アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数6500 いろいろなテーマで京都をめぐります 
京都市外も始めました 先ずは京都南部から

ニュース015 100歳以上の人口 都道府県別

2020年02月29日 21時45分07秒 | ニュースいろいろ


2018年9月15日現在
                                                                男性は1万人で1人から0.4人

                                            男性は女性の9分の1
 都道府県 100歳以上人口 (人)      人口10万人あたり (人)        男女比 (%)   総人口(千人) 

      男女計    男   女       男女計    男    女   男  女
1 島根県   692   79      613  101.0   11.5  89.5   11.4  88.6    685
2 鳥取県   553   56      497    97.9        9.9     88.0        10.1       89.9         565
3    高知県        689        85         604      96.5      11.9     84.6        12.3       87.7         714
4   鹿児島県   1557      173       1384      95.8      10.6     85.1        11.1       88.9       1626
5   香川県   818    102         716      84.6      10.5     74.0        12.5       87.5         967
6   山口県      1157       135       1022      83.7        9.8     73.9        11.7       88.3       1383
7   宮崎県        911         93         818      83.7        8.5     75.1        10.2       89.8       1089
8   愛媛県      1140       124       1016     83.6         9.1     74.5        10.9       89.1       1364
9  長野県       1727       220       1507        83.2       10.6     72.6       12.7        87.3       2076
10熊本県       1464       175       1289        82.9         9.9     73.0       12.0        88.0       1765
11沖縄県       1179       137       1042        81.7         9.5     72.2       11.6        88.4       1443
12山梨県         670         86         584        81.4       10.5     71.0       12.8        87.2         823
13長崎県       1078       122         956     79.6         9.0     70.6       11.3        88.7       1354
14佐賀県         650         56         594     78.9         6.8     72.1         8.6         91.4        824
15和歌山県     726          69        657     76.8          7.3    69.5          9.5         90.5        945
16新潟県       1734       206       1528     76.5         9.1    67.4        11.9         88.1      2267
17大分県         873         91         782     75.8         7.9    67.9         10.4         89.6     1152
18徳島県         552         57         495     74.3         7.7    66.6         10.3         89.7        743
19岡山県       1398       134       1264       73.3         7.0    66.3           9.6         90.4      1907
20広島県       2061       288       1773       72.9       10.2    62.7    14.0        86.0       2829
21富山県         759         94         665       71.9         8.9    63.0          12.4        87.6      1056
22石川県         798       109         689       69.6         9.5    60.1          13.7        86.3      1147
23福井県         514         56         458       66.0         7.2    58.8          10.9        89.1         779
24京都府       1699       180       1519       65.4        6.9     58.4          10.6        89.4      2599
25秋田県         642         80         562       64.5        8.0     56.4          12.5        87.5        996
26北海道       3413       463       2950       64.2        8.7     55.5          13.6        86.4      5320
27岩手県         790         90         700       62.9        7.2     55.8          11.4        88.6      1255
28群馬県       1198       141       1057       61.1        7.2     53.9          11.8        88.2      1960
29福岡県       3071       311       2760       60.1        6.1     54.0          10.1        89.9      5107
30山形県         658         86         572       59.7        7.8     51.9          13.1        86.9      1102
31福島県       1108       154         954       58.9        8.2     50.7          13.9        86.1      1882
32三重県       1027       114         913       57.1        6.3     50.7          11.1        88.9      1800
33奈良県         766         75         691       56.8        5.6     51.3            9.8        90.2       1348
34岐阜県       1118       149         969       55.7        7.4     48.3          13.3        86.7       2008

全国             69785     8331    61454       55.1        6.6     48.5           11.9       88.1    126708


35静岡県       1991       260       1731      54.2         7.1     47.1          13.1       86.9         3675
36滋賀県         735         85         650      52.0         6.0     46.0          11.6       88.4          1413
37兵庫県       2842       304       2538      51.6         5.5     46.1          10.7       89.3          5503
38茨城県       1422       188       1234      49.2         6.5     42.7          13.2       86.8          2892
39栃木県         917       107         810      46.9         5.5     41.4          11.7        88.3         1957
40宮城県       1078       147         931      46.4         6.3     40.1          13.6        86.4         2323
41青森県         593         56         537      46.4         4.4     42.0            9.4        90.6         1278
42東京都       5973       768       5205      43.5         5.6     37.9          12.9        87.1       13724
43神奈川県   3877       519        3358     42.3         5.7     36.7          13.4        86.6          9159
44大阪府      3537       360         3177     40.1        4.1      36.0          10.2        89.8          8823
45千葉県      2457       324         2133     39.3        5.2      34.2          13.2        86.8          6246
46愛知県      2768       326         2442     36.8        4.3      32.5          11.8        88.2          7525
47埼玉県      2405       297         2108     32.9        4.1      28.8          12.3        87.7          7310

 

  今日のニュース・昔のニュース

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

史跡八幡079 女郎花 塚

2020年02月29日 08時59分10秒 | 史跡・旧跡

 

 

 

 

 

関連記事 ⇒ 史跡八幡045 小野頼風塚 

史跡 前回の記事 ⇒ 史跡八幡080 松花堂庭園

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニュース014 60歳以上の 死亡原因

2020年02月28日 14時02分28秒 | ニュースいろいろ

死亡率は人口10万人に対する数値

    死因   死亡数 死亡率  割合(%)                                       死因   死亡数 死亡率 割合(%)

                                                                死因 死亡数    死亡率 割合(%)                                        死因      死亡数  死亡率 割合(%)     死因     死亡数   死亡率 割合(%)

60~64   悪性新生物  29858    319   49   心疾患  7450  80  12 脳血管疾患    5074   54      8 自殺             3050     33     5       不慮の事故   2262    24     4  
65~69   悪性新生物  39360    472   48   心疾患  10089    121    12    脳血管疾患    6763      81     8    肺炎               3264       39        4       不慮の事故      2733      33         3


70~74   悪性新生物  47866    696   44   心疾患  14226    207    13    脳血管疾患  10128    147     9    肺炎               6477       94        6       不慮の事故      3625      53         3
75~79   悪性新生物  59945  1035   38   心疾患  22611    391    14    脳血管疾患  16887    292    11   肺炎             13206     228        8       不慮の事故     5117      88          3


80~84   悪性新生物  59587  1412   30   心疾患  32497    770    16    脳血管疾患  23318    552    12   肺炎             23000     545      11       不慮の事故     6203     147         3
85~89   悪性新生物  40706  1752   21   心疾患  35558  1531    19    肺炎             26498  1141    14   脳血管疾患  24021   1034      13        老衰               7666     330         4


90~94   心疾患         28397  2940   20   肺炎      22166  2295    16    悪性新生物  20367  2108    15   脳血管疾患  17848   1848       13       老衰              12144   1257        9
95~99   心疾患         14880  4547   21   肺炎      11174  3581    17    老衰             10459  3352    15   脳血管疾患    8209   2631       12        悪性新生物    6398   2051        9


100歳以上     老衰       3938  8204   26   心疾患     2914  6071    20    肺炎              2451   5106    16   脳血管疾患    1475   3073       10       悪性新生物      818   1704        6

 

今日のニュース・昔のニュース


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

史跡八幡080 松花堂庭園

2020年02月28日 07時52分24秒 | 史跡・旧跡

 

八幡と吉井 勇
放浪の歌人 吉井勇は、昭和20年10月(60歳)から23年8月まで、孝子夫人とともに八幡月夜田にある宝青庵(通称紅葉寺)で暮らした。
勇は八幡での2年10ケ月を「人世行路にようやく光明が射し始めてきた時期」であったと回想している。終戦による文学上の自由の回復と、出版界の活況が勇の文筆意欲を高め、この期間に雑誌などの原稿を多く書くほか、歌集を9集、小説3編を出版しており、23年1月に宮中歌会始の選者に、8月には日本芸術院会員となり、歌壇の頂点に到達した感があった。その歌境は、人生の幾多の起伏を経て沈潜した枯淡味が増し、日常の生活詠には自然と人間に対する勇の深い愛情を読み取ることができる。とくに、歌集「残夢」には松花堂庭園をはじめとして、八幡の風物と人々の暮らしを詠んだ五百余首が収められた。
勇の足跡は、その作詞になる「八幡音頭」として市民に愛誦され、踊り継がれており、男山団地内の地名に「男山吉井」としてのこされている。
昭和60年10月、八幡市の「やわた文学碑建立事業」の第1号として吉井勇歌碑が除幕された。
昭乗といへる隠者の住みし盧
近くにあるをうれしみて寝る

 

湯川秀樹さんも一緒に写っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かか

 

 

 

 

 

史跡 前回の記事 ⇒ 史跡八幡078 石清水八幡宮 小塔跡

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ポスター0111  地下鉄に乗るっ  京都市地下鉄

2020年02月27日 21時50分12秒 | 掲示ポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスター前回の記事 ⇒ ポスター0110 仁和寺 372年、秘められた時を越え、五躰の明王 初公開

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニュース013  「じゅず」  京都は 「珠数」

2020年02月27日 13時21分08秒 | ニュースいろいろ

 

珠数    数珠  どちらでしょう

京都では 珠数 があります。

仁丹看板に 通り名で書かれています

 

下京区  下珠数屋通  仁丹

下京区  正面通  仁丹

まち歩き下0056  京都は珠数 京都以外は数珠

何を売っている店か、よくわかります

 

今日のニュース・昔のニュース

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まち歩き八幡1163 石清水八幡宮 胸像 ボーイスカウト

2020年02月27日 06時16分08秒 | 石碑

 

まち歩き 前回の記事 ⇒ まち歩き八幡1162 石清水八幡宮 ケーブル駅・山上

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

史跡八幡078 石清水八幡宮 小塔跡

2020年02月26日 06時08分29秒 | 史跡・旧跡

 

西谷・小塔跡
当初より、神仏習合の宮寺であった石清水八幡宮の御本社西側、「西谷」には、早くも平安時代中期から仏堂建立が始まった地区です。今から900年程前の平安時代後期、白河法皇が大塔の建立を発願したことをきっかけに、谷を埋めた大規模な整地が行われ、大塔に続き小塔、鎌倉時代には八角堂など、数々の仏塔や仏堂が建立されました。
小塔は鳥羽天皇の皇后である待賢門院(藤原璋子)の発願により、長承元年(1132)にこの付近に建てられ、文禄5年(慶長元年・1596)の「慶長の大地震」で倒壊したまま再建されませんでした。大塔より小型の「多宝塔」と呼ばれる形式の塔でした。

関連記事 ⇒ 史跡八幡077 石清水八幡宮 大塔跡

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神社八幡0223 石清水八幡宮 供御所井

2020年02月25日 18時12分25秒 | 神社

 

 

神社 前回の記事 ⇒ 神社八幡0222 石清水八幡宮 古びた建物

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニュース012  清水の舞台から飛び降りる 江戸時代

2020年02月25日 13時58分59秒 | 他府県

「清水の舞台から飛び降りたつもりで...○○する!」という、決心の言葉は聞いたことがあるのでは? 

本当に飛び降りた人々がいたから生まれた言葉。


成就院に残る記録によれば、江戸時代の中期・元禄7年(1694)から明治維新直前の元治元年(1864)までの間に

未遂を含めてなんと235件もの飛び降り(当時の記録では「飛び落ち」)があったとか。

ほとほと困った寺では、「防止柵をつけるとか、人々に飛び落ちないよう指導してください」と、

京都町奉行所へ何度もお願いしたという記録も残っています。

明治時代に入って、ようやく舞台の周りに竹矢来が組まれ、京都府から禁止令が発令されて終息したのです。

明治時代中ごろに写された清水寺の写真には飛び降り防止の柵が写っています。

地上約12メートル、4階建てのビルに相当する清水の舞台。この高さから飛び降りて、

はたして無事だったのでしょうか...。先の成就院の記録の統計によれば、生存率は約85%

かなりの人が、命を落とさずにすんでいます。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

史跡八幡077 石清水八幡宮 大塔跡

2020年02月25日 06時59分08秒 | 史跡・旧跡

 

 

 

 

大塔は、天永2年(1111)に完成した巨大な仏塔です。平安時代後期、初めて院政を開き権勢を振るった白河法皇の御願により建てられました。
慶長10年(1603)には豊臣秀吉の子・秀頼が再建します。その絵図面によると、現存する和歌山県岩出市 根来寺の大塔(国宝)とほぼ同規模の、日本最大級の真言形式の大塔でした。側柱一辺14.9m、高さ27.1mもありましたが、今から約150年前の明治の初め、神仏分離令のため取り除かれました。
平成22年(2010)の発掘調査で、塔の周りに四角く巡らせた雨落ち溝と、柱を支えた礎石やその抜き取られた穴が確認されたことから、大塔の位置と大きさが正確にわかりました。現在、生垣の通路に見えている丸い花崗岩は、落ち縁の礎石です。

 

 

神社 前回の記事 ⇒ 史跡八幡076 石清水八幡宮 八角堂跡

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニュース111 アイスクロス  スポーツです

2020年02月24日 11時37分43秒 | ニュースいろいろ

都市型のウインタースポーツ

氷上を駆ける

 

Red Bull Ice Cross World Championship
2020年2月15日

横浜市・臨港パーク特設会場

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神社八幡0222 石清水八幡宮 古びた建物

2020年02月24日 07時03分40秒 | まち歩き

関連記事 ⇒ 神社八幡0221 石清水八幡宮 三女神社

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人物046 岩倉槇子

2020年02月23日 17時56分41秒 | 人物数々

病床に伏した維新の元勲・岩倉具視を、明治天皇が見舞う絵がある。

床から起き上がり、手を合わす具視。そのそばに介添えする女性と、少し離れてひれ伏す女性がいる。

介添えの人は具視の先妻の長女増子。ひれ伏す女性は正妻槇子である。

「私は後妻の身。ここは、先妻の子を立てる場面です」と槇子自らが一歩ひいた。

翌日、具視は波乱に満ちた59歳の生涯を閉じる。葬儀は、日本最初の国葬だった。

槇子は膳所藩の武士の娘。若くして京都の御所の前(現在の京都地裁あたり)にあった岩倉邸に兄 賀柔と奉公に上がった。

兄は具視の身辺警護に当たり、槇子は身の回りの世話をした。

この兄妹の献身的な陰の支えがなかったら、岩倉具視は明治維新の表舞台に立つことはなかったといわれています。

具視は下級公家の子として京都に生まれたが、まもなく洛北の岩倉花園村に里子に出された後、14歳で岩倉家に養子に入った。

幼児期から苦難の歳月を過ごした。

妻誠子をめとるが、病気持ちで、側室になっていた槇子が実質、妻の役を務めていた。

槇子が具視のために賢婦ぶりを発揮するのは、この側室時代である。

幕末、公武合体を推進した具視は、尊攘派志士の反感を買い38歳の時、洛外に閉居させられる。

志士の刺客の手を逃れて、幼少の頃過ごした岩倉へと落ちた。槇子も子供を連れて追いかけ、同居する。

洛中の情報から遮断された具視は意見書を賀柔と槇子らに託し、

薩摩藩士との往復書簡で大久保利通らと意思疎通をはかり、自らの難関突破をはかる。

岩倉の里から、気丈な槇子は乳飲み子を抱き、帯の中に密書を忍ばせて田んぼのあぜを駆け抜け、

二里の道を、市中の薩摩屋敷まで往復したという。

賀柔も。夜陰にまぎれて洛中に出没、具視の胸の内を公家や志士に伝え、自ら密会にも加わった。

また、失意の具視を元気づけるため、長男具定と二男具経に、近くの岩倉川で小魚を釣らせて酒のさかなに。

とっくりを抱えて夜道を山端の平八茶屋に通ったという。

具視は四男六女の子沢山。うち槇子は二男三女をもうける。

具定と具経は、後の戊辰戦争で東山道先鋒総督と副総督を務めている。

明治天皇即位による大赦で具視は晴れて自由の身になる。

その後、王政復古を推進して明治新政権に参加。

1871年(明治4年)には特命全権大使として大久保、木戸孝允、伊藤博文らも参加した「岩倉使節団」を率いて欧米各国を視察、

文明開化の礎を築いていく。

5年余りを過ごした岩倉の里を後にした具視は東京に移住。新生日本のかじ取り役として栄華をきわめる。

槇子も、明治7年に正室の誠子が病没してから正室の座におさまった。

時に槇子47歳。名実ともに、政府高官夫人として、華麗なる家族を取り仕切るようになった槇子は、

正室になってからも、謙虚な振る舞いは変わることはなかった。

具視と槇子が苦しい日々を送った岩倉の家屋はいまも、維新史跡・岩倉具視幽棲旧邸として残っている。

槇子は東京都品川区・海晏寺の岩倉家墓所に眠り、

1868年、岩倉村で没した兄賀柔の顕彰碑が京都・東山の霊山に建てられている

 

岩倉具視 関連 記事

史跡左051 一言神社 旧跡 

神社左0186 一言神社

史跡左036  岩倉具視 旧邸 

寺院西0006  西芳寺(苔寺)  単立

石碑 藤井右門宅址・富山射水生まれ・先祖は赤穂浪士

 

人物検索 一覧

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニュース011  高齢者の 平均余命 厚生労働省

2020年02月23日 11時53分41秒 | ニュースいろいろ

 平成29年の資料から

                            男性    女性

60歳   23.72   28.97

65歳   19.57   24.43

70歳   15.73   20.03

75歳   12.18   15.79

80歳     8.95   11.84

85歳     6.26            8.39

90歳     4.25   5.61

 

今日のニュース・昔のニュース

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする