ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

冬のドライブ

2020-07-12 | 外出・買い物
今日は善(23歳)とGFちゃんが
朝から友人を招いてパーティー



という計画だったので、私たちは
ドライブがてらにクレブドンへ

冬でもリアルフルーツアイスは
人気で行列ができていました。


というか冬休み中だし、海外に
行けないし、天気もこんなだし
ということなのか、過去最高の
混み方でどこも行列でした

チョリソドッグに並んでいたら
3人前ぐらいでSOLD OUT💦
(↑サイングラスの男性まで)


急いでお隣に並び直して

チキンシャワルマをゲット
前にも食べたことがあり
安定の美味しさでした
チョリソドッグはぜひまた。


子どものポニーライドがカワイい



しかし、あっという間に雨が降り出し

大勢の人が座っていた干し草は
無人になり、バンドの音楽もやみ
人も犬も屋根の下へ


食べ物のカスが落ちているのか
スズメだけが雨の中で大忙し



ここまで来たら絶対に行くココ

カキの養殖場


最大のジャンボはなくLサイズ

「ジャンボはもうちょっとしたら。
8月にまた来なさい
と顔なじみの店員に言われ


素直に従うつもり(笑)

(↑ワイン+タバスコ持参)


ここも過去最高の行列(笑)💦
みんなすることは一緒らしく、
ファーマーズマーケットから
流れて、再び並んでいたよう。
(↑まったく平均的な私たち)


マーケットのひと時以外は
ずっと天気に恵まれて、
いいドライブになりました。


次回はぜひシーフード好きの
GFちゃんを連れて行こう



一点物の記念写真

2020-07-11 | ビーズ・クラフト
ロトルアの帰り道に遠方の
チャリティーショップに寄り
壊れたアクセサリー
金具、チェーン、ビーズなどを
た~くさん預かってきた分での
修理やリメイクが進んでいます。


色が美しいガラスビーズ

シンプルなピアスに。


これは塗り物風ビーズ

黒にゴールドのライン
元はネックレスだった?
ばらして黒いビーズを
足してピアスにリメイク。


右のハチの巣風ビーズが
預かりもので他は自分の。



これは蝶がたくさ~んついた
1組のピアスだったのですが、
絡んで使いにくそう💦

ピアスのひとつにブルーの輪
を足してペンダントヘッドにし
もうひとつを2つに分けて
シンプルなピアスにしました。


蝶もいくつか外して丸みのある
絡みにくいハートを追加


これもなんと1組のピアスを
ばらしてガラスビーズを足し
5組ぐらい作ったうちの3組

まだ材料が残っていて
一度絡んだらほどくの大変
という複雑さでした💦


ほとんどが一点物なので
ここで記念写真



がんばれ!ミレニアル世代

2020-07-10 | 経済・政治・社会
警戒レベルが2になって
ボランティアを再開した時
以前のボランティア仲間が
会いに来てくれました。


「息子が家を買ったの
というビッグニュース
私たちはほとんど同年配で、
息子2人もほとんど同学年。


彼女の長男は25、6歳で、親と
同居しつつIT業界でガンガン
働き、マイホームを取得して
無事独立したそうです。


善(23歳)の先輩もこの低金利に
急にマイホームを買うことを決め
奥さんと一緒に理想の場所に
理想の物件を見つ買う気満々


ところが、強力な買い手が現れ
オークションの日程が数日早まり
融資の認可がおりていなかった
先輩はオークションに参加できず
ドリームホームは人手に渡り、
本人相当落ちているらしいです



70代の友人の20代後半の孫娘も
アパートメントの1戸を買おうと
ボーイフレンドと奮闘中だとか。


ボーイフレンドはパイロット
になる訓練を受けていたのに
このご時世ですべてが中断し、
今はバーテンダーのバイト中


でも孫娘の意思は固く、先が見通せ
ないからこそ、家は持っておこう
と彼女の収入でローンを組む予定。

(※シティー狙いだそうです)


「低金利だから定期預金でも
利息はどうがんばっても1%台。
私たちには大変でも、若い人が
家を持てるのはいいことだわ。」
と、さすが年長の長年の友


がんばれ!ミレ二アル世代
(※1977~1995年生まれ、
1989年~1995年生まれ
など諸説あっても95年まで)

(※写真はイメージですが~)



さよなら、ティワイポイント

2020-07-09 | 経済・政治・社会
鉱業・資源メジャーのリオティント

(※写真はパースにて)


ここがNZ南端サウスランドの
ティワイポイントに所有する
アルミニウム精錬所の閉鎖を
発表しました💦


従業員1,000人は解雇され、
関連する1,600人も影響を
受けるそうで、人口の少ない
最果ての地には大打撃


アルミの精錬は大量の電気
を必要とするそうで、水力
発電で十分な電力が賄える
場所に巨大な精錬所を構え
長年操業してきましたが、
コロナで力尽きたもよう。


2008年のリーマンショック時
にも撤退の話が出たのですが
電力料金交渉やアルミ価格の
持ち直しで、なんとか切り
抜けたのが思い出されます


ティワイポイントだけで全国の
電力消費量の13%に達すると
言うんだからスゴ~い


これから延々と送電網を建設
して電力需要の強い北島まで
送電する計画らしいです。


ここで電力の自給自足化と
電気自動車の利用促進に
官民が本気で乗り出せば、
NZの脱石油も夢ではない


風力発電



水力発電



地熱発電



潮流発電や太陽光発電
もあって政府が補助金を
出して、家庭での太陽光
発電を促進したら、電力の
自給自足は可能なはず。


ティワイポイントの閉鎖は
失うものが大きいからこそ
これがチャンスになったら



令和2年7月豪雨で被害に遭われた
方々にお見舞い申し上げます。



Wの悲劇

2020-07-08 | 経済・政治・社会
6月危機説を乗り越えて
海外情勢はともあれ、
7月には元に戻ると期待
と言っていたのが5月末


6月は大量解雇があったり
したものの、新型コロナの
警戒レベルが最低の1になり
国境が閉じられているだけで
国内での活動は全て自由に。

(※数万人でも集えるように)


合計101日にも及んだ、
ロックダウンや制限のある
生活から解放されて、NZは
予想以上に早く新型コロナ
を制圧し、反動で一気に経済
活動が戻り、消費が促進され
買い物だの引っ越しだの。

(※コマーシャルベイも開業)


7月に入ってからは、反動も
一巡したのか、ロックダウン
でもその反動でもない、
元の生活が戻ってきた


ここで再び気になるのが、
業種や企業によっては
達成されたV字回復後の
二番底💦


景気が再度悪化してW字に
なる可能性は大いにあり


V字を牽引した農作物など
一次産品輸出が世界的な
需要低下で悪化したり💦

(※林業は大変そう)


公的賃金補助で持ちこたえた
雇用が一段と悪化したり💦


国内で市中感染や第2波が
起きて、メルボルンのように
ロックダウンに逆戻りとか
(↑コレが最悪シナリオか)

(※メルボルンのブライトンビーチ)


いくら国内が安全になっても
世界経済動向は別腹だし💦💦


悲観的にはなりたくなくても
根拠なく楽観的でいるには
あまりにも不透明な世界


現実的でありながら、どんな
状況になっても、何ができ、
何ができないのかを見極め


できる
となったら、果敢に攻め


できない
となったら、果敢に撤収
柔軟でありたいと思います


80年代が思い出せる人には
懐かしいタイトルにしました。
まずは起きないこと祈って



ハワイ、そしてメルボルン

2020-07-07 | 不動産投資
ハワイの子と呼んでいる
ホテルの1室をハワイで購入して
今日で丸3年が経ちました



不動産屋からのメールで気づき、
本当にマメないいエージェント
NZ時間に合わせ、アメリカ時間
の6日に毎年メールをくれます


6月20日に第2波のリアルという
記事を上げており、その中で
ハワイの子は4月以降収入ゼロ💦
と言っていましたが、ハワイは8月
からコロナに感染してないことが
証明できる主として国内観光客
の受け入れを再開するそうです。


果たしてどれぐらいの人がこれを
機にハワイに行くのか?アメリカ
本土はハワイの最大市場ですが、
航空会社も採算性があるので、
それなりの人数にならないと
飛ばない 本数が増えない


でもアメリカ人は、どんどん
行っちゃうものなのかしら?


冷静に年内どころか約1年は
ほぼ無収入になると覚悟を決め
管理費、固定資産税、修繕積立費
など現地での支払いに向けて、
ハワイの子への仕送り開始


こんな事態は初めてですが、
なんとかこの苦境を乗り切る
ことができますように

そしていつかまた、元のように
自由にハワイに行けますように。



第2波のリアルはメルボルンでは
現実になってしまい明日深夜から
6週間のロックダウン再開💦

いったん自由になってからの
再ロックダウンはキツそう。


6週間は潜伏期間で言えば3回分。
「4週間か」と言われていたので
事態はそれよりも深刻なよう。


今日1日の感染者は191人で、
他州にもNZにも、帰国者中の
感染者対策を誤れば、対岸の
火事ではないという教訓に


日々の生活ではほぼコロナを
意識することがないので、

(※ラグビー観戦もできるし)


改めて世界の現状を肝に銘じ
NZの現状に感謝しないと



パンダのラーロウ

2020-07-06 | 料理・食べ物・外食
中華レストランのパンダ🐼で
買ってきた腊肉(ラーロウ)

ベーコンのような中華干し肉で、
サラミやジャーキー並みの硬さ。


これを刻むのもけっこうな作業

(↑包丁の切れが悪いだけかも💦)


青菜と炒めたり、炊き込みご飯
というか中華ピラフにしたり
土鍋で他の物と煮こんだり。

飲む人にはおつまみにも


パンダのは甘味がかなり強く、
おつまみ向きではないかな?
ハチミツを使っているのか


昨日は温かく、今日は寒く
体調管理が難しい季節


ふとはかった体重が55kgを
切っていて、54.75kg💦💦
明らかに運動不足の冬痩せ


気をつけなきゃ~



内職の日々

2020-07-05 | 不動産投資
ブルースvsハイランダースなんて
どっちにも感情移入できなくて💦
ボーっと観てたらブルース勝った
と言っていた先週に続き、


今週はどちらも全力で応援する
チーフスvsハリケーンズ💦

どちらにも感情移入しすぎで
ボーっと観てたらケーンズ勝った


本当はこの試合、ハミルトンまで
見に行こうかといっていました。

(※こんなに面白いのにガラガラ)


しかし、用事が入って中止し
テレビ観戦になりました。


用事は珍しくオープンホーム
売家の下見会
新型コロナでの市場の変化を
見られるなら見ておきたい。
(※夫は先週も行ってました)


金利は史上最低、頭金規制も
12ヵ月をメドに5月以降解除。
自宅で20%、投資で30%が
目安だった頭金の比率が
中央銀行主導で低下しており、
市中銀行はどこまで下げてる


現状ではその辺に関しては
「直接お問い合わせ下さい
でどこもケースバイケースの
対応ですが、その辺どうなの



ロトルアの帰り道に遠方の
チャリティーショップに寄り、
ピアスを寄付してきました。



金色の金具、ピアスを耳の後ろで
止める新品のピアスキャッチャー
だけが大量に寄付されてきたので
(※ピアスはどこにいったの?)

パーツとして使ってみました。



金具が小さいので小ぶりですが

金色がキレイ


代わりに壊れたアクセサリーや
金具、チェーン、ビーズなどを
た~くさん預かってきたので、
修理したりリメイクしたりで
相変わらず内職の日々



犠牲の上の日常

2020-07-04 | 経済・政治・社会
ロトルア旅行前回のパイアヌイ
と同様に虹を追いかけつつ南下

冬のNZらしい光景です。


ロトルアに入ると左手に見えてくる
の毛刈りショーで有名な農場
テーマパーク(?)のアグロドーム
なくなってるっ💦


建物そのものがなくなった
動物を囲い込んだ柵もなく
普通の農場に見えましたが、
動物たちも見あたりません。


移住前の香港時代にも来ていた
むかしからある観光地でした。

(※確かココだった?)


その後、すぐに右手に見えて
くるのがロープウェイのある
スカイライン

えっ
と、止まってる💦💦


ゴンドラが等間隔にロープに
ぶら下がっているばかりで
動いていませんでした


ロープウェイが動かなければ

山の中腹の観光施設まで行けず
ここで有名な乗り物ルージュも
できず食事も買い物もできず。


街に入る前から心配していた
新型コロナの影響を目にして
さすがにドッキリ


ホテルはお得意のグラブワン
でリッジス泊。出張者らしい
人やグラブワンらしい中高年
のカップルなど(←含:自分)で

専用駐車場のクルマの数を
みるとまずまずの稼働率?


お気に入りのワイキテバレー

かけ流しの岩風呂風から


温泉プールまである場所で

驚くほどの混みようでした。
学校行事風の留学生や
ロックダウンをNZで過ごした
らしい外国人バックパッカー
風の人たちが大勢いました。


食事は地元民も多そうな場所
を選んだせいか平日にしては
そこそこの入りとテイクアウェイ

イタリア尽くしの壁(笑)


中華料理店も団体客は失って
しまったでしょうが、お客も
テイクアウェイも切れ目なく。

ここは再訪あるあるです


小高い山に登ってみたら

見渡す限りの植林


伐採も進んでいました。

遠目にはマッチ棒のよう。


でも電柱との対比で木の大きさが
わかる(でしょうか?💦)



NZの林業は中国のためにある
ようなもので、対中輸出が80%
を占め国内市場は知れたもの。

計算上はこの木の大半が中国へ。


伐採後土地を休ませ再び植林。



この木が出荷時期を迎えるのは
20数年後。その頃のロトルアは
NZは、中国は、世界は、自分は
どうなっているだろう



コロナを恐れずに自由に移動が
でき、ソーシャルディスタンスも
マスクもいらない日常生活は、
外国人が入国できないことで
保たれているともいえます。


それは外国人相手の観光業や
留学産業、外食や小売、航空業
など特定業種とそれに携わる
人たちの犠牲の上に成り立って
いることを忘れないように



この急激なリセットが後から
振り返ったときに、NZの進歩
につながっていますように



こちらはコロナに関係なく
混み合うカフェ・ド・パリ

いつもホッとする場所なのは、


オーナーのバレリの神業かも

フランス尽くしの壁(笑)


帰りにはスカイラインのロープウェイが
動いていて、週末にかけて営業してる

がんばれロトルア



勝負はついた

2020-07-03 | 家族&夫婦
イギリスに戻りたい善(23歳)
NZに残りたいGFちゃん


どっちの夢がかなっても
いいようにクッションを
プレゼント


あれからわずか1週間で
結果が出ました


👇



👇



👇





善の負けで、
GFちゃんの勝ち



さすがに万年強気の善も
コロナには勝てなかった


現地の友だちと話す中で
就活どころじゃない状況
をとうとう認めて白旗


外国人が仕事を見つけて
雇用主がわざわざ就労ビザ
の手配をするような状況では
まったくなさそうで、同業の
イギリス人たちが仕事がなく
エジンバラを離れているとか。


2人とも6月から働き始め、
善も転職先を気に入り
当面はNZに落ち着くことに。


GFちゃんは大喜び
4年制だと思っていた大学は、
NZと同じ基本3年制で、2年生
を終えた時点でオナーズ学位と
呼ばれる成績優秀者が進める
優等学位の招待があったそう。


「あと2年」と言っていたのは
そのためで、NZに残れるとなり
オナーズなんてどーでもいい
ということになり(笑)、あと1年
オンライン授業をがんばって
3年で卒業する気満々
(↑善も招待を断ってたし)


「この暮らしいつまで?」
「予想はズバリ2年
という見立ては当たった(笑)
ということで親まで大喜び



「交代の晩御飯作りが続く~

by母


「猫を置いて旅行に行ける~

by父


というチャラい親なのでした💦



大人の遠足ロトルア

2020-07-02 | 旅行
ロトルアへ行ってきました
去年のマオリオールブラック戦
観戦以来、丸1年ぶりでした。


温泉の街で知られるせいか

(※街中でもこんな光景)


冬になると行きたくなる場所。

夕焼けが映るかけ流しの湯


トワイライト

逢魔が時な光景


NZなのでヤシではなくシダ

この下で浸かって語らって。


マオリ戦や仕事ではなく
ロトルアに来たのは久々で



あちこち歩き回って



「こんなにいい所だったんだ



移住後16年目のプチ発見



食事もどんどん充実してきて



今回は初めてアジアンに挑戦

大大大正解でした


2017年にオープンしていた店

気がつかなかった~💦


間欠泉キター



「今度はペットさんたちと来る

と話していたら、2人にも
大どんでん返しな計画が💦
当面そっちに邁進か



親も親なら、子も子で
親もついてかなきゃ




ラグラン愛

2020-07-01 | 旅行
先週、ボランティア先の
チャリティーショップに
来た20代の若い男子


ポロシャツを買ってくれ
カード支払いの後、カード
レシートが紙切れに。


「コロナ以降、カードで払う
人が増えたからすぐ紙が
なくなっちゃうのよね💦」
と言いながら新しいロール
と取り換えていると、


「ボクも店でよくやったよ。
1ロールなんてすぐだよね。」
と相槌を打ってくれました。


「どこの店で働いてたの?」
「ラグランロースト」







「えっあのコーヒーの?」





「そう。ほらっ」
と彼が腕を広げた胸には

このロゴ。店で売っている
パーカーを来ていました。


「どこの店で働いてたの?」
「テウク」


「あの道路脇の元郵便局?」





「えぇぇぇぇえ
お互い同時にハモる
ほどのビックリ度


ラグランは人口約3,000人の
ワイカトの小さな海辺の町。


そこで生まれた町の名前を
冠したコーヒーロースタリー

ラグランロースト


オークランドに店はなく、
彼には自分の母親の年齢
のアジア人のオバサンが
ラグランローストどころか
一番小さな店のテウクが
サラッとわかってビックリ


私にしてみればクルマで
2時間もかかるラグランから
わざわざ私たちの店へ
というので、またビックリ
(※チャリティーショップ
なんて、たくさんあるのに)


私のラグラン愛



ラグランロースト愛
語り出したら止まらない

(※特にフードデパートメント)


この後、彼のママが話に加わり
更にラグラン話で盛り上がり
それこそ止まらなくなるので、
その話はまた機会があれば


行きたいのはやまやまですが



定宿ボウストリートスタジオが
ずっと満室で出遅れてます(笑)




6ヵ月の5ヵ月間がコロナ

2020-06-30 | 移住生活
今日で6月も終わります。
今年も半年が終わるのかと
思うと、なんともはや💦


2月の日本滞在中から
ダイヤモンドプリンセス号
のコロナ報道に連日接し、
(※場所も横浜だったし💦)


6ヵ月の5ヵ月間がコロナ
で終わった気がします


6月危機説を唱え個人的に
覚悟していた月でしたが、
GFちゃんが仕事を見つけ、
善(23歳)も転職した月に


警戒レベルも最低の1になり
国境が封鎖されている以外
日常生活が戻ってきました。


予定していた旅行が偶然
レベル1の初日と重なって

心からリラックスできた
コロマンデルのパウアヌイ


そしてラグビー三昧の週末。

海外で無観客試合と言って
いる中で生観戦できるのは
やはりありがたいです


ビーズ三昧だった月でもあり

お題の答え


キーホルダー作りも。



寄付として譲り受けたビーズ
での製作と寄付が続きます。



しかし、世界ではコロナの
感染者が1000万人を超え、
死者も50万人を上回り、
人類はまちがいなく悪い
方向に向かっている

という事実から目をそらさ
ないよう気を付けていこう
と、改めて思っています。


コロナで降って湧いた、
まさかの4人暮らしは
あと2年は続く
と思い始めました。


6月もいろいろありましたが
All's Well That Ends Well
(※終わり良ければすべて良し)



こーゆーことをしてるから

2020-06-29 | ビーズ・クラフト
「時間がないのは気のせい?」
と思ってもみるけれど、


いや、気のせいじゃない

こーゆーことをしてるから💦


わりと売れ筋らしいパール系



根強い人気のチェーン系

左は直径1.5cmの大玉
体重100キロ越えの人も
珍しくない国ですから
アクセもプラスサイズ


左は譲り受けたビーズ
の中にあったチェーンを
バラしてイヤリングに。

すでに寄付していて、
「すぐに売れたわよ~」
と店のマネージャーから
連絡あり。メタルも人気


これも譲り受けたチェーンに
自分の大ぶりビーズを追加。

かなり大きめの各1点物


これは修理部門(笑)

キレイなパールのネックレス
だったと思われるものが半分に
切れて(?)寄付されてきたので


金具を取り換えてブレスに。



これはとても大きく見事な
ターコイズのピアスでした。

金具が壊れていたのですが


左右で大きさが微妙に違い
ネックレスに作り替え

チャームも譲り受けたもの。


ピアスにもしてました。



やっぱり時間がない



早3回目の週末

2020-06-28 | 移住生活
NZが警戒レベル1になり
どこで何をしていてもOK
になってから早3回目の週末


お気に入りの店を再訪し
いよいよ最後になってきた

パンダ🐼の担々麺


「小辣」(小辛)と言ったのに
初めて間違われて辛くない。
しかも注文とったのが店の
老板(ご主人)という~(笑)


夫は椎茸と鶏肉あんかけ麺

冬にぴったりの温まり系


おっこんなの始めた



香腸はソーセージのこと。

でも干し肉を買ってみました。
マントウと肉まんもげっとん。


いろいろ企業努力中

英語ゼロ(笑)


いろいろ試してみたいものの
2人だとあまり食べられず、
ここに来るときは時間がない





なぜならその後にコレだから

昨晩はイーデンパークでラグビー


このカランガは素晴らしい
(※歌になった歓迎の祝辞)



透き通るような気品のある声



なぜか地元ブルースがホワイツに(笑)



そして先週、銃で撃たれて殉職した
28歳のマシュー・ハント巡査に



若すぎる死を悼みみんなで黙祷



試合を見守ってくれているよう。



ブルースvsハイランダースなんて
どっちにも感情移入できなくて💦
ボーっと観てたらブルース勝った
(※夫はガチでハイランダース)

目の前はアイ(ランダー)ちゃん軍団
7人でまるで壁のようでした(笑)


寝る前に世界のコロナの感染者が

1,000万人突破


「朝起きたら死者50万人か
と思って寝たら、今朝はこのとおり。

厳しい現実が続きますね。
生き延びましょう