ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

終わりよければ

2007-12-31 | 家族&夫婦
(年越し後出し日記も、いよいよ最終回です!)

2007年もとうとう暮れます。
平々凡々に始まった年も、2月に夫がラグビー・コーチから本格的なラグビー・レフリーへの転身を決め(と言ってもボランティアですが)、4月にはピッピのがん再発の発覚という、予想外の展開に。

家事と仕事と闘病の生活が半年続き、9月にピッピ永眠。10月には外飼いだったタビちゃんも後を追うように永眠。その後、チャッチャも体調を崩し、さすがの私も心身疲れ果て、しばし低空飛行。夫と子どもが元気だったのが、せめてもの救いでした。

そんな11月に突然舞い込んで来た、1通のメール。
「のりの凸美より」
というタイトル@@;
「えぇぇぇ~*▽*!」
と開封してみると、やっぱり凸美さん

この続きはコチラになるわけですが、なぜ「のりの凸美さん」かというと、香港に住んでいた頃、彼女が缶入りの海苔をお土産にくれたことがありました。物心が着き始めていた当時の温は筒の缶から海苔が出てきたのにビックリ仰天@_@;しかも、
「ビニール袋入りのいつもの海苔と比べて格段においしい♪」
ということを、子どもながらに悟りました。

以来、缶入りの海苔は、
「凸美さんののり」
と呼ばれ、彼女は
「のりの凸美さん」
と呼ばれることに。日本で「山本山」の海苔を見ては、
「あっ、凸美さん!」
と言っている時期もありました。

あれから約6、7年の歳月が流れ、私たちはとうとう再会しました。
そうです、海外からの友人とは凸美さんのことだったのです!
久々のメール再開後の彼女の行動はまさに電光石火。航空券が1年で一番高い時期にさっさとチケットを入手し、独身ならではの、
決断力+行動力+財力=起動力
で、クリスマス前にはたくさんのお土産とともに我が家にv´▽`v

親子ともども大喜びで、毎日毎日、本当に楽しい日々でした。
ほとんど赤ちゃんだったので記憶がない善(10歳)まで、
「えぇ~?のりが来るの?ボクの部屋使ってもいいよ。」
と申し出てくれたほど。

(←凸美さんに合わせてリネンも一新。これが善の部屋?_?)


最後の夜は大晦日。
私のリクエストで凸美家風大晦日の過ごし方をお願いし、
すき焼き⇒年越しソバ
ということに。

(さかがきの大根が入るところが凸美家風。真夏のNZで大根、春菊、白菜が手に入るのは大助かり。今回は生エノキも見つけました→)




在住の友人も呼んで、みんなでご相伴に預かりました。夫の実家も大晦日はすき焼きだったそうですが、うちにはそういう習慣がなく興味津々。どちらも本当においしかったです(惚)!

(←彼女は頭のてっぺんから爪先までピッカピカの美人!磨き方が違います。見てください!この手、この仕草、優雅で美しいったら そうそう、すき焼きの時は新聞を広げるのも凸美家のしきたりです!)


彼女のおかげで、何かと辛かった2007年をパッと明るく美しく締めくくることができました。終わりよければすべてよし、ですね。
ありがとう、凸美さん! 2008年もよろしくね~´ー`/

これを目にして下さっているみんさまにも、改めてお礼申し上げます。2007年も大変お世話になりました。特に猫たちの件で書き込みやメールを下さったり、お祈りを送って下さったみなさま、本当にありがとうございました。2008年も西蘭家の移住物語は続いていきます。どうぞ、これからも末永くよろしくお願いいたします。

健康で実り多い、光に満ちた素晴らしい2008年でありますように。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワイヘキ再訪

2007-12-30 | 外出・買い物
(年越し後の超~後出し日記です。スイマセン´ー`ゞ)

今日はお天気にも恵まれ、予定通りワイヘキ島へ♪
(海とワイナリー、「これこそワイヘキ!」という眺め)


・・・のはずが、朝から、
「電車が来ない@@;」
という一大ハプニングがあり、フェリーに乗り遅れましたぁTT

駅で一緒に待っていた初老の男性が鉄道会社に電話を入れると、
「No train(列車はありません)」
という、つれない返事。彼は、
「昨晩そちらに電話を入れて時刻まで確認してるんですが・・・」
と食い下がってます。こちらもネットで休日中の運行時間を再確認していたので、なおも聞き耳を立てていましたが、返事はやっぱり、
「ノー・トレイン」

彼が、
“What a stupid organization you are!”
(キミらはなんてバカげた組織なんだ!)
と完璧なクイーンズ・イングリッシュで物静かに怒りを表していたのが印象的でした。そうなんです、この国。こういうところは非っ常~に根性要ります。英国紳士だってつい口が滑ってしまうところ。

彼はランギトトというもう1つの離島へ行くと言ってましたが、9時のフェリーを逃すと次は確か12時だったはず。お気の毒~><;
私たちも1本遅い10時のフェリーに乗るべく、慌てて家にクルマを取りに帰りました。ところが、家に戻るや、
ピッピー
と、列車が駅を出る時に鳴らす警笛の音が、遠くからはっきりと聞こえてきました@@

(ワイヘキのフェリーピア→)

音しか聞こえないので、それが上りだったのか下りだったのかはわかりませんが、やっぱりこの国、かなり根性要ります(笑)
友人は思いがけないキウイ体験に驚いてはいたものの、文句ひとつ言うわけでもなく、終始にこやか。優雅なもんです。さすがぁ´。`A

ワイヘキは相変わらず素晴らしく、
「バッチ(別荘)がほし~><;」
と私だけ連呼しながら(夫、子どもは無関心)、みんなで軽~く山歩き。海あり丘ありで本当に美しいところです。デモ、アツカッタ・・・

バッチの値段は8ヶ月前に比べ、予想外に安くなっていたような。
リゾートや遠隔地の価格変動が都市部よりも激しいのを思いがけず実感しました。それでも、とんでもなく高嶺の花なんですが。
半額にでもなってくれないと(鬼´~`!)、うちの場合まったくお話になりませんが、見ているだけでも楽しいのが不動産♪ 
私にとってはウィンドーショッピングの比ではありません。えへ。

まずは、こんなサイトを見ながら、価格、立地を頭に叩き込み、相場観を養いつつ、目の保養をしてま~す´▽`v
ワイヘキへの道も一歩から。がんばろうっと・・・!

(↑ワイヘキのかわいいお肉屋。「肉は肉屋で、野菜は八百屋で」の生活が好きです)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

再びレインフォレスト・エクスプレス

2007-12-29 | 外出・買い物
仕事がないってスバラシイ!(大きい声じゃ言えませんが)

・・・ということで、今日は西オークランドのティティランギへ。
友人の滞在も今日で7日目、外出もいよいよ佳境*▽*?

NZ在住の友人たちも誘って総勢11人で、前にも行ったことがあるレインフォレスト・エクスプレスに乗ってきました。
(前に乗車した時の話はコチラ

(←こんなに長~い橋げただって、丸太です!樹齢ン百年?_?)




相変わらず、原始の姿に限りなく近い、深い緑が美しく(完全に戻るまであと250年かかるそうですが@_@;)、見渡す限りシダ、シダ、あ~んどシダ。


「鬱蒼とした木立、いっそ雑木林、なんだったらブッシュ♪」
が好きだという友人は、森に建つ家の不動産屋の広告に、

「買っちゃおかな?」
好きですよ、このノリ

私などすぐに、
「うわぁ、やぶ蚊が出そう><!」
と発想からして超~庶民なんですが┐(  ̄ー ̄)┌
「ロングアイランドの友だちの家もこんな感じだったし、オランダのハイネケン・ビールの創設者の大親友一家の家もこんな感じで・・・」
と、彼女は庶民にはよくわからない感情移入で気に入ってました。

いいっスよ、バンバン買ってくださーい。掃除くらいしとくから!

前回も思いましたが、このレインフォレスト、ゆっくりと歩いてみたいです。緑が濃いので夏でもそんなに暑くない?それって甘い?
ぜひ夏休み企画の1つに入れておこうっと!

(←ダムの標識もレトロです)


夜は、前の晩の残りのカレーという、海外からのゲストにはあまりもあまりなメニュー。あとは中華風ミートボール・スープとサラダ。冷蔵庫の大掃除も兼ねていたので、ユルしてぇー人ー

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なんとか仕事納め

2007-12-28 | 私事・リタイア・人生
今年も残すところあと4日@@;
大汗かいても、もうどうにもなりませ~ん><;
とうとう今朝、仕事納めとなりました♪ ’`,、’`,、(´▽`) ‘`,、’`,、
メールを送るや、取引先から“A Happy New Year!”の返信。
年末ですねぇ~(しんみりぃ)

海外から友人が来て今日で6日目。早い、早い。
一昨日、昨日と友人(♀)、夫、子どもたちと別の友人(♂、独身)の見た目ちょっと複雑(?)&訳アリ(?)な5人組はロトルアへ。
清流の温泉につかったり、バンジージャンプをしたり、アレしたり、コレしたりとさんざん楽しんで帰ってきました。一番喜んでいたのは実は子どもたちだったりして´m`A 大人は激疲れ?

ホテルは2部屋だったので、誰が友人(♀)と同室になるかで、各自2分間の自己アピールとかしてましたが、夫のアピールは
「元同僚」(ホントです)
と、
「それが何か?」
てな理由で即却下。けっきょく、若さで勝負の善(10歳)をご指名。
私はチャッチャと留守番しながら、コツコツおシゴトでした。

今日は友人のリクエストで、パーネルのローズ・ガーデンへ。

(火山岩の質実剛健な門の中はバラ、バラ、バラ、そしてバラ→)


「バラが見たいわぁ
だなんて、乙女チックですねぇ!「花より団子」の私には生涯ありえない発想。そうは言ってもローズ・ガーデンには毎年行っているのですが、さすがに今日はゆっくり回り写真もたくさん撮りました。

←家にあるバラ「テキーラ・サンライズ」でした!
(多分・・・)




確かにこの色、この濃さ、なかなかなネーミングかも、です。意外な収穫でした。





これは「ディア・ワン」
1つの枝からたんさんつぼみが出ていて、咲くと天然の花束。色といい姿といい、ホントに甘く、甘~く♪



バラあり、海あり、本当に眺めのいい公園です。前はここで善が踊っていたかと思うと、ちょっと感慨深いものが。当時の話はコチラから。



こんなポフツカワの巨木の下で本でも読んで過ごせたら、いいですよね。いつかやってみた~い♪
ヨガもしてみたいけど挙動不審者ってことで追い出されるかも~
┐(  ̄ー ̄)┌

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゆるいクリスマス

2007-12-25 | 外出・買い物
海外から友人が来て今日で3日目。
いつもと違うクリスマスです

ピッピのこともあり、さすがに今年は「お祝い」とか「パーっと」という気分にもなれず、飾りもカードもない、ゆる~いクリスマス。
温(13歳)が飾ってくれたツリーが、リビングの隅にポツンと置いてあるばかりです。

23日はクリスマス・イルミネーションで有名なフランクリン・ロードへ。

2年前と比べ、両脇の小道を入った家でもイルミネーションをしているところが増えたかな~という気がしました。

(この家もそんな1つ→
ハープやギターのエンターテインメントで一番人垣ができていました。

家が売りに出ていて大きな不動産屋の看板が出ていたのはご愛嬌。これだけのお披露目、売れるといいね!→)



(←スカイタワーもクリスマスカラー。友人は帰国するまでにあそこのカジノで一山当てたいそう。
がんばれっ!

私はいつか、あの王冠のような輪っかを歩くツアーに参加してみようかなぁ~と。)




イブの昨日は親しい友人たちで集まり、ゆる~い食事会。
クリスマスとは関係なく、BBQにその他もろもろのメニュー。
それでも、太さも長さも腕以上ある大きな大きなロブスターが2匹も差し入れられ@_@;(シーフードレストランの水槽では見たことがありますが、家では初めて!)、別の友人からは突然、かわいいクリスマスケーキも届き、他力本願で一気に豪華な食事会に♪ 
夜中まで話し込んで、いつもながら楽しい夕べでした。

クリスマス当日の今日は、さすがに離れの工事もなく、あたりもシーンとする静かさ。午後からはお天気も崩れ、けっきょく、どこにも出かけず、善(10歳)以外は、全員ちょこっとお昼寝もして´ー`ゞ、
みんなでゆるゆ~るっと過ごしました。夜は残ったハムとソーセージでポトフを。そんなメニューが思い浮かぶような気温でした。

もともとなかった、吹けば飛ぶような今年のクリスマス気分。
明日にはすっかり消えていそうですが(笑)、その分、気合を入れて仕事に打ち込み、何かと大変だった今年1年を締めくくりたいと思いまーす。

(カードやメールを下さった皆さま、ありがとうございます。この場を借りましてお礼申し上げます。まったくお返事ができていませんが、ぽつぽつお返事させていただきます。)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空回り空騒ぎ、そして善の卒業

2007-12-21 | 海外子育て
街を駆けずり回るのが終わるや、今度は家で空回りの空騒ぎ><;

ここに来て、庭の離れが着々と進み、
ちょっと呼ばれては、「ココ、どーする?」
またちょっと呼ばれては、「湯沸かし器の位置をガス屋と確認して」
またちょっと呼び出されて、 「ドアノブとタイル選びに行かない?」
(さすがにこれは年明けに延期してもらいました)

仕事の方はどれも仕事納めモード。
何を納品しても、年末のご挨拶がもれなくついてくる´m`
という状態で、取引先といつになくしんみりとメールを交換し合い、
また来年も、よろしくっ!!!
残すところあと3つを終えれば、いよいよ仕事納めです´。`v

夫の方も、
「よーし、これが終わったら仕事納め♪」
と、2、3日前から言っていながら、
「実はこの件で・・・」
「ぜひクリスマス前に・・・」
とやるべきことが出てきて、納められないみたいですよ~。
お互いすれ違いも多く、今日はやっと一緒に食材の買い出しへ。

バタバタの最中にも、善(10歳)は小学校を卒業しました
(スゴいな、勝手に育って。「親が忙しくとも子は育つ」、の見本)

(←卒業の日だってなんだって、模様が消えるほど使いこんだラグビーボール持参のいつものスタイルでニコニコ登校。今ドキ珍しい学校大好き少年






卒業式どころか終業式もないので、いつものように学校へ行き、みんなのサインで埋まった制服で帰ってきました。(親の出番ゼロ)

(5時間後にはこの通り。透明なプラスチックは全盲のクラスメートが点字で打った彼女のサイン→)




今は夏休み中誰と遊ぶか、何をするかで頭がいっぱいのようです。親としてはホッと一息です~♪♪♪

(←後だってこの通り。このポロはさっそく善の部屋の壁に張ってあります)





先週末から一足先に夏休み入りしている温(13歳)が一番ヒマそう。友だちに会ったり、家の手伝いをしたり(進んでは絶対にしませんが、言えば何でもするくらいヒマしてます)、iPodを聞いてゴロゴロしながら本(含むマンガ)を読んでたり。けっこうなご身分です。
カワレルモノナラカワリタイ。

他にも、
ヨガのコースが終わり、
銀行、獣医、病院への年内最後の連絡が終わり、
海外へのクリスマスのプレゼントの発送が終わり(遅っ><;)、
ボランティアが終わりTT、
大きな買い物(って言ってもかぁイイもんですが)が終わり・・・。
空回りしているようでも1つずつ片付いてます。

明日は総勢20人以上になりそうな、夫主催の打ち上げ@西蘭家。
持ち寄りなのでラクさせてもらいますが、ほとんど私の知らない人ばかりというのは初めてのこと。どんな感じになるんでしょう??

明後日からは海外から友人が来て、Xmas&年末年始@西蘭家。
これも初めてのことで、もう今から楽しみったらありゃしない

浮き足立つ空回りも今日まで。明日からは年末年始本番です!
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

師走に埋没

2007-12-18 | 家事・家計・リサイクル
ほんの10日前に、「師走の実感」などと鈍いことを言い、
ず~っと低空飛行でしたが、やっと、
「新しいことを始めてみてもいいかな~????」
という気になってきました。さすが師走、じっとはしていられない?


と呑気なことを言ってましたが、この期に及んで新しいことなんて、
とんでもな~い><;
今や涙目になりながら、師走の街を駆けずり回ってますよ。

(←今年も名物サンタが待ち行く人を睥睨してます。
やっぱり、コワっ!)



普段は出かけないようにしているので、
午前中で4ヶ所ハシゴなどとなると、もう必死。香港時代では、
「んなもん、当然!」
だったんですがぁ。う~ん、なんだかここではダメかもTT

今日は途中、爺さんのカフェで一息。その後も、買った物の返品・交換、足りなかった物の買い足し、不用品の寄付と、あちこちへ。さらに、魚屋で三枚におろすよう頼み、八百屋へ行った後に取りに行こうと思いつつ、忘れて帰ってしまった、
昨日のシマアジを引き取りに行ったり・・・*▽*
魚屋の小父さん、大笑い。オマケに鯛の卵をたくさんくれました
(そうだ!あれも煎っとかなきゃ~><)

午後は雨で涼しくなったので、ひたすらアイロンがけ。カーテンやテーブルクロスなど大物を攻め、これだけはクリスマス準備完了! 
はい、アイロンだけですが ̄▽ ̄;

明日は今まで付けていなかった子どもの部屋にもレースのカーテンを付ける予定。(日中の日差し、スゴすぎです)家中、同じ柄で統一したので思いっきり花柄ですが、レースだからいいよね<<

夕方には友人に頼んでおいた、年末年始用のホームメードのお餅約80個が届き、これに限ってはお正月準備完了!
はい、お餅だけですが ̄▽ ̄; (しかも他力本願@@)

これがおいしいのなんのって 夕食前だというのに、家族4人で立ったまままだ柔らかいお餅をパクリ。ん~、シアワセ♪ シアワセ♪

夜はガッツリ、仕事入りたいと思いますっ!
・・・って、もう11時半なんですがぁ~´▽`A
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NZ版頭の体操

2007-12-16 | 家&庭関係
今日は友人たちと飲茶へ。
まったりするはずが、大人も子どももガシガシ食べてしまって1時間で一丁上がり!(レストランが大混みで追い出された、というのもありますが´ー`ゞ いつも大盛況な店です)

その後は全員で、不動産巡り~
家を買おうとしている友人の付き合いとはいえ、不動産を見るのも買うのも大好きな西蘭夫婦。後学のために喜んでついていきました。しかも、土地勘がない場所で、余計に興味津々。

不動産を見に行くたび、つい夫婦でやってしまう、
NZ版頭の体操! 


(見晴らしのいい家はやっぱりポイント高いです)

なにをするかというと、その物件のキャピタル・バリュー(通称CV、市政府が定める不動産の価値で、レーツと呼ばれる一種の固定資産税算出の大元になります)の当てっこです。

「これならCVで30万ドル(約2,500万円)ぐらいじゃない?」
「じゃ、レッタブル・バリュー(賃貸価値、市政府がCVを元に算出する年間賃貸料で、レーツの目安になるもの)で1万5000ドルか?」
「そんなとこじゃない?」
(当てっこの答えはコチラで確認。住所を打ち込めば自分の家も、お隣の家も、友人の家も、価値が丸わかり´▽`A)

と、ボソボソ話しながら、不動産屋の提示価格がCVを30%も上回っているのを、内心、
高っ ̄~ ̄;」
と思いながら、ふんふん聞いてる夫婦。

提示価格が39万ドルで年間賃貸料が1万5000ドルだったら、
イールドはたったの3.8%@@
こんなにハイリスク・ローリターンなら、今のような市況では借家に住んだまま、頭金を定期預金に入れておいたほうがいいのでは?

しかし、
「このエリアは人気で、物件もお買い得。学区も環境も良くて・・・」
と、不動産屋はあくまでも強気。
「市況が悪化している中、これで売れたらスゴいな~*▽*」
と思うものの、案外、サクっと売れたりもするので侮れません。

基本的に、不動産屋も買い手もイールドなど計算せず、
気に入るかどうか、ローンが組めるかどうかが判断基準となるため、
ビックリするような高値で取引が成立することも・・・@@
「中華圏じゃ、ありえない~」
と不動産屋の広告にイールドまで入っていた香港時代が懐かしいって?!

もちろん、気に入ること、ローンがつくことは重要ですが、自分が非常に割高な物件に手を出したことを自覚しているのは重要かと。
特にこれからキャピタルゲイン狙いが難しくなりそうな中、
「買ったのにぜんぜん上がらな~い><;」
と期待外れになるかもしれない心の準備も必要かな~、と。

友人は買う気満々。どうか割安な好物件に出会えますようにー人ー
ついでに、力を合わせて一緒にローン返済を手伝ってくれる、
奥サマも大募集中だそう。
「我こそは!」
と思う方、こっそりメール下さい´m`

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オスカーとネイサン

2007-12-15 | 経済・政治・社会
1年半くらい前にメルマガ「不動産チャチャチャ-コヒマラマ」で登場した、異色の友人オスカーとネイサン。なにが異色かって、
オスカーの50代後半はままいいとしても、ネイサンは70代@@ 
かなり高齢なのです´。`A(メルマガのつづきはコチラでも)

2人の話を聞いているとまるで掛け合い漫才。話の中身は徹頭徹尾
金儲け♪
朝から晩まで、箸の上げ下ろしまで「お金の話でOK」という、アジア一円にありがちなアジア系2世の2人。まっ、彼らの話を聞いて笑い転げるのが大好きという私も、かなりアジア入ってますが´ー`ゞ

さて、いつもおカネの話で意気軒昂な2人ですが、ここ最近、ネイサンが体調を崩し、何度も入退院を繰り返していたとか。一時は親友オスカーのお見舞いまで断って入院していたそう。ところが、夫がオスカーの家にいる時に、不意にネイサンから電話が・・・

ネ:「やっと退院したんだけど、さすがに退屈だから出てこないか。」
オ:「いいぜ。じゃ、いつもの・・・」
ネ:「うん、マクドナルドで。」

入退院を繰り返した直後にマックぅ~@▽@
と会話を聞いて驚く夫に、
オ:「知ってるか、タカ?マックはからだにいいんだ。」
タ:「なんでぇ@@?」
オ:「ハンバーガーの肉は薄いし、野菜は入ってるし、パンもある完全食だ。小さいから食べ過ぎなくていいんだ。サブウェイなんかヘルシーっていってるけど、見てみろよ、並んでるヤツはデブばっかりじゃないか(笑)!」
とウソぶくオスカー。(サブウェイなんか行かないくせに´m`A)

私たちは知ってます。なぜあの2人がマックで会うのか。まず、
老人で食が細く、ハンバーガー1個で事が足りるので、普通のランチセットなんか頼んだ日には食い負けしてしまい、口惜しい!
というのがあります。金持ちは往々にして倹約家だったりします。

し・か・し、一番の理由は!
2人はシニア向けのマックの優待券を持っているのです。これは、
コーヒーがタダという、大きな特典が ̄▽ ̄;
これにフライドポテトを1つ頼んで2人で分けながら(!)、
コーヒー片手にウダウダ財テク談義~。

資産ン億円の2人が、ですよ~*▽*
どこまで倹約家、いいえどケチか!
ここまで来ると天晴れ、天晴れ、キウイ晴れ!

し・か・も、オスカーの年齢ではその優待券はもらえないのに、
フケ顔が奏功して@@
数年前に@@
店員に声をかけられて勧められるがままに、
内心密かにVサインでカードをゲット♪
ずっとネイサンのカードを羨ましがっていたので、本人ご満悦´ー`
資産ン億円でも、こればっかりは買えませんからね~┐(  ̄ー ̄)┌

年寄り扱いされても、病気になっても、天下無敵な2人組です。

(オスカーのヨーロッパ土産。「本物のスイスチョコだ」ともったいつけてましたが、右上にはCOOPの文字が!
「本物の生協チョコ」
でもありました。さすが!金持ちぃ´m`A→)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニッポンに住めない理由

2007-12-14 | 移住生活
海外生活23年目の暮れです。
こんなに長く海外にいるのは、
「どこも楽しくって楽しくって、やめられない」
というのもありますが、やっぱりその基には、
ニッポンで暮らせない
というのがあるんでしょうね~。

と、そんなことを改めて思ったネットの広告のコピー。

いまさら人には訊けない「お歳暮」マナー!
ライバルに差をつける究極のギフトとは?


それがなにか?
ってとこでしょうが、これこそが私がニッポンに住めない一番の理由かと。

人には訊けない?
ライバルに差をつける?


お世話になった人にお歳暮を贈るという、非常にパーソナルな、本来贈り手と受け手の二者の間で交わされるはずの礼に、

人には訊けない
ライバルに差をつける


と、第三者が入り込むのです。
「自分で一生懸命選んだ物を一年の感謝を込めて贈りたい!」
と端から思ってしまう私には、

人?
ライバル?

と、まったく理解ができないこの価値観。

「今日は絶対、ランチに天そば食べようっ♪」
と勢いよく会社に行ったら、

「そんなもんでホントにいいのか?」
「そんなんで人に勝てるとでも思ってるのか?」

と周りから詰め寄られるかのような・・・
*O*~  口あんぐり、頭大混乱の図

これが私のニッポン社会の縮図だった気がします。
人は人
自分は自分
尊重もするけど、尊重もしてほしい。できたら、ほっといてぇ´ー`ゞ

前後左右、確認に確認を重ねながら、誰か一緒に渡る人が来るまで道を渡らないような価値観。
私は1人で行きたい方角にスタスタ行っちゃいますから、やっぱりニッポン暮らしはムリそうです´▽`A


(こういう光景、捨てがたいんですけどね~。2003年SARSの年に。温9歳、善6歳)
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マーライカオ、その後

2007-12-13 | 家事・家計・リサイクル
マーライカオの話、再び。
「作ってみた~い♪」
とか、
「作りました~♪」
というメールをいただきました。どうもありがとうございます。

で、私のマーさん(いきなりカジュアル)がどうなったかというと、
しっとりずっしり、本物とは似ても似つかない、ものスゴーく腹持ちのいい、不思議な物になりました*▽*
最近、焼き菓子など全然作っていなかったので、ベーキングパウダーが古すぎたようで膨らみませんでした ̄▽ ̄;

お砂糖を多少減らしたものの(レシピだと、すんごい量なので)、
甘さと黄色のキレイな色あいで、なんとか乗り切りました・・・
・・・ってなにを?

えーっと、ヨガのクラスの打ち上げと、善(10歳)の学校の6年生のソーシャル(と名前だけは昇格してても中身はいつものディスコ)です。2個蒸したので、それぞれに1個ずつ使い持ち寄り完了´ー`ゞ
あっ、ちょっとだけご近所のキウイのおすそ分けにも使いました。

あのういろうのように重いスイーツで、本物など見たこともないキウイや子どもを煙に巻いたわけです~。 
知らぬが仏
ってヤツです。ワルやのぉ~´m`;

コンデンスミルクも買ったので、またチャレンジします。

写真がないのは失敗したからではなく(そんなことにビビるわけはなく、むしろあの重量感は撮って残したかった!)、デジカメ2台とも壊れたからで。ただ今、修理中です~~TT

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マーライカオに挑戦中

2007-12-12 | 家事・家計・リサイクル
飲茶のスイーツの定番、馬來糕に挑戦中です。
あっ、今こちらの時間で夜中の1時半なんですけどね。
そんなこたぁ、夜更かし西蘭夫婦にはたいしたことではなく、
夫もお隣からいただいたオレンジなんか食べながら起きてます。

そうそう、
「馬來糕って?」
ってとこですよね~。これは、
北京語で「マーライカオ」(広東語だとマーレイコー)
です。

でも、日本語は
「マーラーカオ」だってぇぇぇ???

ラー?
マーラーだったら漢字では、
麻辛
で、激辛の意味。

來=来
で、北京語でも広東語でも「ラー」にはならないのになぁ*▽*
どこでこうなったのか、この日本語音訳かなりオドロキでした@@

直訳すると、マーライカオはマレーシアケーキです。
馬來西亞で、まんまマーライシーアーで、マレーシア。
馬來人で、おわかりですね? マレー人です。

今夜は急に作ることにしたので、一番簡単そうだったコチラのレシピを参考にしましたが(ホントに簡単で感激TT)、東南アジアでは何かと欠かせないエバミルクが入るってことで、コチラのレシピも非常~に気になります。今度はエバミルクを買って挑戦してみましょう♪

おぉっと、蒸しあがったようです。いそいそいそ~~~

(←蒸すのはもちろんセイロで♪このフタだと水滴が落ちません。茶碗蒸しにも便利)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NZ船、山に登る

2007-12-11 | 経済・政治・社会
昨日の続きっぽいですが、
「そんなに勢いよく銀行に乗り込んで、何を?」

と聞かれたら、答えてあげるが世の情け~♪♪♪
(ってポケモンのパクリ。今でもやってます?ロケット団の2人´m`)
ズバリ! 借金の相談です><;
何をするにしても、金利はもろ、コストですから低く抑えるに越したことはありませんからねぇ。

だってぇ、見てくださいよ~、コレっTT↓↓↓

主要通貨の政策金利
NZドル     8.25%    (8.25%)
豪ドル     6.75%    (6.50%)
英ポンド    5.50%    (5.75%)
米ドル     4.50%    (5.25%)
加ドル     4.25%    (4.50%)
ユーロ     4.00%    (4.00%)
スイスフラン  2.75%    (2.50%)
日本円     0.50%    (0.50%)
(左は今日現在、( )内は8月のサブプライム・ショック以前)

NZの金利って経済先進国では断トツで、
すっとこどっこいな高さ! 
つまり、事業でも投資でも何かのために借金をしようと思ったら、この8.25%にいくらか上乗せした金利を払わなくてはならないんです。固定金利の住宅ローンが9.4~9.6%だったりするように。高っ!

単純な話、借金をしてビジネスをして、利益率20%だったら、儲けの約半分は金利に消えてしまうってこと!「それじゃ!」とばかりに利益率30%を目指せば、値段が高いか中身がお粗末かで、今度は
「うっ、売れない><!」
ということにもなりかねません。キビシ~イっ ̄~ ̄!

しかも、8月に世界を震撼させたアメリカのサブプライム問題(平たく言えば、金融機関の過剰融資で大勢の人が住宅ローンの返済に一斉に行き詰った構造的問題)以降も、NZドル金利はガンとして下がってないし;_; イギリスもカナダも下がったのにぃ。

(まっ、オーストラリアは上がってますが。ここもしぶとい!)

(←あの時のあまりに見事なNZドル急落に、思わずパチリ!米ドルで80セント超から67セントへまっ逆さま~) 

NZの問題は絶対的な金利の高さに加えて、相対的な高さも。これが曲者なんです。どういうことかというと、日本円や米ドルとの金利格差です。円だと1年間預金しても受け取り金利などスズメの涙。
それに比べたらNZドル金利のなんと高いこと!

「よっしゃ、NZドルで高利回り運用だっ♪」
となる日本人がいるのもよーくわかります。金利差8%ですからね!
こっちだって、できるものなら円建てで借金したいですよ。
金利4、5%だって、バンバンザイ?!
(まっ、為替リスク←これも曲者、がなければの話ですが)

サブプライム問題の震源、アメリカでは問題拡大以降、とっとこ金利が下がってきており、今夜にも一段の利下げがありそうです。
となると、NZドルと米ドルとの金利格差は拡大の一途。
豪ドルも含め、高金利の南半球通貨はやっぱ人気ぃ
となり、海外から資金が流入して、物価が上がり、金利は高止まり・・・

カネ多くして船、山に登る・・・
ってことに。しかし、山に登った船って*▽*?

最初は眺めがよくても、居心地悪そうだし、どこにも行けないし・・・
カネという水が引いていったらどうなるか、は明らかですよね?
いつ、どう引いていくか自分では予見できないものに浮いてるって、
不安じゃないですか?

・・・と思うのは、私くらいなのか、キウイの皆さん、今年も行けドンで
クリスマス・ショッピングの真っ盛り~´ー`ゞ
(さすがに2004年の勢いはなさそうですが。あの年はスゴかった)
ともあれ、しばらく為替をガン見する日が続きそうです ̄、 ̄

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

師走の実感

2007-12-10 | 私事・リタイア・人生
ミジンコだぁ~って、
センシンだぁ~って、
アメンボだぁ~って、

みんな、みんな、生きているんだぁ、
友だちなんだぁ~~~♪

・・・と週末は、朝から7人制ラグビーの1日トーナメントのレフリーに行く夫を歌で送り出しました。

ビジネスはミジンコ、
レフリーは線審
(主審じゃなく。笛を吹かず旗の上げ下げのみ)、

マイナー路線一直線の夫、上等、上等
(本人は密かにメジャー路線を目指していて、こっそりポケットに笛を忍ばせているそう@@ 15人制よりスピード勝負の7人制、しかもオフシーズンのプロがポロっポロっと混じる試合にぃ´m`?)

一転、今日は週の始まり、月曜日。

2人で朝からシティーに乗り込み(大げさ><;)、銀行3行をハシゴして、あれこれ交渉。なんとかいいディールを引き出せないかと。どこも一長一短かなぁ? 引き続き交渉していきます。

ず~っと低空飛行でしたが、やっと、
「新しいことを始めてみてもいいかな~????」
という気になってきました。さすが師走、じっとはしていられない?

今日は仕事もして、珍しく買い物もして、けっこう充実した1日でした。その分、家事は思い切り犠牲になり、夜は親子丼*▽*
子どもは喜び、夫は無言 ̄▽ ̄;

外出中も、離れの建築は進み(とうとう幅の狭いウェザーボードが♪この話はコチラで)、糖尿病のトラ猫チャッチャは1匹でお留守番ができるほど体調良好で、助かります。エラいぞ、チャッチャ!!

終わりよければすべてよし、しっかり今年を締めくくりましょう!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヘンリー先生、再選

2007-12-09 | ラグビー・ヨガ・スポーツ
とうとうオールブラックスの時期監督が発表されました!
グラハム・ヘンリー先生(元校長先生なので)の再選決定。
ぃやったぁ~*´ー`*
7:1の圧倒的得票率で今後2年間の契約を獲得しました。

思った通り、昨日の新聞はバッシングの嵐 ̄▽ ̄;
「間違った人選、間違った理由、この決定は完全な間違い」
(ウィン・グレイ)
「ヘンリー、高度な政治手腕を披露」
(ジョン・ドレイク)
「バカの船がキャプテンの帰還を歓迎」
(クリス・ラトゥー)
忘れませんよ、この著名コラムニストたちのコメント。読者もそんなにバカじゃないですからね~。

他にもバッシングがざっくざく ┐(  ̄ー ̄)┌
この人たち、とにかくW杯に優勝しなかったことが気に入らないようです。確かに残念な負け方でしたが、それまでの、
48戦42勝という、どの監督も成し遂げられなかった輝かしい戦績
まで否定するのはどうかと。

「トライネーションなど優勝して当然」
「ライオンズなど全戦全勝は当たり前」
「年末の欧州ツアーはがんばった選手への観光つき慰労ツアー」
といった、ヘンリー先生下のオールブラックスの強さに、マスコミの傲慢ぶりは留まるところを知らず。

先生と選手たちは、加熱し、ときには相手チームに対し失礼極まりない報道を何度も何度も牽制しては、一戦一戦を謙虚に丁寧に戦い、その結果手にした、
42勝、8割7分5厘の驚異的な勝率。

W杯前には優勝を前提とした本まで出版され、開いた口がふさがりませんでした。フランスに乗り込む前から、
優勝以外はない
という、マスコミ主導の強引かつ奢ったシナリオには本当に辟易。W杯期間中、私はほとんど新聞のスポーツ欄を読みませんでした。

そして、敗退・・・
その後のマスコミの態度はご想像通り。まるで自分たちが見通しを外した仕返しのような魔女狩り。言論の自由が認められた21世紀とはいえ、その態度は賭けで負けた腹いせそのものに映りました。

ヘンリーは彼の今後に対する否定的なマスコミの報道にもかからわず、世論の支援に一生けんめい謝意を示そうとしていた。

という再選決定後の報道の一文は、先生の置かれた状況をよく表しているように思います。再選を決めたラグビー協会を「安易な馴れ合い」と批判する向きもありますが、協会は安易どころか、今までの慣行を破ってW杯で優勝しなかった監督の留任を決定するという賭けに出て、大きなリスクをとっているとは思いません?

慣行通り監督の首を挿げ替えていれば、協会はこの手の批判にさらされることはなく、それでも優勝できなければ、
「監督を替えてもダメだった」
という大義名分が成立したというのに。
まっ、こういう私の意見も言論の自由のごくごく一部なんですが。

先生、フィールドに立たない人たちのノイズは気にせず、新しいシーズンをフレッシュな気持ちで迎えてください!応援しますよ~!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする