まごころ☆マコト君が行く

熊本で手刻みの木の家に住もう! 県産無垢の杉、自然素材、職人の技術を受け継ぐ そんな硬派な家づくりやってます☆

くまもとで手刻みの木の家に住もう!

構造材の手刻み加工、県産無垢杉・桧材、自然素材の内装材、職人の技術を受け継ぐ  そんな硬派で男気あふれる家づくりをやっています♪

薬園町の家

2014年01月20日 | M邸新築

今、薬園町で新築工事をしていますが、ここではこの写真のように「建て主さん」が軽い工事に参加してもらっています。
この写真は、壁の断熱材を入れているところです。一日半ぐらいで作業は終わられたようです。

ちょっと時間が空いたので現場の周りを散策しました

近くにある黒髪小学校の「大銀杏の木」です
横に広がったイチョウの木で植えて100年になるそうです


大イチョウの由来が書いてありました
この小学校は今年で創立140年なるそうで、歴史がある学校だったのですね。


歩いていると突然にこのような大きな木が出現しました
個人の家の庭に植わっているようで、手入れが大変だろうと思いました
樹種が何だろうと思ってどこかに書いてあるか見たのですがありませんでした。
正確には判らないのですが葉を見ると多分「槙の木の一種」だと思います


立派な門があったのでついつい撮りました

どんな家があるのだろうと思って裏のほうに回ってみたら


門だけでした
そのほかの敷地は駐車場になっていました
敷地はかなり広いようなので、もしかしたら立派な家があったのかも




この二枚は門の裏から写しました

この薬園町・黒髪周辺ををちょっと歩いただけで、興味を引くようなところがありました
時間が出来たらもっと広い範囲を歩いて見たいと思っています

この地域は多分戦争中の空襲を受けていないのだろうと思います。市内の他の所も空襲を受けていないところがあるのでその辺も散策すると面白いものがあるかも?
コメント

M邸基礎工事

2013年10月17日 | M邸新築


鉄筋工事の次はコンクリート工事です。

道が狭いので、一輪車による人力打設です。




一輪車9台、コンクリート約10m3、2時間半かかりました。



職人さん達、おつかれさまでしたm(_ _)m

打設終了後、腕がパンパンだーと言われてました。


私( ♀ ) も何回かやった事あるんですが、
一輪車満杯にすると動かせないので半分くらいで、
直進だけならまだいいんですが、カーブと登り坂がきついんです(>_

コンクリートの出荷伝票~

強度、スランプによって値段が変わります。
大型車が入らない現場は小型車になりますが、
小型割増があって一台あたり一定額課金されます。





マコト建設株式会社
〒862-0962 熊本市南区田迎6丁目5-18 
http://www.makotokensetsu.net/







コメント

M邸/完成しました#3

2010年03月01日 | M邸新築
2階



2階へ上がる階段です。

懐スペースに物入れが作られました。

階段の踏み板は桧材、壁は杉材です。手摺も無垢の杉材で作られています。






こちら2階の広間です。

住職さんのお住まいなので、正面に仏様をお祭りする壇を設けています。

ケヤキを使っています







天井高さを変えて、壇上まわりは格上な空間になっています。

立派な格天井ですが、天井材はベニヤなんです

壁には蛍光灯の間接照明です。杉無垢板で器具を隠しています。






こちらリビングのベランダからの眺めです。絶景哉

コメント

M邸/完成しました#2

2010年02月23日 | M邸新築
竣工



10帖の室です。

床面積が200㎡以上の建物は住宅であっても排煙窓を設けなければなりません。

天井から80センチ以内にある窓の面積が、居室の床面積の1/50以上必要 または

天井・壁の下地材、仕上げ材を不燃材としなければなりません。

和室は排煙窓の規定を満たせなかったので、天井が不燃ビニルクロスとなっています。

和室がクロスなのはさみしいですが・・



和室のとなりの部屋はリビングで、その右奥となりがダイニングです。

すべての部屋がつながる間取りです。

(1) 建具の仕切り全開放




(2) リビング⇔ダイニングの建具仕切り

  リビング⇔寝室(和室)の建具    を閉めたところ




(3)リビング⇔10帖和室の障子を閉めたところ 


リビングは天井いっぱいの建具なので、とても解放感があります




ダイニングです。木目調のシステムキッチンです。



フローリングは、ラオス松無垢材です。

赤みがあって木目が出ている存在感のある良い材です




次回は2階をご紹介します~


コメント

M邸/完成しました#1

2010年02月22日 | M邸新築
竣工




外部足場解体後、ベランダ手摺、玄関ポーチの庇がつきました。





玄関ポーチです。左に写っている現場担当Mが手摺を磨いています

石調のボーダータイルが腰壁に張ってあります。ポーチ土間タイルも落ち着いた色です。

大屋根はガルバリウム鋼板が葺かれましたが、玄関は和瓦葺きです。





玄関の下屋は純和風に作られました。





玄関です。収納が多いです。

玄関ホールから廊下に続く空間には、杉無垢材の腰壁が貼られています。




次回は内部をご紹介します

コメント

M邸/こぼれ話

2010年01月16日 | M邸新築
M様邸は給湯器にエコキュートを据え付けます。

エコキュートには約4万円補助金が出ます。

4万円でももらえると嬉しいですよね



1年を5期に分けて募集が行われ、着工と完成の期間が募集期間と合わないと応募できません。

M様邸は申請し補助が受けられることになりました。

今月中にエコキュート据え付け完成の届け出をする必要があります。



このエコキュートの補助金が事業仕分けの対象になったらしく、

第5期の募集枠は1日でいっぱいになり抽選があったことを、業者さんから聞きました。

何でも浄化槽の補助金も事業仕分けの対象になり、仕分け期間は運悪く補助が出なかったそうです。

なんと気の毒な・・・

自治体で金額は異なりますが、確か40万近く補助金が出るはずです。


ニュースだけの話でないことを体感した話でした



コメント

M邸/内部工事#7

2010年01月13日 | M邸新築
壁や天井



階段室の無垢杉板貼り。




2階和室前の廊下の格天井です。

針葉樹合板いわゆるベニヤですが、ちょっと手を加えると立派な天井に。




1階 システムキッチンが据わる台所スペースです。

白い壁はキッチンパネルを貼ってあります。吊戸棚が取りつく箇所は固定下地のベニヤを貼っておきます。




工事は完成に近づいてきました

コメント

M邸/外部工事#4

2010年01月10日 | M邸新築
屋根防水


平屋部分の屋根は、片流れにウレタン防水仕上げです。

十分にコンクリートの下地を乾燥させてから施工します。











という工程を経て防水層を形成します。防水工事の施工不良は雨漏りの原因になるので注意が特に必要です。

コメント

M邸/外部工事#3

2010年01月08日 | M邸新築
アプローチ階段



玄関アプローチ階段のコンクリートが終わり、手摺の取付け中です。




コメント

M邸/外部工事#2

2009年12月27日 | M邸新築
足場解体中




外壁塗装・雨樋の工事が終わり、外部足場を解体中です。

コメント

M邸/外部工事#1

2009年12月19日 | M邸新築
外部階段



玄関に行くアプローチ階段のコンクリート工事です。
袖壁ができた状況です。






階段部の型枠です。

コメント

M邸/塗装工事#1

2009年12月17日 | M邸新築
外壁塗装




吹付け塗装のためのシートが掛けられました。






吹付け材料です。
まがい物は使ってませんよ、の証拠写真を撮っておきます。







軒裏を吹付けしている状況です。



コメント

M邸/内部工事#6

2009年12月16日 | M邸新築
床&壁



下地合板の上から、松の無垢フローリングを貼っているところです。







腰壁を貼ったところです。

節有りの杉材なので、無垢材ですが手頃な価格でできます。








押入れの中も杉無垢材を貼ります。

無垢材は呼吸するので、結露やカビを抑えられます。

コメント

M邸/内部工事#5

2009年12月07日 | M邸新築
木工事


天井下地、壁下地ができた和室です。

黄色のカバーは柱が傷つかないためのものです。

床の間側の壁面になります。

コメント

M邸/内部工事#4

2009年12月05日 | M邸新築
木工事&ユニットバス


土台・柱が付いたあとは、鴨居・敷居等の枠周り、

壁下地、天井下地、と続きます。



写真右奥ではユニットバスの組み立て中です。






床はまだコンクリートが見えてる状態です。

手前の土台は壁下地造作前です。

コメント