アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4800 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

京都で1番古いマンホールらしい

2015年07月31日 16時54分23秒 | まち歩き

 

関連記事は この画面 左上ブログ内検索を使ってください

 

大正5年 (1916) 下水  101年前

と刻まれた マンホール  京都で一番古いと思われます

 


清和天皇火葬塚・後一条天皇陵・陽成天皇陵の道標 

2015年07月31日 11時43分58秒 | 陵墓

 関連記事は 左上 ブログ内 検索をお使いください    キーワード 清和 

 

 

 


金戒光明寺の参道にチンチン電車の敷石が使われています

2015年07月31日 10時17分16秒 | まち歩き

関連記事は この記事画面 左上ブログ内検索を使ってください

 

堀川四条橋親柱

この石柱は、四条堀川に架けられていた橋の親柱です。

明治35年(1902)にチンチン電車の堀川三条~西四条が開通し

四条堀川の交差点の東側を走っていました。

その後、市電に統合され昭和36年(1961)8月1日京都駅~北野線廃止に伴い、

惜しまれながら軌道敷石と橋の親柱が撤去されました。

当山参拝道の石畳には市電廃止により払い下げられた敷石が多数使用されており、

50年の時を経て親柱と軌道敷石が出会うという深いご縁が結ばれました。

 

 


堀河天皇火葬塚

2015年07月31日 08時13分43秒 | 陵墓

 

関連記事は この画面左上 ブログ内検索 も使ってください

 

住宅地の中にありました

 

 

 関連記事 ➡  閑院内裏址        堀河天皇 里内裏址

 


善正寺  豊臣秀次の菩提寺・母の悲しみ

2015年07月31日 00時07分00秒 | 寺院

 関連記事は この画面 左上ブログ内検索も 使ってください

 

日蓮宗本圀寺派 豊臣秀次の母(瑞竜院日秀尼)が

文禄4年(1595)高野山で自刃した秀次の菩提を弔うために創建した寺。

はじめ嵯峨二尊院に一宇を建立し、秀次の法名を採って善正寺としたが、

慶長5年(1600)日鋭上人を請じて開山とし、現在の地に移った。

寛永元年(1624)4代日演上人のとき多くの僧が集まり、「さくら談義」もあり、にぎわった。

明治維新後は衰退し、境内の南半分は学校の敷地になった。

本堂の本尊の傍らに、秀次像、日秀尼像を安置する。

境内北部の墓地には、秀次以下その一族の墓がある。

村雲瑞竜寺歴代の住職の墓。

江戸初期の儒医 江村専斎一族の墓は本堂背後の墓地にある。

関連記事 ➡ 村雲御所  

 

 

 

 

 

本堂


まち歩き北0710  昔ここに 嵐電の駅 「小松原」 があったのを知っていますか 

2015年07月30日 15時43分41秒 | まち歩き

北野白梅町と 等持院の間に 「小松原」という駅がありました。

昔の運賃表に「小松原」という駅名があります。

1945年に廃駅になっています。

向こうに見えるのが北野白梅町駅  ここからだと200mくらいかな

 

ここに、石柱がありました  昭和6年3月架換・・と書いてありました

これは、何のことなんでしょう

 

オシロイバナ が咲いていました

 

平成27年7月27日 撮影

 

また、北野線は1958年に北野天満宮まで営業していたのを市に移り

北野白梅町までの営業になりました

 まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き北0709  謎の石柱 何か文字がはっきりと書いてあるのだが・・・


桂川の景色 嵐山や松尾大社 

2015年07月30日 12時10分47秒 | まち歩き

桂川からの風景  7月26日早朝  撮影

左奥は嵐山  亀山が見えています

 

赤い鳥居は  松尾大社

 


医学の発展のために貢献した人々を弔う

2015年07月30日 10時32分48秒 | 墓所

 

 

 京都帝国大学医学部納骨墓地

 


黒谷 金戒光明寺

2015年07月30日 01時15分22秒 | 寺院

法然上人、熊谷直美のゆかりの寺

法然の没後、黒谷の草庵は信空、湛空と継承されたが、寺として整ったのは五世恵のときである。

その後、後光厳天皇より「金戒」の2字を賜い。

後小松天皇より「浄土真宗最初門」としるした勅額を賜った。

応仁の乱に罹災し、さらにその後の火災で堂宇を焼失したが、その都度再建されてきた。

寺は栗原の岡の大半を占め、多くの堂宇が建っている。

 

有名人の墓が多いように感じた。案内道標が目立つ。

 

文殊塔付近に徳川秀忠夫人崇源院・徳川義直母・国学者山崎闇斎国学者今井似閑、

筝曲開祖八橋検校、茶人藤村庸軒、儒医藤林普山、茶人土肥二三、国会議員水谷長三郎等

 

西雲院付近には、歌人池玉瀾、歌人梶女、文人中島棕隠、文人橘南谿、画家竹内栖鳳、

 

本堂東北の墓地には、京都府知事 北垣国道、南宋画家重春塘、文学者厨川白村、

平安名家墓所一覧の山本臨乗、京都坊日誌の碓井小三郎、

工学博士 天沼俊一(御影堂の設計者)

 

岡崎神社の脇から登ってくると

ここへ着いた

 

徳川秀忠夫人 崇源院 (1573~1626)

徳川2代将軍 秀忠の室。名はお江、あるいはお江与、諱は遺子という。

父は戦国の武将、近江 小谷城主 浅井長政、母は織田信長の妹小谷の方お市。

天正元年(1573)に生まれる。姉に豊臣秀吉の側室淀殿、

若狭小浜城主京極高次の室お初(常高院)がある。

同年8月、浅井氏が滅びたのち、母姉とともに伯父信長に養われ、

天正10年、母お市が越前北庄城主柴田勝家に再嫁する際、

姉とともにそこに伴われ、翌年、柴田氏が滅び、母お市も自害すると、

姉とともに秀吉のもとに引き取られた。

 

のち秀吉の養子丹波亀山城主豊臣秀勝(秀吉の姉瑞竜院日秀の次男)に嫁して

女子(秀忠養女・九条幸家室・同道房母)を儲けたが、

文禄元年(1592)9月、秀勝が没するに及んで寡婦となった。

一説によると、秀勝のもとに入輿する以前に、尾張大野城主佐治与九郎一成に嫁し、

後日一成が秀吉の忌諱にふれて離別したという。

同4年9月、秀吉の計らいによって秀忠に再嫁し、

家光・忠長の二男、千姫・子々姫・勝姫・初姫・和子の五女を儲けた。

この内、元和6年に和子は入内した。(東福門院)

寛永3年(1626)9月15日没。54歳。法名は崇源院殿昌誉和興仁清。

墓所は、家光の乳母にして、

三代将軍をめぐって夫人と争った春日の局が、

同夫人の死後、追善菩提のため建立したもので、

夫人の遺髪が納められている。

 

会津藩墓地へは道標がたくさんあり 間違いなく案内してくれる

 

 

 

 

 

黒谷は 岡の上にあり 眺めがよし  

京都駅、京都タワー、平安神宮の鳥居、京都市美術館の屋根が見える

 

 

文殊塔

三重塔で、寛永10年(1633)徳川秀忠菩提のために建立された。

本尊文殊菩薩は古来 日本三大文殊の1つとして崇敬されている

今は、他の所に移されています

 

 

最初の登ってきたところまで戻りました

 

頭のつぶつぶ すごいなー

 

 

 

ハスの花

 

 

 

 

 

御影堂

昭和19年の建築 新しい

 

 

阿弥陀堂

豊臣秀頼が慶長10年(1605)大仏殿建立の余材をもって再建したと伝わる。

堂内に安置する本尊阿弥陀如来像は、恵心僧都の最後の作で、

彫刻に用いた器具をその胎内に納めるところから、

世に「乙如来」または「鑿納めの如来」と呼ばれている。

 

 

観音堂 画像なし 石柱の上に屋根だけ見えるところ

収蔵庫を兼ねている。本尊千手観音像は平安時代前期の作品。もと、吉田寺の旧本尊と伝わる。

 

 

経蔵

元禄2年の建立

鐘楼

 

三門

楼上に掲げられている額は後小松天皇の宸筆で「浄土真宗最初門」

 

 

 

総門は工事中

 

 

戊辰戦争90周年

 

 


応天門  

2015年07月29日 21時47分25秒 | 平安宮

地図の場所に 1200年前にはこのような建物が建っていたことがわかっています

 

 

 

 


1200前の京都 大極殿

2015年07月29日 21時21分39秒 | 平安宮

平安神宮の大極殿は1200年前に ここから見えるところにありました

 


明道寺  門の小さな寺です

2015年07月29日 21時07分22秒 | 寺院

 


公安院  浄土宗 

2015年07月29日 20時30分01秒 | 寺院

 

 


蔵のある風景 3 右京区・高田橋 付近

2015年07月29日 14時27分16秒 | 蔵のある風景

 

 

前回記事 ➡ 蔵のある風景 2 満願寺 付近


元禄畳  創業から325年

2015年07月29日 14時13分50秒 | 伝統産業

 

参考HP ➡ 京都畳商工協同組合