ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

逃げない2月

2018-02-28 | 家族&夫婦
1月は行く 
2月は逃げる

と言われますが、短い2月はあっという間に過ぎてしまいがち。


けれど、今年は1年間可愛がってきた野良猫だったココ

まさかのまさかで虹の橋に行ってしまい
忘れられない月になりました。


ココのこともあって生と死、今日という日が来ることの
ありがたみをしみじみ思い続けた月でもありました。


2017年2月3日に避妊手術を終えて我が家に戻り
2018年2月3日に夜明けも待たずに逝ったココ。



その間一生懸命自分で家猫修行をして

(※最初の2ヵ月は外で寝ていました)


自力で猫ドアをくぐり新しい生活に入ってきた賢い猫でした。



楽しい1年をありがとう。



さらに今月は善(20歳)が1ヵ月のヨーロッパ卒業旅行を終え
一回りも二回りも大きくなって戻り、そのまま就職
社会人になり、私たちも完全に子育て卒業


寂しいけど
嬉しいっ
(↑正直


いろいろあった分、仕事も押したけれどなんとか終了
寄付の多肉も70鉢は出したので



今年は逃げない2月だったかな



3月もこつこつやって充実したいい時間を過ごせますように
(※今月時間切れになったみたび、がんばるーー





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリス・ボッティNZ公演

2018-02-27 | 映画・文化
平日の夜にタカプナまで出かけたのは、このためでした。

クリス・ボッティNZ公演
2月21日の1回限り。この後は香港へ。
夫がファンで私はオマケ。


トランペットのコンサートなんてマイルス・デイビスとナベサダ以来?
ということは日本にいた時以来
クリスはマイルスに感化されてトランペット奏者になったそう。


マオリモチーフが素敵なステージ



なんと

撮影可でした


「パパやママと来ているような若い子は前においで。
本物のミュージシャンたちをしかと観ていってくれ。」
とも。その音色のように心根も深く美しい人


クリス自身が終始語りかけるステージは
コンサートではなくまるでセッション
本人も「これはジャムだな~」と言ってました。


会場はクリスの演奏だけでなく、その優しい人柄に酔いしれ

バンドや仲間も脇をしっかり支え


いろんな若手が続々と登場しました。



彼女はムードメーカーでブルーのドレスがホントに似合ってた!



1曲だけのお披露目だったけれど、大切にされている若手。

クリスもさまざまな人たちに育てられたそう。
夫はヨーヨ・マのステージで知ったよう。
(※詳しくはコチラ。東京はブルーノートでやったんですね~



圧巻だったのが彼女、サンディー・キャメロン



1735年製造のガルネリをガンガン弾き



飛んだり跳ねたり

ピョンピョンピョンピョン


このガルネリは
ビットコイン200個分なんだそう~
(※クリス談)

観ているこっちがハラハラドキドキ
シカゴのストラディバリ協会から貸与されているそう。
保険に入ってるとか、そういう次元の話じゃない(笑)


ちなみにクリスのマーチン・コミッティは

ビットコイン1個分だそう(爆)


キウイもこういう時はのせ上手

みんなでノリノリ


このピアニストが誰かに激似でずーっと考えていたら・・・・

元イングランドのセブンスコーチのベン・ライアンだった(笑)
というラグビーファン以外にはどうでもいいオチ
(※夫が思い出してくれましたわ)


最後はとうとう笑顔

「ステージはキミのものだよ。」
と言って袖に下がり、サンディーの好きなようにやらせたクリス
きっと自分もスティングらにそうされてきたんでしょうね


人を信じること
特に自分より若い人(子どもも含めて)を信じること
それが愛なんだな、とつくづく思いました。


実はこのコンサート、夫の自分への誕生日プレゼントでした
そうしたら最前列に座っていたその日が誕生日だった人のために
クリスが「ハッピーバースデー」とやってくれ、こちらまでウルりん

2018年の年頭を飾るに相応しい素晴らしいひととき
いつかまた来てね






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初タカプナ・ビーチ

2018-02-26 | 外出・買い物
移住13年目にしてデビュー



タカプナ・ビーチ

この場所に立ってみるまで、来たことがなかったことにも
気づかなかった初めての光景


クルーズ船が近っ



ランギトトも近っ



平日の夕方だというのに驚くほどの人が

海遊び中


子連れもいれば



犬連れも



「みなさん、何時に仕事終わったの(笑)

とか言えないミジンコ零細在宅業×2


かなりの人がレッスンを受けているよう



この人はスタンドアップパドルボードのインストラクター

床の上にでも立っているかのような安定感


いろいろなグループもあるようで


どんどんボートを引っ張ったクルマが入ってきます。



しかも、女子率高っ



この長さの船を引っ張って来るって大変そう

とか言ってる時点で終わってる


ボートランプ(進水路)も広くてビックリ

これだったら同時に4、5艘上げ下げできそう。


やっと水に入ったグループもあれば



帰り支度の人たちも。



何時から来てたんだろう



パドルボード屋さんも店じまい

そっか、板ごと貸してくれるのか


カヌーの人たちも帰ってきました。



えっさえっさと舟ごと運んでいきました。

みんなホントに楽しそ~
これからビールで1杯かな?


社会人になった善(20歳)も5時半きっかりに帰宅
それから1時間ランニングに行って帰ってきても
まだまだ余裕で明るいし


夫がしみじみ呟く・・・・

「NZで働くってこういうことなんだな~


海は眺めるだけですが、ぜひまた来ましょう






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

善の手料理

2018-02-25 | 料理・食べ物・外食
月末恒例の仕事が押せ押せ
ミジンコ零細在宅業に曜日は関係なし


こういう時は月末になると行きたくなる店に行こう

と思っても、現在中国正月休みで
祝大家新年快楽
(皆さんよいお年を)
って、ありがとね
しかし、いつも達筆


仕方なく、月末でなくてもいつも行きたい
さいらん食堂ことスージョーへ



こちらもこんな飾りつけ。

やっぱりアガるこの赤
2018年もいい年になりますように。


夜は善(20歳)が、カルボナーラを作ってくれました

カード仲間のイタリア人仕込のレシピ


ベーコンじゃダメで、必ずパンチェッタ+パルメザン
(※どちらもブロックで)


でもうっかりスライスのパンチェッタを買ってきたので
本人ちょっとお冠
主婦感覚だと
「いーじゃん、それぐらい
なんですが、これ以外の料理をしない善には
大・問・題


しかもケチなママはパルメザンも買ってこず、家のチーズを使え!と
(※だってマーサーのチーズがいつもあるし~)


危うく調理放棄されそうになりましたが、無事完成
夫は何回か食べていますが、私は初めて。
おいしい
善クン、ありがとう


こんなのも見つけたし、
「家でパンチェッタ作ってみる


ママはとことんケチ主婦だった
(※サラダにも使えるしねぇ~)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビレロイボッホに邂逅

2018-02-24 | 家事・家計・リサイクル
ビレロイボッホの食器購入

お得意のセカンドハンド


大皿はもちろん、

この深からず浅からずのスープ皿が使えそう


ア・ラ・フェルム(農園)シリーズ

このシリーズって動物柄も初期設定なのかと思ったら
動物ナシもあるんですね~。


軽くて薄い素晴らしいポーセリンにまんま素朴なモチーフ

端正だけど洗練とは違う、実用のドイツ食器が実は好きかも


結婚前後から移住してくるまで10年以上アルツベルグを愛用

これは柄にもなく
夫が好きだったシリーズ
子ども用に買い、最後は夫が使い潰しました。もうご臨終(合掌)


ビレロイは普段使いにしては華美だし高いし(笑)
シンプルなアルツベルグの方が使い勝手がよかったのですが、
(※特に真っ白なシリーズ)

これぐらいの柄だったらイケる?
セカンドハンドの気楽さで、げっとん。
来客用だったのか、ほとんど使っていなかったような美品でした。


そもそもビレロイは27年前に結婚した時のお祝いのお返しでした
というのを、食器を手にして久々に思い出しました(笑)


真っ白で浅くレリーフが浮き出たコーヒーカップのセットにし、
それ以外の人はアレッシィにしたんじゃなかったかな?


なにせ当時住んでいたシンガポールから香港や日本に運んだので
割れなくて軽いアレッシィの小物は重宝でした。
永遠の定番がいっぱい~
(※とか言いながら、今の我が家にはもうなにもナイ・・・爆)


移住してくるまではこういうものが生活圏に普通にあり、
会社の昼休みにちょっと見に行くとか、贈り物に使うとか。
移住してきたら、あ~ら不思議、きれいさっぱり忘れてました(笑)
(※一度だけカフェのトイレでビレロイの衛生陶器を見ました~)






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夫の誕生日、そしてハイランダーズ快勝

2018-02-23 | ラグビー・ヨガ・スポーツ
今日は夫の52歳の誕生日
おめでとう~
健康で心穏やかな、充実した楽しい1年を


夜ご飯は夫のリクエストのパエリアで簡単に済ませ

席が変な角度なのは・・・・



コレだから

今日から始まった今シーズンのスーパーラグビー


しかも初戦は夫が心から愛するオタゴのハイランダーズと

傍観している地元オークランドのブルース


あーそこ、ケンカしな~い

必死で止めに入るブルースのキャプテンになっちゃった
ガスことオーガスティン・プル(中央)


前だったら真っ先に駆けつけて参戦してた
ケンカっぱやいヤツを主将にしちゃうのはNZラグビーでは
あるある


キャプテンだとイエローカードで退場になったら大変なので
同じ選手なのに仲裁に回ってイイ子ちゃんになっちゃうから、
あ~ら不思議
こうしてみんな大人になる
(※ならないのも多々いますが


今年からまたまたルールが変わって、
試合が途切れない

みんな走らされて走らされて、得点もスゴいことに


2チーム合わせて75点
さりげなくハイランダーズ快勝

決してディフェンスゆるゆるの大味な試合ではなかったので
これってルール改正の影響もある


走らされるのを見越してか、アキラ兄弟が身体を絞ってて
ビックリ
アキラはデビュー当時のようだし、リエコは頬がこけて
「お腹でも壊したのか
と夫が心配してました(笑)


キャプテン・プルも相当体重絞ったよね~



相変わらずのこの方(笑)

何かしててもしてなくても、カメラが追う追う~


ハイランダーズはソポ(アガ)ちゃんの後の10番はこんな少年

フレッチャーくん(昨シーズンもいたけど)
ボーディンのデビュー当時以上の初々しさ
制服着たら、高校行けるよ~
(※なんのために?)


今シーズンは1試合ぐらいダニーデンで観られないかな~?
と密かに願ってたりして(笑)←ダニーデンLOVE



ともあれ、これから週末が忙しくなりそう
私は今年もチーフス、ケーンズ推しですわ。






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オークランドの藤原とうふ店 

2018-02-22 | 経済・政治・社会
「えぇぇえなにアレ

信号待ちしていたクルマのボディーに


藤原とうふ店(自家用)

日本からの輸入車に日本語が書いてあることはままあっても
バスに「ワンマン」とか「自動ドア」って書いてあったり
トラックのボディーに社名が入っていたりなど。


こんな自家用車(だって自家用って書いてある~)は珍しい
商用車じゃないのに、なんで「とうふ店」


素人っぽい文字に
「まさかオークランドに日本人の豆腐屋ができた
と軽く小躍りしかけましたよ(笑)


走り出したら今度は別のクルマのボディーにも
藤原とうふ店(自家用)


頭文字って書いてあった
すっげーアイ(ランダー)ちゃんが運転してたけど、
なんだよアレ?」
という夫。


こういうときはウィキ先生に聞くに限る












ほらね~あっさり答えが出てきちゃうじゃないの!
とうふ屋の靴まであるって、どゆこと


日本人豆腐屋説が2分で消えて、ちょっと残念


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

56歳、初ラン

2018-02-21 | 健康・美容・ファッション
いつか振り返った時、
「ジョギングは44歳の誕生日から始めたのよね~」
と言えるように、44歳の誕生日から始めたジョギング


あれから12年が経ちました。
干支で言えば一巡か~(遠い目)
(※言わなくてもいいけど)


始めたときのユルめ目標として、
「60ぐらいになっても、カルく5㎞は走れる人でありたい
と思っていましたが、56まで来たのでけっこう目標どおり


ご近所ランでも



水や



緑があって



住宅街巡りも楽しく

いつも5㎞。気分や時間次第では6、7、たまに10㎞ですが
基本はずっと5㎞です。


ペースは落ちていると思いますが、全くタイムを見ていないので不明。
こだわっているのは距離だけです(笑)


今年の夏は暑かったのでなかなか走る機会がなく

(※夜はよく歩いていました。こういう事もあるし~


今日になってやっと56歳、初ラン(笑)
やっぱり5㎞でした。


最近読んだ話で、45~65歳までの間にマメに身体を動かしていると
高齢者になったときに筋肉が落ちにくいという研究結果が出たそう。
何歳になっても運動をすれば筋肉はつくけれど、45~65歳までの間に
運動していた人には及ばないんだそうです。


ここで言う運動とは1日30分のウォーキングやスポーツなど。
たまたま44歳から走り始めて、ヨガも再開していたので
60歳どころかぜひ65歳も超えていかなくちゃ
(※トシとってもなかなかヒマにならない件


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オークランドでミルクレープ

2018-02-20 | 料理・食べ物・外食
店があることを知ってはいたものの
自分が甘党ではないせいか、すぐに忘れ
ケーキ屋らしからぬ名前を忘れ
思い出しても、また忘れ


記憶の中を長い間、浮いたり沈んだりしながら漂っていた

フクロウ・パティセリー


ちょうどニューマーケットに行く用事があり、この手が
大好きな夫に声を掛けると一つ返事で行くことになり

コレですよ(笑)


いわゆるミルクレープ

お店の人と話したら全て手焼きの18層なんだそうです
スゴい薄さと美しさと均一さ
機械ではこんなに薄く焼けないんだそうです。


夫のバニラ



抹茶と小豆が好きな善(20歳)の好みのど真ん中のもの



本当に美しい焼き色

私は見て写真を撮るだけ(笑)
ちょっともらいましたが、しっとり美味しかったです。


オーナーらしきお店の人はマレーシア系かインドネシア系か
シンガポール系では?英語のアクセントでそう思いました。


あの一帯にもサウザンドレイヤーケーキと呼ばれ、
中国語だと千層糕(千層ケーキ)というものがあり
いわば平たいバームクーヘン
(※同じ名前の飲茶のデザートもありますが別物)
インドネシア産が有名で出張土産の定番でした。


もしもあの辺の出身でサウザンドレイヤーケーキが
焼けるなら、それにクリームを挟めばミルクレープ
・・・・・と、作りもしないのに言ってみる
ミルもフランス語だと千だし~(笑)


夫は、
「自分へのご褒美ケーキにする
と大喜びだし、善はニューマーケットで働いているメイトを
ぱしりに使ってゲットさせようと企んでるし、
いつもながら、教え甲斐のある男子チーム


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

190 万ドルのリアリティー

2018-02-19 | 不動産投資
ニューマーケットに行ったら、左の家がオープンホーム中
(※写真は何年も前のものですが外観は今でも同じ)

この界隈では珍しい19世紀の労働者のコテージと思われる家。
中を見られる貴重な機会なのでいそいそ行ってきました。
(↑単なる野次馬


小さなコテージを奥に向かって倍ぐらいに増築してあり、
増築部分は2階までの吹き抜け+ガラスの多用で
明るいわ狭さを感じさせないわでまるで画廊
オーナーも絵を描く人だそうでたくさんの油絵がありました。


縦に縦に長い昔の区画で、裏庭はかつて家庭菜園というよりも
ズバリ畑として利用されていたのでしょう。
第2次大戦前の区画だと割りとあるサイズ感


ほぼ完璧にリノベーションがしてあり、修繕を怠らなければ
このまま20年はいけちゃいそう
オーナーはオージーだそうで、ブラインドがオージーっぽい!
(※NZでもこのタイプがあると知れただけでもラッキー)


庭もほぼ完璧なランドスケーピングが施されており
イジれる余地は少ないけれど、庭に時間を使いたくなければ
ミニマムのメンテナンスでかなりの景観を維持できそう
鉢植えの多肉があちこちに効果的に使われていました


やっぱ多肉最強
(※とか個人的に頓珍漢に盛り上がってみる)


ベッドルームが1、2階に1部屋ずつ。2階に小部屋もあり
バス・トイレが1階、2階にもトイレあり。
非常に使い勝手が良さそうな効率的かつ美しい改装です。


月末にオークションがあり、
想定レンジは170~190万ドル(約1.5億円)ぐらいだそう。
この場所でこの広さ、地域のアイコン的な存在感といい
ちょっと前なら200万超えだっただろうなぁと思いました。


10人ほどの下見客は
なんと全員アジア人
私たち以外は全員中華系。
そのうち半分ぐらいは中国正月での旅行者かもしれない
雰囲気の人たち。まだ非居住者でも中古物件が買えるので
不動産屋も最後のワンプッシュ


売り主側のセルサイドの不動産屋2人は白人女性2人
中国人グループを連れて来ていた中国人女性は
いわゆるバイサイドの不動産屋で、中国語をいいことに
「ここと比べたらXXXの230万ドルの方がいいわよ。」
と、熱心に別の物件を勧めていました


さっそく今日、不動産屋から非常に丁寧かつ感じの良い電話あり。
基本に忠実に、いい仕事をしている印象。
残念ながら私たちは勉強熱心なだけの野次馬で申し訳ない


「いい家だけど170万で売れるだろうか?」
とも思いました。1~2年前にそれぐらいの予算で探していた
友人夫婦をふと思い出してしまいました。彼らもアート好きで
コレクターでもあるので、こんな画廊のような家が似合いそう
当時は予算内の物件に出会えず、遠くに行ってしまいましたが。


これが2018年2月現在の190 万ドルのリアリティー
果たして1年後の不動産市況はどうなっているのか?



個人的には5月頃のクラッシュに注意しているところ。
私たちもとてつもないローンがあるので、要注意



いつも言っていますが、何があっても

がんばってサバイブしていきましょう


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久々のマカナ

2018-02-18 | 料理・食べ物・外食
久々にマカナ

ケリケリにあるチョコレートショップ


ここのチョコレートがけマカダミア・ショートブレッドは

絶品だと思います。


スイーツ好きではない私でもつい手が出てしまい、

さいらん家の贈り物ではナンバーのリピ度


ギフトラッピングを頼めばこんな感じに。

今回も何ヵ所かに贈り物


クリスマスバージョンはこんな時もありました。



缶入りだったことも。

(※今もあるのかどうかは不明ながら)


この大きなプチプチは海外旅行でワインを持って行く時に

グルグル巻きにしていくのに使っています。


2016年にモンゴヌイで泊まったオールドオークにも



枕元にチョコのステキな演出



チェックイン前にお店に立ち寄って

おみやげに買っていたのでツーショット(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2年ぶりのワインチェンバーズ

2018-02-17 | 料理・食べ物・外食
2年ぶりぐらいにココへ



ワインチェンバーズ

キッチンの中が見えるように改装されていました。


予約の仕方
(※電話→オンライン)
内装
メニュー
シェフ
ウエイトスタッフ
オーナー以外すべてが変わった
というほど変わっていました。


確か最後に行ったのが2016年3月



その1ヵ月前に姉妹店のナンバー5に行ってかなりガッカリ体験

どちらもシェフが変わったばかりの頃で、
2人とも家の近くにあったパブのシェフでした。
同時にシェフが2人も移って来たのは、
そのパブが潰れてしまったからでしょう。


カジュアル度が高めのワインチェンバーズの方が
料理と値段がまま合っているかな~?と思いつつ
やはり足が遠のいていました。


今回、再びシェフが変わっているのに気づいてグラブワンで再訪。

一番いい3番テーブルに案内されました
この外の雰囲気がたまらなく好き。


ドイツワイン

間違ってとんでもない甘口を頼んでしまいました


スタッフもガラッと変わっていました。



前菜のエビ



メインのタイ

バレンタイン仕様なのかビートルートでピンクのソース
ここまで味が濃いと魚はもうなんでもいいかもしれない


クレームブリュレ



コーヒー




帰り道、何事にも穏便で、まず文句を言わない人のいい夫が、
「一番美味しかったのはコーヒーかも
とポロリと口していました(笑)


私には前菜もメインも塩分がキツすぎて残念なレベル。
どっちもとなると、この塩分が今のシェフの標準なのかも。


ここは2013年ぐらいまでは一番気に入っていた店でした。
その中でも一番感動的だったのが2012年12月のこの時

シンプルなサマーメニューなのにどれも完璧で
「こんなに美味しいものが食べられるなんて
(※しかもグラブワンで!)
と思ったものです。


当時のメトロ評
ここでも語られているようにメニューはごくありきたりな
「今日のお魚」だのシーザーサラダだの、リゾットだのでしたが
シェフ・ポール・ウィッテの新鮮な素材をふんだんに使った
細やかで華やかな洗練された1皿は、ありきたりなメニューを
大きく飛躍させたものでした。スタッフも素晴らしかったです。


お昼からこのレベルのものが供されるのは、接待などビジネス需要が
ある場所ならではなんだなーと納得する水準と混み方でした。


あれから何人もシェフが変わり、今はこことナンバー5を
1人のヘッドシェフがみているという
(※そんなことが可能なの?)

だいぶ暗くなってきて、この雰囲気はやはり捨てがたい。
やっぱりいつか再訪したいな


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

祝你新年快楽!身体健康!恭喜発財!全家幸福!万事如意!

2018-02-16 | 経済・政治・社会
今日は旧暦正月、すなわち中国正月

アジア暮らし20年の私にはいまだにこっちが新年本番かな?


「こんなに欲張ってよかですか
とういうタイトルですが、中華式にはじゃんじゃん
願って
祈って
努力して

言った分だけ自分もがんばる(はずな)ので
四文字の祝福はいくらあってもいいのですわ。
漢字から意味がおわかりいただけるかと


チャイマに行ったらほんのちょっと飾りつけ。

移住してきた十数年前の方が、どこももっと派手でした。
年々縮小されていくような気がします(寂)


でも店内に流れていたBGMで
「財神がうちにやって来た~
と歌っていて、
「西洋ならうちにやってくるのはサンタだよね~」
とウケました。


豆腐屋は中国正月キャンペーン中
28ドル以上お買い上げなら、豚足1本
55ドル以上なら2本
88ドル以上なら4本
差し上げますという太っ腹企画(なのか?)


「豆腐屋で88ドルも買う物があるだろうか?」
という素朴な疑問も。お豆腐何丁????


こちらは別の企画

なぁぬぅ~
70ドル以上買って1ドル払えば、ヤマサしょう油(1.8ℓ)が買えるって?
70ドル以上買ったのに、そんなこと教えてくれなかったな~
(※偶然撮っていたこの写真で気づきましたわ)


戌年、出だしからつまづいてるかも(笑)


我が家では温(24歳)が年男
元気に一段上のステージに上がっていってほしいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

見送り決定

2018-02-15 | ラグビー・ヨガ・スポーツ
出ましたよ~

まぁざっくり100万円
しかもコレ、お一人様料金


なんの価格かというと

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの
決勝戦・準決勝(2試合)・3位決定戦観戦7泊のツアー料金
(※なんで「ば」なの?)


これには飛行機代はもちろん交通費が入ってません

なにもグランドニッコー東京台場じゃなくてもいいと思うの。


2人で200万円+飛行機代+食事代+交通費etc
250万円でも全然足りなそう


ラグビーっていつからそんなに高いものになったんでしょう
前回のイギリスのときはチケットだけのパック料金があったのに。
(※飛行機とホテルは自分でアレンジ)


ラグビーバカの足元を見た、バカでも鼻白む料金設定
世のスポーツイベントは今やそういうものなのかもしれないけれど
NZの草の根ラグビーからずーっとかかわってきた身には
金額はもちろん、この商業主義はムリだ~
見送り決定


これだけの資金があったら、ローンの繰上げ返済でもしますわ(笑)
(※そっちきたー


その代わり(になるのか?)、たまたま同じ昨日に発表された
全く別のツアーに珍しく3人という人数で申し込みました
それはそれで楽しみです。
(※ラグビーとは全然関係ないんですが)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

義理チョコはいらないから

2018-02-14 | 料理・食べ物・外食
「義理チョコはいらないから
と数日前に夫に宣言されていたので、


「へいっ
とばかりに本日は青信号並みに堂々通過


と思ったら、夫はこんな隠し玉を出してきました

目玉おやじではありません
モーツァルトボールと呼ばれるそうで
善(20歳)のオーストリアみやげ


「街中どこでもいろいろ売ってるよ。味はみんな一緒なんだって。」
というボールの中身はヌガーを包んだチョコボール
(※他にも中身はいろいろあるのでしょうが)


息子のおかげで義理チョコではないチョコがあって
夫ははっぴ~
だと信じる妻


これはスペインからのおみやげ

スペインはスペインでもバスク地方に行っていたそう
(※死ぬまでに行くことがあるだろうか?)


どうりで写真を見てもなにもない



ネット環境は今回回ったヨーロッパでは最悪で

みんなすることなくて健康的(笑)


缶の中身はトフィー

なんとも素朴な作りで添加物ゼロの安心感(笑)


これもスペインみやげ

すごーく素朴な手作りのような味わい。
今のオークランドの湿気に自然に湿気るところが
これまた安心感(笑)


今夜のメニューはポケボール
バレンタインのバの字もないままフツーに過ぎて行く日常


このコたちには義理マグロと義理アジかな?

「・・・・・・」
「・・・・・・」



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする