アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4800 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

修学院離宮 

2015年12月05日 07時52分34秒 | 名園

 

この離宮は後水尾上皇のために徳川幕府が造進した山荘で、はじめ修学院の御山荘または御茶屋と称した。上皇は幕府の公家勢力圧迫の政策を不満とし、寛永6年(1629)34歳で退位し、退隠の場として山荘の地を求めてしばしば洛北の地を御幸された。承応4年(1655)修学院村の円照寺で景観に感動され、円照寺を奈良に移し、山荘造営に至った。工事は上皇60歳の明暦2年(1656)頃から開始され、3年後の万治2年(1659)3月にほぼ完成した。はじめ上下2ケ所からなり、上皇自ら設計・監督されたといわれる。上皇はこの山荘を愛され、延宝8年(1680)8月、85歳で崩御されるまでたびたび御幸された。崩御後は荒廃がすすんだ。その後、享保6年(1721)霊元法皇の臨幸によって修理され、文政7年(1824)光格上皇臨幸の際に幕府によって復興された。明治17年(1884)離宮となり、翌18年それまで林丘寺にあった客殿と楽只軒の返還をうけて「中の茶屋」が設けられた。庭園と建物を中心とした上・中・下の3つの茶屋にわかれている。

 

 

入口で

 12月5日 撮影 画像追加   手入れ

 


渉成園・枳殻邸

2015年09月30日 00時24分50秒 | 名園

 

 

 

渉成園(枳殻邸)

東本願寺の飛地境内地(別邸)で、国の名勝に指定されています。

石川丈山がつくりあげた広大な池泉回遊式の庭園に、四季折々の見どころが散りばめられています。

梅、桜、新緑,スイレン、紅葉、鴨の赤ちゃん

 この地は、平安時代前期(9世紀末)の左大臣源融(みなもとのとおる)が

営んだ六条河原院の旧蹟という伝承があったことから、

庭園の随所に源融にちなんだ景物が趣向として配されています。

しかしながら、現在は七条坊門小路以北、万里小路(までのこうじ)以東であることから、

河原院との関係する説が出されています。

渉成園は創立以来幾度かの火災に遭い、

現在の建物は1864年(元治元年)の蛤御門の変による炎上以後、明治時代に復興されました。

1936年に国の名勝に指定されました。

 

 

高石垣 に 驚きました

どの部分が いいかなぁ

 

 

 

 

 

いかがでしたか

南門

関連記事 ➡ 東本願寺

 


官休庵 

2015年05月26日 19時12分16秒 | 名園

 

 

 

 

➡ 観光なび     ➡官休庵ホームページ