★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

★瀬戸内某所のネッカフェより

2009-09-29 01:28:43 | Weblog
 今夜も、雨の予想。明朝の日雇い仕事に備えて、瀬戸内某所のネッカフェに来た。勝手知りたる場があるのは有難い。世間では円が88円台にまでなり、”新政権”とやらが始動、谷垣が辞民盗(自民盗)の総裁に就任したらしいが、こちとら日雇いには関係おまへん。吐き気のする役人どもも、収奪をほしいままにして効率よく貧困状況をつくり上げた糞野郎どももウマク難を逃れているからだ。そんな奴らも支える新たな政権などに期待するなどできるわけがない。奴らにもパイプを持った”人民戦線”? 寝ぼけてるのか。そんな寝ぼけたことを言うなら、シンバイオニーズ革命細胞のように、”一切の飢えたる貧困者個々人の胃袋を満たす食料の提供”を奴らに要求するほうが余程有意義である。貧困の元凶どもに懲罰を加える吟味作業を行うための努力を行うようウルサク要求するほうが有意義である。
直に奴らの化けの皮ははがれるだろうが、その段にも、”この変革を支えよう”などと奴らは寝言を言うに違いない。うっとうしいシステムがシッカリ温存されるようなそんな”変革”など、支えてたまるか。フェイクものなんぞ食い切れへんほど食わされて、腹いっぱいじゃ!
 何でもいいが、寝言を言ううっとしい奴らとお手手つないで心中など丁重にお断りさせていただく。
それでは、明日に備えて今は休息をとることにする。
トラックバック (1)

★瀬戸内某所のネッカフェにて

2009-09-24 01:42:09 | Weblog
 久方ぶりの更新だが、大したことはないから、期待しないでいただきたい。
今夜は瀬戸内某所のネッカフェに明朝からの日雇い仕事に備えて休息をとることにしたので、こうして更新ができた。雨が降るのでなければ、外で寝ることを考えていたが、先程まで日雇い仕事をしていたので、身体の疲労を考えてネッカフェで休息をとることにしたのだ。ともかく、マダマダ、このご時世、筆者も日雇い戦線真っ只中。大阪東部の状況は言うまでもなく、大阪市内の状況の比ではなく厳しく、身体を横たえて休息する空間すら得ようと考えない個々人は、夜中、自転車で動き回り、歩き回る。ドロップインした貧困者の中から強盗団・引ったくり団が結成され、府警青バイ部隊なんぞ夜中も稼動。貧困をつくった者たちは、それを動機とした”犯罪”をもつくった者たちであると強調したい。ゆえに、貧困をつくった者たちをこそ、まず断罪せよ。”犯罪者”など取り締まっても、意味がないことを知れ。