七曜工房みかん島

瀬戸内海の
しまなみ海道の大三島で
自力建設の家に住み
無農薬みかんを作り
木工をして
自給自足を目指して

新生姜の収穫

2017年12月20日 | 加工品

[新生姜の甘酢漬け] ブログ村キーワード

 

我家は、新生姜の甘酢漬けが大好物です。夏頃に新生姜が出始めると 買ってきて甘酢漬けにします。

しかしながら、結構新生姜結構高いので、少ししか食べれないんですよね。

で、大三島に移住してしばらくしてから、ホームセンターで 種生姜を見つけて栽培するようになりました。

初めは500グラムから でも発芽に失敗して2.3株しか出なかったり、、、

しかし、この2,3年は、10kの種生姜をネットで買うようになりました。5月頃に買った10kの種生姜 

しかし 全部植えるのは大変でご近所にお裾分けしますが、、

先日掘り起した新生姜を甘酢漬けにしました。

本によると10月から11月なんですが、我家ではまだまだ大きくなってなかったし葉っぱも青々としていたので、、

5,6㌔の種生姜から約3倍の15㌔の新生姜が採れました 洗うとこんなに綺麗に

  

 さて 新生姜の甘酢漬けです。汚れた皮をこそげて、薄切りして、、、丸1日かかりそうです

薄切りにした 新生姜を5分ほど湯がきます。 収穫が少し遅れたため辛みが出たので少し長めに

   以前は、塩もみ~湯通しをしていたのですが、最近は減塩を心がけているので 湯がくレシピで 

 茹でた新生姜を 米酢・洗双糖・昆布の合わせ酢に漬け込んで出来上がり

瓶詰めにしたり、袋詰にしてお裾分けしたり、、、

当分は、タップリ新生姜の甘酢漬けが食べれます。


種生姜も少し大きくなっていて、土生姜として使えます。 

土生姜はおがくずの中での保存 と冷凍保存にしました。

 

 本日の夕食は 収穫したての新生姜タップリ入り雑穀ご飯です。

生姜をいっぱい食べて、身体を暖めて、
これからの寒さを乗り切ります!!

 収穫時期が遅かったので 辛みの強い新生姜となり 来年はもう少し早めの収穫がいいのかも

   しかし、辛味は漬け込んで時間が経つと なじんでまろやかになるようです。

 

☆七曜工房のハーブ畑の様子は ↓
 https://mikannjima-nanayoukoubou.jimdo.com/ハーブ/

 加工品いろいろは  こちら 

 

 

コメント