パンクと釣り

オールドタックルでのバスを中心にした釣行記
ハードコアパンクバンドNERDとCARCASS GRINDERの活動

ダイレクトタックルとバイブレーション

2011年08月27日 | ソルトウォーター
久々に夜の川にダイレクトタックル持って釣りに行きました。

釣り場に着いて気付きましたが前日は大雨。川はかなりの増水及び濁流です。

しかし流れの緩いところを狙えばいるだろうとまずはトップでシーバス狙い。岸際の流れが淀んだところを打っていきますが反応無し。

トップは無理かとタックルボックスを覗くとフローティングバイブを発見。そういえばダイレクトリールでバイブは投げたこと無いなと思いやってみることにしました。

基本ファストリトリーブのバイブとギア比の低いダイレクトは相性悪そうですが、フローティングなので割りと違和感無く使えます。

そして岸際をやや速めのリトリーブで探るとひったくるようなアタリ!

強烈に突っ込みその後エラ洗い、そして派手なジャンプ連発で楽しませてくれたのは50cmほどのシーバス君でした。



今年初のシーバスです。

その後トップでバスを狙いましたが、グローブのただ巻きにデカナマズが2回バイトしフッキングせずに終わりました。

淡水魚と海水魚のダブルヘッダー狙ったんですけどそううまくはいかないようで。


ダイレクトリールといえばトップというイメージですが、それはトッパーしかダイレクトを使わないから。そもそもダイレクトユーザー自体少ないのです。

昔は皆これを使っていたのですから先入観を持たずに考えればもっと多彩な使用法がありそうです。


これからもこの不便な道具でいろんな魚を釣ってみたいと思います。

現在ダイレクトタックルで獲った魚種は ブラックバス、シーバス、ナマズ、コイ、アラカブ(岸壁ジギング)の5種。

とりあえず雷魚、チヌあたりを狙いたいですね。

本日のタックル
リール:Shakespeare/Direct Drive NO.1928
ロッド:unknown/ソリッドグラス6ft
ルアー:ダイワ/フローティングバイブ

コメント

今期初フローター

2011年08月20日 | バス
8/14 今期初のフローター釣行に出かけました。

毎年まだ寒い頃内からフローター出してたんですけど今年はなんだかんだで忙しくお盆になってしまいました。

16:00くらいにスタート。

去年からバスはなぜか不調で今年にいたってはまだ昼間に釣ったことがありません。

今日こそは明るい内に釣るぞとスタート。

が、何もおきないまま1時間経過。さらにドシャ降りの雨にうたれてずぶ濡れに。


されど頑張って何とか1バイト貰いましたが残念ながらフッキングにはいたりませんでした。


そしてあっという間に夕マズメ。

葦廻りを210で探っていると鋭いバイト!今度はフッキングしました!でもバレた!

めげずに少し離れたところに210をキャストしてクリンクリンとターンさせると再びバイト!

今度は無事キャッチできました。



35cmほどですがかなりのファイターで楽しめました。

何とか日没前に獲りましたが、写真は結局真っ黒。また今度頑張ります。


今回使用したHEDDONの210はウッド時代のものでクルクルと良く回るテーブルターンが得意なルアーです。プラはウッドほど回らないと聞きますが使ったこと無いのでわかりません。

夏の虫パターンにぴったりですし、ダブルフックなので葦やブッシュねらいには重宝します。

見た目も雰囲気のある、いかにも古いルアーといった感じで気に入っています。



今回のタックル
 リール:LANGLEY/STREAM LITE
 ロッド:TRUE TEMPER/4ft STEEL
 ルアー:HEDDON/№210 SURFACE NOEYE

真っ暗な写真が続いているので調子が良かった2009年過去の栄光を抜粋して貼っておきます。


ラッキー13 タックオンアイ


ラッキー13 グラスアイ


ヘッドオンバサー


クリークダーター


1stザラ

昔は良かったなぁ...
コメント

傾山 坊主尾根に挑戦

2011年08月18日 | 
仕事まみれの日々が続きましたが盆休みは何とか取れました。

そこで前からやってみたかった傾山に挑戦することにしました。

この山には多くのコースがありますが最もハードだと言われる坊主尾根コースを選びました。さて九州屈指のハードコース、どこまでやれるか?時間切れになってもビバークできる装備で挑みました。

九折登山口よりスタート。



核心部の坊主尾根がはるか上方に見えます。


前半は深い深い樹林帯をひたすら登ります。勾配はきついし道はわかりにくいし暑いしいきなりハードです。ここ数日まともに寝ていなかったため、ことのほかこたえます。



しかしながら人の手のほとんど入っていない森は見ごたえがありました。休憩中に耳を澄ますといろんなとりの泣き声や正体不明の動物の声がし現実世界から抜け出した喜びに心が和みます。確かにツキノワグマの生息の可能性があるという話もうなずける自然が有りました。

長い長い樹林帯を抜けると視界が開け岩稜歩きとなります。噂の坊主尾根の岩峰はそれほど危険なものではありませんでしたが岩と木々と祖母山に続く山々が織成す風景は壮絶でした。









このコースの難しさは岩稜の危険さより体力面と道のわかりづらさにあると感じました。他の九州の山に比べ道標が少なく何度も道を間違えその度に体力を無駄に消耗し読図の未熟さを痛感しました。

そしてコースが長い!頂上かと思って上りきるとそこからさらに長く尾根が続いており想像以上にしんどい道のりでした。

それでもヒイヒイいって何とか登頂!



苦労しただけあって頂上からの眺めには感動しました。







帰りは九折越えコースを取りました。祖母~傾縦走を計画中なので縦走路と九折小屋を見ておきたかったのです。



小屋付近の広場はヘリポートらしくだだっ広くて気持ちの良いところでした。

さて帰りも案の定道に迷いましたが何とか登山口までたどり着けました。もうヘロヘロであります。


噂に聞いていた山は想像以上に骨太で険しいものでした。間違いなく今まで登った山の中でイチバンきつかったです。

もっと身体を鍛えなければ。


力不足を痛感し悔しくもありますが、地元九州にこんなにたくましい山があるというのは嬉しくもあります。

次は祖母山。そして祖母~傾縦走を目標に頑張ることにします。


下山後、登山口付近でステキな出会いが待ってました。



ミヤマクワガタ君です。男前ですね





コメント