まごころ☆マコト君が行く

熊本で手刻みの木の家に住もう! 県産無垢の杉、自然素材、職人の技術を受け継ぐ そんな硬派な家づくりやってます☆

くまもとで手刻みの木の家に住もう!

構造材の手刻み加工、県産無垢杉・桧材、自然素材の内装材、職人の技術を受け継ぐ  そんな硬派で男気あふれる家づくりをやっています♪

ふらりと・・・

2021年06月21日 | 社長☆ダイアリー

ふらりと大分の臼杵に行ってきました。

天気があまりよくなかったので人通りもまばらでよかったです。

臼杵の観光交流プラザに向かって臼杵市内を車で走っていると、いきなりこの三重塔が目に飛び込んできました。

ちょっと失礼して中から・・・

後で調べるとこの三重塔は、

太子塔とも呼ばれ、聖徳太子を祀る塔で、九州に二つしかない江戸期の木造三重塔の一つだそうです。

臼杵城です。

城のお堀に掛かる石橋です。

お城のなかです。

このような櫓が二つあり、他は神社が二つ、その他は公園になっていました。

商店街です

八町大路という商店街で、安土桃山時代から続く商店街だそうです。

この商店街の近くにある二王座歴史の道です。

なかなか風情がある町でした。

このほかいろいろと見学するところがあったのですが、いま足を痛めており長く歩くことが出来なかったので、ここで見学を切り上げて帰りました。

今度は万全の態勢で見学に行きたいものです。

帰りに竹田市にある「原尻の滝」に寄りました。

写真には撮りませんでしたが、タレントの久本雅美さんが取材できていました。

 

コメント

3回目のトレッキング

2021年05月07日 | 社長☆ダイアリー

2回目のトレッキングが雨で出来なかった時のために、予備日としてGW中「霧島高原国民休養地」のコテージを予約していました。

前回、高千穂峰に幸運にも登れたので、今回は目標を韓国岳(標高1700m)に登ろうと思っていました。

前日コテージに泊まり、翌日朝から登るつもりだったのですが用事が出来て13:30位から登り始めました。

先ずは大浪池を目指します。

登山道は整備されており、このような石畳が半分以上続きその後も石段になっており非常に登りやすかったです。

軽装で登る方が多くて、スカートで登っている人のいました。

このような人は多分、大浪池だけを目指しているのだと思います。

約30分ぐらいで大浪池につきました。

池の先に見えるのが目的地の韓国岳です。

ここで腹ごしらえのために、遅めの昼食を急いで取り、左回りコースを、いざ出発!

池の周りの峰を歩くので色々な角度で池が楽しめます。

奥の方に桜島がうっすらと目では見えたのですが、写真では分からないですね。

右の突き出ている山が高千穂峰で、左側の白い部分がある山が新燃岳だと思います。

この池を半周している間に、下山中の人にこの後、韓国岳までどのくらいかかるかを聞いてみると、2時間以上かかりヘッドライトがいるとのことでした。

ここで韓国岳は断念、池の周りを歩くことにしました。

よく落ちないものです。

途中の看板です。

半周すぎたところです。

真ん中の引っ込んだところが、池周回の出発点。

いくつもの切り立った崖があり絶景です。

ミヤマキリシマも咲き始めているのもありましたが、ほとんどがもう少しかかりそうです。

看板どおり池を一周するのに2時間かかり、16:30ごろに下山。

行きと違ってこのように整備された登山道でも、帰りは腰に応えます。

次回は違うルートで韓国岳を目指そうと思っています。

出来ればミヤマキリシマが咲き誇っているときに登りたい!

 

 

 

 

 

 

コメント

2回目のトレッキング

2021年04月21日 | 社長☆ダイアリー

2回目のトレッキングをしました。

目的地は以前から見たいと思っていた、坂本龍馬で有名な「天の逆鉾」がある高千穂峰です。

結構軽い気持ちで以前から思っていたのですが、いろいろと調べるとある程度の支度がいるとのことでした。

それでも、靴・手袋・ステッキが最低限あればよさそうなので、後は水・食料・防寒着を持って出発しました。

高千穂河原ビジターセンターを出発して霧島神宮古宮跡の前を通ってルンルンで登っていきました。

登山道が石畳から砂地になり、少し歩きずらかったです。

でもこれからが本番です。

この岩と砂だらけの登山道が決まっていない急峻な坂を上ります。

ある程度登ったところから撮った写真です。

写真ではあまり分かりませんが、とても急な坂です。

みんなこんな感じで手をついて登ります。

手袋の必要性をひしひしと感じました。

登り切って坂を振り返った写真です。

登り切ったところが中間にある「御鉢」の頂上です。

この写真の中央上にうっすらと錦江湾と桜島が見えます。

頂上に大きな石がありました。

奥に見えるのが、高千穂峰です。

ここから「馬の背」を通って・・・

高千穂峰を目指します。

これから500m以内で頂上に着くのですが、この登山道も大変で砂地ばかりの道をひたすら上っていきます。

ここまで来ると写真を撮る余裕もなく、ひたすら登りました。

頂上近くになって「逆鉾」が見えたので、やっと写しました。

これからは、頂上での写真です。

もっと大きなものと思っていたのですが、意外と小さかったです。

よく考えてみると、竜馬が引っこ抜いたのですから、これぐらいが妥当な大きさですね。

頂上からの風景です。

頂上から見た桜島です。

この後頂上でおにぎりを食べて下山しました。

頂上まで登るのに当初は、余裕を持って3時間見ていたのですが、2時間で登り切りました。

ただ下りが大変で、這って降りなければならずに1時間半掛かりました。

下山した後は、霧島神宮にお参りして、ゆっくりと温泉に入り大変有意義な日を過ごさせていただきました。

今回はトレッキングじゃなくて、私にしてみれば「登山」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今年初のトンボです。

2021年04月06日 | 社長☆ダイアリー

いつもの江津湖周辺を歩いていたら、今年初のトンボを見ました。

飛んでいるトンボを写すのは難しいので諦めていたら、止まってくれたので急いで撮りました。

今年は本当に暖かいのですね!

毎年、トンボは5月ごろからではなかったかと思うのですが・・・

歩く道沿いの庭には、つつじが咲いていました。

春休みになってから、カワセミが来る池には子供たちの水遊び場になっているため、カワセミを見ることが出来ません。

今からは、道沿いの庭の花を見ながら歩くのを楽しみにします。

コメント

桜満開宣言!

2021年03月24日 | 社長☆ダイアリー

我が社の標準木?の満開宣言です。

左の木が我が社の標準木です。

右奥の木の枝ぶりが良かったので一緒に撮ってみました。

この周辺は桜の木が多くて・・・

桜のトンネルのようです。

今日は天気も良かったので少人数の花見をされていました。

今度の土日、あまり天気が良くないのが残念です。

またまたカワセミが姿を見せてくれました。

拡大すれば分かるのですが、餌を咥えています。

急いでズームしたのですが、飲み込んでしまった後でした。

その隣にある枝にとまったところです。

正面から見ると口ひげを生やしているようですね?

この後飛び立って・・・

この木に移り・・・

また・・・

この後すぐに飛び立ち、居なくなりました。

暖かくなるとよく出てくるようです。

 

 

コメント

開花宣言後の桜

2021年03月19日 | 社長☆ダイアリー

今週になってやっと熊本県の開花宣言がありましたが・・・

我が社の標準木?は・・・

1~2分咲きかな?

近くの桜です

こちらはもう少し咲いていました。

暖かくなってきたからか、カワセミを今日も見ました。

いつもカワセミを写すためにカメラ持った方がいるので、その人たちのカメラの方向を見たらすぐに探せるのでこの場所は楽です。

カメラを橋の欄干に載せて出来るだけブレないように撮るのですが拡大していくとなかなか難しいです。

この後餌を捕るために飛び立ったのですが、コンパクトカメラなので追いかけることが出来ません。

いつか餌を捕るため池に突っ込むところを撮りたいのですが・・・

今日は花の所に行ってくれました。

いつもここにきている人が用意しているのですが、なかなかここに止まってくれません。

用意された甲斐がありました。

コメント

桜の開花宣言

2021年03月15日 | 社長☆ダイアリー

11日木曜日には1輪咲いていたさくらが・・・

13日には5輪以上咲いていたので、開花宣言です!

他の蕾もピンク色になっています。

これからどんどん咲いていくのが楽しみです。

近くにあるこの桜だけが5分ぐらい咲いています。

河津桜の横にある桜が満開になっていました。

その近くにある桜です。

見落としていました。

この近くにある種類が違う桜です。

すごく大きな木で、圧巻です。

この日は2か所でカワセミに会えました。

県立図書館横の川に居たカワセミです

この後すぐに飛びだってしまいました

次はいつものところに居たカワセミです。

飛びだって次の枝に行きました。

今度は餌を捕るために飛び立ちました。

上手く捕っていました。

最後のごっくん!

この日は随分長く居てくれました。

ファンサービスかな?

 

コメント

桜がもうすぐ・・・

2021年03月11日 | 社長☆ダイアリー

私が勝手に決めている江津湖の標準木の桜がそろそろ咲きそうです。

我が社の?標準木です。

ほとんどの蕾は・・・

こんな感じですが、

一部の蕾が・・・

花びらのピンクが見えていました。

これを見ると後、2~3日で咲くのではないでしょうか。

もうすぐ開花宣言です!

この近くにある桜は咲き始めていました。

江津湖の周りでは咲いている桜がちらほらとあります。

三週間前に見た下江津湖の近くの桜です。

赤い花びらの方も木を見ると桜のようなのですが?

以前紹介した河津桜の横にも違う品種の桜が咲いていました。

右側の木が河津桜です。

葉桜になっていました。

江津湖周辺にはいろいろな花が咲いているのですが・・・

ひときわ目に引くのがこの木です。

妻から教えてもらったのですが「トキワマンサク」と云う木だそうです。

生け垣などに植えてあるそうですが、これだけ大きなものは「珍しい」そうです。

 

コメント

初めてのトレッキング

2021年03月03日 | 社長☆ダイアリー

先月の休日の午後コロナ渦の影響で大好きな温泉やサウナに行けず何をしようかと考えていたら、ふっ、と考え付いたのが山歩きでした。

立田山とも考えたのですが、歩いたことが有るので、違う山をと考えて思い浮かんだのが「小岱山」でした。

以前、玉名の「蛇が谷公園」に孫といったときに、登山口の看板を見かけていたので思いついたのでしょう。

大したことはないだろうと、高をくくって軽装の上、運動靴をはき、飲み物は500mlのペットボトルを二人で1本で向かいました。

杖はないので落ちていた木の枝をひらって歩き始めました。

1時間歩いて、もうすぐ山頂につくだろうと思っていたら・・・

このような案内板

よく見ると、標高差で160m位の途中にある駐車場で、山頂はまだまだ上の方、時間を見ると午後2時半、案内板を見ると山頂までまだまだほど遠い・・・

ここで考えてもう少し上にある丸山展望台に40分位かけて登り、1時間ぐらいかけて下山して、帰りに温泉によって帰りました。

帰りの車内でいろいろな事で反省、先ずは靴とステッキを買うこと、水分は少なくともペットボトル一人一本、各自リュックを担ぐことなどなど、そして次回は途中の駐車所(笹千里駐車場)から頂上に行くことを決意しました。

その後の休日、リベンジの日

笹千里駐車場から12時ごろから真新しい靴を履きステッキを持って背にはリュックを担ぎいざ頂上へ・・・

1時間ぐらいかけて観音岳につきました。

観音岳の案内板です

こんなところに何で堂宇を建てたのでしょうか?

途中から登るだけでも大変なのに・・・

堂宇だと思います。

ここは広い広場があって見晴らしもよかったです。

この広場でおにぎりを2個もほうばって、いざ山頂の筒が岳へ・・・

この後が大変で、急な下りの階段を下りたかと思ったら当然降りた以上の長さの急な階段を上るといったふうでした。

2枚の写真はやっと撮ったものです。

写真を撮る余裕がありませんでした。

観音だけを出て30分ぐらいして、頂上の観音岳につきました。

その前にあった巨岩です。

石には文字が掘ってありました。

読む余裕もありませんが、その前に読めません!

この案内板を読むと、ここにお城があったと書いてあります。

毎日この山を登ったのかと思うと、昔の人の健脚には驚かされます。

さすがに見晴らしがっよかったです。

この後、案内板にあった長助金毘羅に行きました。

金毘羅さんのお堂です。

よくこんなところに作ったものです。

誰がお参りしたのでしょうか?

ここからの景色も素晴らしかったです。

この後1時間半かけて駐車場に戻りました。

登りに2時間半掛かったので全行程4時間の初トレッキングでした。

帰りに、「今度は蛇が谷公園から登ろう」と話しながら、いつもの温泉に入って帰りました。

 

 

 

 

 

 

コメント

またまたカワセミです

2021年02月24日 | 社長☆ダイアリー

月曜日の昼に歩いていたら、またまたカワセミに会えました。

いつもの枝に居ました。

ここから飛び立って・・・

餌を咥えて別の場所に居ました。

この後また餌を捕るのかと思ったら、茂みに帰りました。

また会えるのを楽しみに歩きます。

河津桜も満開でした。

もうすぐ散り始めるかな・・・

 

 

コメント

春を感じます

2021年02月15日 | 社長☆ダイアリー

江津湖を歩いているといち早く春を感じます。

梅だと思うのですが満開でした。

椿も添えてきれいでした。

以前載せた緋寒桜が満開近くになっていました。

私は緋寒桜と思ていたのですが、指摘がありもしかしたら河津桜かもしれません。

写真に撮らなかったのですが若木の桜が咲いていました。

色々な花が咲きだし、今からが江津湖周辺は楽しみです。

久し振りにカワセミを見ました。

この後となりの枝に移って

またこの後、移って

この後、餌を捕るために飛び立って餌を咥えて森の中に行ってしまいました。

しかし、久しぶりにこんなに長くに見ることが出来ました。

今日は運が良かった!

 

 

コメント

緋寒桜が咲き始めました

2021年02月10日 | 社長☆ダイアリー

いつもの江津湖で緋寒桜が咲き始めました。

昨日、撮ったものです

今日撮ったものです

昨日より少し多くなっていました。

今日はメジロが花の蜜を吸いに来ていました。

密を吸っているところを撮りたかったのですがなかなか難しいものです。

この桜が咲いているところは「藻の花」と云う旅館の庭です。

江津湖を歩くと色々な鳥に会えるので、飽きずに歩けておすすめコースです。

皆さんもぜひ歩いてみてください、運がいいとカワセミ会えますよ!

 

 

コメント

今年2回目のカワセミ

2021年01月23日 | 社長☆ダイアリー

昨日、今年2回目のカワセミに会いました。

1回目は、カメラを持って行かなかったのでスマホで撮りました。

スマホなのであまり大きく撮れなかったので、これ以降出来るだけカメラを持って歩くようにしました。

2回目のカワセミです。

たまたまカメラを構えたら、どうも餌に狙いを付けているところでした。

この後すぐに飛び立ちました。

餌を捕った後です。

この後、また枝に帰りました。

餌を咥えています。

一生懸命餌を飲み込んでいます。

食べ終わり、この後すぐに飛び立ちました。

近くの枝に飛び移りました。

この後、また餌を捕ると思ってカメラを構えていたのですが、すぐに近くの藪に飛び立って今回は終りました。

カワセミはいつ見ても飽きません。

これからもカメラを携えて歩きます。

 

コメント

今季初のカワセミです

2020年11月21日 | 社長☆ダイアリー

いつもの江津湖で、この冬初めてのカワセミを見ました。

この何本かの杭を落ち着かず移動するので、撮るのに苦労しました。

この後、いつもの枝に移りました。

この後また飛び立ち・・・

どこに行ったか分からず、探していると・・

この場所で見たのは初めてでした。

この後、またすぐに飛び立ちました。

なかなか落ち着かないカワセミでした。

コメント

研修旅行 2

2020年11月11日 | 社長☆ダイアリー

福井県立恐竜博物館です

設計は黒川 紀章氏です

熊本では、県立博物館・嘉島町庁舎を設計された方です。

福井ではこのベンチの恐竜が駅前など色々な所で見られます。

内部です

入り口を入ると

天井に大きな明かり取りがあります。

入り口が3階で、まず1階に降ります。

かなり大きな規模の博物館です。

恐竜のおなかの下です。

北九州にある、「いのちの博物館」に行って大きさに驚いたのですが、ここはそれ以上に驚きました。

大人も楽しめる博物館でした。

その後、曹洞宗本山の永平寺に行きました。

永平寺参道です

ここは天皇家だけが使用される門です

内部写真です

建物の名称はわかりません

 

テレビでよく見る階段です。

このように屋根のかかった通路で各建物とつながっています。

楼門にある四天王です

昔はここを通ってお寺に入っていたのでしょう。

現在も修行寺として使用されているので、沢山のお坊さんがおられました。

私も今回が3回目でしたが、いつ行っても厳粛な空気が漂っていてとてもいいところです。

 

 

 

 

 

 

コメント