ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

ウェリントン・セブンス優勝

2016-01-31 | ラグビー・ヨガ・スポーツ
オークランドはオークランド市制記念日の3連休中
でも世の中は月末で、なんだかんだと仕事中


合間合間にサボっては観にいく・・・・





ウェリントン・セブンス

なんちゅー豪華なベンチ
自宅の車庫にベンツだBMWがゴロゴロしてるようなもの^^;


それを全部持ってて好きなように乗りこなせる

帝王ゴードン・ティジェンス監督
いまや、Sirですから
誰もSirゴードンなんて呼ばないけど。


SBWとリエコのサンドイッチだなんて贅沢すぎ(笑)

挟まれるスコットランドの選手はアレだけど


アーディー・サベア

スーパーの貫禄


こっちはオーガスティン・プルじゃないかな?

上体でガツっと相手を止めるこの強さ。


そして迎えた決勝戦
(※って端折りすぎ

またココですかの南アフリカ


イオアニ兄弟に挟まれるベン・ラム

濃厚サモアン・ゾーン


こっちはセブンス専門ゾーン

手前のミケ(ルソン)ちゃんがゲームキャプテン!


リオ・オリンピック目指してスーパーの選手を入れたのはいいけれど、
7人で15人制をしている面もあり(笑)
「セブンスしてないじゃーん
と珍プレーもままあったものの、


優勝

と丸く収まるところがさすが、オールブラックス・セブンス


ヒヤヒヤさせられるところもあって

演出も心憎い


この人の行くところに優勝あり

SBW


ラグビーワールドカップ優勝ですぐにこっちに乗り換えてきた!

みんなは後ろで脱ぎ始めるし~


「アナタも行った方がいいんじゃない?」
とインタビュアーのメロディーに言われてニッコリ

もうみんな脱いじゃったって


だってこれですから

勝利のハカ
まさかのギリス・カカのリード
本チャンのマオ(リ)ちゃんだけど、そんなに出世したんか?


確かに家でもマオリ語話してそうな(想像ですが)感じ。

アー、カマテカマテ・・・と。


いつ見ても何度見てもいいですねぇ


カカのタットゥー
きれー

ユニフォームがぴちぴちでお互い引っ張り合わないと着れません


マン・オブ・ザ・マッチだったかマン・オブ・ザ・トーナメントだったか?

アキラ・イオアニ
手首のバンドに
おばあちゃん
って書いてあって、


もーアイ(ランダー)ちゃん&マオちゃんって
どうしてこうも可愛いのぉ
アイちゃんかマオちゃんの孫ご所望ですわ


今年も1ヶ月終了
2月は誕生月でもあり、充実した、素晴らしい月になりますように。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トンガリロ・ネーピア・ギズボーン行:モハカ・バイアダクト

2016-01-30 | 旅行
10日ぶりになってしまいましたが、なんとか旅行記の続きを


ネーピアを出てからは2号線に乗り、初めての東へ
世界で一番最初に日付が変わる主要都市(なのか?)ギズボーンへ。
ミレニアムのときはずい分騒がれましたよね。


しばらく行くと左手に見えてきた

超高架な橋


この高さにしてこの真っ直ぐさ、どう見ても鉄道橋

こんなところを鉄道が走ってたのー
(↑無知


20世紀初頭に造られたものでしょうけど、

囲いは木製で人の家の塀のようなもの
遊歩道になっているのかいないのか?人の気配はありません。
まぁ山奥で家もないんですが。


この高さを列車が走ってたのか

下はモハカ川の渓谷


マナワツやホークスベイ界隈らしい地形

長い年月をかけて川がえぐっていったんでしょう。


ここからはググったマメ知識
この橋の名前はモハカ・バイアダクトで鉄道橋
高さは驚くなかれ95m、全長276.8m
1930年に着工し、世界大恐慌やホークスベイ地震を経て1937年完成



高さひゃ、ひゃくめーとるー
あの100m走が縦に走れちゃう高さ
(※・・・・って、まったく実感のわかない説明


4年前に家族で歩いたオハクネのオールドコーチ・ロード

そこにかかる2本の鉄道橋


バイアダクト橋

2009年完成


その前まで使われていた1908年にできた

ハプアフェヌア橋
高さ30m以上


あの橋は遊歩道になっていて自由に歩けましたが

高さにビビる善(当時14歳)


30mというだけでも大変な高さでした



それが100mだなんて
高所恐怖症の夫が絶対行かないこと決定
でも、次回は行ってみたーい


驚いたのはネーピア―ギズボーン間の鉄道は2012年に廃止
それまでは現役だった


思わず二度見

あなどれないキウイレール
(※赤字も膨らむ訳だ~


川沿いの赤い屋根の大きな農家(望遠目いっぱい)

よく手入れされた農場で家族経営じゃここまでできないのでは?


クルマがたくさん停まっているから従業員がたくさんいるのかな?

(※それとも子どもたちなのか


上の濃い緑は植林

下の方は放牧
この地形といいNZの東部らしい光景


途中温泉もありましたが

身体の芯まで温まったら起きてはいられないので先を急ぐことに


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


(つづく)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ナフィールドストリート・カフェ

2016-01-29 | カフェ
善(18歳)が気温5度のメキシコシティーで耐えてる間に

親は外食


「善がいない日にでも
と思ってクーポンを買っておいたニューマーケットの
ナフィールドストリート・カフェ
その先にバー&ビストロと続く、まぁイマドキのイータリー


緑が多くてオシャレな構えの店が多いナフィールド・ストリート

「わぁ、ステキ
となる前に、
「この辺でこの広さだと家賃いくらぐらいだろ?」
とすぐそっちに行っちゃう私


内装もイマドキなオサレカジュアル。




「でもそんなにはお金かけてないかな?」
とかチェケラーが続きます

ここは黒地に可愛いイラストが決め手
個人的に旗は2ドルショップのコレじゃなくて、
ちゃんとオールブラックスの旗にしてほしかった。


ソーシャルメディアも内装になっちゃう訳ね

でも世の中、フォロー疲れ、フォローされ疲れが広がってないか?
ソーシャルメディアはやらない部外者の感想ですが。


あまりにも前に買ったので割引率は忘れましたが、半額だったか?の
2コース 


夫のカラマリ



私のモロカンチキン

このシマシマのソースは視覚的にもダメ
覚悟はしてましたが、どちらもど真ん中来ちゃいました


しかも、このモロカンチキン

なにかの間違いだったのか、
ガマン比べかと思うほど塩辛かった


減塩中の私にはキケンな塩辛さで、一口で3日分ぐらいの塩分摂取?
お隣のテーブルの男性も
「しょっぱ
と英語でですが、思わず小さく叫んでいました。


メインは2人ともチキン

2コースともチキンなんて投げてるチョイスになってしまいましたが
それでも味が濃くて濃くて濃くて・・・・
いくら夜は飲み系でも、キウイ相手でも、これはムリがないか?


クーポンのときは特にデザートやコーヒーでお店にお金を落とすように
気を使ってきましたが、ここはコーヒーさえ不安になるほどで
何も頼まず、一銭も追加で使わずに帰ってきました。



最近よくあるこの手の新しい店。
共通点がある
と思ったのですが、今日は時間切れで改めて続きを書きましょう。


あっ、お察しかもしれませんが
再訪ナシ即決


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

善がメキシコ、アメリカへ

2016-01-28 | 海外子育て
善(18歳)はカードのプロツアーでメキシコとアメリカへ。

これらしいです


カード関係のNZ企業がスポンサーになってくれたそう



このポロを着て大会に出るだけでスポンサーシップがもらえ

その姿が関連サイトに載ったらさらにボーナスがあるらしいです。
「NZの会社だから世界の人が見ても意味ないのに・・・・」
と本人は感謝感激しています。ありがたいじゃん


夫が空港まで送っていき、仲間と落ち合って

NZ航空のラウンジなう
なんだそうです。




やっと、やろうやろう!と思っていたことを片付けました。

この細長い黒い物体は


名前が分からないけど

収納用のアレですわ。
収納部屋の隙間を有効利用。
来客用のスリッパや雑巾代わりに使うお古のTシャツなども収納。


10段あってひざ掛けがすっぽり入る大容量

今までも同じようなものを使っていましたが、これは大きくていいかも


さすがIKEA

家具はアレだけど(笑)、小物はヘビーデューティーな気がする


黒のひざ掛けはオールブラックス観戦用
青はスーパーラグビーのブルース観戦用

早くシーズンが始まらないかなぁ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界ワースト1位の学校

2016-01-27 | 中華・香港
オークランドの平均住宅価格が年収の9.7倍になり

世界主要都市で5位の割高さ
という新聞の一面


前年のワースト9位から4ランクも上げてしまい
家が高い、高すぎる
という内容。


ものは考えようで、給料というものはそんなには上がらないのだから
どんどん上がる勝ち馬(=)にいち早く乗れば
究極の生活防衛になる
ということを証明するような数字ではないですか
ピケティ先生にめっちゃ怒られそうですが(笑)



「世界ワースト5位?年収の9.7倍?」
上等じゃん
とつい、口が滑ってしまいそうな西蘭家


だって香港は堂々の世界ワースト1位

ぶっち切りの年収19年分ですわ
しかもこれって、土地のかけらもないマンション1戸のお値段


なんせこんな場所ですから

庭のある戸建てなんて私たちが住んでいた頃から
ン十億円は当たり前。


そんな場所で計14年暮らし働き、不動産の売買もし、
相場観
リスクテイク
度胸
交渉力
内装
メイクオーバー
銀行や業者の選択
など、あらゆる面から鍛えに鍛えられ、
「年収の9.7倍?夫婦で働けば5年弱でしょ
と、ナチュラリーに思えちゃうほどタフになりました(笑)


20年以上前ですが、私たちが家を買ったときは年収の14、5倍でした。
売ったときはもっとだったかも

香港のビクトリア公園の縁に立つピンクのマンションでした。


当時は両側のミラービル(左はホテル)がなく

ビクトリア公園からビクトリア湾まで一望の下の
ビクトリア尽くしで、一番の繁華街コーズウェイベイも徒歩圏内
古い廟も緑も地下鉄もある、庶民的かつ便利な場所でした。


持ち家ではないと、住んでいた頃ですら月の家賃が50万円とか
家賃が会社持ちの駐在員ではない身には死にそーな高さ


子どもたちもNZで大学に行くより高いインタースクール通学
(※5歳児なんて幼稚園並みのチーチーパッパなのにぃ


生活防衛のために働き、知恵を絞り、情報を集め、投資をし、
失敗したり成功したり、毎日生きていくことが学びだった、
世界ワースト1位の素晴らしい学校








よくがんばった
(※誰にも言われないので自分で言います・・・・爆)


生き馬の目を抜くワースト1位から比べれば、
ワースト5位はホントに万事がユルめなんですわ。
ワースト1位の百戦錬磨の人たちが海外からも参戦しているんだから
本気で非居住者規制や投資家規制をかけないと
この状況は変わらないのでは?


シドニーやメルボルンも状況は似たり寄ったりとしても、
NZはいくらなんでも規制がユルすぎる~
と思います。


でも、そういう環境の中で富を得ているキウイがいるのも事実。
そっちの方のウハウハぶりはあまりセンセーショナルに報道されない、
お得意の偏向報道(笑)

なにせタブロイド紙か週刊誌みたいなもんですからねぇ。
でも、このユルさもまたよかったりして(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

物忘れと認知症の違い

2016-01-26 | 健康・美容・ファッション
夫の叔父の1人が介護士の資格を持っていた
という事実を最近知ってびっくりな私たち。
お見それしました~


定年退職後、長年の親の介護の経験を活かし、介護ボランティアを
しているとは聞いていたものの、資格まで取っていたとは。


叔父曰く、物忘れと認知症の違いとは
朝ご飯に食べた物が思い出せないのが物忘れ
朝ご飯を食べたことが思い出せないのが認知症



なーるーほーどー
その後、慌ててググってみたところ、この例はあちこちにありました。


徘徊癖のある人が出かけたこと自体思い出せないのも
(※「出かけてない!」と家族と揉める)
昨日会った人の名前ではなく、会ったことが思い出せないのも
(※会った記憶がないので、会話ももちろんなかったことに)
買い物した物ではなく、買い物したこと自体が思い出せないのも
(※出費でお金が減っているためにパニックになるとか)
怪我や病気があるのに、覚えていない
(※自分で薬が飲めなくなるなど)


子どもの頃近所に、喫煙しているのに自覚がない老人がいて
タバコを買っていることも吸っていることも記憶にないため
家族がそれを指摘すると逆鱗に触れてしまうという人がいました。
吸いさしをあちこちに置いたり、タバコを買いに行って帰れなくなったり
当時はボケと言ってましたが、今思うと典型的な認知症でした。


さらに叔父曰く、認知症になりやすい人の性格は
頑固
わがまま
潔癖症

なんだそうです。


これもググるといろいろな例がいくらでも出てきます


認知症「なりやすい7つの性格」
1・自己中心的
2・わがまま
3・几帳面
4・頑固
5・非社交的
6・短気
7・他人を受け入れられない


・人をほめたり喜ばせることが少なく、あまり笑わない
・話が理屈っぽくてユーモアがなく、かたい
・地位、名誉にこだわる
・生活パターンがワンパターン
・服装にこだわらず、いつも同じような服を着る
・自慢話が好き
・世間体を気にし、プライドが高い
・人のうわさや悪口が多い
・融通がきかないので、一度決めるとかたくなに守る
・趣味が少ない


[ボケるかもしれない12カ条]
□家族に認知症になった人がいる
□生活習慣病がある(高血圧、糖尿病、高脂血症など)
□運動不足である(めやすは30分程度の運動を週3回)
□太りすぎ、やせすぎ(BMIが18.5以下もしくは30以上)
□夫・妻がいない
□仕事に定年がある
□自分の預貯金と、入っている保険の内容を把握していない
□炊事・洗濯・掃除が自立していない(一人だと何もしない、できない)
□一人でできる趣味を二つ以上もっていない
□12歳年上と12歳年下の友人がいない
□1カ月に2冊以上の読書、1本以上の映画鑑賞をしていない
□栄養のバランスを気にしながら食事していない
*6項目以上あてはまる人は要注意です。

以上、コチラのサイト参照



認知症になりやすいタイプってあるの?
なんていう実例を見ていくと、
「ホントになりやすいタイプってある?」
とも思ってしまいますが、やはり


人との接点が少なく
環境の変化に対応できず
孤立している人(独り身という意味ではなく)

は、危険度高めなのかな?と思いました。


これらは全て度量の狭さの反映で、度量が狭いからこそ
認知症「なりやすい7つの性格」にあった
1・自己中心的
2・わがまま
3・几帳面
4・頑固
5・非社交的
6・短気
7・他人を受け入れられない
となっていくのではないかと思います。


几帳面や叔父のいう潔癖症も変化に弱いがゆえなのでは?
(※万事ユルめな私の想像ですが・・・・



ボランティアの関係で60~80代に囲まれる生活ですが
ボランティアなどしているぐらいなので彼らは認知症ではなく
(※物忘れはあるらしく、みんなスマホを外部脳として使い倒し)


客や仲間を通じて、人との接点が大いにあり
店、商品、ときどきの企画を通じて環境の変化に対応でき
まったく孤立しておらず
(独り身は大勢いますが)


あちこち痛い痒いはあっても心身極めて健康で
(※80代も含め3、4時間の立ち仕事を軽くこなします)
運転もするのでフットワークも軽くどこへでも行きます。


とにかく
口八丁手八丁ジョーク八丁
(※ブラックから下ネタまでなんでもあり


お互いイジり倒しては
ゲラゲラゲラゲラ


「老後は彼らの路線で行こう

と思いつつ、いつかあるかもしれない老人ホームデビュー目指して
キウイ英語がんばろ
(※オチはそれかい?)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トラ年にとってのサル年

2016-01-25 | 中華・香港
2016年も元気よく蘇浙匯(スージョーホエ)通い(笑)


トンガリロ・ネーピア・ギズボーン旅行から帰ったその足でまず夕食
(※もう2週間も前ですわ)

冷蔵庫は空っぽ、留守番と猫の世話係だった善(18歳)の慰労も。
(※このキュウリはやや違った。黒酢より台湾式塩+ニンニクが好き)


善の大好物

いつも皮が足りなくなります。


麻婆春雨がメニューになく

まちがいのない麻婆茄子
ナスの艶がキレイ


旅行中の中華不足と野菜不足を一気に補おうとした空芯菜

炒め方を聞かれなかったものの、腐乳でもニンニクでもいいや
と思っていたら、まさかのこんなレシピ
空芯菜と汁は合わないと心から思いました。


それでも美味しく終わっちゃうのが、スージョーホエのスゴいところ
まったく没問題
(=ノープロブレム)


今日は今年初ランチ。
だいぶ出遅れました

まずはなにはなくてもの野菜まん
えっセイロじゃない!


いつもはこうなのに

ど、どーして?
かなり満席だったのでまとめて蒸したのか?
お皿に乗せた瞬間から冷めだすのを実感。
ぜひ次回はセイロに戻して~


ここの神的麺

ランチ限定
これもランチ通いの大きな要因
これが食べたくてここに来ているようなもの


私が思う
「行きつけの店」
やっぱり今はここかな
(※どうか一生でありますように



店内は中国正月仕様になっていて

アガるアガる


門松を見てもこんな気持ちにはならないのに

大人になってからの中華圏在住20年のなせる技


この赤を見ると心からおめでたい気持ちになり

2016年も
健康で
心穏やかで
過不足なく
家族仲良く
つつがなく
前向きで
幸せな
1年でありますように

と祈らずにはいられません。


今年はなにかと大変な年になると予想される
トラ年にとってのサル年なので
慎重かつ大胆に前に前に進みたいと思っています。


がんばるじょー
(※風水上猫はみなトラ扱いになるそうで、一緒にがんばるー


ウマ年の夫は今年50の大台乗せ
それはそれでがんばってちょ



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハカで死にたい

2016-01-24 | 移住生活
今日もオークランドは暑かったですね~


気温も30度台に入ってきたそうで、南島並み
外も木陰なら気持ちいいのでしょうが、ものすごい日差しに恐れをなして
ぢぃぃーーーーっと在宅


この1940年代の元国有住宅が、夏にはなかなかいいんです。
床と天井以外は断熱材も入っていないので、涼しい


さらにこの辺りは緑も多く緩やかな斜面で高低差があるせいか
適度に風があって、夏はホントに快適なんですよ。


いつか全面改装してみたいという夢はあるものの
現在の建築基準に合わせて断熱材を入れざるを得なくなるだろうから
こういう日には
「全面改装なんてどーでもいいかぁ
とつい思ってしまうほど。



お向かいさんはクックアイランダーのマオ(リ)ちゃん

奥さんが紙巻タバコで寛ぎ中
マオちゃんの喫煙率高し!


彼らの生活ぶりは、まさに島暮らしそのまま

裏庭で乾いた洗濯物も庭でたたみ、たたみ終わると


息子がかいがいしく家の中に持って入ります(笑)

彼がまたマメなんですわー


行くと、
「上がってきなさいよー。デカい息子(温=186cm)はどうしてる?」
と、これまた気さくなパシフィカふり。



NZのマオリが太平洋のどこから来たのかは諸説ありますが
クック諸島は距離が近いし民族的にもほぼ同じで、可能性が高いそう。
日夜元祖マオちゃんの暮らしぶりを見てるのか(笑)


夏は老若男女みな露出度高め
(※息子は確実に半裸だし~



こちらはここ数日話題になっている、マオちゃんの結婚式でのハカ


いいねぇ。
しびれるねぇ。

花嫁も花婿もホントかわいい(←完全親目線)


自分が死んだとき、こんなハカで送られたら本望です
でもマオちゃん社会になんの貢献もしてないから、今は無理だなー
お向かいさんに今のうちから頼んどくか?(爆)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すする美学

2016-01-23 | 料理・食べ物・外食
仕事で煮詰まっていたら夫が誘ってくれて

ZOOLZOOLへ
いつも思う、このネーミング最高


予約ができないわ、ほぼ満席だわですが(2階席まで!)

上手いタイミングで席ゲット


なにはともあれ、まずは野菜から

豆腐サラダ


エビアレルギーの善(18歳)がいないときはすかさず

エビチリ


餃子

ヘンな盛り方に見えるのは食べちゃったから(by私)


元に戻して、この通り

な訳はなく、なーんと
お替りしましたん


キウイの皆さんも食べるし飲むし

ヌードルバーですからねぇ。飲みっぷりがなかなか。


キタキタキタっ

私の醤油チキンと夫の担担麺
お初の担担麺はむしろラクサ風。
私はメニューにないのに木耳を追加してもらってアゲアゲ
(※いい木耳でした)


The Art of Slurp

麺をすする美学がきっちり書き込まれています。


日本人が人前でおおっぴらに麺をすするのと
西洋人が人前でおおっぴらにハンカチで鼻をかむのと

どっちもどっちの習慣ではないかといつも思います。


目の前でハンカチで鼻をかみ、それをポケットにしまって
何日も同じハンカチを使い続けるフランス人友もいたし


目の前で鼻をかんだティッシュをブラに入れ
何度も使い回すキウイ友もいます


個人的にはどっちもスルー
本人たちの長年の習慣ですからねぇ。


だから私も個人的には
すする派


ただし、日本人以外と一緒のときや和食以外では
ボリューム調節します
(※中華麺は中華式に箸とレンゲの両方持ちですわ)


けっこう居残ってやっと撮れたイチマイ

煮詰まり気味だったので、サプライズの大人時間にハッピー



ところが今日はボランティア先でハンガーの角が目に入り
ハードコンタクトレンズが割れるという、まさかのハプニング
コンタクトの破片が飛び散るのが見えました


おかげで目が守られたようで、目にはほとんどキズがなく
用心して全治1週間という診断
気をつけなくては・・・・


良い週末をお過ごし下さい


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トンガリロ・ネーピア・ギズボーン行:ネーピア街歩き

2016-01-22 | 旅行
ネーピアは来るたびいつもこんな空

雲ひとつない・・・・っていう形容そのまま。


日曜日だったらヘイスティングス
土曜日だったらネーピア



これ、ファーマーズマーケットの話

土曜日だったのでネーピアで。
でも、出店のほとんどは土日で掛け持ちでしょう。
なにせクルマで20分の距離
これで違う自治体と言うんだからスゴい


去年ハブロックノース(これも20分!)も含めたスーパーシティー構想が
住民投票で7割の反対を受けて否決されたばかり

(※これもヘイスティングスのファーマーズマーケットにあったなー笑)


みなさん超絶地元意識が強いんでしょうね。
あっさり150万人のスーパーシティーになってしまったオークランドって
なんなんだ


新鮮な果物や野菜がありますが



まだ旅が続くので、残念ながら手が出ない



だ、大根

立派だけどこの盛夏に


やっぱり中華系でした



パン屋、ジュース屋、コーヒー屋

小さいながらもテッパンな出店が並びます。


ここは寄木細工のまな板屋



結果、

こんな朝ご飯


広い公園で遊歩道が一周しているので

キックボードの子どもたちがエンドレスで
グルグルグルグルグルグルグルグル
そりゃ楽しいだろうなー(笑)


通りは見ているだけでも楽しい古い建物がたくさん




1931年のホークスベイ地震で
壊れていなけりゃエドワーディアン

壊れてたらアールデコやスパニッシュ



ぐらいの勢い(笑)



建物を見ながら、
「へー、この辺は震災がなかったんだー
と意外な発見があったりなど


お店もみんなこんなで

可愛い可愛い


アールデコもスパニッシュも直線的なせいか

棒立ちのヤシが似合う


可愛さにつられてぶらぶらしましたが



お目当てのモノには出会えず。

チェーン店が多いので一歩店内に入ればオークランドと一緒


夫が見つけたこのカフェ

ナショナル・カフェ


1928年創業とあります



しーかーし、ビルは震災後に建てられた

1936年
「地震後に引っ越してきたんだろうねー」
と話していたら、こんなストーリー
去年の閉店前にチラリとでも行ってみたかったなー。


ここまで来れば海は目の前

ネーピアのランドマーク


お隣もランドマークの

マソニック・ホテル


な、なにアレ



なんちゅー乗り物なんだ(笑)



前がバイクで後ろがクルマ

滞在中2回見ました。
やっぱり目立つー


海に出ると、再び

な、なにアレ


去年はなかった

展望台


こんなのできたら、みんな行っちゃうよねー

(※実は私、暑さにぐったりで行ってませんでした


夫が代表撮影

正面がガラスという凝りよう


リアル眼下



目の前は外洋

やっぱり外洋が好き


海や空の青さに映えるメタリックな白



こんなステキなビーチなのに

遊泳禁止


海岸線のマリンパレードは大勢の人たち

地元の人も観光客もそぞろ歩いてますが、座って見ている私
(※暑かった~


そこを電動車椅子で飛ばす、イケ爺通過

そのスピードたるや、思わず写真を撮っちゃうほど。
あ、危ないって


アーチの向こうはマソニックで

ザ・ネーピア的なアングル


マソニックの柱

中もこの調子でコテコテのアールデコみたいですけど、
いつか泊まってみたいかも。


今回はVRネーピア

(※ロトイティでよく利用中)


ネーピアは大人な街で年齢的には合っていそうながら(笑)

食事の充実度に欠けるのが難点かな


まぁ、ヘイスティングスに行けって話なんでしょうが。
今後、要検討


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木耳持ってデートに行こう!

2016-01-21 | 家族&夫婦
今年に入ってインドショップで買ってみたへナ

思った以上にいい感じ


色がけっこう明るめに出てほのかなカラー具合

へナは出たとこ勝負のメッシュ感が好きなのですが


このへナはグラデ具合が気に入りました。



大袋なので2年近くもつんじゃないかな?

これで8ドルぽっきり(笑)


ただし、へナというかインドショップの問題は気に入っても
2度と同じものにお目にかかることがないこと


どこも品数はけっこうあっても、1品1品の在庫が少なっ
これもラスイチで、次に同じ店に行ったら違う品が置いてあるはず。
気に入ってもリピできないんですわ



真っ黒クロスケすぎてなんだかよくわからないのは

大好物の木耳
ミネラル、ビタミンD豊富で女子には強ーい味方


全く記憶になかったのですが、善(18歳)の彼女が我が家でこれを食べ
気に入ったそうな


たまたま大量に戻して和え物を作ったところだったので
デートに持たせました(笑)
女子は早くから常食しておいて損はないはず!
持たせる親もアレですが、喜んで持っていく息子もアレです


お持たせついでにお隣さんにも、

ズッキーニスロー
(※という名前になりそう)


また採りたてのズッキー二をもらったので今回はおすそ分け。



野菜が大の大好きな息子クンがねこあつめをやっててビックリ
英語でもNeko Atsumeなのねぇ
「こんなに写真撮ったよー
と見せてくれた猫の名前が・・・・


「タイガー」
(でも黒猫でした)
「コール」
(せ、石炭っ?)
「ラバー」
(こ、恋人?7歳が
とかで、なかなか笑わせてもらいました。


夕食後ちょこっとウォーキングというか夫と散歩へ
仕事日で1日家に缶詰だったので、

リフレッシュ


「明日もがんばろー
という気持ちになります。
(※というか、がんばらないと仕事終わんなーい


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トンガリロ・ネーピア・ギズボーン行:ハブロックノース入りにくい居酒屋

2016-01-20 | 旅行
やって来ました

ネーピア



トンガリロのあるナショナルーパークから、直線ならけっこう近いのに
そんな道はもちろんなく、タウポ経由で4時間。
寄り道しいしいでもっとだったかな?


今回で3回目の可愛いアールデコの街

(※って写真が全然アールデコじゃないですが・・・・笑)


「今度こそ

と狙っていた、隣町ヘイスティングスのテントゥエンティフォー


11月に狙ったものの満席で断られたばかりでした



今回は夏休み中で

再び断念


去年は同じ時期でも開いていたのですが、

今年のお休みは長かったようです



「だったら今まで食事したことがないところ

ということで繰り出したのは分厚い垣根が続く


ハブロックノース

果樹園だらけなので


しっかりした防風林が欠かせないよう。

外洋も近いし、天気が荒れたら強風が吹くんでしょうね。


果物を入れる木箱が積み上げてありました



こんなに可愛かったら、箱買いしちゃいそう(笑)

確実に猫の部屋になることでしょう。



ナビを頼りにやって来たのは・・・・・・

えっ、ココ


開いてる?
電気点いてない?
入り口どこ?
人がいる?


入り口らしきフレンチドアはバリケードのような木で覆われています。
ご丁寧にその前には入るなといわんばかりの植え込みまで


頭の中で鳴り響くNHK「世界入りにくい居酒屋」のテーマソング
んふんふんふ~んんんん



でも、看板が出ているし、クルマが駐車しているからまちがいなさそう。

セントジョージス・レストラン


ステキなぶどう棚のあるテラスにも人影はなく

ホントに営業中?



「でも、予約したし、確認の返事も来たし・・・・」
と脇に回ると、


こ、これが入り口

ハブロックノース入りにくい居酒屋、決定


中が見えない(つまり中からも客の気配がわからない)ドアを開けると

ごく普通のレストラン
灯りを落としているせいか、明るい外からは見えませんでした。


まずは冷えたワインで乾杯



「世界入りにくい居酒屋」の流れで行けば、入ったら入ったで
看板メニューのオンパレードだったり
気難しそうだったけれど、実は○○なオーナーがいたり
気さくな地元の人たちで盛り上がってたり・・・・

という展開


さて、ここはどうかな?

夫のチキンラビオリ


ラビオリにチキンでワンツイスト
ジャンボサイズがドンっと来て、もうワンツイスト
夏らしく冷製ということで、もうワインツイスト
さらに冷たいんだからとサラダのテンコ盛りでワンツイスト


ツイストでエッジを効かせているうちに
一回転してしまったようなメニュー


私のキングフィッシュ

見てのとおり生ながらカルパッチョ風ではない、刺身風厚切り
キンキンに冷えたガラス器といい彩りといい、目にも涼やか。


しーかーし、魚、特に生魚にこの甘みはどうなんだろう
オレンジとグレープフルーツのグラニタ添えです。
レモンとライムじゃダメですかぁ?
(※その方がコリアンダーやホースラディッシュにも合いそう)


夫のメインはニョッキ添えの地元産ハプカ

これもオレンジ添え
そして上に乗っているまさかのまさかのものは・・・・・







紅ショウガ
こ、こう来たか


私は「野菜三部作」という名のべジメニュー

ベイクドオニオンとあったものの、これって揚げてない?
3品中2品揚げ物という、こんなに鮮度がいいのにもったいない感じ。


色彩とプレゼンテーションはいいけれど、どうも口の中で
油の強さがうまく調和しないような残念感


野菜不足を見越して頼んでおいたサイドの2品

鮮度がいい分、切って混ぜただけ!みたいな創りが映えます(笑)
量が多くて1品にすべきところだったかも。
なんと、このサラダにも・・・・・







紅ショウガ
こ、こう来たか


お腹がいっぱいで、夫が1分ほど悩んで頼んだ

クレームブリュレ
これもオレンジ風味
徹底してオレンジ好きなのか、地元産なのか?


〆のコーヒー




バリケードが築かれたようなフレンチドアは中からはこんな。

開けられる造りなので、貸切のときは開けるのかな?


アウトドアの場合は裏のぶどう棚の下へ

ということのようですが、


店の顔とも言える正面がこんななのは

個人的に相当残念だと思いました。


内装も壁紙に見えた黒地の板が張ってあり、相当暗い

かといってパリのビストロのような暗さにニュアンスがある訳でもなく
派手な色合い、陽がたっぷり差す開放的な造りという虻蜂取らず。



ハブロックノースの入りにくい居酒屋は看板メニューが地元の食材に、
魚にオレンジだったり、紅ショウガ入りだったり(笑)


気さくな地元の人たちという訳でもなく(まぁ居酒屋でもないし)
年金受給世代と思われるご夫婦中心に皆さん静かにお食事中


奥のテーブルのご婦人が、
「ヘッドシェフはどちらの方?」
と質問しているのが聞こえ、肝心の返事が聞こえなかったものの、
返事を聞いたご婦人の「へぇー」と意外そうな顔に察しがつきました。


食事を終えて会計をしながらの雑談のついでに私も聞いてみました。
「ヘッドシェフはどちらの方?」







「ゴアです。」


ビンゴ
やっぱりインド人(←違っ


私の「野菜三部作」のしっとりした揚げ物にちょっとそんな気配
でも、個人的に決定的だったのが
紅ショウガの存在


以前、インド人が国籍を伏せて(笑)やっていたパブで食事をし
そこの料理に黄色い不思議なものを発見
それはショウガではなく、






沢庵でした。
まさかすぎるー


あまりの衝撃にオーナーの1人と話始めたら、カナダから来たものの
インド人であること、シェフもインド人であることなどがわかり、
不思議な不思議な沢庵の存在については、
「インドにも同じような漬物があって料理に使う
と言っていました


高菜チャーハンを挙げるまでもなく、漬物を調理すれば出汁が出ます。
中華でも漬物入りの料理はけっこうあります。
紅ショウガも漬物といえば漬物で、ここのシェフはご愛用のよう。
私たちも激好きで、毎日のように漬物代わりに食卓に出ます。


「でもファインダイニングを謳う店ではどーなんだろう?」
壁にはシェフが受賞した数々のメダルが額に入れて飾ってありました。
シンガポールなど国際経験豊かとも聞きました。


プレゼンテーションの巧みさとテクニックの豊富さは感じましたが
やっぱり違和感が強かった味覚。
「これはなんだろう?」
「どうしてこうなんだろう?」
とあれこれ考えてしまい、食事が無言になってしまうのも残念でした。


ということで、
再訪ナシ決定


この入る者を拒むようなドアの印象も強く残りました。

せめて脇に飾り窓をつけるとかすればいいのに。


次のネーピア再訪はぜひテントゥエンティフォーで

と思いつつ、2回の断念でハードルが高くなりつつある


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トンガリロ・ネーピア・ギズボーン行:また来年

2016-01-19 | 旅行
無事5回目のトンガリロ・クロッシングを終えて

定宿のザ・パークに戻り


誰も入っていなかったスパに2人で
ザップーン

貸し切り状態


その後
こんな展開
になり(笑)


何はともあれバーへ

(※今年はこんな壁紙になっていた どこのブランドのか知ってる~)


祝杯



前日に続いて、塩分強めだけどこういう日は気にしない

シーザー


こんな山奥でマッスル(爆)



ピザはケイジャンチキン

(※狙わないで素直にハワイアンとかにしておくべきだったかも)


ゆっくりコーヒーを飲みながら

早くも思いは来年へ


今回は雨にビビってファッション計画を完全にまつがってしまったので
次回への備忘録としてここにメモりひとり反省会

トップス:長袖メリノ+フリースのインナー付き防水ジャケット
ボトムス:ランニング用ショーパン+トラックパンツ
サングラス:ミラー仕様
帽子:キャップなどつばがあるもの(予備でフリースのビーニー)
手袋:念のため
予備のトップス:メリノかランニング用を腰に巻く(荷物になるので)

早々にフリースは脱いでしまうはずなので、持ち物は少なめに。
次回は絶対の絶対にこれだけの装備+ミラーグラスにしよう


今回の最大の失敗は寒さを気にしてヒートテック的なものを着たこと。
保温にはいいのでしょうが、読みが外れて暑くなったときには
暑いわ、全く通気性がないわで、汗がそのまま残り
自分の汗で身体が冷えるのを経験
(※いくら暑くても、これはキモ~


服装はちゃんとスポーツ仕様のものにすべきことを実感し
NZが誇る100%メリノの実力を再認識
(※洗濯機でもガンガン洗えるし メリノ最高!)



翌朝は

大雨


遅い時間だったのでダイニングは閑散としていましたが



果たしてクロッシング・ツアーは出たのだろうか?

(※荒れた天気ではなかったので、多分出たと思いますが)


毎年のことながら、クロッシング翌朝のほとんど人影のない

静かなダイニングが好き


バーのドアもしっかり閉まってます。



今年のこと
天気のこと
この宿のこと
一緒だった人たちのこと
など、とりとめのない話をしながら


また来年

という気持ちが固まってきます。


泊まるのも絶対にここ。

来年の今頃も、
「もうコピペでいいんじゃない
と言われそうなぐらい、同じ内容の記事をUPしているはず(笑)



その後、タウポ経由でやって来たのは

1年ぶりのネーピア


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

嵐の準備

2016-01-18 | 料理・食べ物・外食
今日から天気が大幅に崩れる見通しのオークランド

5秒ほど考えてモモ1号の実を全部採りました。


違うものも混じってますが(笑)

この後、夫にも手伝ってもらいハシゴで上の方のも採り、
全部で40個ほどになりました。


もうちょっと木で熟させたかったけれど、
強風で落ちてムダにしてしまってはもったいないし、かわいそう


前に読んだ本の中にありましたが、
実をならせる木には実がムダになるぐらいなら、食べてほしい
という願望があるそうです。数日待って大事に食べまーす



お隣さんも天気が崩れる前に庭の片付けをしていたようで

ズッキー二をもらっちゃいました


NZではこの野菜、出世魚ならぬ出世菜で(笑)
10cmちょっとのこぶりなものは

クージェ
(※お店で売っているサイズ)


15cm以上のものは

ズッキー二


これ以上大きくなったものはメロウと言うんだそうです。

もらったのは20cmぐらいだったからギリでズッキーニかな
(※庭で育てていたときは40cmぐらいにして種を採りました)


「いつか新鮮なズッキーニを手に入れたら

と狙っていたズッキー二のコールスローを作りました。
(※キュウリっぽく見える薄い緑はすべてズッキーニ)


ラグランのフードデパートメントで食べたスローが

ズッキー二たっぷりで衝撃的な美味しさだったのでパクりました。


あまりの美味しさに翌朝もテイクアウェイしたほど



いろいろ入れすぎてスローという以外は似て非なるものですが

おいしくいただきました


(備忘録=材料:ズッキー二1本、紫玉ネギ大1個、紫キャベツ少々
ケールの葉2枚、ニンジン大1本、甘長ピーマン2本、松の実
クルミ、クコ、カシューナッツ、ピーナッツを軽く挽いて混ぜ
白ゴマ、挽いた塩とコショウ。おろしたレモンの皮少々。
食べる前にスライスしたチーズ(パルメザンがいいはず

ドレッシング:ホワイトワインビネガー、バルサミコ、エキストラ
バージンオリーブオイル、レモン汁

汁が多くなるようだったら、クスクスを追加して吸わせても



天気が崩れるのを見越して昨日は買い物にも
まずは新鮮なシマアジをゲット
(※海が荒れると船が出なくなるので)
葉物を中心に野菜をたんまりゲット
(※今の季節、ハウスものではないので悪天候の後は品薄に)


洗濯も2回して、手洗いのものも終了
今朝は曇り空の下、しっかり走って汗を流しておき
嵐の準備万端


さっ、仕事しますわ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トンガリロ・ネーピア・ギズボーン行:5回目のトンガリロ・クロッシング

2016-01-17 | 旅行
明日もこんな天気でありますように

初日は早めに寝て起きたら


2日目はかなりの雨

寒くはないものの、こう来たか
予報では夕方から雨のはずでしたが、なにせ山の天気。


7時半出発。5年連続でトニーの運転するバスで登山口へ。
トニーによる同じ説明+同じジョークの安定した注意事項を聞き

いよいよ開始


これから6、7時間をかけて

20kmを歩きます


幸い雨は止んでいました。



雲で何も見えませんが、この辺はそもそもなにもない

雲でキツイ日差しが遮られる方がむしろありがたい


サクサク登ってトンガリロ山頂・・・・

・・・・の写真だけ(笑)
クロッシングのコースにはトンガリロ山頂は含まれません。


ラグビーグランドが何面もできそうな山中とは思えない真っ平らな

サウス・クレーター


雨もなくかんかん照りでもなく天気はばっちりだったのですが、
雨による寒さを見込んで出発直前にファッション計画を変更
これが大失敗


とにかく暑くて2ヵ所のトイレでどんどん脱いだものの
なんとなく暑くてボーっとするほど
今回は着るものを完全にまつがってしまいました


一応最大の難所となるレッドクレーター・アタック(と勝手に呼んでいる)

でも傾斜が激しい部分は道が整備され、ワイヤーも付いたりして
ずい分ラクに安全になりました。


風も穏やかでみんな座ったり写真を撮ったりの余裕しゃくしゃく。
(※悪天候だと立っているのも大変なほどの風が吹きますが・・・・)

振り返ればナウルホエとほのぼのレイク(←まだ名前が思い出せない


11月のナウルホエはキレイな冠雪があったので

あれからどれだけの雪解け水が流れていったことか


上から見たサウス・クレーター
ホントに真っ平ら

後から来る人たちがカラフルな蟻の行列のよう。
この登山客の多さが安心感になり
みんなで楽しみを共有する連帯感になり
クロッシングの魅力を増しているように思います。


レッド・クレーター着
ここでいつも思う

ここまで来れば終わったも同然
後は基本下るだけなので。


トンガリロ山頂を極める人たちは左手へ。

この赤ちゃん連れの若いカップルも向かっていました。


地球の内臓

といつも思うレッド・クレーター


あっという間に雲に覆われたりまた晴れたり。



夢のような不思議な色と光景



ここからほんのちょっと登ったら

そこがコースの最高地点


後は下るばかり。



今までがんばって登ってきた努力が

水泡に帰すような下り


この砂滑りのような場所、1回は尻餅をつくものの

コツが蘇ると


後半は小走り



このおニイさんみたいに大股でスピード上げた方が

安定するんですわ。


で、あっと言う間にエメラルド湖到着

雲はそれほどではないものの風が強く
ランチを食べる人が一ヵ所に固まっていました。


ここで夫を待つこと10、15分ほど。

なぜかここでいつもはぐれてしまう私たち


宿が用意してくれたランチを終えて再び出発

今度はブルー湖へ向かってセントラル・クレーター通過。


雲が多く真っ青な美しい全容は拝めなかったものの

エメラルド湖とはまた違う、引き込まれるような色です。


この辺は奥からルアペフ、ナウルホエ、トンガリロの三峰が見える

絶景ポイント


さぁて、ここからは長い長ーい下りです。



出発地点は標高1,000mで到着地点は標高600mなので

下りがやたらと長いんですわ


雲も出てきて辺りが見えないので

ただもうスタスタと


下界が見えてきました。




山小屋テテタヒ・ハットも見えます。

その周りをグレーでクネクネの登山道が取り巻いています。



「雲の上の存在から普通の存在に戻ったな

とボソッとつぶやくイタい夫
(※誰も聞いてないって


下るに連れて緑が濃くなり

せせらぎの音も聞こえてきます。


せせらぎが川になり

水量も増えていきますが、今年は全体的に少なめかな?


気温が高いのか、マウンテンデイジーをたくさん見ました。



反対側の登山口テテタヒ駐車場に出て

おつかれさーん
みんな迎えのバスが来るまでゴロゴロしたり寛いだり


今回は6時間半で歩いたのでトニーのお迎えまで小1時間ほど。

ゆっくりできました。
雲も多く前回ほど写真を撮らずにとっとと歩きました(笑)
所要時間は天気と連動するかも


ともあれ、雨に降られることなく
無事帰還


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする