやつのバナナを終了して、あいまに撮影しているものなのですが、、

 

おどろくほどの静けさ笑 こんなはずでは、、😅😅

ばちゃばちゃしているときには、撮影の余裕はないんですけども、、

食事用のたらいを並べようと水を張る前に 気配を察してどんどんとトロ舟から🐢飛び出してくるので

食事前が一番見どころ?なのですが、危ないんです💦

 

そして食べてるときも つぎつぎわんこそば状態でごはんを食べてるようすを見つつ足すので お見せできず^^;

 

まるちゃん(まるいたらいにイン)と あーちゃん(その左)は、このときタマゴがおなかにあるので ごはんを残しています

無事2カメとも産卵をすませて 8月現在 今は元気にしております

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.5 ゴールデンウィークの 干しまくってえがおいっぱいな みどりーズ(アカミミガメ)&クッサーず

2021-08-28 16:33:56 | みどり保育園(アカミミベランダ保育)

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

↑↑ぽちっとおしていただけると とってもうれしいです(^O^)

ごほうもん、ぽちっと、あかかたいメッセージ コメントなどなど いつもほんとうにありがとうございます

&はじめましてさまも おひさしぶりさまも いらっしゃいませ(^O^)

 

暑い、、暑い関西からお送りしております。連日熱帯夜さんがふっかつ、お盆後の30℃を下回る最高気温と雨は

ほんとうに何よりのギフトで、骨休めになりました、、が、みなさまかめさまいかがおすごしでしょうか?

 

 

、、小学一年生の時、自由研究が思いつかず未提出、先生にこっぴどくしかられ、その夜父との合作工作笑を

作って翌日登校するも、新米先生は受諾せず、、というトラウマ?を学生時代背負ってせっせと宿題に励む子に

なったおばさんです\(^o^)/ ←トラウマ覚えてすぎな件 昔話をしだすお年頃?

 

 

そしてブログは2021年5月ゴールデンウィークのご紹介です。 自由な大人ですが、よろしければおつきあいのほど、、、

(いまさらですが、だらだらとした記事ですので、てきとうに、、、😁)

 

                                             

 

前回予告どおり、冬越し後のみどりーズの記事がないことに気づいたので、3月24日から、、

 

毎日のように水温チェック、天気予報チェックしながら みんなにどう一日をすごしてもらおうか?

調整しています

中央のくろっぽいたらいは つぎ足し用の 秋に拾った さくらの葉入りの落ち葉水

 

朝晩はダンボール+ビニールクロス、昼間はダンボールをめくって 暖かそうな日はさらに一部ビニールもめくり

直射日光の恩恵にあずかっていただく

 

こちら一週間後の3月31日 あたたかかったようで、温室育ちのクサガメ女子もお外干ししていました

今年はいつになくベランダ越冬組の水替えも早々に済ませて 手前のカゴで 越冬時使用していた

園芸用のミズゴケを乾燥させているところです

写っているのは アカミミ女子の 手前から おーちゃん まるちゃんです

 

 

5月に入ってもまだ ビニールは引き続き使用していたんですね、、意外です。

越冬時には画面むかって上のほうに寄せていた飼育環境も 日差しがあたる手前に移動しています

 

中央あたりのコンテナには 今季は初のクサガメ男子も 場所がなくてぎゅうぎゅうしています

とりあえず クサ男子同士はケンカしてしっぽがなくなる、というのを回避したかったので

越冬終了後は ここにはきんちゃんだけ入れてました

 

 

↑ ザリガニも越冬していました 昨年同様に 今年も6月に暑さでなくなりました、、、

昨年、なんで弱っているのか気づけなかったんですよね、、合掌。ありがとう。

アメリカザリガニはもう飼育できなくなるので、もしフィールドで見つけても今後は

☆の状態で持ち帰ってくると思います

ほんとうに、カメよりも飼育が大変でした(飼育方法によるとは思います)、、

 

黒化アカミミ男子のくろ氏 あいかわらず こぶとれない男子ですが、無事越冬してくれました

ちなみにこの夏はこの こぶさんも おとなしくしてくれていて くろ氏の食欲も安定 ほっとしています

※ こぶにはつり針が入っていて 手術で除去済みですが とりきれていない異物は残ったままです

 

ついじろじろみてしまいますが、、^^;  本カメ的には そうっとしていてほしいかんじです

 

くろ氏、年々ではありますが、、今年はほんとうに保母(私)のことをじょじょに「信じてやってもいいかも」と

思い始めてくれたのかな、、と

最初は配合飼料も2種しかたべてくれなかったりでしたが、昨年はどれでもOK,今年は 初めて食べるものも

食べてくれるようになったのです

なにを食べてもらっていたのか などは 夏の記事更新時にご紹介させていただく予定です

(ともかく夏野菜をせっせと持ち帰った夏でした)

ほとんど食べてもらってる画像は撮れないんですけど、、

 

おふくちゃん ふくちび~とか ふくぴよ とか呼んでます (推定女子)

こう見えて とっても丈夫で とっても、、きょうぼ、、 ٩( ''ω'' )و

、、げんきでいてくれて ほんとうに なによりでございます、、

このあと ここではない ちびコンテナ(個室)で 夏を過ごしてもらいました

 

 

 遮熱ぐるぐるまきにした おおきなたらいで それぞれ クサ×2 ふくちゃん と 越冬後

ひとまず この 右に クサ×2 おふくちゃん の 仮設?仮住まい?状態だったころ

 

クサ男子を別居させるための場所確保で 冬~5月まで試行錯誤していました

 

朝晩はビニーるハウス 過保護~と思われるかもしれませんが 水量が 自然下と比べてすくないのと

なにかもしあったら ほんとうに大変なのが カメ飼育、、(どの生き物もでしょうけれど)

 

ねー

 

手前から らん しー おーちゃん

しーちゃんは なにかにつけ おーちゃんにケンカ(ぴろぴろと手を顔の前で振る)をしかけていたのですが

6月以降くらいから なぜかやめてくれました いまでも見てないところでしてたりして、、?

いちばんくいしんぼいで みんなを追い抜かして おおきくなったけれども いちばんびびりな

しーちゃんです、、 ←らんちゃんは パニックになるし一番びびりですが 食べ物につられます

 

おーちゃんは ほんとうにおとなしい子なので まったく相手にしていませんでしたが、、

 

にまにま撮影してしまうひとコマ

 

ありゃ、、 おひさまをおいかけて 甲羅干しスペースを反転する時季がきました

 

 

おひさまスペースをみずから確保 女子の おーちゃん 

いきいきとしてますね(^O^)

手前から きーちゃん あーちゃん おーちゃん しーちゃん らんちゃん

まるちゃんだけ お水の中でしょうか

 

それぞれ 拡大  あーちゃん

 

 

きーちゃん

 

手前 おーちゃん しーちゃん

 

 

らんちゃん しぱしぱ

 

 

このころ、、試験的に 暴れて落ち着かないし ごはんを食べてくれないので クサ男子を同居開始

 

こっそりカメラだけ頭上に突き出して2カメが干してくれているのを確認

きんちゃん、せんちゃんですが、常に脱走を図るわ、5月なのにまだたべてくれないわ、、

 

 

、、やっぱり誰かが不調だと もろに影響をうけてしまうお世人、、そして里親さま募集のやりとり、、

 

ハゲそうになりつつ日々を送っておりました、、そして実際2つハゲました、、

いつまでも あると思うな 親と毛根 ←ふっかつしました そしておかげさまでともに元気です

 

 

ばーーん と音がすると たいていコンテナのへりからよじのぼろうとして ひっくりかえっている

きんちゃんの姿が、、

そして陸場が振動でちょっと下がるという、、

 

食べないのに なに仕掛けなんだか、、  お願いだから 食べて、、、と

2カメ同居にしてから、だんだん落ち着いてきました

陸場で干しているのがきんちゃん スロープには せんちゃん

3月から 里親さま募集を開始、お問い合わせはあるものの、ご縁はなく

そしていま まだお引き渡しはできないなという2カメのようすでした 

 

ふたつある女子トロ舟のうち 実験的に ひとつだけ 陸場を反転させてみたときのようすです

 

、、あいかわらず あーちゃん(右)はカメラ目線が多いですね、、

なるでなかよしさん? ひだりのぶあついのは きーちゃんです

 

きーちゃんは昨年介助して産卵してくれた子ですが、今年はタマゴをつくりませんでした、、

 

↑ まだ室内飼育中のクサガメもお外干しです

みんなのところに入りたいんですけど、かみつくので 出禁です。

 

かみつくのは クサガメのほうです、、みんなはかまれっぱなしです、、、

 

 

アカミミ男子のくりちゃん ごろちゃん たいていごろちゃんが上です

くりは耐えますが ごろちゃんはすぐに水ぽちゃします

 

保母が出て行くと ちぢこまりがちだった男子のくろ氏も だんだんと リラックス頻度がたかまって

ちいさなことでも うれしいです

 

 

男子のはんちゃんは 干し続けるNo.1男子ですが 首はすっこめがち、、なのですが

撮らせてくれている貴重ショット✨

おとこまえです(^O^)

 

とにかくよく干すはんちゃん

日照か 成長率なのか 男子は全般的に 甲羅の脱皮が女子と比較してイマイチ

皮膚はしっかり脱皮して ふよふよと浮かんでいたり

くろ氏が一番脱皮がはげしく(表面積がおおきいから・・・?)浮いてもいますがたくさん沈んでいます

皮膚が黒いので 色付きですが 女子のは 半透明です

 

 

、、クサガメは なにを考えているのか いまいちわかりにくいカメさんなのだなあと、、

こうしてみると リラックスしてるように思うのですが、、

先住(昨夏)のきんちゃん(右)はもともとてんねんぽく、左のせんちゃんは 神経質かなあ といったふう

この2カメの同居は 実は大成功でした(ただし、ごはんタイムにはぜったい個別)

なんとなく、、一度争わせたり ここにごはんを入れたらもうかみつくかんじだったので

なにもない時にもケンカするような、、

 

せんちゃんは環境になれてくれるようになったし きんちゃんも おちついていっしょにいられる仲間は

うえるかむだったようです(昨年は当初くりごろ、くろ氏と同居したりしたものの くろ氏さえひとカメ暮らしが

よかったみたいで きんちゃんにかみつくしぐさをみせていたのです きんちゃんもなんとなく 自分の意思よりも

陸場にいる時間が長いような状態でした)

 

 

ベランダをあけたら 男子側はこんななんじで 中央にちょっとだけ 出入りできるスペースがあります

 

←のトロ舟から ①くろ氏(ミミ男子) ②くりごろ(ミミ男子) ③はんちゃん(ミミ男子)


 ④きんせん(クサ男子) ⑤⑥ミミ女子6カメ 、、という環境

 

はやく里親さまを見つけないと 室内飼育中のクサガメ女子スペースが取れない、、とあせっていました、、

 

 

ながいので つづく、、、

 

↓↓おつきあいいただき、ありがとうございます

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

↑↑暑い日々が続きますが みなさまかめさまどうぞご自愛くださいませ

ちょっと不穏な空気ですが その後 平和な日々になってゆきます(^O^)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.6 カメ調査 夏の川とカモの抱卵

2021-08-19 16:34:57 | 野外(川・池)のカメ調査レポート

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

↑↑ぽちっとおしていただけると とってもうれしいです

 

この夏は とっても早く6月上旬ごろから梅雨に入ったと思えば、またお盆も開けやらぬうちに🌀→秋雨前線で

8月19日現在、おふとんが心地よく感じる朝を迎えられるほどの涼しい関西ですが みなさまかめさま

いかがお過ごしでしょうか

 

こちらは毎日雨で、日々雨に関する注意報や警報が出たりしておりましたが、15時過ぎから曇りにかわって

どうやらおそらく夏の甲子園の試合も再開されそうな天候となっております。

雨がやんで、16時にはセミの声が聞こえてきました。

 

河川水位は、Yahoo天気 災害のページからチェックして、いつもの川の仲間の無事を祈っておりました。

みんなどうかケガのないよう、、そして長雨でほんとうにおつかれさまです、、、

 

さて、春の川の浚渫工事関連の記事の更新もままならないまま、すでに8月下旬、、

とりあえず、3月以来まったく日程があわずに行けてなかった川に、6月すこしだけおじゃましたので

ミニレポートです。

 

正直浚渫の区間は 個人的に見るのも痛々しい状況で、、

今後ずっと長く生物と人間が共存していかないといけない都心の川の工事において、このたびの一件はほかの地域へなんらかの

情報シェアが行き届き、川や自然の多様性が守られてゆくよう祈っています。

(諸先輩方が日々熱心に活躍されていたので、市政等とのやりとりにおきましては わたしはイチ傍観者です、、)

 

                                           

 

 

浚渫工事区間よりも下流域での調査です

 

 

行政の方が草を刈ったのでしょうか すっきりとした河川敷 遊歩道横

 

このころは個人的にふらふらで あたまもいつも以上に働かず ←バテ+献血^^;

 

 

この日は、てさぐり&甲羅干しのカメさん&わなかけで

 

カメさんのわなかけの場合、おぼれる危険性があるので もしもカゴが移動しても

空気が必ず供給できる状態にすることが必須だそう

 

カゴごとひっぱられていったり カゴを固定しているヒモが人為的に動かされたりすることも、、

 

で、3人それぞれカメさんを探していたのですが、ふと呼ぶ声が。

 

呼ばれて中州を見に行くと、、

 

カモさんのたまごです。全部で9つありました。

 

ここの中州は、雨などで簡単に浸水してしまうのです

そして、めちゃくちゃ暑い場所なのですが、、

 

 

ゆでたまごか おかあさんカモが熱中症にならず また外敵鳥 に襲われず

無事孵化するのは大変なことでしょう

無事孵りますように、、と願いつつ

 

カモかあさんの画像は ガラケー使用なので たいして拡大できないしで あきらめました<(_ _)>

 

巣は記録用に撮らせてもらいましたが、おかあさんカモは無事戻って抱卵していたそうです

春に繁茂したセイヨウカラシナ(外来種)は種をつけて枯れていました

これが伸びている場所は カメさんの干場には影がおおすぎてあまり適していないかんじですし

背の高い植物は ほかの背の低い在来種の多様性を奪ってしまいます

 

 

今年はひっこぬく作業はできずじまいでしたが ほんとうに重労働です、、

 

川の中をさぐってうろうろしていると 水のなかにもさきほどのカモのたまごとおなじものが、、

 

 

 

たまごの外側に もやもやとしたしろい膜もみられます

 

古いものか?あたためて孵してみる?とかいろいろ言ってたんですけど とてもそんな労力はないので

 

(もしもくさっていたら 爆発してしまうので さきほどの巣にはいれられません、、)

 

あけてみたら きれいなたまごでした。

 

とりさんに運ばれそうになって ぽろりと水中に落下したとかでしょうか

 

 

この日捕獲したカメさんの記録 ゴミの画像などは すっぽ抜けておりました

ぼーーー、、っ、、、としていてすみません^^;

測定中に撮った一枚  かわいいね

 

甲羅がちゃいろっぽいのは フィールドの子によくあることで 鉄分の多い水域に居た場合に

こんなふうに着色するようです

 

ふつうのお水の水域にずっといるとか 飼育するととれてきます

 

 

まだまだ続くカメライフなので 自分の身体さんともうまくつきあってゆこうと思っています

 

秋には行けるかしら、、10月ぶりくら 11月とんぶり が いつも頭にあるかんじです

 

そして10~12月は池干しシーズンです 一回は参加させていただきたいので また行けたらレポートさせていただきたいと思います

 

 

↓↓おつきあいいただき ありがとうございます

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

↑↑ 増水などに気をつけて おすごしくださいね

みどりーズ近況のほうも 冬越し明け後 ずっとさぼっていたので 5月ごろのようすから

ぼちぼちアップ予定です またよろしければ おつきあいのほど、、

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする