パンクと釣り

オールドタックルでのバスを中心にした釣行記
ハードコアパンクバンドNERDとCARCASS GRINDERの活動

南アルプス南部縦走 ③聖岳

2018年09月08日 | 

南アルプス遠征の最後の山は聖岳です。

最南の3,000m峰で日本百名山。

以前より行ってみたいと思っていた山であり、今年の正月にその姿をはじめて見て必ず行こうと決心した山でもあります。

そして前日赤石岳からも見ることができ、聖熱が最高点に達した状態でのアタックとなりました。

日の出前に百間洞山の家を出発。

しょっぱなの急登(毎朝急登スタートです)。

この日の朝焼けがいちばんきれいでした。今日も富士山。

赤石方面。

毎朝急登ですが毎朝絶景なので気になりません。

稜線に飛び出しました。これから登る中盛丸山です。

赤石岳と荒川中岳、悪沢岳。

こちらは今回パスした大沢岳。かっこいい山でしたが、天気がいいうちに聖を目指したかったので見てるだけ。

中盛丸山。

大沢岳の後ろには、雲海に浮かぶ島のような中央アルプス。

これからたどる聖岳への道。兎岳の先に聖岳がデンと横たわります。

赤石方面

富士方面

非常に美しい空ですが、こういう雲の時は天候が崩れやすいんですよね…。

・・・崩れました。

もうちょっと持ってくれるとよかったんですがね。

回復することを願って先を急ぎます。

兎岳登頂。

その後はいよいよ聖岳へ向かうのですが…

その道はとにかく長い!

アップダウンも多く、なかなかハード。

しかし永遠に終わらないのではないかと思われた道にもゴールがありました。

ついに聖岳登頂!

うーん、真っ白!寒い!

しかし何も見えなくてもここはあこがれの聖岳山頂。

達成感は大きいのです。

しばらく待ってみましたが天候回復は望めそうになく、聖平小屋へ向け出発することにしました。

聖平への下りもこれまた長く南アルプスの巨大さを体感させられます。

残念な天気ですが幻想的でもあります。

やっと聖平小屋に到着。

ここでは最後のお楽しみが待っています。

フルーツポンチ(無料)です!

これ我々にとって結構重要なミッションでして、よぉく味わって頂きました。

瑞々しく甘いフルーツがつかれた体に沁みわたります。

今回の旅は毎日旨いものを食べさせてもらってます。

晩御飯のおでんもおいしかったです。

この小屋も居心地の良い宿で、ゆっくりと休ませていただきました。

 

翌朝。とうとう下山する日が来てしましました。

休みがもっとあれば光岳まで行きたかったのですが仕方ありません。

ここから先はまた訪れた時の楽しみにとっておきましょう。

本日は朝から雨。

しかし、雨の森は木々の葉を鮮やかに写しなかなか良いものです。

下りなのできつくないし。

とはいえ、何時間も下り続けるのでそれなりに疲れます。

早くゴールして休みたいような、終わりが近づくのが悲しいような・・・。

そして残念ながら椹島へ到着してしまいます。

椹島でシャワーを浴び、お土産を買い、食事を済ませてバスに乗りました。

あとは博多まで帰るだけ。

 

こうして今年の夏の遠征は終わってしまいましたが、良い旅だったと思います。

南アルプスの森の深さ、山の大きさを存分に味わい多くのピークを訪れ、どっぷりと山につかることができました。

聖岳は天気が残念でしたが、今度は光岳から縦走してみたいです。

鹿島槍に加え、また再チャレンジすべき山が増えてしまいましたね。

 

また、今回は出会いの多い旅でもありました。

このお2人は百間洞山の家からずっと一緒で、いろいろとお世話になりました。

また初日の取付きから荒川小屋まで一緒だったお2人とは小屋の消灯時間まで相手をしていただきました。

青森から来た青森先輩(仮称)などは行きのバスから下山後の椹島まで毎日いっしょ。

聖岳では同じ九州人とも出会えました。

他にも行程が同じで度々声を交わしあった方々と楽しく過ごさせて頂きました。

全員名前も知りませんし、もう会うこともないかもしれませんが友達がたくさん増えたような気持ちです。

これも山の魅力の一つかもしれません。

過去の山行で出会った人々のことも思い出し、懐かしく思います。みんな元気にやっているでしょうか?

これからもきっと多くの山に訪れ、多くの人々と出会っていくのでしょう。

 

そして良い旅の後はいつもですが、日常生活に全くなじめないつらい日々がしばらく続いたのでした。

 

 

 

 

コメント

南アルプス南部縦走 ②赤石岳

2018年08月31日 | 

荒川小屋でゆっくり体を休めた翌日は、いよいよ赤石岳を目指します。

正月に踏めなかったあの頂。

今回は敗退ということはないでしょうが、やはり気合が入ります。

 

小屋を出て順調に高度を上げてゆくと悪沢方面から日の出。

富士山もきれいに見えています。

「さあ出発だ。今、日が昇る。」的な図。

悪沢先輩も姿を現し始めます。

この赤石に向かう道は素晴らしく魅力的で最後まで疲れを感じさせないものでした。

振り向けば悪沢先輩!

行く先は快晴!

これぞ夏山!といった感じであります。

しばらく行くと大聖寺平。休憩適地ですので中央アルプスを観ながら少しゆっくりしました。

その後は本格的な登りに。

しかし絶景が続き全然キツくないのです。

素晴らしお天気で北アルプスの槍まではっきり見えました。

昨日登った荒川三山もガスがすっかり取れて良く見えます。

富士山方面はきれいな雲海が完成しています。

そして小赤石が近づいてきます。

しばらく稜線歩きを楽しむと…。

小赤石到着!

夏の赤石が大きくそびえます。

こちらが正月に来たときのもの。

どちらも良いですな!

小赤石からの展望。

それではいよいよ赤石岳山頂を攻めましょう!

小赤石から赤石岳までの道は天空の散歩道と称されますが、その通りでした。

迫りくる赤石。

そしてついに…

赤石岳登頂!

山頂からはどこを観ても絶景!

冬にたどった尾根も見えました。

念願の赤石岳を晴天の中、登頂できて感無量!

ゆっくり山頂を楽しんだ後は、避難小屋でコーラを買って大休止。

名物おじさんもとても良い人でした。

悪沢岳のTシャツを着ていたので「悪沢の回し者だな!」と言われたのは良い思い出です。

ここに泊まったら。さぞ壮大な夜明けが見れるのでしょうね。いつか泊まってみたいです。

なごりおしいですが山頂を後に、百閒洞を目指します。

振り返る赤石。名前の由来となった赤い石がごろごろと。

明日登る兎岳や、聖岳の姿が見渡せます。

緑の山々がいかにも夏の南アルプスといった感じです。

赤石方面はすでにガスの中。

天気が良い内に登頂できてよかったですね。

それにしても聖岳は巨大です。

明日登るのが楽しみ。

毎日1座3,000m峰を狙えるのですから、贅沢ですよねえ。

しばらくは天気の中を歩けたのですが

ついにガスが上がってきました。

午後になると天気が崩れるのは夏山の常ですが、南アルプスは特にその傾向が強いように思えます。

百閒平を超え、急激に高度を下げると百閒洞に到着。

今夜の宿である百閒洞山の家に入ります。

小屋の前には小さな沢が流れ、とても気持ちの良いところです。

夕食には名物のとんかつも出て、いうことなし!

この日はほぼコースタイム通りに歩けたので、たっぷり余った時間を楽しめました。

 

いやあ、赤石岳良かったなあ…。

 

次回はラスボスの聖岳を目指します!

 

 

 

 

 

コメント

南アルプス南部縦走 ①悪沢岳

2018年08月22日 | 

今年の夏は南アルプスに行ってきました。

南アルプスに夏訪れるのは初めてです。

とにかくデカい!という印象の南アですが、その1部を歩いてみてさらにその印象は深まりました。

冬と違って緑に包まれた山々がより大きく、深く見えた旅となりました。

今回は椹島から千枚岳、悪沢岳を超えて荒川小屋までの2日間です。

 

仕事を納めて夕方から博多発の新幹線で静岡まで行き、静岡でネカフェ泊。

翌早朝、静鉄の登山バスに乗り込み畑薙第一ダムまで。

その後は南海フォレストの送迎バスで椹島まで行きます。

椹島で椹ドッグを食べて小腹を満たしいよいよ登山開始!

 

しかし天気はあいにくの雨。

新しい吊り橋を渡るといよいよ登山道に入ります。

 雨が似合う森なのですが、暑くてたまりません。

段々と雨足は弱まってきました。

 

駒鳥池

このころには結構くたばってしまいました。

どうも南アルプスのコースタイムはキビシイように思えます。1時間以上押してしまいました。

なんとか今日の宿である千枚小屋までたどり着きました。

明日は晴れそうな雰囲気。

初日から、汗だか雨だかわからない液体でずぶ濡れ。

この日は人が多いようで避難小屋での宿泊となりましたが、なかなか快適でした。

夕食のハンバーグもウマいのです。

夕食時に小屋のおじさんが、明日は午後から天気が崩れるだろうと予言していたので、それを信じて翌朝は早めに出ることにしました。

山小屋スタッフのいうことは聞いておくべきです。以前も後立キレット小屋のスタッフの助言を聞き、難無きを得たことがあります。

 

2日目

暗いうちから出発します。

小屋の前からは雲海と富士山。

高度を上げていくと天気も良くなってきました!

しかし不穏な雲も現れ、おじさんの予言通りになりそうな予感

南アルプスの夜明けは壮大でした。

今から始まる稜線歩きに期待が高まります!

始めに目指すピークは千枚岳。

千枚岳への道は様々な花が咲いていて癒されます。

 

そして登頂

千枚岳。

千枚岳より富士。 今回の旅は常に富士山が見守ってくれます。

次は丸山を目指します。

しかし早くも天候が崩れてきました。

丸山登頂。実は3,000メートルあるんですね。正式なピークではないようですが。

さて次はいよいよ悪沢岳に挑みます。

小雨の中、悪沢を目指し登ります。

意外と岩が多いのです。

そして頂上が近くなると…

明るくなってきました!

登頂と同時に晴れ!サービス満点ではありませんか!

百名山であり3,000m峰の悪沢岳登頂です!

悪沢頂上より富士

そして行く先には…

これから向かう荒川中岳と前岳。その奥には明日登る赤石岳!

赤石岳はとくにデカく見えました。

中岳に向かい出発すると、山頂に日が射してきました。

正直、悪沢のオマケぐらいにしか考えていなかったピークですが、なかなか登高欲をそそる山容ではないですか。

悪沢を下りながら南アの山々。

いちばん奥に白く輝く甲斐駒が目立ちます。あれに登ったのは一昨年の正月か。

そして手前には…

塩見岳!かっこいいですなあ。

こちらは去年の正月に登頂。あの頂から、この悪沢を観たときは「あの山なんだろう?」と思っていました。

さらに赤石にも日が射します。

この山は今年の正月に小赤石まで行って無念の敗退。ラクダの背を登っていると悪沢岳が良く見え、いつかはあちらも行かねばなるまいと思っていましたが、意外と早く来れました。

悪沢の下り。意外なほど岩だらけでした。

振り返る悪沢岳。後ろには富士。

今回のメインの1つである悪沢岳を最高の形で登頂することができました。

しかしサービス満点なのはここまで。

この後は予言通り雨になりました。

荒川中岳

荒川前岳

展望はありませんがこれで荒川三山コンプリート!

中岳から見る悪沢岳が楽しみだったのですが、次の機会にとっておきましょう。

 

雨も降っているし早々に山頂をあとに下って行きます。

カールを見下ろしながらの楽しい下り。

そして赤石岳に近づきながら荒川小屋へと下って行きます。

荒川小屋もなかなか快適。

夕食のカレーライスは絶品でした。

 

旅の出だしとしてはまずまずといえるのではないでしょうか。

塩見から、そして小赤石から眺めていた悪沢岳に良い形で登頂できたことは喜ぶべきことでしょう。

その魅力的な名前に負けることのない名山でした。

 

そして次はいよいよ、冬期に敗退した赤石岳に挑みます。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

三俣山と坊がツル

2018年08月19日 | 

夏の遠征前の最終調整として三俣山に行ってきました。

長者原よりすがもりコースで目指します。

すがもり越え

しかし強烈な暑さで、すでにグロッキー。

風もないのです。

愛の鐘が復活していました。

大休止の後、アタック開始。

まずは西峰

次は

本峰

夏!

暑!

さらに

南峰

なんとなく、ここからすがもりに戻るのがおっくうになり急きょ坊がツルに急降下することに。

この坊がツルへの直通コースは存在は知っているものの歩いたことはなかったので、ちょっと興味が湧いたのです。

しかし、下りでこの道はお勧めできないという結論に…。登りで使ってもかなりキツそうでした。

急降下の途中にある展望台より坊がツル。

下りきって見返す三俣山はいつもよりデカく見えたのでした。疲れた…。

法華院で贅沢ジュース休憩

大船山

そして長者原に戻ります。

タデ原手前の湿原

タデ原の木道ではキリギリスが産卵中。こんなに暑いのに確実に秋は近づいているのですな。

 

下山後はさっさと帰路につき、途中筏場の湯に立ち寄り入浴。

猪うどんは旨い!

今回は遠征前に軽く流す予定でしたが、猛暑と激下りで割と疲れてしまいました。

夏は好きなのですが、なんせ暑さに弱いもので…。

でも短い夏山シーズンですので今回もしっかり楽しんできました。

前日買い替えたばかりのサポートタイツをひっかけて早くも破ったショックは隠しきれませんが。

 

さて今年も行ってきました夏山遠征!

予定通り南アルプスは悪沢岳、赤石岳、聖岳縦走。

なかなか大変でしたが、どっぷりと山につかってきました。

次回の講釈で。

 

 

コメント

くじゅう中岳と田上

2018年07月24日 | 

雲仙や田原山でご一緒した2人と、いつもの2人の計4人でくじゅうに行ってきました。

牧ノ戸からのくじゅうは初心者にもやさしく、変化に富んだ山旅を手軽に楽しめるので是非連れて来たかったのです。

天気はまずまず。虹まで出てます。

まずはコンクリート舗装された急登。ここが行も帰りももっともつらいところなので、しょっぱなからいやにならないか不安でしたが…

登りきればこの展望!モチベーションは上がったようです。

涌蓋山もガスをまとって神秘的。

次の展望所では残念ながら阿蘇は見えず。されど絶景ではあります。

ガスが上がってきたのが気にはなりますが、高度感も上がるので良しとします。

沓掛山登頂。

さらに歩みを進めると派手なTシャツの男に声をかけられます。

誰だオマエ?と思いながら警戒していましたが、なんと古い友人の田上君でした!

田上

20年弱ぶり?

こんなところで会うとは想像もつかなかったのでびっくり!

しばらく話して別れました。

その後はガスってしまいます。

しかしだんだんと天候回復。

久住山も見えてきました。

その奥には雲海と青空!これは山頂からの絶景が期待できます!

それでは中岳を目指して先を急ぎましょう。

星生山

三俣山

ガスが晴れた後は格別にきれいに見えますな。

しかーし!その後すぐにガスってしまいました。

中岳どよーん…。

山頂を目指している途中下から派手なTシャツが登ってきました。

田上です。

いっしょに登りました。

 

登頂!

天候が回復するのを信じて食事をとりながらねばりましたが、逆に雨が降り出したので退散。

避難小屋まで戻って、田上は先に下山。

我々はコーヒータイム。

その後ゆっくり下山しました。

この日はやたらとアサギマダラが多かったです。団体様が来ていたのでしょう。

そして牧ノ戸に着くとまた田上がいました。

我ら4人の登山靴と田上のサンダル

後半はお天気が残念でしたが、くじゅうのことは気に入ってもらえたようで良かったです。

山頂からの絶景は次の機会に。

さらに立ち寄った温泉も気に入ってもらえました。

予期せぬ出会いもあったりで、充実した1日となりました。

 

 

 

コメント

吉部より大船山

2018年07月23日 | 

 

久々に1日休みが取れたので大船山に登ってきました。

暑いのはわかっていますが、涼しい夏色の坊がツルと山頂の解放感が忘れられずに訪れてします。

今回は初の吉部登山口から出発。

しかし前日の夜からお腹を壊してしまい出発直前まで何度もトイレに駆け込むという状態。

ゲッソリヘロヘロですが元気出して行ってみよう!行けるのか?

登山道はいきなりの急登!

顔色の悪い人には少々堪えますが、さほど長くは続かずやがて傾斜は緩みます。

さっそく悪い汗をかいてしまいましたが、すぐに暮雨の滝に到着。

これがなかなかに良い場所でして小休止。

ここから先はほぼ平坦な道となり自然林の中の登山道を楽しむ余裕も出てきました。

この広々とした森を出ると

どーんと三俣山。

さらに進むと

見慣れた坊がツルに出ました。

うーん、やはり良い! 一面の草原と鳴子川とぽつんと生えた1本の木、そして遥かなる大船山。

これぞ坊がツル!しかも涼しい!

とりあえず法華院山荘に。

特製ジュース。脱水気味の体にしみました…。

坊がツルに着くまで1時間半ほど。長者原から登るよりかなり楽に感じました。

とはいえ半病人でしかも寝不足なので1時間ほど昼寝をして体力回復を試みます。

目覚めるとかなりマシになっていたので出発。

右奥が目指す大船山。毎回思いますが、遠い…。

樹林の登り。

さすがに暑くて、くたばりました。

なんとかかんとか段原にたどり着きました。

段原より大船山。

ここからはさほど時間はかかりませんので、小休止の後一気に登ってしまいます。

登頂!

夏ですな!

あっという間に過ぎ去る夏を今年も満喫するつもりです。

夏といえば恒例の遠征ですが、今年は北ではなく南アルプスを考えています。

南アは甲斐駒、仙丈、塩見、そして敗退した赤石と全て冬期しかやっておらず、夏シーズンは行ったことがないのです。

というわけで予定では悪沢岳を登り、赤石岳でとりあえず雪辱を果たし、あわよくば聖岳までといったところです。

休みの日数によっては久々の八ヶ岳やいつかは行きたい白山なども考えております。

どこに行っても楽しい旅になる予定です。

 

 

コメント

天山で朝食を

2018年07月02日 | 

今年からCARCASS GRINDER のスタジオが佐賀になりました。せっかく土曜日に佐賀まで出てきたのですから翌朝天山に登るべく天川駐車場まで行きました。

イノシシとぶつからないよう注意して到着。少し仮眠をとって早朝登山スタート。

天川から登れば20分ほどで山頂に付きます。

夜明け前

明るくなってきました。

朝霧が良いですな。

この劇的に変化する天山劇場を観ながら朝飯を食うという贅沢なひと時。

下山後は温泉、そして無農薬のスイートコーンとブドウを買い食い。

さらに¥500で手造りチューリップハットも購入。

昼から仕事でなければもっとゆっくりできたのですがね。

 

時間がないときにはありがたい名山ですね。

コメント

メディア進出 

2018年06月22日 | 

西日本新聞社様から山雑誌・季刊のぼろが届きました。

なぜかというと

 載ってるのです。 

読者に会いにゆくという新企画の第1回目に大抜擢。

インタビューや撮影と、楽しく貴重な体験をさせていただきました。

米村さんとスタッフの方々、お世話になりました。

過去に雑誌に出たと言えばタイムマーケットの表紙を飾ったときぐらいでしょうか。

タイムマーケット史上、最もキタナイ表紙!と話題になったそうです。

これに比べたらかなり爽やかになったものです。

メディアといえばめんたいワイドにバンドで出たこともありました。

次は釣り関係でなにか話が来ないかな…。

みなさん”のぼろ”を読んで山に行きましょう!

コメント

経ヶ岳と多良岳

2018年06月19日 | 

6/17

経ヶ岳~多良岳の周回コースを歩いてきました。

去年の秋に初めて歩き非常に気に入ったこのコース。

特に紅葉の樹林帯が印象に残る旅でしたが、夏の瑞々しい森もなかなかでしたよ。

それでは黒木からスタート!

歩きはじめは鬱蒼とした森の中

そして尾根に取付くと明るい森へと変わります。

そしてしばらくは急登。

その後は楽しい岩場となり…

経ヶ岳登頂!

霞んではいますが良い天気!

海の向こうにはぼんやりと雲仙が浮かびます。

ここで1回目の昼食。

最近2回に分けて食事するのがブーム。

今日はメスティンでイワシのかば焼き缶の炊き込みご飯!

旨かった!米に缶詰を混ぜて炊くだけなので簡単。

前回訪れた時は人がほとんど来ない不人気山でしたがこの日は大人気。

狭い山頂でたくさんの人々と一緒にのんびりと過ごしました。

山頂には登頂ノートが置いてあるのですが、あの田中陽希さんの書き込みもありました。

3百名山応援してます!

 

次は多良岳を目指して再び深い森に向かって急降下。

むせかえる緑 森の中

金泉寺到着。

山小屋でジンジャーエールを買ってしばし休憩。夏の山で冷たい炭酸飲料はありがたいですな。

多良岳への修験道入口

鎖場を超えて多良岳到着。

山頂標識発見!

次は座禅岩。

遠く経ヶ岳を望みます。

多良岳と経ヶ岳

雲仙方面

多良岳の奥に五箇原岳。いつか行ってみたいですね。

多良岳に戻って2回目の食事。今度は簡単にカップめん。これはこれでやっぱりうまい。

名残惜しいですが下山開始。

しかしここからの下山道も美しすぎる森がまってます。

途中から苦手な舗装道となりますが…

見上げる経ヶ岳はかっこよいのです。

今回も充実した旅となりました。

久々にたっぷりと汗をかいて、夏山!という感じです。

もちろん温泉も入りましたぜ!着替えのシャツを忘れたのは痛手でしたがね。

 

 

コメント

ミヤマキリシマの久住山と扇が鼻

2018年06月13日 | 

6/3

またもやくじゅうに来てしまいました。

依存症といっても差し支えないかと。

今回は復活した赤川登山道で久住~扇の周回コース。

登り始めは樹林帯。ドウダンが出迎えてくれます。

しばらくすると展望が開けます。

この後は復旧後の崩壊部を避けるルートとなります。

しっかりとした木の階段が新設されており、その作業の大変さを思うと感謝の気持ちでいっぱいでありますよ。

そして目を奪われるのは肥前ヶ城の柱状節理。

岸壁と花の共演はなぜこんなにも心を奪われるのでしょうや!

GWのアケボノツツジを思い出します。

さらに今回のメイン扇が鼻も見えてきます。

ピンク色に染まる頂きを見ると今日1日の山行が良いものであることが確信できてテンションも上がるわけですよ。

山頂直下になるとミヤマキリシマが多くなります。

久住山登頂!

本日も胸をすく眺めであります。

ここで1回目の昼食。

買ったばかりのメスティンもデビューであります。

登ってきた尾根を見下ろします。急登ですが、おすすめのルートです!

山頂付近のミヤマキリシマ群生地。

次は扇が鼻を目指して久住山を下ります。

天狗と中岳

三俣山

そして本日の久住様!

星生山

先週登った平治岳。まだまだドピンクでした。

扇が見えてきました。

 

扇が鼻登頂!

山頂より

見飽きませんが、たくさんの人々がいらっしゃいますのですぐに交代。

2回目の昼食の後昼寝。

そして名残惜しいですが下山開始。

しばらくは急な樹林の下りですが後半はなだらかになります。

そのあとは

アセビのトンネル。

このうねる木には圧倒されます。

下山後は赤川温泉。

良い温泉ですが後継ぎがいなくて困っているようでした。

なんならワタクシ立候補しても良いんですがねえ…そうもいかないか。

 

これにて今年のミヤマキリシマは終了。

満足の行くものでした。

ミヤマキリシマの季節が終わると本格的な夏山シーズンが始まります。

完全に緑に包まれたくじゅうも良いんですよね。

結局いつ来ても良いのです。

コメント (3)