アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4800 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

史跡左035  千人塚 大文字山

2018年06月27日 06時57分24秒 | 遺跡・遺物

 

大文字山に登る坂道の途中に「仙人塚」がある。

これは太平洋戦争中に陸軍がタコツボ堀りの作業中、

地中から発掘した人骨を埋葬し、

地元の人たちが供養にために碑を建てたもの。

史跡 前回の記事 ➡ 史跡左034 貞明皇后御休息所

 


古墳右15  圓山陵墓参考地

2018年01月02日 19時49分49秒 | 遺跡・遺物

 

圓山陵墓参考地

古墳の入口

古墳 前回の記事 ➡ 古墳右14  入道塚陵墓参考地

五七五

こがらしやひたとつまづく戻り馬 /蕪村

ことわざ

横槍を入れる

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


古墳右14  入道塚陵墓参考地

2018年01月02日 11時22分00秒 | 遺跡・遺物

 

入道塚 陵墓参考地

どうも 古墳ということです

古墳 前回の記事 ➡ 古墳右13  狐塚古墳

五七五

木がらしの空見直すや鶴のこゑ /去来

ことわざ

世は相持ち

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


古墳右13  狐塚古墳

2018年01月02日 06時45分12秒 | 遺跡・遺物

 

玄室長3.8m、幅2.3mで、奥壁は3枚で高さ3m。

 現在は床が埋まっており高さ2mとなっている。

 石棺は現在も埋まっている。

 秦氏の古墳。

 大覚寺古墳群 4号墳とも言う。

古墳 前回の記事 ➡ 古墳右12  古墳時代の出土物  獣脚硯

五七五

木枯や竹にかくれてしづまりぬ /芭蕉

ことわざ

世は情け

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


古墳右12  古墳時代の出土物  獣脚硯

2018年01月01日 12時56分50秒 | 遺跡・遺物

 

古墳 前回の記事 ➡ 古墳右11 グランドの隅にある

五七五

木枯に岩吹きとがる岩間かな /芭蕉

ことわざ

夜目遠目笠の内

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


古墳右11 グランドの隅にある

2018年01月01日 06時27分28秒 | 遺跡・遺物

 

バックネットの背後に古墳石室の遺構があり、そばに小堂がある。堂内に祀られている人面石がある。高さ47㎝、幅16㎝、厚さ30㎝の凝灰岩。両眼は不揃い、鼻は右に大きく曲り、分厚い口、不気味な人面彫刻。昭和31年、京都大学考古学教室が調査した広沢古墳から出土したもの。

古墳 前回の記事 ➡  古墳右10  広沢池公園内にある古墳

五七五

山国の風花さえも荒けなく /虚子

ことわざ

嫁を貰えば親を貰え

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


古墳右10  広沢池公園内にある古墳

2017年12月31日 21時38分30秒 | 遺跡・遺物

 石で囲まれた部分が 古墳です

古墳 前回の記事 ➡  古墳右09 広沢池の東の山頂に古墳 と 眺め

五七五

時々にふりかへるなり隙間風 /虚子

ことわざ

寄らば大樹の蔭

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


古墳右09 広沢池の東の山頂に古墳 と 眺め

2017年12月31日 19時22分08秒 | 遺跡・遺物

広沢の池 と 嵯峨野 一帯

 

 

頂上にある 古墳

右手の山は遍照寺山 

古墳 前回の記事 ➡ 古墳右08  山越古墳群 古墳三基 と石材

五七五

古池は草履しづみてみぞれかな /蕪村

ことわざ

楽あれば苦あり

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


古墳右08  山越古墳群 古墳三基 と石材

2017年12月31日 05時08分00秒 | 遺跡・遺物

山越古墳郡中の三基  古墳時代後期  6世紀後期 ~7世紀初頭

横穴式石室

調査 2010年8月 京都橘大学文学部文化財学科

1つ目

2つ目 と 3つ目

すぐ横に 古墳に使われた 石材置き場 

古墳 前回の記事 ➡ 古墳右07  印空寺の古墳

五七五

日かがやく諏訪の氷の人馬かな /子規

ことわざ

弱り目に祟り目

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


古墳右07  印空寺の古墳

2017年12月30日 13時12分17秒 | 遺跡・遺物

 小さな 古墳です  少し2~3メートルぐらい盛り上がっています

古墳 前回の記事 ➡ 古墳右06 御堂ケ池一号墳 

五七五

一露もこぼさぬ菊の氷かな /芭蕉

ことわざ

楽は苦の種 苦は楽の種

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


古墳右06 御堂ケ池一号墳 

2017年12月29日 06時03分47秒 | 遺跡・遺物

 

京都市登録史跡

御堂ケ池一号墳

御堂ケ池一号墳は、右京区梅ケ畑向ノ地町(当該地から北へ約700mの所)にあった古墳で、20数基からなる御堂ケ池古墳群のうち最大のものである。嵯峨野一帯には、古墳時代後期に造られたこのような古墳群が多数みられるが、この御堂ケ池一号墳の規模は、直径約30mの円墳で、横穴式石室(全長8.3m以上、玄室長4m、同幅2.7m)を有している。本古墳の規模は同時代の他の古墳に比べかなりの大型のものであり、付近に存在したムラの最有力家族の墓と思われる。

昭和58年2月に開発に伴い発掘調査を行った際、石室から須恵器・土師器・馬具・刀子などの副葬品が多数出土し、被葬者は石棺・陶棺・木棺を利用して埋葬されていることが判明した。これらのことから、当古墳は6世紀後半に築造され、7世紀前半まで追葬が続けられたものと考えられる。なお、発掘調査後、当古墳のもつ規模等を後世に永く伝えるためにここに移築保存を行ったものである。

昭和60年6月1日登録

通称 さざれ石山の山腹に移築復元されています。

移築した石材は60個以上あり、総重量は110トンにも達しています。

1個の石材が15.5トンを計るものもありました。

石室の復元にあたっては、コンクリートなどは使用せず、漆喰を混ぜた土で石材を固定しながら、ほぼ当初の形に復元しました。巨石を利用した両袖式の横穴式石室は、古墳時代後期の特徴をよく示しており、当時の土木技術や墓制を知る上で貴重な遺構です。

古墳 前回の記事 ➡  古墳府05  石明神遺蹟 と 石碑

五七五

瓶わるゝ夜の氷のねざめかな /芭蕉

ことわざ

埒が明かない

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


古墳府05  石明神遺蹟 と 石碑

2016年10月11日 05時07分57秒 | 遺跡・遺物

 

 

現在、大宮売神社の御旅所となっている石明神は、

古墳時代後期の横穴式石室を埋葬施設とする古墳です。

もともとは土で盛られていましたが、長い間に流れてしまい、

石室だけが残っています。

 福井 さんの 碑

明治44年3月   周枳村(すき)

古墳 前回の記事 ➡  古墳04  物集女車塚古墳 石棺も出土

今日の俳句

 秋めくや あゝした雲の 出かゝれば /たけし

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください。


史跡西013  勝持寺子院跡の石塁と石垣

2016年07月14日 10時30分23秒 | 遺跡・遺物

 

 

勝持寺子院跡の石塁と石垣

勝持寺は、小塩山の東麓、標高130~170mに位置し、寺伝では役小角の開創といわれる山林寺院です。平安時代の仁寿年間(851~854)に仏陀上人が伽藍を復興したと伝えられています。室町時代には、足利尊氏の帰依などにより寺運は隆盛し、現在の勝持寺の周辺には多くの子院(本寺に付属する小寺院)が存在したといわれています。

 京都第2外環状道路の新設工事に先立って、平成22年(2010)から平成24年(2012)にかけて、勝持寺の旧境内にあった子院跡と推定される場所で発掘調査が実施されました。調査では、建物・井戸・石垣や石塁などが見つかり、当該地において鎌倉時代から室町時代の複数の子院跡の存在が確認されました。この奥に石塁の一部を移築して保存しております。 京都市

 

 

 

 

 

 

石塁

 

 

 

勝持寺子院跡の石塁

この石塁は、15世紀後半(室町時代)に勝持寺境内の子院の区画施設として作られた石積みの塀(石築地)です。発掘調査により発見されたのは、現在地から南へ約60mの地点です。東西方向の石塁は27m以上の長さで存在したことが確認され、そのうち最も特徴を表している8.5m分をこの場所に移築復元しました。高さは80㎝、基底部の幅も約80㎝です。本来の高さは、上部か崩れているために不明ですが、形状からみてそれほど高くはならないと思われます。使用されている石の大きさは20~30㎝のものが多く、内側には拳大の礫が詰められています。石材は、砂岩・チャート・脈石英など周辺で採取されたものです。このような石塁は、現在の寺院では見られませんが、14世紀初頭に成立した絵巻物『法然上人絵伝』や『春日権現験記』などに描かれた「石築地」と見られ、当時の寺社ではこのような区画施設が用いられたと考えられます。当時の寺院の様子や石積みの技術を知るうえで貴重なものです。

なお、石塁の西方で見つかった石垣は部分的ですが、道路の設計を変更することによって、現地に埋め戻され、保存されています。京都市

 

 

 

 

 

移築された 石垣

 

史跡・遺跡  前回の記事 ➔  史跡上012  名和長年 戦没地  


古墳02 上ノ山古墳  西京区

2016年03月28日 20時15分40秒 | 遺跡・遺物

 

 

 

頂上部

ここに近くの地域の記事  ➡ 寺社検索07  梅津・松尾  地区 

前回の古墳記事  ➡   蛇塚古墳 (へびつかこふん) 

 

 


琳派400年  仁清・乾山の遺物・遺跡の展示

2015年10月28日 13時12分18秒 | 遺跡・遺物

ここは考古資料館

 

「琳派」と仁清・乾山

今年は、本阿弥光悦が元和元年(1615)に鷹峯の「光悦村」を拓いたことを記念して「琳派400年記念祭」の様々な催しが行われています。「琳派」とは、桃山文化の中から本阿弥光悦や俵屋宗達らが先駆けとなり、尾形光琳らにより発展した芸術上の流派とされています。俵屋宗達の「風神雷神図」や尾形光琳の「紅白梅図」などの絵画が代表例として知られていますが、工芸品にも大きな展開が見られました。

色絵陶器を完成させた野々村仁清や、兄の尾形光琳と合作して自由闊達な作品を残した尾形乾山が江戸時代前期の代表的な陶工として知られています。まさしく尾形乾山は「琳派」の陶工といって良いでしょう。これまで仁清・乾山については、文献史料や伝世された「美術品」を中心に研究が進められてきましたが、彼らに関わる遺跡や遺物の発見例が増加したことから新たな知見がえられるようになってきました。

野々村仁清の遺跡と遺物

野々村仁清はロクロや絵付けの技術に優れた陶工で、正保年間(1644~1648)に仁和寺の門前に御室窯を開きました。「仁清」の名は仁和寺の「仁」と本名の清右衛門の「清」を合わせたものです。仁清は自らの作品に「仁清」銘の刻印を付けていますが、陶磁器に制作者の名前を明示することはここに始まりました。

仁清の作品は、仁和寺境内や京都御苑内にあった公家町遺跡などから出土しています。器形には鉢・茶碗・合子・香合などがあります。灰釉などの釉薬をかけていますが、連続する三角文などが見られるものの、色彩豊かな絵付けを施したものは認めていません。

尾形乾山の遺跡と遺物

尾形乾山は仁清に陶芸を学びました。元禄12年(1699)に二条家から譲り受けた鳴滝の山屋敷に窯を開きました。「乾山」の名は京都の北西(=乾)の山の名に因んだものです。鳴滝の発掘調査では窯の本体は見つかりませんでしたが、窯壁片や窯道具とともに多彩な器形・意匠の陶片が出土したことから窯の存在が証明されました。

乾山の作品には、京都御苑内にあった公家家遺跡や洛中の武家屋敷跡などから出土しています。器形には鉢・角皿などがあります。中でも公家家遺跡から出土した角皿は、全体に白化粧を施して、内面には流麗に松を描き、裏面には大きく「乾山」銘を記した典型的な作品です。

遺跡

1      御室窯 仁清が窯を開いた地  仁清窯址

2      妙光寺 仁清の墓所 宗達の「風神雷神図屏風」があった寺

3      尾形家 光琳・乾山の生誕地、呉服商「雁金屋」があった所

4      鳴滝窯 乾山が初めて窯を開いた地(現 法蔵禅寺)

5      二条丁子屋町 乾山が50歳~69歳頃まで焼物商売を行ったところ

6      聖護院窯  乾山の養子猪八の窯があった所

7      妙顕寺泉妙寺 尾形家の菩提寺

8      仁和寺

9      広隆寺

10    公家町遺跡

11    小倉小笠原藩邸跡

12    烏丸高辻

13    松山松平藩邸跡

14    四条烏丸

15    烏丸五条

16    吉田泉殿町遺跡

 

 

4      鳴滝窯 乾山が初めて窯を開いた地(現 法蔵禅寺)