パンクと釣り

オールドタックルでのバスを中心にした釣行記
ハードコアパンクバンドNERDとCARCASS GRINDERの活動

冬の由布岳

2011年02月06日 | 
2/1に由布岳をやってきました。

この山は去年の初夏に来て非常に気に入ってしまい、冬に絶対行こうと決めていたのです。

特に西峰とお鉢巡りがお気に入り。しかし凍結した岩稜をクリアできるか不安であります。


前回と同じく正面登山口から出発。



とても天気が良く、豊後富士がくっきりと見えます。

はじめは樹林帯を行きます。雪は期待したほど積もってはいませんでしたが、単独峰で風をまともに受けるためか良く締まっています。アイゼンは必須。





樹林帯を抜けると双耳峰が目前に。しかし本当にしんどいのはココからマタエまでです。



やっとマタエに到着。ここまで1時間半程。


マタエ

さて西峰は危険そうだから東峰を登って帰るかと思いつつも西峰に足が向かってしまいます。まあいけるところまで...。


西峰への取り付き

岩はかなり凍結していましたがアイゼンも良く効くし意外といけそう。


西峰


障子戸

障子戸を目前にすると我慢できずに登ってしまいました。


登頂!

独立峰だけに展望は抜群。西峰はまだ誰も来てないようで独り占めです。しかし天気が良い!霧氷が見れなかったのは残念ですが
この絶景が見れたのだから満足です!


九重


鶴見と別府湾



景色を楽しみながら誰もいない山頂でのんびりしていましたがさすがに寒くなったので降りることにしました。好天で温かいといってもマイナス3℃ですから。

お鉢巡りはかなり悩んだ末やめとくことにしました。スキルアップして来年チャレンジしましょう。

このまま降りるのもなんなので東峰もやることにしました。コチラは特に危険箇所はないのでかなり人がいました。


東峰




東峰より観た西峰 カッコイー!

やはり良い山だと再確認した山行となりました。

下山後は麓の由布岳温泉でマッタリ。



由布岳が見える温泉です。

その後由布院の街をふらついてのんびりと休日を楽しみました。


帰りの高速で車が壊れなければもっと良い一日になったんですがね。




コメント

再び雪の三郡山

2011年02月03日 | 
1月の半ばのことですが三郡山に行ってきました。

やや朝寝坊して8時過ぎに登山口に着くとかなりの人出。おそらくほとんどの人が難所ヶ滝狙いでしょう。

人混みをさけて不人気コースの頭巾山コースを選びました。

コチラは人も少なく静かです。滝も見たかったけど年末に見たしパス。





急登でややしんどいコースですが雪も多く楽しんで登れました。夏場は汗まみれ必至でつらいでしょうね。

三郡山のピークに立つと天気も良く展望も抜群。





さてこのまま降りるにはまだ早いし行けるところまで行くかと砥石山方面に向かって下り始めましたが...雪が深い!



しばらく樹林帯を行くとさらに雪が深くなり、ついにトレースもなくなりました。

これは迷いそうだなと諦めかけていると1本のトレースを発見。

これを辿って行けば迷わないし楽だ!とラッセル泥棒開始。

しかしすぐにトレースの主に追いついてしまいました。年配の3人のパーティでお先にどうぞと言ってくれましたが、道がわからない...。

結局コースを指示してもらいながらトップを行くことになりました。なんと初のパーティです。
人と登るのは小学校の遠足以来。車を停めている所も同じなので仲間に入れてもらったのです。

深い雪を行くのは骨が折れましたが、皆さんのおかげでここまで楽に来れたのだからと下山するまでトップを行かせてもらいました。

いいとこ見せようとかなり頑張ったのでクタクタですよ。というわけでココからは写真を撮る余裕も無し。

この方々は登山会のメンバーらしくかなり山をやり込んでいるようでした。いろいろとおはなしを聞かせていただき楽しかったです。

初のパーティは良い経験となりました。
コメント