パンクと釣り

オールドタックルでのバスを中心にした釣行記
ハードコアパンクバンドNERDとCARCASS GRINDERの活動

10数年ぶりにフナ

2010年08月31日 | その他の釣り
最近どうしてもフナが釣りたくていろんな所でやっていたのですが全敗。

まずフナがいそうな川が近所にはほとんどありません。いや、無くなったのです。護岸工事が進み川はさらさらと淀みなく流れています。淀んで深くないとフナには住みにくいわけです。ハヤとコイはいっぱいいますけど。

少し足を伸ばせば良さそうなところは有りますが、フナってえのはその辺でチョイチョイっと釣るもんだと思っていますのでなんとか近場でがんばってるのです。

そして最も雰囲気のあるポイントに仕事帰りに寄ってみました。

ここは何度かやったのですが今のところコイを1回バラしただけ。が、「ここは絶対いる!多分!」と釣り人の感が申していますのでしつこくチャレンジ。

この日はいつになく反応が多く浮きがよく動きます。しかしエサ取りばかりのようでハリにはかかりません。1回だけヒットしましたがオイカワでした。

くじけそうでしたが、雑魚が寄ればデカイのも寄ってくる。フナは寄せて釣れ!と大昔に読んだ釣り入門の一節をつぶやき耐えます。

そして暗くなりかけた頃ついにヒット!手ごたえからするとナカナカのサイズのよう。引きを存分に味わい取り込んだのは25cmほどのフナ!いやーやっぱり良い感触ですなぁ。最後に釣ったのは大分にいるころでしたので10数年ぶりになります。




ところでこのフナ、昔釣っていたマブナに比べて体高があるような気がします。かといってヘラとも違うような...口はコイっぽかったです。うわさに聞くコイとフナの雑種でしょうか?

まぁフナということで。

フナっこ釣るのにこんなに苦労するとは...

今回のタックル
 ロッド:カントンバナナーズのドラマーに貰った延べ竿
 えさ:マルキュウのミドリ+サナギ粉

コメント

九重登山 久住~中岳~星生山

2010年08月13日 | 
九州で最も人気のある九重連山。駐車スペースを確保するため前日から牧ノ戸へ入り車中泊。

予報では午前中晴れで午後から曇り。壮大な展望で有名な九重なので早めに登ってしまおうと思っていましたが雨と風の音で起こされました。なぜだ!

しばらく様子を伺っていると雨も風もやんだので出発。思ったとうり駐車場は満車になりつつあります。隣の車に乗っていたおばあちゃんから服装がステキだと褒められてイイ気分でスタート。

しかし登山口からいきなりコンクリート舗装の急登。実はここがいちばんきつかったかも。岩よじ登ってる方がまだマシです。しかしここを超えると後は割と歩きやすく変化のある良い道でした。

しかしガスで何も見えません。

とりあえず始めのピーク久住山に到着。ここからの大展望を楽しみにしていたのですが真っ白で何も見えず。

しばらく休憩していると途中で出会った家族連れが登ってきました。少し話しをして写真の撮りっこしました。子供たちの満面の笑顔が印象的な良い家族でした。しかしレインウェアを持ってなかったらしくガスでずぶぬれだったので風邪をひかなかったか心配です。


そして次のピーク中岳を目指します。久住別れアタリからいよいよ視界が悪くなり風も強くなってきました。時折雨も降ってきたのでウィンドブレーカーからレインウェアに着替えます。


霧の中から突然現れる湖、御池を越えるといよいよ中岳が姿を現します。


しかし風は急激に強まり気を抜くと飛ばされそうです。ごつごつした岩場を登ると中岳山頂に到着。そして視界ゼロ。風は台風なみ。


とりあえず九州本土最高峰に立ちました。頭の上の物体はレインハットです。風がもう...


非難小屋に行ってお湯を沸かしお昼ゴハン。

次は星生山を目指します。


途中お花畑が現れ癒されます。


ぼんやりと星生山が見えてきます。


ザレた道を登りきると星生山山頂。


来た道と反対側は魅力的な岩場でした。こっちからも登れるのでしょうか?登れるなら次回挑戦したいですね。


下を見下ろすとけっこうな崖っぷり。ロマンチックなのは名前だけのようです。

もう一つくらい登れるかなと思いましたが、明日はNERDのライヴなのでほどほどにして下山することに。そして半分程降りた頃雷雨になりました。無理しなくて良かった...。途中で野うさぎ見ました。触ろうと近寄ったら逃げました。当然ですけど。


そして無事下山。売店でいきなり団子を買い食いして帰りました。

とにかく真っ白な一日でしたがコレも山の顔の一つなのでしょう。次はぜひ晴れた日に訪れたいですね。


この後福岡に帰ってハーモニー、コントロールのメンバーとキャンプ。次の日はNERDのライヴ、そしてそのまま海いってバーベキュー。さらに次の日は佐賀で滝を見て、釣堀でコイ釣って、温泉寄ったら閉まってて、結局家の近所の良く行く温泉に入ってやっと帰宅というほとんど家に帰らないハードな夏休みとなりました。

コメント

夕方のシーバストップゲーム

2010年08月12日 | ソルトウォーター
本日は仕事を早上がりして盆休みに突入です。夜はNERDのスタジオなのですが時間が空いてしまいます。当然釣りに行きます。

本当はフローター出してバスやりたいのですが実は最近、連戦連敗中。

悪い流れを断ち切るべく今年は釣果の安定しているシーバスにしました。

河口部でウェーディングして橋脚廻りを攻めることにしました。


ポイントに入りまずは足元の護岸沿いをスキッターポップで探ると1投目からバイト!しかし乗らず。

その後橋脚や沈み根周りを探ると4,5回猛烈バイトがありましたが全て空振り。そのうち反応も無くなってしまいました。

このままではまたボウズ...。

それはいやなのでトップはあきらめてバイブにチェンジ。橋脚にぶち当ててそのままフォールさせると即ヒット!60はありそうです。デイゲームはファイト中の魚が良く見えて楽しいです。そして慎重によせてランディング...失敗!まさかのフックアウト!

スタジオの時間も迫りあきらめモードに。

せめて最後はトップで散ろうとスキッターポップに戻し足元を探りながら帰路に着くとなんと激バイト!そしてフッキング!「絶対逃がさん!」と独りで言いながら無事キャッチ。



50ジャストとサイズ的にはイマイチでしたが久しぶりに結果を出せました。

盆休みの始めに悲しい結果にならずにすみました。

その後スタジオに入り、次の日の九重連山登山に前乗りすべく独り大分に向かうのでした。

今回のタックル
 ロッド:PALMS/SURFSTAR SGP-86L
 リール:SHIMANO/EXSENCE4000S
 ルアー:RAPALA/Skitter Pop
    
コメント (2)